2010年08月22日

2010年8月22日(日)◆.ロストレーニングセミナー

cross-training-seminar-report-20100822
 9時半少し前に、極真増田道場に向かいます。今日で33回目のセミナーになります。道場内には、今回と次回のセミナーの予告のポスターが貼られていて、その横に、前回のセミナーの内容の紹介記事が貼られています。空手道場にも、こういった企業努力というものが大切ですね。
cross-training-seminar-1-20100822
 今日は、道場内から女性1人を含む5人、道場外から女性1人を含む3人、合計8人の方が参加してくださいました。
 今日、道場外から参加してくださったのは、かつて、こやまクリニックを利用されたことのある方で、陸上競技をされていたとのことでした。何をどこで間違えたのだか、このセミナーのことを、座学のセミナーと思っておられました。空手着や、黒のTシャツに身を包んだ、むくつけき男達が中にいるのを見て、びっくりされたと思いますが、急遽、コンビニで着替えを買って来られて、参戦してくださいました。その勇気に拍手・・・!
cross-training-seminar-2-20100822
 まずは、道場内のランニング、サイドステップ、カリオカステップでのウォーミングアップをします。続いて、ストレッチングをして、空手の基本稽古に移ります。
 上半身の基本稽古、正拳突き、裏拳、手刀、受けの後、蹴りの反復練習をします。これで、第1部が終了です。
 続く第2部では、サッカートレーニングを紹介しました。
 今まで、ウォーミングアップで、「さあ、ブラジル体操・・・」などと言いながらも、私自身は、実際のブラジル体操を経験したことがありませんでした。テレビのスポーツニュースの映像からの、見よう見真似でした。それで、ちゃんとしたトレーニング方法を体験してみたいと思い、8月17日に、朝鮮大学校のサッカー部のフィジカルコーチ、鄭炳圭(チョン・ピョンギュ)先生のところに、出稽古にいきました。そのときに教わった内容を、空手の道場内でできるように、ちょっとアレンジしてみました。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
・ウォーキング 後方ツイスト
・ジョグ
・スキップ
・スキップ 腕振り
・サイドステップ
・サイドステップ 腕振り
・スタティックスタビライゼーション
.戰鵐銑 蔑症、両爪先支持で30秒)
▲戰鵐銑◆淵戰鵐銑,了兩から対角線上の手足を挙上して20秒)
2ベンチ(膝進展、足の外側で支持で30秒)
・二人組みでのダイナミックスタビライゼーション
ゞ銚けで両手を地面につき、腰を持ち上げる。パートナーに片方の大腿部を持ち上げてもらい、もう一方の足も持ち上げる。その姿勢で、腰を上下動10回。
∀嗄て伏せの姿勢で、パートナーに片方の大腿部を持ち上げてもらい、もう一方の足も持ち上げる。その姿勢で、腰を上下動10回。
28きの姿勢で両手を地面につき、腰を持ち上げる。パートナーに片方の大腿部を持ち上げてもらい、もう一方の足も持ち上げる。その姿勢で、腰を上下動10回。
cross-training-seminar-brazil-taiso-20100822
・ブラジル体操
/搬里慮緤で足の外側タッチ
 右右右右→タンタン(2歩ステップ)→左左左左→タンタン(2歩ステップ)→右左右左
∩以で足の内側タッチ(股関節内転)
 右右右右→タンタン(2歩ステップ)→左左左左→タンタン(2歩ステップ)→右左右左
cross-training-seminar-mini-hurdles-20100822
・ラダーでのステップワークから、ミニハードルでのストライド走へ
 ラダーの代用として、キックミットを並べてみます。
 空手や、他の競技でも、相手の出方によって、リズムを替えていかなければいけないことが、多々あります。その切り替えが、スムーズにできるようになるための練習です。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 付け焼刃で、うまく伝えられたかどうか、自信がありませんが、何とか形にはなりました。鄭先生、ありがとうございました。
 その後、腕立て伏せ30回、腹筋50回、背筋50回、四股30本、その後、正拳突き30本、金的蹴り30本で稽古を締めました。
tenshinranman-20100822
 稽古の後、有志6人で「点心拉満(てんしんらんまん)」に移動して、第二道場となりました。今日も、食べて、飲んで、語り合って・・・。締めに魚介豚骨拉麺を頼みました。

koyamaclinic at 23:54│Comments(0)TrackBack(0)トレーニング | 空手

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字