2011年04月10日

2011年4月10日(日) .ロストレーニングセミナー

cross-training-seminar-shugo-shashin-20110410
 9時半前に、高田馬場の増田道場に到着します。今日で42回目のセミナーになります。今日は、道場内から2人、道場外から女性1人を含む3人、合計5人の方が参加してくださいました。直前になり、お二人から、仕事の都合、体調不良で来られなくなったという連絡がありました。開設当初を除けば、久しぶりの最少人数記録かもしれません。寂しいです。お花見やらで、みなさん、お忙しいのでしょうか。
 まずは、道場内のランニング、サイドステップ、カリオカステップでのウォーミングアップをします。その後、ストレッチングをして、空手の基本稽古に移ります。前回同様、連続技の稽古を取り入れてみました。
 今日の第二部では、合気道の講師をお招きしたいと思っていました。しかし、震災の影響で、ご都合を合わせることが難しく、申し訳ないのですが、私が第一部に続いて、第二部も担当することになりました。
 今日は、空手の「蹴り」というものについて、考えてみたいと思いました。下半身を痛めつけることを目的にした稽古です。先日、「ささみ野郎」こと、大森敏範氏に送っていただいた、ギリシャの空手選手のトレーニング方法を参考にさせていただき、それに伝統派空手で行われる稽古を、取り入れてみました。
「ベント・ニー・ウォーキング」
 道場の端から端まで、膝をしっかりと曲げ、腰を落とし、一歩一歩、ゆっくりと進みます。これを1往復。
「サイド・ランジ・ウォーキング」
 次は、それを横に向いて行います。
cross-training-seminar-hip-walk-20110410
「ヒップ・ウォーク」
 これは、「ランナーズTV」という番組の中で、谷川真理さんが、「骨盤を意識した、効率のよい走り方」を会得するための、補強トレーニングとして紹介していたものです。この番組に、私もインタビューを受ける形で、私も出演していて、いただいたDVDで、このトレーニング方法を知りました。足を投げ出す格好で座り、骨盤をひねりながら、お尻で歩くようにします。まずは前進で、続いて後退で、道場の端から端まで移動します。
 骨盤周囲、体幹の深いところに、非常にずっしりと効いてくれるトレーニングでした。
cross-training-seminar-shoulder-touch-game-20110410
「肩タッチゲーム」
 サバットの練習に参加した際に、ウォーミングアップとして行われていたものを、ちょっと拝借してきました。
 二人で向かい合い、相手の肩にタッチします。相手を変えて、1回1分、3ラウンド行いました。熱くなって、手に力が入り、「タッチ」じゃなく、「平手打ち」になっている人がいます(笑)。
cross-training-seminar-shoulder-knee-touch-game-20110410
「肩膝タッチゲーム」
 先ほどの「肩タッチゲーム」に、膝へのタッチも加えてのゲームです。これも1回1分、相手を変えて、3ラウンド行いました。
「側臥位からの横蹴り」
 まず、左側を下にして、マットの上に横になります。右足で横蹴りを出す要領で、立っている相手に向かって蹴り上げるようにします。その際に、下になっている左股関節を外転させて、体幹を持ち上げるようにします。1回の号令で、1回蹴りを出します。10本蹴った後、左で蹴ります。
 続いて、1回の号令で、中段と上段、2本の蹴りを出します。これも10回を左右で。
 続いて、1回の号令で、右の蹴りを出した後、身体を反転して、左の蹴りを出します。これも10回。
「前蹴り」
 ゆっくりと、足を上げて、前蹴りの姿勢をとり、またゆっくりと戻して、足を下ろします。1回の蹴りに5秒ぐらいかけるイメージで。左右5回ずつ。アイソメトリクス的な筋力訓練と、体幹のスタビライゼーション、バランス訓練の意味があります。
 その後、速い動作で、左右5回ずつ。
「横蹴り」
 ゆっくりと、足を上げて、横蹴りの姿勢をとり、またゆっくりと戻して、足を下ろします。左右5回ずつ。
 その後、速い動作で、左右5回ずつ。
「後ろ蹴り」
 ゆっくりと、足を上げて、横蹴りの姿勢をとり、またゆっくりと戻して、足を下ろします。左右で5回ずつ。
 その後、速い動作で、左右で5回ずつ。
「前蹴り→横蹴り」
 前蹴りを出し、同じ足で横蹴りを出します。左右で5回ずつ。できれば、足を床につけないで。
 これも、ゆっくりとした動作と、速い動作と、2種類のやり方でやればよかったのかもしれませんが、言い出しっぺの私が、限界に近くなり、大腿部がプルプル震えだしていました。告白します(笑)。
「前蹴り→後ろ蹴り」
 前蹴りを出し、同じ足で後ろ蹴りを出します。
「前蹴り→横蹴り→後ろ蹴り」
 3つの蹴りを、連続して行います。
「前蹴り→横蹴り→後ろ蹴り」
 3つの蹴りを、連続して行います。
cross-training-seminar-kick-mit-20110410
「キックミット」
 一人の周りを、キックミットを持った3人が囲みます。最後、先ほどの連続しての蹴りを、キックミットに向かって出してみます。左右5本ずつ。競技では、相手は一人ですが、武道では、相手が複数のことも想定しなければいけません。これが、競技のトレーニングと、武道の稽古の違いということでしょう。
 お疲れさまでした。
 いつも、簡単な筋トレをしたり、正拳突きで締めたりするのですが、私自身もへとへとで、すっかり忘れていました。

koyamaclinic at 23:20│Comments(2)TrackBack(0)トレーニング | 空手

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by そわっち   2011年04月11日 21:00
不覚にも、連続して2回も休んでしまいました。
申し訳ありません。
体調不良はなんとか小康状態なのですが、4月1日に人事異動により、職場が横浜市長津田(すずかけ台)になりました。
3月末は、引き継ぎやら残務整理やらで、4月1週目は、新部署での不慣れな業務にと、余り睡眠時間がとれず、10日は、休養を取っておりました。
5月には、是非参加したいと思います。
皆勤賞の夢はついえてしまいましたが、また、よろしくお願いいたします。
2. Posted by 小山郁   2011年04月12日 10:53
 そわっち様、コメント、ありがとうございます。
 お仕事の変化、それによるストレス、体調、大人になると、いろいろありますよ。その中で、できることを無理のない範囲でやる、それでいいんじゃないでしょうか。
 反対に、人のために、仲間のために、少しだけ無理をする、それもまた、元気になるきっかけかと思っています。
 今後とも、よろしくお願いします。
 5月も、そして6月も・・・(笑)。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字