2010年08月13日

2010年8月13日(金) クロストレーニングセミナー in France

 昨夜は夜中まで飲んでいました。「Colmar」から、車で帰ります。結局、家に戻ったのが、4時とか4時半でした。すぐに眠りに落ちてしまいます。
potate-20100811
 8時頃、ザクッ、ザクッという音で目が覚めます。窓から外を見ると、家の前の畑で、フィリップさんが、ジャガイモの収穫をしています。今年は日照時間が短く、また虫が発生したりして、小さなジャガイモしか採れなかったとのことでした。フィリップさん、本当に働き者です。感心してしまいます。
 今夜は、私がフランスで過ごす、最後の夜になります。
 シルヴィーさんが、私のセミナーを計画してくれています。フランス語での案内状を作成してくれて、地元の道場や、かつての大学での柔道仲間にも配ってくれていました。近くのスポーツクラブのホールに、15人ほどの人が集まってくれました。
reunion-party-judoka-20100813
 かつて、講道館で一緒に稽古をしたり、空手の道場に案内したりした、ロドリゴやピエールイも来てくれました。柔道仲間での、同窓会です。
 とりあえず、ノートPCの画面を見てもらいながら、クロストレーニングとはどういうものか、私がクロストレーニングの有効性に気付いた経緯などについて、英語で話をしました。英語の分かる人が、仲間にフランス語で伝えてくれました。
 フランスでは、柔道なんかは特に、若い頃だけで、30歳代になると、もうやめてしまうことが多いとのことです。60歳や70歳の人達が、講道館で柔道を続けていると聞くと、こちらの人は、みなさん、びっくりされます。
 複数の競技をする人も、多くないそうです。日本では、みんな複数の競技をするのかと聞かれました。それは日本だって、多いわけではありません。私ぐらいです。こんな変わり者は・・・(笑)。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 国家試験の発表までの期間を利用して、かつて交換留学生として滞在していたときのホストファミリーを、イギリスに訪ねました。ファミリーのご夫妻と一緒に、地元の人達が集まるクラブに行きました。おじいちゃん、おばあちゃんの素人バンドが、ステージで生演奏をしています。「お前も何か歌え」と言われたとき、バンドが少し前に演奏していた、「FEELING」をもう一度演奏してもらうことにしました。「英語の歌詞を知らないので、日本語で歌ってもいいか」と聞き、許してもらいました。でも、その日本語の歌詞だって、うろ覚えです。
「ただ、一度だけの戯れだと、知っていたの〜。お〜お〜、おぅおぅお〜、フィーリング、おぅおぅお〜、フィーリング」
 そこまで歌いましたが、その後の歌詞が出てきません。酔ってもいました。次の瞬間、こう歌っていました。
「おぅおぅお〜、フィーリング、ブタのケツ〜」
 周りに日本人はいませんから、誰も分かりません。その後も、分からないところは「ブタのケツ〜」とか、「ハナのアナ〜」でごまかして、最後まで歌い切り、舞台を降りたことがありました。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 前振りが長くて、すみません。
 「フランスでは見ることができないから」という、シルヴィーさんの希望で、居合いを披露することにしました。
iai-demonstration-20100813
 わずか1年ほどの経験しかないのに、人前で披露するのは恥ずかしいです。酔っ払いの戯れ歌と居合いを比べるのは恐縮ですが、ここフランスの田舎町には、居合いの動きで、何が正しくて、何が間違っているのか、分かる人もいないでしょう。ここは腹をくくるしかありません。何事も「男は度胸」です(笑)。
 セミナーの後、みんなでスポーツクラブの前の芝生に移動します。正座からの形、11本のうち、「初発刀」、「右」、「左」、「後」、「八重垣」、「受流」、「介錯」、「月影」を演じました。
 もっとも受けたのが、「介錯」でした。刀を振り下ろす動作のときに、大きく床を踏み鳴らす他の形と違う、静かな形です。目の前に、床に正座をして腹に刀を突き立てている人の姿を想定します。切腹して、これから死のうとする人の首をはねて、苦しまずに死なせる形です。「オー、ハラキリ」という囁きが聞こえます。出席者の中に、三島由紀夫の本を読んだという方がいらっしゃるとのことでした。
cross-training-seminar-in-france-20100813
 それも終わり、パーティーになります。マリエッタさんの料理したパスタを、ジャックさんが私のところに持ってきてくれたのですが、そのときに、「ハイ、サムライ」と声をかけられます。嬉しいけれど、かなり恥ずかしいです。
party-2-20100813
 ビール、赤ワイン、フィリップさんの手作りのシナップスを飲みました。明日の早朝に帰国だというのに、夜中まで飲んでしまいました。

koyamaclinic at 23:55│Comments(4)TrackBack(0)トレーニング | 居合い

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 遠藤です   2010年08月19日 20:08
エェ…
介錯まで披露されたのですか(^O^)
参加者の皆さんの驚きと驚嘆の声が聞こえて来そうです。
出来れば、鮮明な写真が観たい観たい…
(門外不出?)
そのうち、PCのスライドショーにて拝見させてください。
2. Posted by 小山郁   2010年08月20日 00:57
 遠藤様、コメント、ありがとうございます。
 このページが、しばらく「coming soon」となっていたのは、写真がなかったからなのです。私の講義、演武など、私自身は、それに集中していますから、写真など撮れるわけではありません。
 向こうから送られてきたら、順次、アップします。日本人気質と、フランス人気質、ちょっと、タイムラグ、ジェットラグがありますので、しばらくお待ちください(笑)。
3. Posted by saegusa   2010年08月25日 00:15
小山先生の行動力には、いつも驚かされます。今度はフランスですか。それも、木こり仕事、居合いの披露など、普通の観光旅行ではできないことをなさいましたね。豊富な交友関係、うらやましい限りです。
4. Posted by 小山郁   2010年08月25日 18:15
 saegusa先生、コメント、ありがとうございます。
 もともと、私自身、観光やショッピングには興味はないので、ただの観光旅行にするつもりはありませんでした。後は、いろいろな縁で、たまたま、こんな旅行になってしまいました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字