2011年02月13日

2011年2月13日(日) クロストレーニングセミナー

cross-training-seminar-poster-20110213
 9時半前に、高田馬場の増田道場に到着します。今日で39回目のセミナーになります。今日は、道場内から女性3人を含む7人、道場外から女性2人を含む5人、合計12人の方が参加してくださいました。
 まずは、道場内のランニング、サイドステップ、カリオカステップでのウォーミングアップをして、軽くアジリティートレーニングの紹介をします。ストレッチングをして、空手の基本稽古に移ります。
 今日の基本稽古は、ちょっと趣向を変えてみました。突き、受けなど、いつもは単発での技を、反復するだけでした。今日は、いつも20本ずつやるところを、10本ずつに減らして、その代わりに、たとえば正拳突きを1回の号令で「上段-中段-下段」と3本突いてもらったり、騎馬立ちからの肘打ちに続いて裏拳での顔面打ちを続けてもらったり、上段受けに続いて上段突きを突いてもらったり、連続動作を入れてみました。
 続いて、第二部に入ります。
 私自身のネットワークから、いろいろなジャンルの、いろいろな先生に連絡して、ご指導いただくように調整して、できるだけ新鮮な、そして参加された方から、できるだけ多くの「目からウロコ」が集まるようなセミナーにしたいと思っています。今、伝統派空手の指導者と、太極拳の経験者に、講師のお願いをしているところですが、調整が上手くいかないこともあります。今日なんか、それですね。第一部に続いて、そのまま私が指導に入ります。
 球技は不慣れで、申し訳ないのですが、今日は、バスケットボールのトレーニング方法を紹介しました。
「シャトルラン」
 道場の端から、畳2枚先まで走り、畳をタッチして戻ってきます。すぐに畳4枚先まで走り、畳をタッチして戻ってきて、最後に道場の端まで走り、また畳をタッチして戻ってきます。これを、一人、2回ほどやってもらいます。
run-forward-and-backward-20110213
「ゴー・アンド・バック」
 道場の端から端まで走り、畳1枚分ぐらい横に移動した後、後ろ向きで戻ってきます。すぐにまた横に移動した後、また前に向かって走り、少し横に移動した後、また後ろ向きで戻ってきます。1回あたり、5往復する感じで、これを2回。
「サイドステップ」
 道場の端から端まで、サイドステップで移動し、畳1枚分ぐらい前に移動した後、またサイドステップで、道場の端に戻ります。5往復を1回。
次に、道場の端から端まで、サイドステップで移動し、畳1枚分ぐらい後ろに移動した後、またサイドステップで、道場の端に戻ります。5往復を1回。
「フロントステップ・アンド・バックステップ」
 パートナーと向き合って、道場の端に立ちます。一人は前に向かって、6から8ステップぐらいで道場の端まで移動する感じで前に進みます。もう一人は、相手に追い込まれないように、バックステップします。攻守交代して2往復。
 空手への応用として、一人が左ジャブ、右ストレートのワンツーを出しながら前に進み、もう一人が、バックステップで後ろに下がっていくような練習もできるでしょう。佐藤塾で、よくやっていた練習です。
pivot-and-go-20110213
「ピボット・アンド・ゴー」
 道場の端から4ステップぐらいしたら、パートナーに、一瞬、背を向けて、横をすり抜けます。攻守交代して2往復。
 バスケットボールで、ドリブルしているボールを、相手にカットされないように、一瞬、背を向けて、ボールを相手から離す要領です。
faint-and-go-20110213
「フェイント・アンド・ゴー」
 道場の端から4ステップぐらいしたら、左右の動きで、フェイントをかけ、パートナーの横をすり抜けます。攻守交代して2往復。
 
catch-ball-20110213
「キャッチボール」
 道場の端と端に分かれて立ちます。パンチンググローブをボールの代わりにして、キャッチボールをします。まず、利き手で投げたら、次に利き手ではない手で、投げるようにします。
run-and-pass-20110213
「ラン・アンド・パス」
 道場の端の1辺に、二人が離れて立ちます。走りながらボール代わりのパンチンググローブをパスして、また戻ってきます。道場の床が柔らかく、ボールでのドリブルができません。パンチンググローブを使いますので、バスケットボールではなく、ラグビーのパスのようになってしまいます。3往復。
「クロスラン・アンド・ハンドパス」
 道場の端の1辺に、二人が離れて立ちます。斜め前方に走りながら、途中でパートナーとすれ違う際に、ボール代わりのパンチンググローブを手渡しして、道場の端まで走ります。また斜め前方に走りながら、パンチンググローブを手渡しします。3往復。
「スラローム」
 道場を取り囲むようにして、全員が丸い輪になります。人と人の間を右に左に、スラロームするようにして、輪を回っていきます。後ろの人が4人ほど前方に走った頃に、次の人がスタートします。1方向に2分ほど回ったら、方向を変えて、また2分ほど。
 以上で、今日の第二部は終了です。
cross-training-seminar-shugo-shashin-20110213
 腕立て伏せ30回、腹筋50回、背筋50回、四股30本、金的蹴り30本、正拳中段突き50本で、今日の稽古を終了します。
 稽古の後、有志8人で、第二道場に移動します。8人に加え、第二道場からの参加者が3人で、合計11人が第二道場の厳しい稽古に参加しました。第一道場と、ほぼ同じですね(笑)。
 忘年会、新年会と、ちょっと別の会場になりましたが、いつもの「点心拉満(てんしんらんまん)」に戻ってきました。

koyamaclinic at 23:28│Comments(10)TrackBack(0)トレーニング | 空手

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヨシダ@カラテ   2011年02月14日 19:47
お世話様です。
今回は、変化に富んだ動きが多かったデスね。
走る種目では、思ったように身体がついていきませんでした。まるで、中学生の自分の残影が、一歩も二歩も先を走っているように感じました。

自分の運動能力の低下を実感し、目からナミダ、、、(;_;)でした。

以外に筋肉痛になっていないところを見ると、腰の落とし方が足りなかったかも知れません。

また、よろしくお願いします!
2. Posted by タケウチ   2011年02月15日 12:21
参加させていただき、ありがとうございました。
そういえば、こんな練習してた・・・かも?という程度で、バスケット経験者らしさを微塵も出せず。。。

いつもながら四股に悪戦苦闘し、今回も筋肉痛になりました。
先日テレビで観た「シコアサイズ(四股をベースとしたエクササイズ)」が流行するかもしれないので、マスターしておきたいところです(笑)
また、よろしくお願い致します!
3. Posted by 宮田直樹   2011年02月15日 18:26
お世話になります。
今回は息子もお世話になり、ありがとうございました。

息子が通っている他流派の空手の練習は小学生までのクラスなので、周りが大人ばかりの中で練習したことは刺激になったようです。

帰ってから流派の違いに関する質問でもあるかと思ったのですが、「ジュテーム」の意味を聞かれました。

今後とも宜しくお願いします。
4. Posted by こっしー   2011年02月15日 23:30
このたびは第二道場から大学の先輩共々参加させていただきありがとうございました。いつもながらの活気に満ちた道場のおかげでレース後の疲労が嘘のように回復でかきました次回こそは第一からの参加に復帰したいと思いますので、またよろしくお願いいたします☆
5. Posted by 小山郁   2011年02月17日 10:50
 ヨシダ@カラテ様、コメント、ありがとうございます。
 バスケットボールの経験者として、サポートしていただき、ありがとうございました。
 ボールを使えないので、人から聞いたり、資料を見たりしてイメージしていたのと、ちょっと違ってしまいましたね。
 今後とも、よろしくお願いします。
6. Posted by 小山郁   2011年02月17日 10:53
 タケウチ様、コメント、ありがとうございます。
 先日はお世話になりました。
 
 「シコアサイズ(四股をベースとしたエクササイズ)」なんて、あるんですね。テレビでやっていたのですか。見たかったです。また、教えてください。でも、きつそうですね。
7. Posted by 小山郁   2011年02月17日 12:07
 宮田直樹様、コメント、ありがとうございます。
 
 少年形の演武、みんな、楽しませていただきました。よろしくお伝えください。
 ジュテームその他、大人の世界を少しずつ知っていただきましょう(笑)。
 
8. Posted by 小山郁   2011年02月17日 12:18
 こっしー様、コメント、ありがとうございます。
 次回はぜひ、先輩もお誘いいただいて、ご参加ください。空手の道場で、棒高跳びのセミナーなんて、前代未聞ですね(笑)。
 
 そうそう。レースの案内、ありがとうございます。
 近く、告知しますね。
9. Posted by ほしの   2011年02月21日 11:08
こっしーさんと参加させていただきましたほしのです。突然の、しかも第二道場のみの参加でしたがありがとうございました。
今度は是非午前中から参加したいと思います。
走りの考え方などは武道に通ずるものがあると思いますのでまた議論させていただければと思います。棒高跳はさすがに室内では厳しいかもしれませんが(笑)
10. Posted by 小山郁   2011年02月21日 13:49
 ほしの様、コメント、ありがとうございます。
 ぜひ、ご参加ください。ちなみに、次回は、3月13日の予定となります。

> 走りの考え方などは武道に通ずる
> ものがあると思いますのでまた議
> 論させていただければと思いま
> す。
 
 そうですね。ナンバ走りとか、日本人の骨盤の傾きであるとか、私も本はいくつか読みました。また、教えてください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字