2008年07月27日

2008年7月27日(日) クロストレーニングセミナー

cross-training-seminar-poster-20080727
 朝の9時半に、高田馬場の極真増田道場に向かいます。「スポーツドクターが伝える『考える空手』」、「クロストレーニングセミナー」も、予行演習の2回を入れると、今日で7回目になります。ポスターが少しずつ、こった作りのものになっています。嬉し恥ずかし、といった感じですね。
 今日は、道場内から、2人の女性を含めて8人、道場外の人が3人と、合計11人の参加者がありました。徐々に盛況になり、嬉しいことです。
cross-training-shugo-shashin-20080727
 柔軟体操の後、道場内のランニング、サッカーのブラジル体操でウォーミングアップしました。続いて上半身の基本稽古、下半身の基本稽古を行い、アジリティートレーニング、ルーズボールトレーニング、最後に補強のための筋力訓練を行いました。筋力トレーニングでは、腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワット、四股の後、韓国出身で、早稲田大学で柔道部に所属していた李允洙氏に、帯を使って二人組で行う筋力トレーニングを指導してもらいました。
 稽古の後、道場近くの「陳麻家」に向かいました。有志9人による第二道場での稽古です。
chinmaya-20080727
 自己紹介の意味もあり、第二道場でちょっとだけ語ったのですが、私がこの「クロストレーニング」という概念を、空手に持ち込もうと思ったきっかけの一つについて、ブログでも書いてみたいと思います。
 ある空手の大会で、大会ドクターをしていたときのことです。選手同士がもつれ合い、クリンチ状態になったときに、故意なのか、思いがけずか分かりませんが、一人の選手が足を掛けて、相手を何度か倒してしまいました。柔道でいうと小外刈りのような状態です。
 倒された選手の指導者が、審判席に詰め寄ってきました。「あれは投げ技で、反則じゃないか。あんなのをやられたら、選手はクラクラしてしまうだろ。うちは選手に受け身を教えていないんだから・・・」
 選手をかばっているのでしょう。しかし、「教えていない」という事実を、「恥ずかしながら」ではなく、胸を張って、自論を優位に持ってくる材料にする態度を、私は醜いと思いました。空手だって、蹴り足を流されたり、軸足のバランスを崩したりして、倒れてしまう局面は多々あります。受け身ぐらいは、格闘家の「素養」として知っておいてもいいんじゃないかと思います。
 武道には、空手には、いろいろな技があります。限定したり、独占したりするものではないはずです。限定しているとしたら、それは試合ルールがこうだからとか、指導者が得意ではないからといった、組織運営上の「都合」という側面が大きいのではないでしょうか。
 これからも、このセミナーには、いろいろな競技の経験者を招いて、「今日のワンポイントレッスン」をしてもらおうと思っています。とりあえず、知人の柔道指導者、テコンドー指導者、トライアスロン経験者の方達に声を掛けています。知らないこと、新しいこと、自分が得意ではないこと、そういったことに出会えることを喜びにできる、生涯一修行者でありたいと思っています。


koyamaclinic at 23:07│Comments(4)TrackBack(0)トレーニング | 空手

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヨシダ@カラテ   2008年07月28日 12:20

セミナー参加させていただきました。有難うございました。
日曜の午前から、大汗かきながら身体を動かすのは、気持ちいいものですね。

しかし、残念ながら、今回は最後の最後で息切れしてしまいました。夏バテでしょうか、気が遠くなってしまいまして、、、。お恥ずかしい話です。

次回はこんなことが無いようにしたいと思います。やはり鍛錬もさることながら、健康管理が大事ですね。

次回は第二道場でも楽しめるようなコンディションを保ちます。

ではでは。
2. Posted by 小山郁   2008年07月28日 13:31
 「ヨシダ@カラテ」様、コメント、ありがとうございます。
 セミナーへのご参加、ありがとうございました。お疲れさまでした。
 その後、いかがですか。体調はよくなりましたか。
 最後、アジリティートレーニングとルーズボールトレーニングと、連続でやってしまい、ちょっときつかったかも知れませんね。今後、ウォーターブレイクを入れるようにしますね。すみませんでした。
 また、いろいろとネタを仕込んでおきますね(笑)。
 今後とも、よろしくお願いいたします。
3. Posted by ヨシダ@カラテ   2008年07月28日 20:44
押忍
体調は回復しております。ご心配かけました。ありがとうございます。
食事を少し減らし、温まって眠ったところ、元に戻ったので、軽く夏バテだったのでしょう。
毎回、目からウロコが落ちる場面があります。限られた時間に、しっかり集中していきたいです。
4. Posted by 小山郁   2008年07月29日 08:53
 「ヨシダ@カラテ」様、体調が戻られたようで、よかったです。
 「目からウロコ」と言っていただくのが、一番嬉しいです。ありがとうございます。
 今後とも、よろしくお願いいたします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字