2008年02月27日

周辺環境を見る

◙ 周辺環境=徒歩5〜15分圏内の環境のこと

☆駅が近くにある
・「幸運の龍は線路を走り、駅で休息する」
・特急や急行が止まるような大きな駅ほど、たくさんの幸運が漂う。
・「駅は街の玄関」で、一般に、東口より西口、南口より北口の方が栄える。
・北 = 駅から財運パワー、愛情パワーが流れてくる。
・東 = 健康パワー、仕事パワー、出世パワーが吸収できる。
・南 = 才能パワー、人気パワーが流れてくるので、クリエイティブな仕事をする人には良い。
・駅からゆるやかに登っていく敷地 = 特に、吉。
・西 = 駅から金運パワーが流れていく。
・駅から歩ける範囲に家があり、正方形に近い敷地で静かな環境 = ベスト。
・四季の花が美しく咲いていて、明るく活気があり、清潔感の漂う駅 = 文句なし。

☆線路がそばを走っている
・敷地の東側 = 吉相で、健康運、仕事運が高まる。
・北 = 気持ちが落ち着かなかったり、イライラすることがある。
・北 = 室内の北方位に、相性の良いピンクやオレンジ、赤の花を飾るか、窓がない場合は大きな家具を置く。
・敷地から見て、東方位や東南に線路が走っている = 「仕事運に恵まれる」「人間関係がよくなる」「出世する」

☆地下鉄が建物の下を走っている
・「地下の龍脈が分断されて運気が落ちる」
・近くの神社や寺、駅、商店街、鉄塔、森、高層ビルなど、空中の龍脈から幸運を招きいれる。
・それらの建物が建つ方向にある窓やベランダをキレイにして、その方位と相性の良い物を飾る。

☆バス停がそばにある
・バス停も電車と同じく、「龍脈をつなぐスポット」
・集まる人の数が多いほど、発着するバスの本数が多いほど、そのバス停の風水パワーは、大。
・乗り物は東と相性が良いので、敷地の東側にあれば、良い情報やニュースが家に飛び込んできたり、家の中に活気が生まれる。
・南 = 家の中を覗かれる恐れがある。
・北 = 心の平安を乱されることがある。
・窓がある場合は、南 = グリーン、北 = ピンクやワインレッド系のカーテンを掛ける。

☆商店街がそばにある
・商店街には、住宅地よりも強い大地のパワーが溢れている  
・北 = 愛情パワー。
・東 = やる気パワー。
・南 = 才能パワー。
・西 = 人生を喜ぶパワー。
・ただし、にぎやかで活気のある商店街の場合。

☆学校がある
・学校が近くにある = 吉相。
・至近距離にある場合 = コツコツ頑張る運気、音楽や芸術などの才能を伸ばす運気、チャレンジ精神ややる気を育てる運気などが、家の中に入ってくる。
・子供が新しく通い始めるなら、「吉方位」。通えば通うほど、ツキが上がる。

☆郵便局がそばにある
・郵便局がそばにあると、「人脈が広がる」東南のパワーが流れ込んでくる。
・特に、敷地から見て郵便局が東、東南、南にあれば、吉。人の縁から縁が広がり、チャンスが巡ってくる。
・家のそばにない場合 = 「いい友達や恋人が欲しい」「結婚したい」人は、週に2、3回、最寄の郵便局へ。
・お礼状や季節のお便りをマメに出すと、人間関係運が上がる。

☆銀行がそばにある
・「銀行が家のそばにある」 = 「お金に縁がある」ということ。
・敷地の北側、西側に銀行がある = 「お金たっぷりの金庫」を抱えているのと同じこと。
・自宅の西の庭にミカンの木を植えたり、室内の北や西に黄色い花や小物を欠かさないようにする。

☆役所がそばにある
・区役所や市役所 = 昔の「城」と同じような役目を持っている。
・家の北、北西、西側 = 強力な成功運がもたらされる。
・サイレンの音を伴う消防署や警察署 = 東や南にあるなら、吉相。
・↑北 = 生活にお落ち着きがなくなり、イライラしがち。北側にあるなら、防音カーテンを取り付ける。
・東 = 役所があれば、大吉。「東に新しい建物が建つと、人生が好転する」

☆公園がそばにある
・大自然のパワーが自宅に流れ込み、安らぎと落ち着きが得られる。
・キレイな公園 = 大吉。
・大きな公園 = 自宅から徒歩10〜15分くらい、50〜100坪ほどの小さな公園なら、徒歩5分くらいの距離にあると、公園の風水パワーを受け取ることができる。
・「自宅のベランダからキレイな公園が見える」 = 吉。
・北 = 家族運、愛情運が安定する。
・東 = 出世運。
・南 = 直観力、判断力が増す。
・西 = 金運が上がる。
・公園の敷地 = アスファルトで覆われているより、土がむき出しになっている方が大地のパワーは大。
・キチンと掃除されていて、四季折々の花が咲いていれば、なお良い。

☆スーパーがそばにある
・活気のあるスーパー = 吉。
・「人でにぎわっていること」「イキイキと活気があること」「お店の人の表情が明るいこと」が吉相の条件。

☆駐車場がそばにある
・背の高いパーキングビルがある = 凶。
・平面の駐車場は、きちんと管理されていることが条件。
・ゴミが散乱していたり、治安の悪い駐車場 = よくない影響を受ける恐れがある。
・平面の駐車場 = 隣の敷地の1、2階に住んだり、マンションで「下の階が駐車場」というケースは、凶。

☆工場がそばにある
・南 = 特に家から見て、工場の煙突が一対見えるなら吉相。
・「南に一対の細長い建物」となり、懸賞・宝くじ運が上がる。
・人体に悪影響を及ぼす恐れがない限り、「100%凶」とはいえない。

☆浄水場がそばにある
・特に隣接している場合 = 要注意。
・北 = 敷地が湿気で冷え、健康運が落ちる。
・南 = イライラやケンカが多くなりがち。
・西 = 金運にダメージが出る。
・北 = ピンクの花。
・南 = 一対の観葉植物。
・西 = 黄色い花を飾る。

☆病院がそばにある
・至近距離にある = 凶相。
・特に家から見て病院が、東、東南、南側にあり、「ベランダから見える」「窓の向こう側」という場合 = 白、生成り、オレンジ色など、明るい色のカーテンを掛けて陰の気をブロックする。
・窓ガラスをピカピカに磨くことも忘れずに。

☆神社、寺がそばにある
・神社・寺の、西、北西、北側に自宅がある場合 = 凶相。
・「東側より西側の方が格が上」
・神社・寺の、東、東南、南側に住む場合 = 吉相。
・やむを得ず住む場合 = 神社・寺をのぞむ窓に、生成りか、グリーンのカーテンを掛け、窓辺に盛り塩をする。
・方位にかかわらず、トイレの窓やキッチン、浴室、洗面所の窓から、神社・寺が見える時 = 水場の空間をいつもキレイにして、窓辺に盛り塩と、白いカーテンを掛ける。

☆墓地がそばにある
・道路を一本隔てていれば、ほとんど問題ない。
・ベランダが墓地に向いているようなら、汚さないように心がけること。
・墓地に面したトイレなどの水場もいつも清潔に保ち、窓辺に盛り塩をしておく。

☆鉄塔や電信柱がそばにある
・鉄塔などはかなりパワーが強いため、至近距離にあると人体にストレスが及ぶ恐れがある。
・家の敷地のすぐそばにある場合 = 「吉凶が激しく出る」
・すでに住んでいる人 = 直径5〜10cmほどの鏡を鉄塔や電信柱に向けて気をはね返すか、植物や木を植
えてブロックする。

☆畑、水田がそばにある
・のどかで日当たりのいい環境になるため、風水的には、大吉。
・どの方位にあっても、吉相になるが、特に西 = 大吉。
・西に稲が黄色く色づく = 大金持ちになれる可能性がある。
・南に畑や水田が広がる = 吉相。頭がクリアになり、いざという時に正しい判断を下せるようになる。
・ただし、水田がある場合 = 敷地全体の湿気対策、夏の防虫対策が必要。

☆海がそばにある
・海 = 悪いものをスッキリ清め、新鮮なパワーをよみがえらせてくれる風水の一等地。
・海 = とても良いパワーが溢れているので、海のそばに住むのは、大吉。
・海が東 = 発展と上昇が約束された大吉相。特に若い人に良い。
・西に海 = 年配者に大吉。
・南に海 = 才能を発揮して注目される。「子供がすくすく育つ」パワーもある。
・北に海 = 落ち着きが得られる土地で、心静かに暮らせる。

☆川がそばにある
・川が大きければ大きいほど、水の作用を強く受ける。
・キレイな川なら心を安らげたり清める作用があるが、汚れた川は方位の凶作用を呼ぶので要注意。
・北の川 = 「愛とお金が流れやすい」。
(家の北側に、ピンクなど暖色系の花や小物を飾って、ダメージを防ぐ。)
・東の川 = やる気がdownする恐れが。
(東に、赤とブルーで、元気を回復させる。)
・南の川 = イライラや判断ミスを招く恐れが。
(湿気で家や敷地にカビが生じやすくなるので、対策が必要。)
・西の川 = お金が流れやすいので、要注意。
(夏場は湿気や西日で建物が傷んだり、錆びたりすることもある。)
・リバーサイド物件 = 家が、土手から川幅分だけ離れていれば、川の凶作用は受けない。
(川幅が50mで、土手から家まで50m離れていれば、湿気などの被害は、それぼど気にしなくて良い。)

☆山がそばにある
・「山は龍の背中」山から自分の家に龍脈が流れてくる可能性が高いので、吉相。
・東側に山 = たとえ太陽の光がさえぎられても「東のパワーが強い」
・北or西側に山 = 「家が守られている」
・ただし、山があると水が沸いていることも多いので、湿気対策をしないと、家の傷みが早くなる。

☆森や林がそばにある
・森林が窓から見えたり、自宅から徒歩5〜15分以内にあるなら、吉相。
・木は気持ちをクールダウンさせてくれる作用がある。
・ただし、大きな木が敷地の近くにあると、建物の下に根を張って基礎を壊したり、床下を湿気らせることがあるので注意する。
・家にスペースがあるなら、木や花を植えると吉相になる。  

koyama_yosiji at 15:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

立地を見る

◙ 敷地に接する道路の幅が十分に広くても、条件次第で凶相になることがある

☆T字路の突き当たりに家がある
・いろんな気が混じりあってストレートに家の中に飛び込んでくるため、「事故に遭いやすい」「不意の出費がかさむ」などの凶作用が起こりやすくなる。
・家の正面に直径10cmくらいの鏡を取り付け、前の道路からやってくる悪い気を跳ね返す。

☆道路のカーブの外側に家がある
・「包丁の刃物が家の方に向いているようなもの」
・道路だけではなく、線路でも同じ。
・「事故に遭いやすい」「精神的に不安定になる」などの凶作用が考えられる。
・門から玄関までのアプローチをなるべく長く取って道路と家の距離を離すか、門の両脇に木を植える。

☆建物の角がこちらを向いている
・「家を囲む建物の角がこちらを向いていると、その角から邪気が飛んでくる」
・その建物に向けて直径5〜30cmほどの手鏡を置いたり、植物で邪気をブロックする。
・建物に限らず、家の中に置く家具も、方位がどこであれ、斜めに置くのは、凶。

☆高層マンションの周囲を、低い家が取り囲む
・高層マンションは強風に悩まされ、低層階は日当たり、風通しが悪くなる。
・こういう立地の高層マンションに住むと、「協調性がなくなる」「人間関係で孤立しやすい」「協力者に恵まれにくい」
・すでに住んでいる場合は、玄関に白、ピンク、黄色、赤の4色の花を飾る。
・ただし、営業マンやフリーで働いている人など、独力で頑張る人なら、この立地は悪くない。

☆家の四方を高い建物が取り囲む
・閉塞感があるため気持ちが沈み、人生に消極的になる恐れがある。
・日当たり、通気性がよくないため、健康面にも問題が生じる。
・できれば、吉方位に引っ越すのがベストだが、無理なら、敷地の四隅に盛り塩をしたり、家の周囲に木を植えて家を守る。

☆狭い敷地に建物が密集している
・隣近所と幸運の奪い合いになり、よほど強運でないと、幸運はつかめない。
・東側に隣家が迫っていて朝日が当たらない場合は、家の東側に朝日の絵を飾ったり、赤いりんごを3個
 飾って東のパワーを呼び寄せる。

☆家の前に歩道橋がある
・お店を出すと人が集まりやすく、吉相。
・住宅の場合は、日陰になったり家の中を覗かれる心配があり、気持ちが落ち着かない。
・視線が気になる場合は、歩道橋に面した窓に、その年のラッキーカラー、または方位と相性の良いカーテンを掛ける。

☆家の前に横断歩道がある
・排気ガスや騒音に悩まされる。
・横断歩道に面したラインに木を植えて、邪気をブロックする。

☆交差点の角に家が建っている
・幅10m以上の大きな道路が交差する場合、東南の角地なら日当たりは抜群。
・大きな店やオフィスビルなら吉相。
・住居用の小さな家だと、騒音や排気ガスに悩まされる。
・大きな龍脈が交差する付近は気が乱れやすいため、家の中に幸運パワーを取り込みにくくなる。
・小さな道路の交差点の角では、事故に注意。
・敷地の角に木を植えたり、小さな鏡を貼る。

☆丘の上に家がある
・高級住宅地といわれる場所にあり、丘全体が龍の背中のようになだらかにうねっているなら、「龍脈が走っている」と考えて間違いない。
・特に家から見て北側が高く、南側がゆるやかに下がる南傾斜なら大吉。
・「幸運の気は、上から流れ落ちて下に溜まる」性質があるので、丘の上だけでなく、下にある家も、環境が良ければ吉相になる。

☆街路樹が立ち並ぶ住宅街
・住環境としては最高。
・落葉樹なら、冬は葉が落ちるため日陰にならず、夏は日陰を作ってくれる。
・道路からくるパワーも、街路樹が邪気をブロックしてくれるので、何もない一般道より、吉。



koyama_yosiji at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

敷地に面した道路

◙ 幅を見る・・・敷地には「4m以上の道路と2m以上接しなければならない」接道義務
・個人住宅の場合 = 「道路の広さは6mが望ましく、4〜8mくらいまでが適当」
・狭すぎる道路、広すぎる道路、曲がりくねった道路 = 凶。

◙ 敷地のどちら側に道路が走っているかどうかも、大切なポイント!
☆北側の道路 = 交際下手になりがち。人間関係に気を配れば、落ち着いた暮らしが手に入る。
・・・門や玄関を東側に配置すると、吉。
☆東北の道路 = 変化の多い人生になる。
・・・ゴミ置き場がある場合は、盛り塩などで清めること。
☆東側の道路 = 朝日の当たる確率が高くなるので、誰が住んでも吉相。
・・・健康運、仕事運、勉強運が上がる。
☆東南の道路 = 日当たりがよく、誰が住んでも吉相。
・・・人間関係に恵まれ、楽しい毎日を過ごせる。
☆南側の道路 = 昼間の太陽が当たりやすいため、家の中が明るくなり、吉相。
・・・そこに住む人は個性的でハデ好きになるが、才能で勝負できるようになる。
☆南西の道路 = 落ち着いた気が流れる道路。
・・・ただし、ゴミ置き場がある場合は、盛り塩で清めること。
☆西側の道路 = 商売を営んでいるなら西道路が吉。
・・・人を寄せ集めるパワーに溢れている。にぎやかな家になる。
☆北西の道路 = 家の中に落ち着いた雰囲気が漂う。
・・・道路に並行して家を建てれば東南向きになり、日当たりが良くなって吉相になる。


koyama_yosiji at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

吉方位

◙ 吉方位が、東南の時・・・人脈が広がる。信用が得られる。
・東南 = 風の方位なので、「流行を生む」パワーがある。
・「良縁」の作用もあるので、「恋人が欲しい」「結婚したい」という人は吉方位の時に移動する。

◙ 吉方位が、東の時・・・東は「仕事」の方位(会社の方位)
・「明るく元気に頑張れる」「グングン仕事が発展する」パワーが得られる。


koyama_yosiji at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月04日

敷地の形を見る

吉相の基本形は「四角形」。

☆四角形
・正方形や長方形の敷地 = 八方位の気をバランスよく取り込め、使い勝手の良い家ができるので、吉相。
・誰が住んでも幸せになりやすい。
・家を建てる場合 = 家と庭の広さは「6対4」が理想。

☆長細い形
・敷地が長方形でも、縦横の長さの比率が1対3以上の場合 = 「細長い家」
・南北に長い敷地 = 頭脳派向きの敷地、東西に長い敷地は肉体派向きの敷地。
・南北に長い敷地 = 文筆業や会計士など、デスクワークをしている人には好相性。
・東西に長い敷地 = 営業職や旅行業など、精神的に動き回る人には好相性。
・東北〜南西に延びた敷地 = 良くも悪くも変化に富んだ人生になるが「上手に使えば大発展する」
・東南〜北西に延びた敷地 = おだやかで楽しい暮らしになる。

☆三角形
・三角形の敷地 = 避けたほうが賢明。
・どうしてもという場合 = 最もとがった三角形の角に木を植えて角を消し、残った台形の土地に四角い家
を建てる。

☆台形
・長方形に近い形なら問題はないが、角が極端にとがっているなら凶相。
・角に木を植え、敷地内に長方形の家を建てれば、凶作用が抑えられる。

☆その他
・家の四方を道路が走る敷地、道路から奥まった「どん詰まりの敷地」、凸凹の激しい「段欠けの敷地」 = 凶。
・どうしてもという場合 = 家の周囲を塀で囲んでガードしたり、玄関や門の風水を徹底したり、敷地の張り・欠けをカバーする間取りの家を建てるなどして補う。


koyama_yosiji at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

昔ながらの高級住宅地・・・

☆お金持ちになりたいなら、お金持ちを育てる土地に住む

・高級住宅地=龍脈の流れる土地。
 ,覆世蕕にうねる丘がある。
◆‘始が狭すぎない。
 日当たりが良い。
ぁー囲の雰囲気が明るく、落ち着いている。
・電車の特急や急行の停まる、乗降客の多い駅周辺、活気のある商店街。
・幹線道路が走る付近。
・たくさん人が集まるところ。
・余裕のない場合 = 吉方位に旅行したり、散歩するだけでも吉。


koyama_yosiji at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

環境の良くない土地、避けたい土地・・・

・地盤のゆるい崖の上や埋め立て地、高圧電流が流れる鉄塔が至近距離にある土地、幹線道路沿い等。
・火事や災難があった土地、ビジネスが栄えない土地、病人がやたらとたくさん出る土地。
・昼間でも何となく暗い印象の場所、陰気な場所、荒れた感じ、さびれた感じのする場所は、パワーがない。


koyama_yosiji at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)