公徳会研究室の日常

社会医療法人 公徳会 佐藤病院・若宮病院は、精神神経学会の精神科専門医制度の研修施設に認定されており、専門資格の取得を目指す後期研修医を受け入れています。スーパー救急(精神科救急病棟)を擁することで、多くの症例を経験できることが特長です。さらに、東北大学敷地内に研究室を持ち、博士号を取得したい医師が活用できる体制を整えるなど、「臨床、教育、研究」の三本柱の充実に努めています。

リンゴ(Mac book)を冷やす




西野です。




栗田先生の記事を拝見し、


昔の使っていたMacを思い出しました。 


私が福島にいた頃、


統計のソフトを動かしたり、夏の暑い時期になったりすると、


パソコン自体が熱くなってきて、


動きが遅くなり、仕舞いには動かなくなっていました。




仕方ないので、


研究室の冷蔵庫にしばらく入れてご機嫌を伺っていたものです。


当時、一緒に研究していた先生には、


『リンゴはやっぱり冷やさないとね。』


と冗談をいわれたものです。







りんごは、熱くなったら、冷蔵庫に保存しましょう!


(冷やし過ぎに注意)




 

リンゴ(MacBook Air)を暖める

栗田です。

2016年3月半ばに急に若宮病院の病院管理者として異動する様に内示があり、山形市内のアパートに転居しました。
元々下宿屋だったのを改造したアパートだそうで、妙な間取りで、そしてなによりも断熱が良くありません。
数時間アパートを離れるだけで、この寒さ(真冬日)のためか、あっという間に室温が5-6℃まで低下します。

今日、外出して冷えた部屋に戻って来て、MacBook Airを立ち上げたら充電量が減っていました。
そこで、いつもの様に電源アダプタに繋いだのですが、
充電中の緑のランプが点灯していているのに
「充電できません」
と見たことのない表示が出て来ました。

何かの不具合かと再起動しても
「充電できません」
と同じ表示で、バッテリーの残量が示されるのみでした。
このままでは、バッテリーを使い切ってしまいMacBook Airが使えなくなります。
焦りました。

そこで、残っているバッテリーを使いながら、ネットで調べました。
すると、
「MacBook Air 室温が低いと充電されない」
との記事を見つけました。

そこで、祈る様な気持ちでいつも自分が暖をとっている電気座布団の上にMacBook Airをおいて暖めました。
暖めて15分後、起動して電源アダプタを繋ぐといつもの様にしっかりと充電を始めてくれました
人だけでなくMacも凍える寒さです。

寒い時期にはMacBook AirはAppleだけにホットリンゴがよろしい様です。



オーストラリアからの反響に勇気づけられる

栗田です

平成29(2017)年も公徳会 研究室のブログをよろしくお願いします。

昨年末に難治性のうつ病患者さんが実は非24時間睡眠覚醒症候群(Non24)であり、低用量のバルプロ酸が睡眠覚醒リズムを24時間周期に整えるのに有効であった症例報告をし、このブログでも紹介しました。

そして、この症例報告に着いてオーストラリアからメールが届きました。

メールの書き出しは

I recently read your paper:
"Non-24-hour sleep--wake syndrome improved by low-dose valproic acid: a case report"

I am a very interesting case. I have had N24 for 20 years and have never managed to entrain.

メールを書いて下さった患者さんは、20年来、良くならない非24時間睡眠覚醒症候群を罹っている患者さんで、われわれのケースレポートを興味深く読んでくれたとのことでした。

出したのがインターネットで誰でも見れる論文なので、当たり前なのですが、患者さんから反響があったのが、新鮮で驚きでした。
文末にはわれわれの症例報告を担当の先生に読んでもらうとも書いてありました。

世に出したものに反響があったのはありがたいことです。
まとめて出して良かったとつくづく思います。




ギャラリー
  • 年初めに考える
  • 年初めに考える
  • 検量線
  • 本の名は。
  • 科学で考える(お掃除編)3
  • 科学で考える(お掃除編)2
  • 科学で考える(お掃除編)
  • 公徳会研究室5周年記念研究会参加ありがとうございました
  • 公徳会研究室5周年記念研究会参加ありがとうございました
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ