2012年03月25日

2012年3月25日(日) .ロストレーニングセミナー・新格闘術編

vie-de-france-sakura-pan-20120325
 9時前に、高田馬場駅に到着します。いつもの「Vie de France」で、コーヒーを飲んだりしながら、ゆったりとした時間を過ごします。季節限定の新発売ということで、「桜パン」というものがあったので、頼んでみました。
 春ですね。セミナーの途中で、宴会部長の宮田直樹氏に指摘されました。例年、3月の終わりに、お花見会ということで、稽古の後に戸山公園に行き、各自、飲み物などを飲んだ後、お好み焼き屋さんになだれ込んでいたのですが、今年は桜の開花が遅く、まだ咲いていないとのことでした。次回あたりで計画したいですね。
cross-training-seminar-shugo-shashin-20120325
 9時半を目処に、増田道場に向かいます。今日で55回目のセミナーになります。今日は、道場内から女性2人を含む6人、道場外から女性4人を含む8人、合計14人の方が参加してくださいました。
 まずは、道場内のランニング、サイドステップ、カリオカステップでのウォーミングアップ、ストレッチングをして、空手の基本稽古に移ります。今日は、蹴りの稽古を先にしてみました。
cross-training-seminar-kihon-20120325
 蹴りは、大きな筋肉を使うので、どうしても疲れてしまいます。途中で、「はい、ここで深呼吸・・・」と、ちょっとブレイクを入れます。みんなを見回して、みんなのことを思いやっているような振りをしましたが、実は、自分が、息が上がりそうになっていたのでした(笑)。
 小休止の後、上半身の基本稽古に入ります。前回の八王子道場での、藤井昭彦指導員の指導を参考にして、技の種類を増やしてみました。
taniguchi-teruaki-sensei-20120325
 小休止の後、第二部に移ります。今日の第二部は、新格闘術バンコク支部代表、谷口輝明先生に、講師をお願いしました。
 高校時代、黒崎健時氏が立ち上げた、「新格闘術」を修行され、順天堂大学時代は、キックボクシングの選手でした。大森敏範氏の学生キックボクシングの後輩にあたります。
 大学では、ソウルオリンピックの水泳背泳ぎの金メダリスト、鈴木大地氏と同じゼミに所属して、運動生理学などを勉強されていたとのことです。
 そして現在は、バンコクにあるアメリカンスクール日本人幼稚園園長でもあります。幼稚園の生徒にも、空手を教えていらっしゃるとのことで、体育を教えることに関しては、理論と経験を備えた、プロ中のプロと言ってもいいでしょう。
cross-training-seminar-brazil-taisou-20120325
 まずはウォーミングアップです。
・全身の力を抜いて、だらだらとランニング
・両手を後ろに向けて、お尻の後ろに置き、そこに踵をぶつけるようにしてランニング
・ブラジル体操(下肢の内回し、外回し)
・1回1回、両方の大腿を交互に上げる腿上げ
・右の大腿だけを上げる腿上げ
・左の大腿だけを上げる腿上げ
cross-training-seminar-basketball-step-20120325
 バスケットボールのステップワークを行いました。
・垂らした両手が床に届くぐらいに腰を落として、サイドステップで、右斜め後ろに3歩、そこで90度方向を変えて、左斜め後ろに3歩、右斜めな後ろに3歩、・・・、・・・。これを道場の端から端まで
・腰を中腰程度に軽く落として、サイドステップで、右斜め後ろに3歩、左斜め後ろに3歩、今度は左斜め前に2歩、そこから右斜め後ろに3歩、左斜め後ろに3歩、右斜め前に2歩、・・・、・・・、これを道場の端から端まで
・先ほどの、斜め後ろに3歩下がるところを、クロスステップで
cross-training-seminar-muaitai-jikuashi-20120325
 続いて、ムエタイでの練習、主に蹴りの練習方法を紹介していただきました。
・二人でペアになり、相手のミドルキックをホールドするような格好になる。その状態で、相手を前後左右に動かし、もう一人は、軸足を動かして、バランスを保つ。
 これに似たものは、テコンドーなどの稽古で、経験しました。相手の肩に足を載せて、つまり、ハイキックの状態で、バランスを取る練習をしていましたね。これを前蹴りの姿勢と、横蹴りあるいは回し蹴りの姿勢でやりました。テコンドーの場合は、ストレッチングの意味が含まれていました。
 初めて認識したことですが、ムエタイの練習では、とにかくミドルキックを練習するのだそうです。「ミドルキックをしっかりと練習したら、ハイキックやローキックは、状況により、適当に出せるだろう」ということでしょうか。
 これを、一人でやる方法も教わりました。
・ミドルキックを出す前のように、片足を上げ、軸足の踵を前方に回転させたり、戻したりしながら、上体のバランスを保つ
cross-training-seminar-mueitai-step-20120325
 鏡の方向に向かって、ステップのトレーニングです。
・4拍子でステップを踏みます。〆限を右斜め前に踏み出し、右足を左後ろに引き、左足を正面に踏み出し、じ坿慇瓩鯤弔犬弔帖右膝蹴り、”┰海蠅鮟个靴娠βを左斜め前に踏み出し、∈限を右後ろに引き、1βを正面に踏み出し、・・・、・・・、この繰り返し
 このからい飽椶觝櫃法股関節を開き、内転筋が伸びるのを感じて、その伸びからの反射で、膝蹴りを出します。かつて、タイのキックボクサーを敗ってきたキックボクサーたちは、延々と、このステップ練習をされていたとか。
cross-training-seminar-muaitai-kick-20120325
・相手の首を抱えるなり、いなす動作なりを想定して、両手を前に出す。右足を軽く引いて、右での膝蹴り、右足を下ろした瞬間に左脚を引いて、左での膝蹴り、これを縄跳びで足を蹴り出すようなイメージで、リズムに乗って蹴りを出す
・スイッチしてのミドルキック
 
cross-training-seminar-muaitai-sway-kick-20120325
・スウェーして、ミドルキック
・スウェーの後、スイッチしてのミドルキック
 
 
 
cross-training-seminar-kick-mit-20120325
 ペアになり、一人がミットを持って構えます。
・膝蹴り
・1回、1回、しっかりと蹴るミドルキック
・連続して蹴るミドルキック
 これで、今日の第二部は終了です。
 谷口先生が、ムエタイの練習方法について、黒崎健時先生のトレーニング方法についてなど、われわれの質問に答えてくださいました。この質疑応答というのも、新鮮でしたね。
cross-training-seminar-grip-training-20120325
 最後、補強運動をします。腕立て伏せ50本、腹筋50本、背筋50本、スクワット50本、握力のトレーニングを1人が10本の号令を掛けてすべての出席者分、つまり150本。
 さらに、ワンツーを20本、前蹴り20本で、今日の稽古を終わりました。

koyamaclinic at 23:14│Comments(4)TrackBack(0)トレーニング | 空手

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヨシダ@カラテ   2012年03月27日 07:29
こんにちわ。お疲れ様でございました。
いろいろ細かい種目が多く、全部をこなせなかったので、先生の記事参考に、自学自習してみます。
なかなか実現できていないクロストレーニング坐禅編も企画しないとあきませんね。取り掛かるようにします。
2. Posted by 小山郁   2012年03月27日 10:29
 ヨシダ@カラテ様、コメント、ありがとうございました。
 今回は、苦労しながら、トレーニング内容のテキストをまとめました。ヨシダさんのブログの記載が、あまりにあっさりしていたので、パクれなか・・・、いえ、拝借できませんでしたよ(笑)。
 「座禅編」、その他、よろしくお願いしますね。
 それでは、本日、後ほど・・・。
3. Posted by Lumi   2012年03月29日 18:13
参加する気満々だったのですが、手術後発熱し結局今週の頭までダウンでした。無念です。
4. Posted by 小山郁   2012年03月29日 23:43
 Lumi様、コメント、ありがとうございます。
 えっ、手術って、何の手術でしたっけ。お話、お聞きしていましたっけ?
 すみません。経過がいいことを祈っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字