2018年12月14日

2018年12月14日(金)2 柔道の稽古

 診察終了後、講道館に移動します。柔道着に着替えて、大道場に上がります。
kodokan-20181214
 かつて、よく稽古をした軽量級の黒帯の男性に、久しぶりに「乱取り」をお願いしました。
 このところ、「YOUTUBE」で流れてくる、かつての名選手や指導者の動きを、よく見ています。「なるほどな」、「あぁ、そうやればいいんだ」と思い、その真似をしようと思うのですが、なかなか、すぐに出来るものではありません。
 続いて、身長180センチ、体重90キロといった体格の黒帯の若者に、「乱取り」を申し込まれます。受けて立つしかありません。内心、びくびくです。優しい男性で、「体落とし」からの「谷落とし」、「裏投げ」など、こちらの掛けた技にも、逆らわずに投げられてくれました。いい稽古をさせていただきました。

koyamaclinic at 23:33|PermalinkComments(0) 柔道 

2018年12月14日(金)1 誕生日

tsukemen-20181214
 今日は午後からの診療です。銀行の用事などをすませて、近くの「つけ麺」のお店で、昼食を取ります。「柚子塩つけ麺」の大盛りを頼みます。
 お店の大将は、クリニックの利用者です。立ち仕事は、膝に負担がかかりますよね。「最近、調子がいいですよ」とおっしゃってくださり、安心しました。ちょっとでも不調を感じたら、またメインテナンスにいらしていただくよう、お声を掛けておきました。
cake-20181214
 12月16日は、医療事務の唐木美保さんの誕生日です。ところが、その日が日曜で休みなのと、土曜日も月曜日も、全部のスタッフがそろわないことに気付きました。今日、「Mickey's」のケーキでお祝いすることにしました。
 今日は午後からの診療で、昼休みに、みんなで一緒に食べるわけにはいきません。とりあえず、診察室の奥の冷蔵庫に入れておきます。
「交代で食べてもらうけど、ひとこと、『おめでとう』と言ってから食べるようにね」
 そう言っておきます(笑)。

koyamaclinic at 23:08|PermalinkComments(0) グルメ 

2018年12月13日

2018年12月13日(木) 温泉の効用

 お世話になっている会計事務所から配布される冊子に、温泉についての記事が載っていました。面白いと思ったことを、ちょっと書き出してみます。
 日本には、3000ケ所あり、その数は世界一なのだそうです。世界第2位はイタリアだそうですが、その数は、10分の1以下だとのことでした。
 温泉の効用としては、自然の中に身を置くことによる「転地効果」、温熱作用、静水圧作用、浮力作用による「物理的効果」、薬理作用による「化学的効果」があるとのことでした。
 療養効果の高い温泉を、特に「療養泉」というそうですが、お湯に含まれる成分によって、「酸性泉」、「硫黄泉」、「塩化物泉(食塩泉)」、「炭酸水素泉」、「硫酸塩泉」、「二酸化炭素泉」、「単純温泉」、「含鉄泉」、「含ヨウ素泉」、「放射能泉(ラジウム泉)」と、種類がいくつかあるようです。
 「酸性泉」、「硫黄泉」は、殺菌力が強く、アトピー性皮膚炎、乾癬、表皮化膿症などに効果があるようです。「塩化物泉」、「二酸化炭素泉」などは、保温効果が高く、末梢循環障害、冷え性などに効果があるようです。「放射能泉」は、抗炎症作用があり、痛風、関節リウマチ、強直性脊椎炎などに効果があるようです。
 効能を考えて、温泉を選びたいと思いますが、とりたてて、身体の不調があるわけではないので、行ければ、どこでもいいです(笑)。

koyamaclinic at 23:42|PermalinkComments(0) 日々の徒然 

2018年12月12日

2018年12月12日(水) 西新宿「酉一途」

 帰宅途中、一人暮らしをしている親族と、新宿で落ち合います。「酉一途」という居酒屋を予約しているとのことでした。鶏料理のお店だと告げられます。名前から分かりますって・・・(笑)。
toriichizu-20181212
 何品かのつまみに続いて、「辛炊き鍋」を頼みました。運ばれてきた鍋を見ると、まずは真っ白いスープが見えました。鳥ガラスープなのでしょう。しかし、お玉杓子でかき混ぜると、真っ赤になります。唐辛子が下に沈んでいたようです。鶏モモ肉、つみれ、豆腐、野菜を、次々と入れていきます。
 食べているうちに、額から汗が流れ落ちます。明日のお腹が心配です(笑)。


koyamaclinic at 23:52|PermalinkComments(0) グルメ 

2018年12月11日

2018年12月11日(火) 小石川3丁目「青いナポリ」

 10時30分の少し前を目処に、「講道館ビル歯科」にやってきました。5ヶ月振りの受診です。インプラントの手術を受けてから8年、定期的にチェックを受け、歯石除去などのメインテナンスをしていただいています。
 いつも言われる、左下のインプラント周囲と、今回は右下の犬歯周囲の磨き残しを指摘されました。歯列の乱れがあるところで、磨き残し、要注意です。それ以外は特に問題ないとのことで、また5ヶ月後のチェックということになりました。
 長く担当してくださっていた歯科衛生士の方が、産休と育休で、長い休みに入っています。代わりに担当してくださったのは、かつて腰痛で、当クリニックにいらしたことのある方でした。びっくりしました。
aoi-napoli-20181211
 クリニックに戻り、スタッフへの冬季賞与の振込み、メールの返信といった作業をすませると、お腹が空いてきました。
 ネットの検索サイトに、「春日」、「ランチ」と入力して、上位に出てきたのが、小石川3丁目の「青いナポリ」でした。オープンテラスのある、イタリアンレストランだとのことです。一昨日より昨日、昨日より今日と、気温が下がっています。とてもとても、テラスで食事をという気候ではありませんが、今後のリサーチということもあり、徒歩10分弱の道のりを歩いてやってきました。
pasta-20181211
 住宅地の中を歩いていくと、突如、目の前に、お店の看板が現れます。中に入ると、お子様を保育園や幼稚園に送った後かと思われるような女性連れでいっぱいです。会社員の男性が、「ワンコイン」でランチをすませるというこの御時世に、こういった優雅な時間の過ごし方、いいですね。
 本日のランチメニューの中から、「鶏もも、ゴボウ、芽キャベツの、ビアンコソーススパゲッティ」を頼みます。今日の用事も終了しました。赤ワインのグラスを頼みました。

koyamaclinic at 23:02|PermalinkComments(0) 医療 | グルメ

2018年12月10日

2018年12月10日(月) 居合いの稽古

 診察終了後、「浜町公園」の中にある、「中央区立総合スポーツセンター」に移動しました。今日はここの第一武道場で、居合いの稽古です。
 「正座」の形、「立て膝」の形、「奥居合い居業之部」、「奥居合い立業之部」と、続けて稽古をしていきます。
 いつもは、柔道の試合場の2面分の広さのある武道場の半分で居合いを、もう半分では合気道の団体が稽古をしていたりします。しかし今日は、別の団体はいなくて、貸し切り状態でした。居合いの稽古をしているのも5人だけで、稽古場が広く感じられました。
pizza-20181209
 地下鉄からJRへの乗り換え駅で、お腹が空いてきました。駅のすぐ近く、視界に入ったイタリア料理店に飛び込みます。お店の名前を書き留めるのを忘れてしまいました。
 「アーリオ・オリオ・ピザ」というメニューがあったので、頼んでみました。イタリア語で、アーリオ(aglio)はニンニク、オリオ(olio)はオリーブ・オイルだということは、先日、学習しました。
 これで、赤ワインでも飲みたかったのですが、今日は休肝日にしました。
 2016年の休肝日は61日で、2017年は113日でした。それを踏まえて、今年は「週に3日の休肝日」に挑戦しようかとも思いましたが、今年も残り少なくなり、それはもう、物理的に不可能です。「週に2日の休肝日」というのもギリギリで、なかなか厳しい状況です(笑)。

koyamaclinic at 23:17|PermalinkComments(0) 居合い | グルメ

2018年12月10日(月) 次回クロストレーニングセミナー予告

 次回の「クロストレーニングセミナー」の予定を、12月23日(日・祝)としました。
 高田馬場道場、住所は、「新宿区高田馬場4-2-38 宏陽ビル地下1階」です。JR高田馬場駅戸山口を西側に出て、線路沿い、新宿方面に150m、ユーキャン隣り、5階建ビルの地下1階です。1階は「預言カフェ」です。
 扉はオートロックです。入口の表示をご参照ください。
 今までに来られたことのある方で、参加ご希望の方は、このブログにコメントください。ご興味のある方は、ホームページのトップから、「お問い合わせ」にメールをください。後ほど、場所など、こちらからご連絡いたします。
 今までの記録については、「日本クロストレーニング協会」の「活動実績」をご覧ください。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 その日の第二部は、興和警備保障(株)社長の西村政志氏に、ボディガードの技術を伝授していただくことになりました。
 西村社長、フルコンタクト空手誌などでも紹介され、現在クエスト社にて実戦護身術の教材を作成中だとのことです。幼少期より、柔道、手裏剣術、空手、キックボクシングなどを修行され、現在も日々の鍛錬を重ねていらっしいます。
 西村社長の語られる、独特の哲学も、私は楽しみにしています。

koyamaclinic at 15:33|PermalinkComments(3) 空手 | トレーニング

2018年12月09日

2018年12月9日(日) 津田塾大学ウェルネスセンター「グローバル社会における柔道教育の在り方とこれからの課題を考える」

sendagaya-20181209
 10時を目処に、JR総武線の千駄ヶ谷駅にやってきました。南口を降りて徒歩1分、津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスに移動しました。今日はここで、津田塾大学健康余暇科目委員会が主催する、「グローバル社会における柔道教育の在り方とこれからの課題を考える 〜日本とヨーロッパの実践例を中心に〜」と題された、シンポジウムが開かれることになっています。
 「嘉納師範の思想から現代社会における柔道の教育理念を探る」と題された、講道館の畠山洋平先生の講演、「教科体育における柔道と伝統文化の学習」と題された、兵庫教育大学准教授の有山篤利先生の講演、「グローバル社会における柔道教育の在り方を考える」と題された、鹿屋体育大学教授の濱田初幸先生の講演、「グローバル社会における柔道教育の多様性を考える〜日本・フランス・ドイツを事例として〜」と題されたパネルディスカッションが予定されています。
judo-symposium-20181209
 分野は違いますが、いつもの整形外科の勉強会の要領で、面白いと思ったこと、ためになったことを、書き出してみたいと思います。
・嘉納治五郎師範が生まれた1860年に、勝海舟がアメリカから帰国し、井伊直弼が暗殺された
・1882年(明治15年)に創始された講道館柔道において、その目的は、「体育」、「勝負」、「修心」とされた
・「体育」には、筋肉をつける「強」、病気にならない「健」、思い通りに身体を動かせる「用」がある
・「修心」には、「観察」、「記憶」、「試験」があるが、その中の「試験」とは、自分でいろいろ試してみる「トライ&エラー」
・「柔の理」という言葉は嘉納師範から出たものではなく、柔道の存在をヨーロッパに紹介した小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の言葉
・1915年(大正4年)以降、柔道修行の目的に、「己の完成」、「世の補益」が加えられた
・グローバルとはバーチャルなものであり、本質はローカルな物事の集積である
・個人にはそれぞれの判断基準があり、その基準で把握できない他者を警戒し、排除すべき対象と考えるのは、むしろ人として自然なこと
・充実した気力同士の衝突を回避するように臨機応変自在に変化するのが「柔の理」であり、社会生活での問題解決に応用できる
・今後の柔道人口を増やす鍵は、社会人の柔道愛好家
・ヨーロッパの柔道道場に現地語訳とともに掲げられている柔道の徳目、「礼儀」、「謙虚」、「尊敬」、「誠実」、「勇気」、「自制」、「友情」、「名誉」は、新渡戸稲造の「武士道」から来ている
・フランスで柔道を指導し、尊敬を集め、フランスに骨を埋めた「フランス柔道の三傑」、「川石酒造助」、「道上伯」、「粟津正蔵」
「滝昇る鯉の心は張弓の緩めば落つる元の川瀬に」
 粟津先生は、フランス語で講話をした後に、日本の詩吟を吟じたりして、克己、忍耐、油断大敵といった日本の心を説いたりしたのだそうです。
・フランスで、精神疾患を有する青少年に、医師が柔道を勧めるケースがある
・「to be international, be national(真の国際人になろうとするなら、まず、日本人になりなさい)」
・ドイツもフランスも、子どもの年代にあわせたプログラムがある
・年少者のプログラムには、遊びの要素が多く取り入れており、飽きさせないようにする、動きの引き出しが多い
・「Judo, more than sport!」、ヨーロッパ柔道連盟のキャッチフレーズ
 勉強になりました。講師の先生方、関係者のみなさま、ありがとうございました。
 休憩時間に、男性用のトイレを見つけられず、焦りました。ここは女子大でした(笑)。

koyamaclinic at 23:00|PermalinkComments(0) 柔道 

2018年12月08日

2018年12月8日(土) 高輪ゲートウェイ駅

takanawa-gateway-20181208
 田町駅と品川駅との間に、山手線の30番目となる新しい駅の名前が、先日の12月4日、「高輪ゲートウェイ」に決まったそうです。
 2020年度に「暫定開業予定」、2024年度に「本開業予定」とありました。具体的に「暫定」がどういうことなのか分かりませんが・・・(笑)。
 漢字と片仮名の混じった駅名、他の路線で前列がないわけではないですが、「ダサい」、「洒落てない」、「選考過程が不明瞭」など、賛否両論があるようです。
 山手線1周の路線距離は、34.5kmだそうですが、それぞれの駅と駅との間の距離を調べてみました。
yamatesen-20181208
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
東京―神田 1.3キロ
神田―秋葉原 0.7キロ
秋葉原―御徒町 1.0キロ
御徒町―上野 0.6キロ
上野―鶯谷 1.1キロ
鶯谷―日暮里1.1キロ
日暮里―西日暮里 0.5キロ
西日暮里―田端 0.8キロ
田端―駒込 1.6キロ
駒込―巣鴨 0.7キロ
巣鴨―大塚 1.1キロ
大塚―池袋 1.8キロ
池袋―目白 1.2キロ
目白―高田馬場 0.9キロ
高田馬場―新大久保 1.4キロ
新大久保―新宿 1.3キロ
新宿―代々木 0.7キロ
代々木―原宿 1.5キロ
原宿―渋谷 1.2キロ
渋谷―恵比寿 1.6キロ
恵比寿―目黒 1.5キロ
目黒―五反田 1.2キロ
五反田―大崎 0.9キロ
大崎―品川 2.0キロ
品川―田町 2.2キロ
田町―浜松町 1.5キロ
浜松町―新橋 1.2キロ
新橋―有楽町 1.1キロ
有楽町―東京 0.8キロ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 最短で0.5キロ、最長で2.2キロ、距離もさまざまです。山や川、地形の関係もあるのでしょうし、乗降客の数といった、経済的な事情もあるでしょう。
 今回の新駅の建設は、最長の区間だったところに設置されるとのことで、名称は別にして、設置自体にはコンシェンサスは得られているのでしょうね。

koyamaclinic at 23:14|PermalinkComments(0) 日々の徒然 

2018年12月07日

2018年12月7日(金)2 柔道の輪

 4時過ぎに来院した利用者の方の処置に、久しぶりに手間取りました。リハビリのスタッフにも手伝ってもらいましたが、結局、大学病院の救急外来に紹介することにします。引き際に悩む症例でした。
 途中、半年に一度の、骨密度検査の予定の方がいらっしゃいました。処置の合間に検査を進め、すべての作業が終わってから、カルテの記載をします。ドタバタしてしまいました。肉体的より、精神的に疲れました。ここで自分を鼓舞して、講道館に移動します。柔道着に着替えて、大道場に上がります。
kodokan-20181207
 クリニックの利用者でもあったアメリカ人の黒帯の男性に、「打ち込み」と「乱取り」をお願いしました。
 続いて、1年振りに会ったウェールズ人の若者、マーク・ピッカーリング氏と、「乱取り」をしました。国際柔道委員会だったかに勤める若者です。世界各地で開かれる柔道の大会会場が仕事場です。世界のあちこちを飛び回っている様子が、「FACEBOOK」への投稿で伝えられます。
「でも、ここ講道館が、一番、好きです」
 嬉しいことを言ってくれます。
「昨日、後楽園ホールに行ってきました」
 柔道のファンでもあり、プロレスのファンでもあるピッカーリング氏、昨日の初代タイガーマスクの興行を見たのだそうです。一昨日に亡くなった、ダイナマイト・キッドのための、テンカウントが打ち鳴らされるとは聞いていました。しばし、ダイナマイト・キッドの晩年の状況について、語り合いました。

koyamaclinic at 23:20|PermalinkComments(0) 医療 | 柔道

2018年12月7日(金)1 「人間失格(인간실격)」

dazai-osamu-haka-20181207
 今日は、午後からの診療です。午前中、三鷹駅の南側を、少しだけ散歩しました。散歩コースの一つ、森鴎外や太宰治の墓のある禅林寺に立ち寄ります。
 太宰治のお墓の後ろ、植え込みの楓も、すっかり赤くなりました。このお墓の前には、特に命日とされる「桜桃忌」のころに限らず、誰かがお参りにきているようです。お花の他に、ワンカップのお酒であったり、煙草であったり、何かしら、お供え物があります。
inganshilgyok-2018127
 今日、太宰治の墓の前に、一冊の本が立て掛けてあることに気付きました。ハングルで、「인간실격」とあります。「インガンシルギョック」と発音するのでしょうか。その読み方から、「人間失格」ではないかと想像します。
 終戦後、1980年代末までの長い間、日本の大衆文化は法令で規制されていました。
 日本からの書籍の輸入が始まったのが、1987年のことでした。
 日本の歌や映画が、一部のメディアで聞かれるようになったのは、1990年代末のことです。2004年、日本の歌手が、日本の歌を日本語で歌うところが、初めて韓国のケーブルテレビで放送されました。地上波での放送は、さらに遅く、2010年になります。
 そんな文化交流の歴史の中で、この「人間失格」が、ソウル大学が指定する「読むべき本」になっているとのことでした。酒に溺れ、薬に溺れ、心中未遂を繰り返した太宰の作品、「読むべきではない本」なんじゃないかと思ってしまいました(笑)。

koyamaclinic at 23:06|PermalinkComments(3)

2018年12月06日

2018年12月6日(木)2 本郷4丁目「大和」

 診察終了後のクリニックに、高校の同級生の、濱田法男氏がいらっしゃいました。かつて、「三菱東京UFJ銀行」の要職にいた濱田氏、このクリニックを立ち上げの際に、融資に力を貸してくれた恩人です。
yamato-20181206
 以前に約束していた、インフルエンザのワクチンを接種します。
「注射も終わったし、後は、中からアルコール消毒だね」
 そうなるのは、おやじのお約束です。医学的根拠はありません(笑)。
 私が着替えるまでの間、ちょっと待ってもらいます。まずは、診察室の奥の冷蔵庫に入っているビールで乾杯です。その後、クリニックから徒歩2分、裏通りにある隠れ家のような居酒屋、「大和」にやってきました。「牛肉とニラの炒め物」、「かにコロッケ」、「煮込み」などを肴に、まずは生ビールで乾杯です。続いて、「餃子」、「ジンギスカン」などを注文し、「烏龍ハイ」に移行します。最後は、締めの炭水化物の「焼きそば」です。
 高校の途中から、濱田氏は「文系」へ、私は「理系」へと進みました。私には馴染みない、違う分野の、いろいろな話題の話を聞くことができて、有意義な時間でした。

koyamaclinic at 23:36|PermalinkComments(0) 日々の徒然 | グルメ

2018年12月6日(木)1 ダイナマイト・キッド

 昨日、プロレスラーのダイナマイト・キッドが亡くなったというニュースが流れました。享年60歳とのことでした。
 イギリスの中央部、ランカシャー地方の生まれです。親族にはレスラーやボクサーが多く、子供の頃から、レスリング、器械体操をしてきました。
dynamite-kid-20181206
 1981年4月、初代タイガーマスクのデビュー戦の相手が、ダイナマイト・キッドでした。若き日に見た、タイガーマスクとの名勝負の数々は、今も頭に焼きついています。端正な顔立ちで、人気がありました。
 ジュニアヘビー級の体格を、後にヘビー級に上げますが、筋肉増強ステロイドや、その他の薬剤の副作用、腰椎椎間板ヘルニアなどのために、車椅子生活を送るようになりました。そのほか、心臓疾患、脳卒中もわずらい、晩年の数年は、介護施設で過ごしていたとのことです。あれだけの輝きを放っていた人だけに、哀しいですね。
 冥福をお祈りいたします。ゆっくりとお休みください。

koyamaclinic at 23:10|PermalinkComments(0) 格闘技 | スポーツ

2018年12月05日

2018年12月5日(水) 白石一文「ほかならぬ人へ」

 診察終了後、島津メディカルの技術者の方がいらっしゃいました。レントゲン機器の点検と漏洩検査をしてくださいます。
 その隣で、レセプト(診療明細書)の見直しをしていきます。
hokanaranu-hito-he-20181205
 通勤の行き帰りで、白石一文氏の書いた「ほかならぬ人へ」(祥伝社文庫)を読んでいます。2009年の直木賞受賞作、「ほかならぬ人へ」ともう一編、「かけがえのない人へ」が収載されています。
 前者は、出来のいい兄達と比べられ、自己否定ばかりする、代々続く名家の御曹司が主人公です。キャバクラで知り合った女性と結婚しますが、以前の不倫相手の男性のことが忘れられない女性との結婚生活は、徐々に破綻に向かいます。
 後者は、3ヵ月後に、エリート男性との結婚を控えながら、雑草のように生きる男性との密かな逢瀬を重ねる、やはりエリートの女性が主人公です。
 いわゆる「特別な人達」の話なのですが、その特別な人達の行動や思考が、「普通の人達」にも、何となく分かるように思わせます。そして、「ほかならぬ人」、「かけがえのない人」とは、はたして自分にとってはどういう人なのだろうかと考えてしまいます。

koyamaclinic at 23:26|PermalinkComments(0) 医療 | 読書

2018年12月04日

2018年12月4日(火)2 「クレプトマニア(Kleptomania)」

 帰宅後、少しだけ、家のまわりを掃除します。先日、切り倒した庭木を、いずれキャンプで薪として使用するために、短く切っていきます。
 その後、近くの理髪店に行きました。うっとうしくなってきた髪を切ります。調べてみると、10月2日以来、2ヵ月振りの散髪ですね。
 理髪店のテレビで、女子マラソンの元日本代表選手のニュースを聞きました。「クレプトマニア(Kleptomania)」という、聞きなれない言葉を耳にしました。
 特に生活に困っていたり、お金がないわけではないのに、窃盗を繰り返す精神的な病態のことを指すのだそうです。「病的窃盗」、「窃盗症」と訳されていました。盗む前の緊張感、盗む快感や満足感、盗んだ後の解放感を得るために、窃盗を繰り返すのだそうです。過度なダイエットなど、精神的ストレスが誘引になることがあるとのことでした。
joken-hansha-seigyoho-20181204
 現在、その元マラソン選手は、千葉の病院で、「条件反射制御法」という治療を受けていると聞きました。一緒に空手の稽古をしていた、大学の同級生のところですね。アルコール依存症、過食症、自傷行為、窃盗癖、強迫行為、ギャンブル、ストーキング、盗撮などの問題行動に対する治療法です。
 私もアルコールに関しては、しっかりと制御して、同級生の世話にならないようにしたいですね(笑)。

koyamaclinic at 23:50|PermalinkComments(0) 日々の徒然 | 医療

2018年12月4日(火)1 西湖

 朝のうちにと言うか、まだ日の登らない夜中のうちに、目が覚めました。12月とは思えない、暖かな一日でした。東京でも、日中は22度まで気温が上がったとか・・・。10月初めの陽気だそうです。
 今年は、夏の暑さも、半端ではなかったです。しかし、自然というものは、あなどることができません。意外にまた、年末年始に大雪が降ったりするのです。油断禁物です。
saiko-20181204
 「富士五湖」と言われ、5つの湖の名前をすべて、ぱっと言えるかというと、自信がありません。
 大きさで言えば、「山中湖」が6.80平方キロメートル、「河口湖」が5.70平方キロメートルです。遊覧船や貸しボート、まわりの民宿やテニスコートなど、観光地として早くから開発されてきたところです。「山中湖」、「河口湖」までは、関東に住んでいる人間なら、何とか言えるかもしれません。
 「精進湖」、「本栖湖」と言えるのは、ちょっとマニアックな人間かもしれません。深さでは、「本栖湖」が、121.6メートルと断トツです。現在の千円札の裏に描かれている「逆さ富士」の図案は、この湖をはさんで見た富士山の光景が元になっているとのことで、富士山を望む絶景ポイントになっています。
 「精進湖」は、5つの湖の中で、最も小さい湖です。溶岩流によって堰き止められた湖で、流入河川および流出河川はありません。富士山への参詣者が、この湖で沐浴して身を清めたことから、精進という言葉が湖の名前につけられました。しかし、「しょうじんこ」ではなく、「しょうじこ」だということは、今の今まで知りませんでした。
 あともう一つ、ちょっと地味で、名前が出てこない湖が、「西湖(さいこ)」です。休診日の今日、そこを目指すことにしました。
 中央高速道路を、河口湖インターチェンジで降り、河口湖の湖畔を過ぎると、すぐ「西湖」の湖畔に到着です。一周、10キロほどでした。「西湖民宿村」、「根場(ねんば)民宿村」、いくつかのキャンプ場がありましたが、富士五湖の中では最も観光化が遅れているようです。そんなところだからこそ、行ってみたくなるのです(笑)。

koyamaclinic at 23:01|PermalinkComments(0) 旅行 

2018年12月03日

2018年12月3日(月)2 居合いの稽古

 診察終了後、浜町公園の中の、中央区立総合スポーツセンターに移動しました。今日はここの第二小体育室で、居合いの稽古です。このスポーツセンターには、何度も稽古に来ていますが、この第二小体育館というところは初めてでした。今まで、「千代田区スポーツセンター」の多目的室での稽古が続きました。天井が低い稽古場だったため、「奥居合い立業之部」になると、扇子などの短い棒を持っての、「エアー居合い」で、お茶を濁していました。ここは天井が高いので、久しぶりに「奥居合い立業之部」を、普通に刀を持って稽古することができます。
 今日は直属の支部の指導者の先生はいらっしゃらず、集団の中の一人稽古となりました。
 その途中で、「小山さん、腰が痛くなっちゃって・・・」、「小山さん、小山さん・・・」と、話し掛けてくる人がいて、「えっ、ちょっと待ってよ」と思ってしまいました。
「技の途中で、話し掛けないでください」
 以前から、そういった傾向のあった方です。しかし、もともとは他の支部の方でしたし、たとえ話し掛けられたとしても、それに惑わされない「胆(きも)」の座った人間になることが、武道の修行だと思っていたので、今までは黙っていました。しかし、真剣を持って、文字通り「真剣に」稽古をしている人に、状況を見ずに話し掛けたりするのは、「武道の心得」以前の問題で、やはり無神経というものでしょう。今日はさすがに、言わせてもらいました。

koyamaclinic at 23:45|PermalinkComments(0) 居合い 

2018年12月3日(月)1 誕生日

cake-20181203
 12月2日は、リハビリ室の酒井瑞穂さんの誕生日ですが、その日が日曜日で休みのため、前日の1日にお祝いしようかとも思いました。しかし、その日は本人が休暇を取っていたので、今日の昼休み、「Mickey's」のケーキでお祝いしました。
 移転の前、「Mickey's」は、2つ隣のビルにありました。今は、少し離れてしまいましたが、今も変わらず、配達してくれるので助かります。

koyamaclinic at 23:13|PermalinkComments(0) グルメ 

2018年12月02日

2018年12月2日(日)2 「NICE MIDDLE!・年間表彰式&忘年会」

 17時前を目処に、水道橋にやってきました。水道橋駅から徒歩1分、スポーツパブ「グラマラス・オレンジ(GLAMOROUS ORANGE)」に移動します。今日は、中年のキックボクシングイベント、「NICE MIDDLE!」の忘年会が開かれることになっています。
nice-middle-bonenkai-20181202
 大森敏範実行委員長のコピーです。選手、スタッフ、あわせて50人ほどが集まったようです。
 今年も、4回のイベントが、無事に終了しました。この1年、お疲れさまでした。
 しばしの歓談の後、表彰式が行われます。殊勲賞、敢闘賞、技能賞、KO賞、ベストバウト賞、最優秀選手賞の他に、フォトジェニック賞、ベストパフォーマンス賞などの賞もあります。ビンゴ大会などもあり、盛り上がります。
 2時間ほど飲んだり食べたりした後、すぐそばの居酒屋、「天狗」に場所を移して、二次会です。二次会は、弾けてしまった人が若干数名いて、いやぁ、思い出したくない、おぞましい出来事もありました(笑)。

koyamaclinic at 23:36|PermalinkComments(0) グルメ | 

2018年12月2日(日)1 ペペロンチーノ

 朝の内に、近くをランニングしました。タイマーを20分にセットして、走り始めます。立ち止まらず、歩かず、ゆっくりでもいいので、ただただ走り続けることにします。21分、何とか走ることができました。
 レースが終わったら、数ヶ月、走らない期間があり、レースが決まったら、またトレーニングを再開して・・・、いつも、そんな繰り返しでした。ランニングを習慣にしていきたいと思いつつ、毎年、同じことを言っていました。その反省から、レースから2週間の今日、ランニング再開です。
 帰宅後、シャワーを浴び、軽くストレッチをします。
peperoncino-20181202
 今日は夕方からの用事が入っています。遅めの昼食を取るのに、近くの駅ビルにある、「イタリアンダイニングDoNA」というお店に入ってみました。パスタを注文するときには、だいたい定番の、ペペロンチーノを頼みます。メニューには、「アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ(Pasta aglio olio e peperoncino)」とありました。イタリア語で、アーリオはニンニク、オリオはオリーブ・オイル、ペペロンチーノはトウガラシの意味で、これらの素材をソースに用いたパスタ、ペペロンチーノの正式な名前でした。

koyamaclinic at 23:01|PermalinkComments(0) トレーニング | グルメ