2010年10月31日

2010年10月31日(日)① クロストレーニングセミナー

cross-training-poster-20101031
 8時前に自宅を出て、新宿経由で、高田馬場に到着です。いつものように、「Vie de France」で、ゆっくりとコーヒーを飲みます。
 9時半少し前に、極真増田道場に向かいます。クロストレーニングセミナー、今日で35回目になります。
 
 
 
cross-training-seminar-shugo-shashin-20101031
 道場内から女性1人を含む4人、道場外から女性2人を含む4人、合計8人の方が参加してくださいました。いつもは、初めての方や、たまに来られる方が、一人や二人はいらっしゃるので、その日の最初に自己紹介をするのですが、今日は、その必要はありませんでした。すっかり、お馴染みさんばかりです。
 まず、道場内のランニング、サイドステップ、カリオカステップでのウォーミングアップをします。念入りなストレッチングの後に、空手の基本稽古を行います。突きと受け、上半身の基本稽古の後、蹴りの基本稽古を行い、これで第一部が終了です。
続いての第二部ですが、特別講師の招聘が間に合わず、私がそのまま担当します。柔道の基本と、10月10日からの韓国への出稽古で、私が見てきた、練習方法を紹介することにします。
yokoshihogatame-20101031
 まず、寝技の中でも、相手を押さえ込む「固め技」の代表的な技として、「上四方固め」、「袈裟固め」、「横四方固め」、「縦四方固め」の4つがあることを紹介します。3人で、1グループとなり、まずは1対1で、きっちりと押さえ込むまでの練習をしてもらいます。
 その後、1分の時間を決めて、まずは「袈裟固め」で、一人が押さえ込み、もう一人がそこから逃れる練習をします。攻撃側、防御側を交代して、また相手を換えて、何度か練習しました。
 続いて、「横四方固め」で、同様の練習をします。打撃系のトレーニングでは、なかなか得ることのできない、体幹の強さが要求されます。
mount-punch-20101031
 続いて、これは私が、ソウルの総合格闘技の道場で見てきたことを紹介しました。
 サンドバックを、マットの上に置き、それに馬乗りになります。寝ている状態の相手だと想定して、1分間、マウントパンチや、蹴りを出します。「小山は、なんて下品なことを稽古させているんだ」と思われるかもしれません。私だって、こういう状況は絶対に避けたいものです。やられる側にも、やる側にも、絶対に立ちたくはありません。しかし、ただ毛嫌いするのではなく、こういった状況だってありうるんだということは、忘れないようにしたいと思っています。「治にいて乱を忘れず」です。
 続いて、一人が、サンドバッグを左右や上下に動かして、攻撃を妨害します。妨害する側も、重いサンドバッグを動かすわけですから、けっこう疲れます。振り落とされないように、身体を密着した状態だと、普通のパンチよりも、鉄槌が有効だというのが実感として分かります。
 日頃のストレスがたまっていたのか、みんな、一生懸命です。明日とかに、日野市あたりで、殴打による他殺体が見つかったとしたら、うちの道場生が疑われるかもしれませんね(笑)。
sandbag-oshi-20101031
 最後、ちょっとしたゲームをしました。マットの中央にサンドバックを置きます。2人対2人に別れて、その両側に立ちます。「始め」の合図で、サンドバッグを押したり引いたりして、相手側のゴール内に移動させた方が勝ちです。戦略として、相手側の誰か一人をマークして、その人を徹底的に妨害するということも「あり」とします。相手やパートナーを変えて、何度かやってみました。
sandbag-oshi-senryaku-20101031
 最後に、全員参加でやってみました。入り乱れて、バトルロイヤル状態です。
 大の大人が、「運動会の綱引き」ならぬ、「サンドバッグ押し」で、大興奮です(笑)。私も、思わず力が入ってしまい、下腿がつりそうになりました。
 腕立て伏せ30回、腹筋50回、背筋50回、四股30本、正拳中段突き30本、金的蹴り30本で、今日の稽古を終わります。
tenshinranman-20101031
 有志6人で、いつもの「点心拉満(てんしんらんまん)」に移動して、食事をしました。ここで第二道場の師範代を、テッシー氏に交代です。とりあえず、生ビールで乾杯です。身体を動かした後ですから、この「とりあえず」の美味しいこと・・・。キクラゲ炒め、レバニラ炒め、餃子など、いつもの中華のメニューを次々と注文します。飲み物は、いつものように、サワー、芋焼酎のロックに移行します。

koyamaclinic at 23:08│Comments(4)TrackBack(0)トレーニング | 空手

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヨシダ@カラテ   2010年11月01日 22:53
サンドバッグ押し、、、楽しそうですね。
昔、ボーイスカウトに所属していました。そのとき、ロープ取りというゲームがありましたが、押すのと取るのと違いはあれど、何か人間の本能を駆り立てるのかも知れませんね。
馬乗りの練習は、確かにおっしゃる通りです。経験は必要。
子供の喧嘩ならいざしらず、大人になってからは流石に、、、。
2. Posted by 小山郁   2010年11月03日 20:27
 ヨシダ@カラテ様、コメント、ありがとうございます。
 単純なルールの方が、人間の闘争本能を駆り立てますよね。格闘技で言うと、「相撲」のような、シンプルなルールの方が、心が大らかになるというか、遊び心が出て、いいですよね。
3. Posted by タケウチ   2010年11月05日 17:32
遅くなりましたが
先日はお世話になりました。

簡単な寝技とはいえ
たったこれだけで?と思うようなポイントを押さえるだけで
驚くほど相手を動けなくすることができるんですね!
柔道の基本とはいえ、初めての寝技体験に感動しました。
楽しかったです!ありがとうございました。
4. Posted by 小山郁   2010年11月05日 18:11
 タケウチ様、コメント、ありがとうございました。
 セミナー中の写真も、ありがとうございました。
 また、いろいろと楽しいことを考えていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字