2010年09月20日

2010年9月20日(月) 山形市総合スポーツセンター武道場「山形市柔道連盟スポーツ少年団指導者連絡協議会主催の医科学講習会」

 7時過ぎに起きます。武井先生の奥様の、心尽くしの朝食をいただきました。その後、奥さまの運転で、山形市総合スポーツセンター武道場に向かいます。
 今回も、武井先生はもちろん、奥様にも大変お世話になりました。送り迎え、休憩時間での水分の準備、柔道着の洗濯など、武井先生が大学の准教授という要職にありながら、ご自身でも柔道を続けられたり、柔道での人間関係を良好に保たれているのには、奥さまの力が大きいのではないかと私は見ました。
 9時半から、講演会が始まります。まず、武井先生が、今日の講師である、今井剛先生と私の紹介がありました。
 最初は、今井先生の、「スポーツ選手の栄養と減量」という演題での講演です。カロリーについて、栄養素について、基本的なことを分かりやすくお話ししていただきました。また、正しい減量の仕方について、ご自身の経験を踏まえて、お話しくださいました。
cross-training-seminar-in-yamagata-lecture-20100920
 その後、10時15分からほぼ1時間、「柔道における発育期スポーツ障害とその予防」という演題で、講演をしました。過去に何度も、話をしてきたことです。その内容に加えて、それを予防するための概念として、「クロストレーニング」ということについても、少しお話しをさせていただきました。
cross-training-seminar-in-yamagata-20100920
 小学生にも分かってもらえるように、少し噛み砕いて話をしたつもりですが、どうでしょうか。
 
 
 
cross-training-in-yamagata-brazil-taiso-20100920
 その後、10時45分から12時過ぎまで、「クロストレーニングセミナー in 山形」に移ります。柔道に役立つ、他種目のトレーニングを行いました。
 ウォーミングアップ、ブラジル体操、空手、レスリング、ストリートダンスの動きを紹介しました。いずれ、動画を「Youtube」か何かで、みなさんにも見ていただけるようにしたいのですが、まだ、私にはその技術がありません。
cross-training-in-yamagata-stage-20100920
 会場正面には、畳を20枚ほど使って、即席の舞台が設けられています。空手、レスリング、ストリートダンスでは、その上に上がって、動きを実演します。
 
 
 
cross-training-in-yamagata-karate-20100920
 空手の受けのデモンストレーションでは、和術慧舟会にも所属し、総合格闘技のリングにも上がったことのある今村先生に舞台に上がっていただき、パンチや蹴りを出してもらいます。レスリングのデモンストレーションの際には、武井先生に、バック取りや、リフティングのパートナーになっていただきました。
cross-training-in-yamagata-street-dance-20100920
 柔道の試合場が2面取れる畳敷きのスペースには、200人くらいの子ども達が並び、さらにその奥の、板の間のスペースでも、保護者の方達が身体を動かしているのが見えます。楽しんでいただけたようで、私も嬉しいです。
 講演の時間が、ちょっと延びてしまい、実技指導の時間が短くなりました。いくらか修正を加えつつ、昨日のリハーサル通りにやろうと思っていたのですが、後から考えると、相撲と、ダンスのいくつかの動きを、紹介するのを忘れてしまいました。
 午前の部が終了し、体育館内の食堂で、山形市柔道連盟の先生方と、昼食をとりました。
 「子ども達の顔が楽しそうで、とても喜んでくれたようだ」
 昼食の時に、指導者の先生方が、こうおっしゃってくださいました。
「あの武道場に、ディスコミュージックが流れたのは、前代未聞・・・(笑)」
 とも言われました。
 昼食の後、13時から15時半まで、合同練習会と、交流試合が行われました。最初のストレッチングを任されましたので、またまた舞台に上がります。午前中に紹介するのを忘れた、スタビライゼーションの他に、ヨーロッパでの柔道トレーニングで行なわれている、二人組みでのトレーニング方法や、匍匐前進を紹介しました。
cross-training-in-yamagata-shugoshashin-20100920
 15時半に試合が終わり、集合写真を撮りました。この人数には、本当にびっくりしてしまいました。
 着替えの後、武井先生に、今日の泊まりの予定である、山形国際ホテルに送っていただきました。武井先生、国立大学の整形外科学教室の准教授です。お忙しいところ、本当にありがたいことです。
okarin-ryori-20100920
 チェックインして、部屋に入り、シャワーで軽く汗を流した後、キャッスルホテルに移動します。ホテル内の中華料理店、「櫻果林」で、山形市柔道連盟の懇親会が開かれることになっています。会長のご挨拶、そして急な指名でヘロヘロの私の挨拶、その後、武井寛先生の乾杯の音頭のあと、ビールで乾杯です。中華料理の皿が、次々と運ばれてきます。
okarin-20100920
 山形の、柔道指導者の先生方が、次から次へと、お酒をついでくれます。私の目の前に、ビール、日本酒、焼酎、老酒、白ワインのグラスが並びます。飲まないわけにはいきません。
 私の講演の、最後に近いスライドで、こう締めました。
「大人の世界で、『とりビー』、『とりあえず生ビール』という言葉があります。何も考えずに、『とりあえずウサギ跳び、とりあえず打ち込み』になっていないでしょうか」
 ビールの他にも、いくつものお酒の種類があるのに、ついつい何も考えずに、「とりあえず・・・」とビールを頼んでしまいます。いろいろなトレーニングがあるにも関わらず、ついつい、子ども達には「とりあえずウサギ跳びでグラウンド1周」だとか、「とりあえず、打ち込み100本やっておけ」だとか、言ってしまいがちです。
 今日は、お酒のクロストレーニングでした(笑)。かなり飲んでしまいました。
 食事の後、有志の方達と、居酒屋に入りました。通された小部屋には、カラオケセットがありました。その後も、かなり飲んで、かなり歌ったようですが、実は途中から、あまり覚えていません。
 懇親会の会場から、這ってでも移動できるところということで、山形国際ホテルに宿をとりました。正解でした(笑)。

koyamaclinic at 23:48│Comments(2)TrackBack(0)トレーニング | 柔道

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by キダ   2010年09月24日 05:57
小山先生
すごいです!!
クロストレーニングの伝道師ですね!
今もストリートダンスの動きをやって頂いてるのは本当にうれしいです。
まさか、武道場であのディスコミュージックを流されたとは私も驚きです。
そんな型破りな度胸と開拓精神を持っていないと新しい事は始められませんね。
先生の心意気を見て、自分には足らない部分だなとつくづく感じてしまいました・・・。
その勢いで突っ走って下さい!!!
2. Posted by 小山郁   2010年09月24日 17:37
 キダ先生、コメント、ありがとうございます。
 
 いえいえ、「伝道師」なんて、とんでもありません。ストリートダンスの動きを紹介できたのも、先生のおかげです。文中にも書きましたが、私のは、「付け焼き刃」、見よう見真似です。先生に、ぜひ、本物のストリートダンスを披露していただきたいです。
 今回、先生の尖兵として、山形の地を偵察に行き、殿のために、草履を温めてまいりました(笑)。
 次回はぜひ、先生と一緒の企画を考えたいですね。全国、いろいろなところに行きましょう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字