公徳会研究室の日常

社会医療法人 公徳会 佐藤病院・若宮病院は、精神神経学会の精神科専門医制度の研修施設に認定されており、専門資格の取得を目指す後期研修医を受け入れています。スーパー救急(精神科救急病棟)を擁することで、多くの症例を経験できることが特長です。さらに、東北大学敷地内に研究室を持ち、博士号を取得したい医師が活用できる体制を整えるなど、「臨床、教育、研究」の三本柱の充実に努めています。

PPAPと比べてはいけませんが…

栗田です。

ピコ太郎さんのPPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)が大ブレイクしています。
俗世から離れている方はもしかしたら知らないかもしれません。
このPPAPは動画サイトYou Tubeにアップロードされ、その再生回数が9500万回を越えたとか…。

今年9月にpublishされた私の双極性障害に総説を紹介する自作のYou tubeの動画は今日現在112回

どんな方が見てくれているのでしょうか。
リンクをクリックして、下の画面に行くと世界の白地図があります。
Total video views by countryと書いてある下です。
よく見ると白地図に色がついています。
動画を見た国は色がつく様です。
調べてみると

Japan 50回
United States 15回
United Kingdom 5回
Mexico 3回
Estonia 2回
New Zealand 2回
Netherlands 1回
Spain 1回
Grees 1回
Indonesia 1回
Brazil 1回
Australia 1回

足して112にならない理由はわかりません

PPAPと比べてはいけませんが、世界で観てくれていて、動画を作って投稿して良かったと思っています。
調べてみると

ありがとう
Thank you
Gracias
Aitäh
Dank u
Eυχαριστώ
Terima Kashi
Obrigado

とすると皆さんに伝わる様です。

論文の要約の総閲覧数は2ヶ月余りで1000を越え、論文そのもののダウンロードは390を越えています。
極東の田舎から出した今回の論文が世界でちょっとでも注目されていると思うと嬉しくなります。
ネットでファンの姿が観れることが幸せです。

科学で考える(お掃除編)3






西野です。







12月に入り、いよいよ冬も本格的になってまいりました。



大掃除の準備は進んでいますか。



科学で考える(お掃除編)1(重曹について)


科学で考える(お掃除編)2(ハイターについて)




さて、今回のお掃除アイテムのお題は、『クエン酸』です。



IMG_4562





















このクエン酸どのような汚れに対して使われるかご存知でしょうか。






お風呂や洗面台、台所などいわゆる水回りの白い汚れに有効です。






いわゆる、『水垢』ですね。





あの汚れの正体は、『カルシウム』です。





日本の水道水は、軟水と言われていますが、



カルシウムが全く入っていないわけではないので、



水道水に微量に含まれているカルシウムが、




溜まっていき、あのような白い結晶になるのです。




カルシウムは、金属ですから、



キレート剤によって、カルシウムを包み込み、



溶けやすくしてくれます。





クエン酸は、まさにキレート剤として働き、



カルシウムを溶かすことで除去できるのです。







他にも家庭で使えそうなキレート剤を少し探してみましたが、



生分解できるとあってもなかなか環境に厳しそうなものばかりでした。









 ちなみに、汚れの正体は、カルシウムですから、



衛生的には、問題ないものです。







公徳会研究室5周年記念研究会慰労会

栗田です

12月2日夜に山形駅近くのイタリア料理屋で10月18日に山形テルサで行った公徳会研究室5周年記念研究会の慰労会をしました。
天気予報では当日吹雪!となっていましたが、どなたかの日頃の行いがよろしいのか(私ではありません)、天気が崩れることもなく、仙台と南陽から山形にスムースに集まってもらいました。
慰労会なので乾杯の発声はお疲れさまでしたと言うことでしたが、他は研究会の話題になることはなく、とりとめのない話しをして、あっと言う間にお開きの時間となりました。

私のブログは食べ物の話しが多いと読んでいる方から言われました。
読み返してみるとそうかもしれません。
今回のお店は勧められないので、敢えて店名を出しませんでした。

帰途、山形駅の西口のイルミネーションがいつもより美しく感じました。
酔っていたからでしょうか。

皆さんにお世話になって今年の研究室の最大のイベントと位置づけていた研究会の一区切りです。
ギャラリー
  • 科学で考える(お掃除編)3
  • 科学で考える(お掃除編)2
  • 科学で考える(お掃除編)
  • 公徳会研究室5周年記念研究会参加ありがとうございました
  • 公徳会研究室5周年記念研究会参加ありがとうございました
  • 公徳会研究室5周年記念研究会参加ありがとうございました
  • 公徳会研究室5周年記念研究会参加ありがとうございました
  • 研究会の場所について
  • 明日、お会いできるのを楽しみにしております
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ