小予算オール電化住宅リフォーム実践会 「コートー電器」 岡山 電化住宅

BlogPaint

私どもは日々の活動報告をしつつ、電化リフォームを中心とした、旬な情報をご提供することをモットーに発信します。
岡山市・倉敷市・総社市・玉野市・早島町・赤磐市・旧瀬戸町・瀬戸内市の戸建持ち家で、オール電化リフォームを検討中のあなた様!
2〜3社お見積もりを取っては、いかがでしょうか? そして最後に、私どもへご連絡ください!

お見積もり無料 今すぐお電話を!086−279−1206
メールでのお問合せも大歓迎!24時間以内にお返事いたします。
あなた様のお問合せ、心よりお待ちしております
ブログトップへ  コートー電器ホームページへ オール電化JPへ コートー電器 公式Facebookへ 吉田光輝Facebookへ 私の嫁・吉田桂子の『電器屋ママブログ』はこちらへどうぞ!

2007年08月

p18

先日、N様邸(瀬戸内市長船町福里)にて、太陽光ソーラー発電システム工事を行っておりました。
t2
屋根上に並んだ太陽光パネル→→→→
p17

太陽光発電システムのメーカーは、発電効率や価格面から、太陽電池生産シェアNo.1のシャープをご採用いただきました。


p2

ビフォー写真→→→→


寄棟タイプ。

屋根材は、カラーベスト・スレート葺きの4.5寸勾配です。
p3

完成写真→→→→


東西南の屋根面に、16枚の太陽電池パネルが搭載されました。


太陽光発電システム:シャープ住宅用「SUNVISTAサンビスタ」2.27kwシステム



p4
太陽電池パネル設置工事


《ビフォー写真》


屋根上・南面です。
p5


太陽電池パネルを載せるための「架台」を設置。

端から、太陽電池を並べて行きます。
p6
太陽電池パネルが設置されました。

同時に、連系用の配線も敷設しております。




p7
南面には、計7枚のパネルが載りました。


太陽電池モジュール:シャープ「SUNVISTAサンビスタ」切妻・陸屋根対応 多結晶タイプ ND−142CU 公称最大出力142w
p8
こちら西面

太陽電池パネルが設置されて行きます。

西面には、計7枚のパネルが載りました。

東面には、計8枚のパネルが載りました。


s9s10


 IH(左)&エコキュート(右)写真事前工事でオール電化住宅にされ、給湯はエコキュート、キッチン加熱機器はIHクッキングヒーターを、ご採用されていました。


今回の太陽光発電システム設置で、『パーフェクト電化住宅』の完成です




p11太陽光発電システム連係電気工事


《ビフォー写真》


一般的な、中国電力からの電気購入用の「買電メーター」があります。
p12


《完成写真》

買電メーターの横に並んで、中国電力へ販売できる「売電メーター」が設置されました。

直流の電気を、交流に変換し、家庭に送る装置「パワーコンディショナー」も、設置されています。






p16
こちら、「電力モニター」です。

室内から、発電状況をディスプレーで確認できます。


ただ今、1,400W発電中



無事、設置完了いたしました。

p1

太陽光発電システム:シャープ住宅用「SUNVISTAサンビスタ」2.27kwシステム




    このエントリーをはてなブックマークに追加

v1
先日、T様邸(岡山市益野町)にて、オール電化・中国電力ファミリータイム電気工事をいたしました。
s2
工事の工程

既存の電力メーター。
s3
カバーを外し、工事開始。
s4
計器を取外し、電線経路を変更いたします。

只今、停電中。
s5

新たな計器箱を取り付け、ファミリータイム計器を取り付けました。
s6
屋外分電盤を取り付けました。
s7
電気温水器・IHクッキングヒーター用のブレーカーが取り付きました。

s8
ふたを閉め、工事完了です。



s9s10


 IH(左)&電気温水器(右)写真ばっちりオール電化住宅になりました
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、オール電化リフォームが完成いたしました、T様邸(岡山市益野町)での、工事の様子です。

今日はその中で、IHクッキングヒーター工事の様子です。

完成写真
q1

 ビフォー(左)設置前&アフター(右)写真
r2r3
ブラック調だったガスコンロがシルバー色のIHになり、明るくスッキリ納まりました。

<機種>National ダブルIHクッキングヒーター 3口ビルトインタイプ (シルバー色) KZ−HS32C




r4
工事の工程

お使いだった、ガスコンロです。
r5

ガスコンロを撤去中です。
r6
撤去いたしました。
r7
屋外分電盤より、専用配線を送り込みます。
r8
床下からもぐり、キッチンへ専用配線を出したところ。
r10
200Vコンセントを取り付けました。
c13
そして、IHクッキングヒーター本体が設置完了できました。


<機種>National ダブルIHクッキングヒーター 3口ビルトインタイプ (シルバー色) KZ−HS32C


r12
電源プラグを差し込みました。



電源が入り、試運転中
c13









u12


ナショナル IHクッキングヒーターも、オール電化8年間修理保証にご登録いただきました。



より安心して、オール電化ライフを、お過ごしいただけます。




オール電化8年間パーフェクト修理保証の、詳細はこちら



無事、完成できました
r14


<機種>National ダブルIHクッキングヒーター 3口ビルトインタイプ (シルバー色) KZ−HS32C




    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、オール電化リフォーム完了をいたしました、T様邸(岡山市益野町)での、工事の様子です。

TOSHIBAフルオート電気温水器工事の模様をご紹介いたします。


完成写真
q1

 ビフォー(左)給湯専用・石油給湯器をご使用でした。&アフター(右)写真
r2r3
 今日から、フルオート電気温水器のわくわく快適バスタイムがスタートです




 逆側からのビフォー・アフター写真
r2r2
 事前に太陽熱温水器を撤去しておりました。

機種:TOSHIBA 全自動電気温水器 追いだきフルオート  2ヒータータイプ 370函”現牋砧老拭。硲丕漫檻横圍藤贈械沓毅劭腺




q6工事の工程

給湯専用・石油給湯器と太陽熱温水器をご使用されてました。



q7
既存の石油給湯器を撤去しました。

q8
事前に施工していた基礎ベース。
q9
ふろ配管用の穴を開けました。
q10
ふろ循環パイプを敷設しました。
q11
給湯・給水配管を延長し、準備しました。
q12
本体を搬入いたします。
q13
本体を据え置き、前面パネルを開けました。

q14
脚部はアンカーボルトで固定。


q15
念のため、上部に揺れ止め金具を取り付け。
q16
こちらバスルーム。

q17
浴槽には、循環アダプターが取り付きました。
q18
おふろリモコンが取り付きました。
q19
着々と作業が進行し、ほぼ配管接続終了。
q20
メインリモコンで初期設定。



猛暑もひと息。無事完成いたしました
q21


機種:TOSHIBA 全自動電気温水器 追いだきフルオート  2ヒータータイプ 370函”現牋砧老拭。硲丕漫檻横圍藤贈械沓毅劭腺


    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、オール電化リフォームが完成いたしました、S様邸(岡山市灘崎町川張)での、工事の様子です。

今日はその中で、TOSHIBA IHクッキングヒーターの工事の様子です。

ビフォー写真
q1

こちらのガスコンロをお使いでした。



 リフォーム後
q2

奥様には、次回ヨシノクラフト調理実演を見ていただきます

機種:TOSHIBA IHクッキングヒーター ハイパワーダブル3kw シルバー色 BHP−M46CS




p3
工事の工程

ご使用だったガスコンロ。
p4
ガスコンロ撤去中。
p5
ガスコンロを取り外した状態です。
p6
キッチンの床下収納庫よりもぐり、IH配線をします。
p7
屋外分電盤より、専用配線を送り込みます。
p8
キッチン下へ、アース線と一緒に、電気ケーブルを入線いたしました。
p9
200ボルトIH用コンセントを設置。
b10
そして、IHクッキングヒーター本体が設置できました。

p11
電源プラグを差し込みました。



試運転スタート

g12

機種:TOSHIBA IHクッキングヒーター ハイパワーダブル3kw シルバー色 BHP−M46CS




u12

オール電化8年間修理保証 東芝IHクッキングヒーターご登録いただきました



より安心して、オール電化ライフを、お過ごしいただけます。



オール電化8年間パーフェクト修理保証の、詳細はこちら

    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、オール電化リフォームが完成いたしました、S様邸(岡山市灘崎町川張)での、工事の様子です。

今日はその中で、CORONAエコキュートの工事の様子です。

完成写真
q1

 ビフォー(左)設置前&アフター(右)写真
r2r3
     今日からエコキュートの快適バスタイムがスタートです

<機種>コロナ エコキュート 追い焚きフルオート370函。達硲弌檻械沓隠裡腺 インターホンリモコンセット




o4工事の工程

給湯専用・ガス給湯器をご使用されてました。


o5
既存のガス給湯器を撤去しております。
o6
事前に施工していた基礎ベースも、無事完成しております。
o7
給湯・給水配管を延長し、準備しました。
o8
エコキュート・貯湯タンクを搬入いたします。
o9
貯湯タンクユニットを据え置きました。
o10
脚部はアンカーボルトで固定。
o11
念のため、上部に揺れ止め金具を取り付け。
o12
前面パネルをあけ、接続開始です。
o13
こちらバスルーム。
o14
浴槽には、循環アダプターが取り付きました。
o15
浴槽の裏側。

循環アダプターとふろ配管が見えます。
o16
おふろリモコンが取り付きました。
o17
ヒートポンプユニットを設置しました。
o18
貯湯タンクの配管接続部分。

着々と作業が進行し、ほぼ配管接続終了。
o19
メインリモコンで初期設定。
o21
後ろ姿を  パチリ
o20

 8年保証シールを貼りました。


CORONAエコキュートオール電化8年間修理保証にご登録いただきました。

オール電化8年間パーフェクト修理保証の、詳細はこちら





今日も残暑厳しい1日でしたが、無事完成いたしました
m24


<機種>コロナ エコキュート 追い焚きフルオート370函。達硲弌檻械沓隠裡腺 インターホンリモコンセット
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、オール電化リフォームが完成いたしました、M様邸(岡山市海吉)での、工事の様子です。

今日はその中で、IHクッキングヒーター+ビルトインオーブンレンジ工事の様子です。

完成写真
q1

 ビフォー(左)設置前&アフター(右)写真
r2r3
ガスコンロ下の収納部分に、オーブンレンジがスッキリ納まりました。

<機種>National ダブルIHクッキングヒーター 3口ビルトインタイプ (シルバー色) KZ−HS32C

+<機種>National 200Vビルトインスチームオーブンレンジ (シルバー色) NE−DB801




n4
工事の工程

お使いだった、ガスコンロとガスオーブンレンジです。
n6

ガスコンロとコンロ台を撤去します。
n5ガス管を取り去ります。
n7
撤去いたしました。
n8
床下へもぐり、電線を引き込みます。
n9
屋外分電盤より、専用配線を送り込みます。
n10
床下から専用配線を出したところ。
n11
オーブンレンジを組み込みます。
n12
IH用の据置枠を設置いたしました。
c13
そして、無事組み込み完了いたしました。


<機種>National ダブルIHクッキングヒーター 3口ビルトインタイプ (シルバー色) KZ−HS32C

+<機種>National 200Vビルトインスチームオーブンレンジ (シルバー色) NE−DB801


電源が入り、試運転中。
c14

早速、焼きナスが見事に出来上がってました


u12


ナショナル IHクッキングヒーターも、オール電化8年間修理保証にご登録いただきました。



より安心して、オール電化ライフを、お過ごしいただけます。




オール電化8年間パーフェクト修理保証の、詳細はこちら

    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、オール電化リフォームが完成いたしました、M様邸(岡山市海吉)での、工事の様子です。

今日はその中で、MITSUBISHI エコキュートの工事の様子です。

完成写真
q1

 ビフォー(左)設置前&アフター(右)写真
r2r3
今日からエコキュートのわくわく快適バスタイムがスタートです

 逆側からのビフォー&アフター写真
r3r2
配管もキレイに収まり、スッキリしました

<機種>三菱電機 エコキュート ダブル追い焚きフルオート 370函。咤劭圈檻硲丕械沓廝押.好エアリモコンタイプ




m6工事の工程

給湯専用・電気温水器をご使用されてました。
m7
温水器を撤去しました。
m8
地面を掘り、給湯・給水配管の経路変更をしております。
m9
貯湯タンクを搬入し、据え置きました。
m10
脚部はアンカーボルトで固定。
m11
念のため、上部に揺れ止め金具を取り付け。
m12
配管接続を開始します。
m13
こちら、既存のガスふろ釜。
m14
撤去しました。
m15
ふろ用配管を通しました。
m16
ステンレスカバーで穴をふさぎました。
m17
こちらバスルーム。
m18
2つ穴だった浴槽には、バスキャップ(上)で穴をふさぎ、下へは循環アダプターが取り付きました。

m19
おふろリモコンも取り付きました。
m20
ヒートポンプユニットを設置しました。
m21
メインリモコンで初期設定。
m22


脚部カバーが取り付き、工事が完了しました。
r23
 8年保証シールを貼りました。


MITSUBISHI エコキュートオール電化8年間修理保証にご登録いただきました。

オール電化8年間パーフェクト修理保証の、詳細はこちら



今日も残暑厳しい1日でしたが、無事完成いたしました
m24

<機種>三菱電機 エコキュート ダブル追い焚きフルオート 370函。咤劭圈檻硲丕械沓廝押.好エアリモコンタイプ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

v1

今日、M様邸(岡山市海吉)にて、オール電化・中国電力ファミリータイム電気工事をいたしました。



l2
工事の工程

既存の電力メーター。

真ん中と右側は、深夜電力温水器用のメーターです。
l3
カバーを外し、工事開始。
l4
深夜電力のメートル器を撤去しました。

今度は、エコキュートになります。
l5
一旦、全撤去しました。

只今、停電中です。
l6
新たな計器板と屋外分電盤を取り付け中です。
l7
IHクッキングヒーター・200V電気オーブン用の漏電ブレーカーが取り付きました。
l8
ふたを閉め、工事完了です。
q9

現在お使いの、深夜電力電気温水器を、後日フルオート・エコキュートに取り替えさせていただきます。

引き続き、IHクッキングヒーター・200Vビルトインオーブンレンジを取り付けました。

その模様は、後日ブログにてお伝えさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

k1

オール電化  秋のイベントが開催決定
名づけて、「まかせな祭」
 会場は、RSKメディアコムです。




k2
日時





k3
k4

選べるご来場記念品をご用意いたしております





k5




k6




k8

予約受付中オール電化セット価格89万円(標準工事+8年保証込み)370肇侫襯ート(各メーカー共通)脚部カバー付+60舵ビルトインIH

k9


特別低金利クレジットもご用意いたしております。(最長10年)
  実質年率3.0%





詳しくは、メールかお電話にてご連絡お待ちしております

メール←こちらをクリック!(48時間以内に返信いたします)

お電話
 086−279−1206
   
9時30分〜19時30分(水曜定休・土日営業)







エコキュート・オール電化リフォームはもちろん、太陽光発電・住宅リフォーム、住宅設備機器など、ご興味があるあなた様、ぜひお越しくださいませ


その際、受付で、必ず「コートー電器」と、ご指名くださいませ!

ぜひ、ご来場くださいませ




    このエントリーをはてなブックマークに追加

p1

今日は、T様邸(岡山市益野町)にて、オール電化工事の準備・太陽熱温水器撤去&基礎ベース作成を行いました。
p1
屋根の上にある太陽熱温水器です。


p1
コレクター部分を下ろしました。

あとは、タンク部分を下ろします。
p1
すべて、撤去できました。
p1
こちら、既存の石油給湯器。
p1
撤去しました。

これから住まわれるということで、給湯器が無くても大丈夫ということです。
p1
こちら、基礎ベース完成写真→→→→

今日も日差しが強かったですが、無事完成です



後日、オール電化リフォームをさせていただきます

    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、F様邸(岡山市金田)にて、Chuki電気温水器の取付をいたしました。


完成写真
q1

 ビフォー(左)300斑羌‥典げ洪經錣鬚柑藩僂任靴拭&アフター(右)写真
i14r3
 ひとサイズ大きい400リットルタイプを取り付けました


<機種> 中機 電気温水器 400リットル マイコン型 外部配管タイプ 標準圧力型 CS−401MEC


i4<工事中の工程>

300箸涼羌‥典げ洪經錣鬚使いでした。


i5
防雨カバーを取り外しました。
i6
温水器を撤去しました。
i7
新たな温水器を設置しました。
i8
脚部はアンカーボルトで固定。
i9
全面パネルを外し、電線を接続します。
i10
新たな給水ユニットを取り付け中。
i11
カバーをかぶせ、配管には保温材を巻きました。
i12
そして、完成いたしました。


<機種> 中機 電気温水器 400リットル マイコン型 外部配管タイプ 標準圧力型 CS−401MEC


相変わらず、今日も暑かったです

i13

新たな防雨カバーを取り付けました
    このエントリーをはてなブックマークに追加

v1

今日、S様邸(岡山市灘崎町川張)にて、オール電化・中国電力ファミリータイム電気工事をいたしました。


今日も猛暑、暑かったです
h2
工事の工程

既存の電力メーター。
h3
カバーを外し、工事開始。
h4
計器を取外しました。

只今、停電中。
h5
すべて取り除き、電線経路を変更します。
h6
屋外分電盤を取り付けました。
h7
エコキュート・IHクッキングヒーター用のブレーカーを取り付けました。

h8
ふたを閉め、工事完了です。

q9

現在お使いの、給湯専用電気温水器を、後日フルオート・エコキュートに取り替えさせていただきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、オール電化リフォーム完了をいたしました、K様邸(岡山市長岡)での、工事の様子です。

TOSHIBAフルオート電気温水器工事の模様をご紹介いたします。


完成写真
q1

 ビフォー(左)給湯専用・東芝電気温水器をご使用でした。&アフター(右)写真
r2r3
 今日から、フルオート電気温水器のわくわく快適バスタイムがスタートです




 違う角度からのビフォーアフター写真
r2r2
 歴史を感じる「昭和55年製造」の温水器でした

機種:TOSHIBA 全自動電気温水器 追いだきフルオート  2ヒータータイプ 370函”現牋砧老拭。硲丕漫檻横圍藤贈械沓毅劭腺




g6工事の工程

給湯専用・TOSHIBA電気温水器をご使用されてました。

本体から水漏れを起こしていました。

g7
防雨カバーを取り外しました。

防雨カバーをしていたので、以外にキレイ

歴史を感じさせるデザインです
g8
本体カバーを取り外しました。
g9
撤去しました。
g10
給湯・給水配管を敷設しました。
g11
本体を搬入いたします。
g12
本体を据え置きました。
g13
脚部はアンカーボルトで固定。
g14
念のため、上部に揺れ止め金具を取り付け。
g15
前面パネルをあけ、接続中です。
g16
こちら既存のガスふろ釜です。
g17
黒い2本のパイプが、浴槽につながっています。
g18
ふろ釜を撤去し、壁をはつっています。
g19
ふろ釜パイプを撤去し、ふろ用配管を通し、ステンレスカバーで穴をふさぎました。
g20
こちらバスルーム。
g21
2つ穴のガスふろ釜用の金具が付いておりました。
g22
2つ穴だった浴槽には、バスキャップ(上)で穴をふさぎ、下へは循環アダプターが取り付きました。
g23
おふろリモコンが取り付きました。
g26
メインリモコンで初期設定。
e20
 8年保証シールを貼りました。


TOSHIBA電気温水器オール電化8年間修理保証にご登録いただきました。

オール電化8年間パーフェクト修理保証の、詳細はこちら


猛暑が続く、非常に暑い1日でしたが、無事完成いたしました
q1
機種:TOSHIBA 全自動電気温水器 追いだきフルオート  2ヒータータイプ 370函”現牋砧老拭。硲丕漫檻横圍藤贈械沓毅劭腺


    このエントリーをはてなブックマークに追加

v1

今日、K様邸(岡山市長岡)にて、オール電化・中国電力ファミリータイム電気工事をいたしました。


猛暑です、暑かったです
f2
工事の工程

既存の電力メーター。

真ん中と右側は、深夜電力温水器用のメーターです。
f3
カバーを外し、工事開始。
f4
深夜電力のメートル器を撤去しました。

今度は、昼夜通電可能の電気温水器になります。
f5
一旦、全撤去しました。

只今、停電中です。
f6
新たな計器板と屋外分電盤を取り付け中です。
f7
IHクッキングヒーター用の漏電ブレーカーが取り付きました。
f8
ふたを閉め、工事完了です。
q9

現在お使いの、深夜電力電気温水器を、後日フルオート電気温水器に取り替えさせていただきます。

引き続き、IHクッキングヒーター取り付けました。

その模様は、後日ブログにてお伝えさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

電気業界全国誌「月刊 技術営業」の2007年8月号に掲載されました。

技術営業


今回、第2特集「オール電化」完全施工マニュアル第2弾で、コートー電器のエコキュート施工の手順が8ページに渡り、載っています。

業界では超有名な全国誌で、これからエコキュートに取り組まれる業者さんや、初期導入段階の業者さん用に、施工の手順を解説してあります。

今回4度目ですが、何度掲載されても、私どもにとって身が引き締まる想いです。

今後も、お客様から信頼して任せられる、施工の追求に励んでまいりたいと思います。


紙面の一部をご紹介しますと1
1
1
1

編集長八巻様
4月と7月に、東京から取材に来て下さった、八巻編集長→→

今後も、お客様から喜ばれ、業界で注目されるオール電化推進店として、頑張りたいと思います


「月刊 技術営業」2006年10月号記事はこちら


「月刊 技術営業」2007年1月号記事はこちら


「月刊 技術営業」2007年6月号記事はこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをごらんいただき、ありがとうございます。


コートー電器・お盆休みをとらせていただきます


2007年 8月16日(木)AM9時30分より 営業開始いたします



厳しい暑さが続きそうですが、お体にお気をつけくださいませ





私のお盆休みは、家族サービスやお墓参りなどを予定しております


休み中、メールはチェックしております。オール電化など メールにて、お問合せ・ご相談・お見積依頼を大募集!いたしております。



お気軽に、メールしてくださいませ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

p1

今日は、S様邸(岡山市灘崎町川張)にて、オール電化工事の準備・基礎ベース作成を行いました。
D2

現在、ガス給湯器をお使いです。


後日、同一位置に、エコキュート・貯湯タンクを据え置きます。
p1
ガス給湯器の直下に、基礎ベースを作成いたします。
p1
こちら、基礎ベース完成写真→→→→

今日も日差しが強かったですが、無事完成です
p1
あとは、乾くのを待つだけです


後日、オール電化リフォームをさせていただきます
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、オール電化リフォーム完了をいたしました、K様邸(赤磐市東軽部)での、工事の様子です。

CORONAエコキュート工事の模様をご紹介いたします。


完成写真
q1

 ビフォー(左)給湯専用・石油給湯器をご使用でした。&アフター(右)写真
r2r3
     今日から、エコキュートのわくわく快適バスタイムがスタートです




 違う角度からのビフォーアフター写真
r2r3
     大きなサイズのエコキュートでしたが、スッキリと収まりました

<機種>コロナ エコキュート 追い焚きフルオート460函。達硲弌檻苅僑隠裡腺 インターホンリモコンセット




c6工事の工程

給湯専用・石油給湯器をご使用されてました。

事前に、基礎ベースを作成しておりました。

c7
石油給湯器を撤去です。
c8
撤去し、配管を延長しております。
c9
給水・給湯の配管を延長できました。
c10
延長した配管に保温材を巻きました。
c11
貯湯タンクの基礎ベースまで、配管がたどり着きました。
c12
貯湯タンクを搬入いたします。
c13
貯湯タンク部を据え置き、前面パネルをあけ、接続開始です。
c14
脚部はアンカーボルトで固定。
c15
こちらバスルーム。
c16
おふろ配管用の穴を開けております。
c17
無事、基礎に穴が開きました。
c18
ふろ用配管を通し、ステンレスカバーで穴をふさぎました。
c19
循環アダプターが取り付きました。
c20
おふろリモコンも取り付きました。
c21
ヒートポンプユニットを設置しました。
c22
着々と作業が進行し、配管接続終了。
c23メインリモコンで初期設定。
e20
 8年保証シールを貼りました。


CORONAエコキュートオール電化8年間修理保証にご登録いただきました。

オール電化8年間パーフェクト修理保証の、詳細はこちら


日差しの強い、暑い1日でしたが、無事完成いたしました

q1
<機種>コロナ エコキュート 追い焚きフルオート460函。達硲弌檻苅僑隠裡腺 インターホンリモコンセット

    このエントリーをはてなブックマークに追加

只今、K様邸(赤磐市東軽部)にて、オール電化リフォーム工事が進行中です。

今日はその中で、National据置IHクッキングヒーター取り付けの模様をご紹介いたします。
j1


こちらのガスコンロを使用されていました→→
j2
こちら完成写真→→→


<機種>松下 ダブルIHクッキングヒーター 2口据置タイプ (シルバー色) KZ−K221DS

b3
<工事中の工程>

既存のガスコンロ。

b4
ガスコンロを撤去しました。
b5
専用配線を屋外分電盤から、お台所まで配線します。
b6
軒下をパイプへ入れ、配線いたしますが、大きなお家のため、30メートルほど必要です。
b7
外壁を貫通させ、アース線と一緒に、屋内へ入れました。
b8
一度、物置を通し、お台所まで持ち込みます。
b9
お台所まで配線が来ました。
b10
200Vコンセントを取り付けました。
b11
IHクッキングヒーター本体が設置完了できました。

b12
電源プラグを差し込みました。
B7
試運転開始です。

<機種>松下 ダブルIHクッキングヒーター 2口据置タイプ (シルバー色) KZ−K221DS


u12

ナショナル据置型IHクッキングヒーターも、オール電化8年間修理保証にご登録いただきました。



より安心して、オール電化ライフを、お過ごしいただけます。



オール電化8年間パーフェクト修理保証の、詳細はこちら
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、Y様邸で、居室用天井換気扇 取り付け工事をいたしました。

戸建住宅の2階の2部屋ですが、夏は熱気が上がるので、とにかく暑いそうです。
もちろんエアコンはあるのですが、この度、換気扇で熱を屋根裏に逃がせるという目的で、天井用を取り付けました。

a1

主寝室

こちら、西日が差し込むY様邸の中で、一番暑い部屋です。

換気扇が取り付いたので、もう安心です。
a1

子ども部屋

こちらも南に面しているので、暑いのですが、無事取り付きました。


a3
工事の工程

押入れから、屋根裏へ上がり、設置場所や配線の経路を確認します。

夏の屋根裏は、とにかく暑い サウナです
a4
換気扇取り付け寸法の、開口穴を開けました。
a5
本体を取り付け中です。
a6
カバーが取り付きました。
a7
換気扇用のスイッチ配線をしております。
a8
スイッチが取り付きました。

強弱付きなので、便利が良いです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

q1
今日も、昨日に引き続きK様邸(赤磐市東軽部)にて、オール電化・中国電力ファミリータイム電気工事をいたしました。


2つある電力メーターを、1つに統合いたします。
z2
はなれにある電力メーターを撤去します。


z3
撤去しました。
z4
母屋の電力メーターは、活かします。
z5
メーターボックスを取り替えるため、一旦メーターを取り外しました。
z6
新たな計器板を取り付けました。
z7
ファミリータイム用電力メーターを取り付けました。
z8
ふたを閉め、完成です。
z9
電柱へ昇り、引込電線を取替え中です。
z10
引込電線の経路を変更しました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

q1
今日は、昨日に引き続きK様邸(赤磐市東軽部)にて、オール電化・中国電力ファミリータイム電気工事をいたしました。
x2
母屋側の電気メートル器。


はなれ側にも、別個に電気メートル器がありますが、オール電化を契機に一つにまとめる予定です。


その方が、電気代もお得です。
q1
屋外分電盤が取り付き、エコキュート・IHクッキングヒーター用のブレーカーがつきました。

q1
母屋とはなれの間。

エコキュート・IHクッキングヒーター用の配線、軒下をビューンと横引きしています。

大きな敷地に、大きなお屋敷なので、配線もロングです。

q1
はなれ側の分電盤。

後日、電気を統合するため、主幹電線を準備しております。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

q1
今日は、K様邸(赤磐市東軽部)にて、オール電化準備・給湯配管工事を行いました。その工事の様子です。



q1
事前に、貯湯タンク用の基礎ベースを作成しておりました。
q1
お住まいの「はなれ」側に、石油給湯器が設置されています。


「母屋」側にあるキッチンまで、給湯配管を約30メートル敷設します。
q1
こちら母屋側です。

地面を掘り、架橋ポリ管をPF管に通し、埋設しております。
q1
はなれ側は、銅パイプで延長。

外壁に沿って、敷設しております。
q1
保温材を巻き、仕上がっております。
q1
母屋のお台所。

ガス瞬間湯沸かし器をお使いでした。
q1
既存の蛇口を取り替えます。
q1
撤去しました。
q1
シングルレバーが取り付きました。

スッキリといたしました

    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、オール電化リフォームが完成いたしました、M様邸(岡山市海吉)での、工事の様子です。

今日はその中で、NationalIHクッキングヒーターの工事の様子をご紹介いたします。


ビフォー写真
q2

こちらの据置ガスコンロをお使いでした。



 リフォーム後
q2

将来、システムキッチンにしてもIHが継続使用できるように、据置枠に組み込みました

<機種>National IHクッキングヒーター 3口ダブルIHビルトインタイプ (ウォームシルバー色) KZ−HS32C 




v3
工事の工程

ご使用だったガスコンロ。
v4
ガスコンロを撤去いたしました。
v5
ガス管を取り除きます。
v6
据置枠を置いたら、こんな状態です→→
v7
IH専用電線を外壁経由でアース線と一緒に、キッチンへ入線いたしました。
v8
200ボルトIH用コンセントを取付。
l10
IHクッキングヒーター本体が設置完了できました。

<機種>National IHクッキングヒーター 3口ダブルIHビルトインタイプ (ウォームシルバー色) KZ−HS32C 


試運転スタート

l11

奥様、早速お料理にチャレンジしておられました




u12

オール電化8年間修理保証に、ご登録いただきました。

 ナショナルIHクッキングヒーターも対象です



より安心して、オール電化ライフを、お過ごしいただけます。



オール電化8年間パーフェクト修理保証の、詳細はこちら


    このエントリーをはてなブックマークに追加

只今、S様邸(岡山市古都宿)で、ご主人様の寝室を、和室から洋室にする改装リフォーム工事を行っております。その工事の様子です。



q1南面・ビフォー写真


ご主人の足腰が弱くなり、ベッドで寝起きしておられました。

畳が傷んできたこと、壁・天井が色あせてきたことなどもあり、このたび洋室に改装することとなりました。

q1
解体中写真


天井・たれ壁を撤去しました。


天井を取ったとき、ハチの巣がありました

無事、被害無くハチの巣も撤去できました




u3北面・ビフォー写真


奥様が、ご主人様の体調を気遣い、改築をご決断されました。
u3解体中写真


壁面は、ボードを貼り、クロスを貼る予定です。


u3
平屋建てのため、天井を取ると屋根裏がよく見えます。
u3

床の間だった場所は、洋服が吊れる収納になる予定です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、Y様邸(都窪郡早島町)で、外壁・屋根 塗装リフォーム工事が無事完了いたしました。その工事の様子です。


ビフォー写真
q1
築10年を過ぎ、外壁の黒ずみやカラーベスト屋根の色あせを気にされ、全面塗装を以前からご検討しておられました



完成写真
q1
以前と同じグレー色系をご検討しておられました。
あまり変わり映えしないというご提案もさせていただき、お嬢様たちの意見も採り入れた結果、今度はガラッと明るめの色を、ご採用されました


Y様からは、現場監督は礼儀正しく、職人さんも腕が良く、マナーも心得ており、工事期間もとても気持く過ごせたと、絶賛していただきました




d2

工事途中→→→


足場を組み、一旦下地材を塗りこんでいる様子。






d2

北面 ビフォー写真→→

北が広場になっており、よく目立ちます。


d2
工事途中→→→

足場を組み、塗装中です。
d2
北面 完成写真→→


カラーベスト屋根も塗装され、一新いたしました。





d2
南面 ビフォー写真→→

2階ベランダ部分に、雨筋が付いておりました。
d2
南面 完成写真→→


明るく、きれいに仕上がりました









y10


西面・工事途中→→→



足場を組み、塗装中です。

y10



西面 完成写真→→



日光を浴び、光っております





完成写真
q1
Y様曰く、ご近所様に家を建て替えられたようですねぇと、お褒めの言葉をもらったそうです。

また、台風が来るようですが、ちょうどお天気にも恵まれ、いいお仕事ができました



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ