1
先日、T様邸(岡山市長岡)で給湯配管バイパス工事を行いました。

T様から、「お湯の減りが早い」という連絡をいただき、調査に行きました。



ご使用されている電気温水器→→→→

1
調査すると、経年劣化で、地中に埋まっている給湯配管に穴が開き、漏水(湯)を起こしていました。

そこで、既存の給湯配管は廃止し、別の経路で給湯配管を引き直しすることにいたしました。


P1060322
掘れば、漏水して地中がドロドロになっております

P1060322
温水器を中心に、台所方面へ銅管を壁伝いに配管しております。

P1060322
窓枠に沿うように、配管しております。

P1060322
保温材をかけました。

P1060322
洗面だけ銅配管でしたが、おふろは鉄管でした。

P1060322
屋内は架橋ポリ管で、おふろまで接続。

P1060322
保温材をかけました。

P1060322
バイパス工事、無事に完成いたしました。