【小さな存在でも 】リフォームするなら福島の光和設備工業所



リフォームを福島でするなら光和設備工業所。

光和設備工業所の蒲倉です。






先週の土曜日は東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が起きた3月11日でした。


仙台天文台に震災特別番組 「星空とともに」 を見に行きました


047


プラネタリウムの中では2011.3.11の夜空を映し出し

被災者から寄せられた、星と震災にまつわるエピソードが紹介されました


読み上げられたエピソードのひとつひとつが胸に突き刺さりました。


いっぱい怖かった事、いっぱい泣いた事、

思い出したくないけど忘れてはいけない、

忘れたくても忘れられない気持ちが蘇って涙が止まりませんでした



        震災特別番組「星空とともに」
            東日本大震災の夜、大停電の被災地を照らしたのは見たこともない
           ような満天の星でした。その輝きに被災者たちは何を見たのでしょうか?


人間の力ではどうすることも出来ないと実感したあの日。


改めて、私たちは小さな存在なのだと思い知らされました。





一方展示室では子供にもわかりやすく天体について知ることができます


この中に居るだけでワクワク楽しい気持ちになってきます


036


私が特に好きなのは、この『宇宙を見つめる人類の歩み』年表

 コペルニクスやガリレオなどの功績、または当時の天体観測方法などを知る事ができます  



038


気が遠くなる程の宇宙の広さ、その中では地球が如何に小さな惑星なのか

そこに住む私たち人間が如何にちっぽけなのか

ここでも人間の存在の小ささを思い知らされます


私たちは何のために生きるのでしょうか…


そういえば、うちの次男がたまに真面目にそんな事を聞いてきます

私はまともに答えられた事がありません

たまには考えてみるのもいいのかもしれませんね。


が、考え過ぎは良くないので深く考えず今を楽しく生きようと思う蒲倉でした




光和設備工業所のことはこちらから
6

水まわりの価格表はこちらから
5

お問い合わせ、ご相談はこちらから
8910




7-1

  >>株式会社光和設備工業所のコーポレイトサイトはこちら