【 お彼岸の地域性?? 】リフォームするなら福島の光和設備工業所



リフォームを福島でするなら光和設備工業所


光和設備工業所の瓜生です。

暑さ寒さも彼岸まで とはよくいったもので

今年は残暑厳しすぎない?

いつまで続くの~?

と思っていたら、朝晩はぐっと気温が下がり

秋の気配が感じられるように。

この時期 着るものや寝具に悩みます。

寝る時は丁度良くても、朝方寒くて起きるか、

暖かくして寝て、途中暑くて起きるか

どちらにしても ぐっすりとは眠れない時期。
(といっても眠りが浅い方なので、ほぼ毎日何度かは目が覚めるのですが)

何か上手い方法はないものか・・・。

お家がしっかり断熱されていれば、そんな悩みもないのでしょうけど

さて、冒頭に戻りますが

今日は彼岸の明けですね。

お彼岸などの冠婚葬祭行事を経験することが多くなってから

地域性の違いに驚くことが多いです。

でもこれ、違う地域に出て初めて気付きますよね。

福島県は、同じ県内でも 会津・中通り・浜通りとで

だいぶ風習が違うので、発見と驚きが面白いです。

社内にはいろんな出身地の人が居るので、

ほんとに何気ない会話から この違いが露見します。

そこで初めて自分が思う普通が、全国的には全然違うことを知ることも

お彼岸も、私はお墓参りしたことがありませんでした

お盆は家族でお墓参りに行きますが、

お彼岸は仏前にお膳をお供えして過ごす1週間だと思ってました。

もしかして祖母が一人でお墓に行ってたのか??

でもそんな素振り見なかったような・・・

我が家がそうだったのか、地域全体なのかは不明ですが

数人の地元の友達に聞いてみても あまり行かないそうですし

その地域に嫁いだ友達が お彼岸お墓参りしないの?!

とびっくりしていて、やはり・・・地域性なのかな?
(でも行く家庭の人は 家族でお参りするそう)

お墓参りの風習も違えば、葬祭の風習はもっと違いがあって・・・

福島市で初めてお葬式に参列した時は いろいろとビックリしました

経験不足なうえに 自分が知ってる作法では失礼があるかもしれない、と

ものすごく緊張したものです

ちなみに お墓参りの時のお供え物も地域性があるみたいで

え~?なるほど~!! などなど いろんな違いを知れました。

次に気になるのは

豚汁と芋煮汁の地域性

これもまた面白そうだし、美味しそう~

あっ、食欲の秋もスタートしたようです




光和設備工業所のことはこちらから
6

水まわりの価格表はこちらから
5

お問い合わせ、ご相談はこちらから
8910




7-1

  >>株式会社光和設備工業所のコーポレイトサイトはこちら