2012年05月13日

2012年5月13日(日) .ロストレーニングセミナー・キックボクシング編

 9時過ぎに、高田馬場駅に到着します。「Vie de France」で、コーヒーを飲みながら、ゆったりとした時間を過ごします。
cross-training-seminer-shugoshashin-20120513
 9時半前を目処に、増田道場に向かいました。今日で57回目のセミナーになります。今日は、道場内から女性1人を含む3人、道場外から女性2人を含む10人、合計13人の方が参加してくださいました。
 まずは、道場内のランニング、サイドステップ、カリオカステップでのウォーミングアップをします。
 その後、ストレッチングをして、空手の基本稽古に移ります。極真空手が初めてだったり、打撃系格闘技が初めてだったりの方もいらしたので、できるだけ、言葉での説明をていねいにするように、心掛けます。
omori-toshinori-shi-20120513
 第二部ですが、今日は、セミナーのお馴染みのメンバー、「ささみ先輩」こと、大森敏範氏にお願いすることになっています。今日のテーマは、「縄跳び」です。
 大森氏によると、キックボクシングやボクシングで縄跳びをする目的は、ステップワーク、フットワーク、リズム感、バランス、タイミング、集中力、持久力などの養成にあるとのことです。最近は、100円ショップでも縄跳びの縄がおいてあります。「100円でできる全身運動」、「畳1畳分のスペースでできる全身運動」であるとのことでした。
omori-toshinori-shi-nawatobi-1-20120513
 縄跳びを跳ぶ上での注意点として、次の5つを挙げられました。
・顎を引くこと
・脇を締めること
・手首でロープを回す
・膝のばねを使う
・踵を浮かす
 
 
omori-toshinori-shi-nawatobi-2-20120513
 縄跳びの初心者や、子供が縄跳びをしているところを見ると、大きく腕を回して縄を振り回し、一回一回、大きく跳んでいます。ところが、ロープは、頭上すれすれを通過すればいいわけです。足の下を通過する際も、足と床の間に、ロープの幅だけ、1センチ開いていればいいわけです。
 これらはすべて、格闘技の基本姿勢、基本動作に共通するとのことでした。
 
rope-skipping-1-20120513
「縄跳び」
 実際に、縄跳びを跳んでみます。いくつかの跳び方を紹介していただきます。
 まずは、「右右左左」、つまり「右足前で2ステップ、左足前で2ステップ、右足前で2ステップ、左足前で2ステップ、・・・、・・・」と跳ぶ方法です。
 次に、「右左右左」、つまり「右足前で1ステップ、左足前で1ステップ」と跳びます。
 次に、左右交互に、足を前に振り出します。「左足で着地した際に、右足を後ろに振り上げ、左足でもう1ステップする際に右足を前に振り出し、前に出した右足を下に降ろして着地した際に、左足を後ろに振り上げ、右足でもう1ステップする際に、左足を前に振り出し、・・・、・・・、・・・」。何となく、自然にできていた跳び方ですから、かえって言葉にすると、ややこしくなってしまいます。「片足で2ステップの際に、浮かした足を前後に振る」と考えればいいですかね。
rope-skipping-2-20120513
 次に、「もも上げ」ですが、「両足着地、右もも上げ、両足着地、左もも上げ、・・・、・・・、・・・、・・・」の繰り返しです。
 最後、「残り30秒!」といった感じで、ダッシュです。
 その後、大森氏のノートでは、二重跳びをする予定だったようですが、今日は省略です。
hiza-geri-step-20120513
 次に、この縄跳びの動きの応用編で、蹴りの稽古となります。
「膝蹴り」
 まずは、膝蹴りです。スイッチしての膝蹴りを、左右交互に出します。以前も、講義をしていただいた、「バババーン、バババーン」のリズムです。このあたりから、擬音語擬態語の世界になります(笑)。
 その場での「もも上げ」と、壁に手をついての「もも上げ」をします。これも、先ほどの「縄跳び」の中で、足を後ろに引いて、前に出す動きの応用だと考えればいいでしょう。
middle-kick-20120513
「ミドルキック」
 次に、ミドルキックを、「1、2、3、4」のリズムで蹴ります。「1:右ミドルキック」、「2:右足を、身体の左斜め前に着地」、「3:左足を踏み出し」、「4:右足を踏み出し」、「1:左ミドルキック」、「2:左足を、身体の右斜め前に着地」、「3:右足を踏み出し」、「4:左足を踏み出し」、「1:・・・」、「2:・・・」、その繰り返しです。
 空手の基本稽古のように、蹴った足を後ろに引くのではなく、身体の反対側の斜め前まで放り出します。「サッカーボールを蹴るとき、足は引かないでしょう」と大森氏。「よりダイナミックに」、「歩くように」と、大森氏の檄が飛びます。
 次に、この「3」と「4」を極端に短くして、足を踏み替える動作で、擬音語擬態語で言うと、「イチ、ニ、サ・サーン、イチ、ニ、サ・サーン」といった感じでしょうか。
hiza-geri-with-mit-20120513
 二人でペアになり、一人が身体の前にキックミットを構えます。
 先ほど、マットの上で動きながら、次に壁に手をついておこなった「膝蹴り」を、ミットに向けて出していきます。下から、相手の身体を舐め上げるような蹴りではなく、ボディーに突き刺さるような蹴りを出すように、腰を前に突き出すようにと、大森氏から、指導を受けます。
 続いて、ミドルキックで、キックミットを蹴ります。先ほどの、スイッチしての蹴りを左右で出します。
 最後に、ミドルキックの「連蹴り」をおこないます。スイッチしながら、「バババーン、バババーン」のリズムで蹴ります。
 以前、セミナー予告のブログに、大森氏がコメントをくださいました。大森氏が理想とする、タイ人のキックボクサーの蹴りを「Youtube」で見ることができます。

 興味のある方は、ご覧になってください。
 最後、腕立て伏せ30本、腹筋50本、背筋50本、四股30回、握力訓練100回ほど、その後、正拳中段突き30本、金的蹴り30本で、今日の稽古を締めました。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 縄跳びだから、安全でケガをすることはないだろうと思っていました。しかし今日、本職の仕事をしてしまいました。大きなケガは、このセミナーで初めてと言ってもいいぐらいでしょう。
 初めて参加された方が、蹴り出しステップでの着地の際に、タイミングを外してしまい、左足の爪先からマットに降りてしまいました。左第2趾が、変な方向に向いてしまっています。私は彼の、すぐ隣にいました。足趾に変形があるのを認め、牽引して整復します。その間、1分以内だったと思います。とりあえず、隣の指とテーピングで固定して、近くの救急病院を受診していただくよう、説明します。
 ケガの発生から治療に至るまで、私の経験上、2番目の最短記録でした。1番の記録は、空手の組み手で、ブロックした手の指先に蹴りが当たってしまい、脱臼した自分自身の中指の整復でした(笑)。

koyamaclinic at 23:25│Comments(15)TrackBack(0)空手 | トレーニング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 事務局長   2012年05月13日 23:27
縄跳び辛そうでしたね(*_*)
参加出来ず残念(笑)
2. Posted by ヨシダ@カラテ   2012年05月14日 07:04
こんにちは。昨日は参加できず、残念であります。
来月は予定が既に入っている日があります。お知らせがありましたら、書き込むようにします。今回は無精しましたがm(_ _)m。
3. Posted by 小山郁   2012年05月14日 15:24
 事務局長様、コメント、ありがとうございます。
 ぜひ次は、ご参加ください。第二道場からでもよろしいですよ(笑)。お待ちしています。
4. Posted by 小山郁   2012年05月14日 15:32
 ヨシダ@カラテ様、コメント、ありがとうございます。
 
 サイッ!
 
 また告知しますが、6月3日(日)を予定しています。
 私も6月は、居合いの合同稽古、「リアル柔道部物語」、略して「リア柔」の仕事が入っていたりして、日曜日だと、3日ぐらいしか、身体が空きません。
 時間がとれるようでしたら、ご参加ください。
 
 サッ!
5. Posted by ヨシダ@カラテ   2012年05月14日 18:54
ザス!
6. Posted by ヨシダ@カラテ   2012年05月15日 00:17
あ、、、夜なのに勢いで、ザス!って言っちゃいました。こりゃ、セッキョーですね。。。(^^;)
7. Posted by 小山郁   2012年05月15日 08:35
 ヨシダ@カラテ様、
 
 ザス!
 
> こりゃ、セッキョーですね。。。(^^;)
 
 とりあえず、腹ばいで20往復。その後、空気椅子で、一曲歌うんですよ。
 曲名は、「聖母(マドンナ)たちのハラバイ」、なんちゃって・・・。
8. Posted by 秋元@早大極真会OB   2012年05月15日 09:47
日曜はお疲れ様でした。
縄跳びのステップがフットワークや蹴りのステップなどの基礎になるんですね。もともと不器用でリズム感が無く、さらには昔空手の摺り足にどっぷり浸かった僕はかなり苦戦しましたが、楽しかったです。発見もありました。現役時代に縄跳びやれば良かったなぁ。
ありがとうございます!
9. Posted by タケウチ   2012年05月15日 11:36
小山先生、参加者のみなさま。
同行者のケガでお騒がせしました

わずか30cmの距離にあった神の手による驚異のスピード整復(笑)

その他、重篤な損傷も無く
小山先生の見立てどおり、全治3週間だそうで
今は松葉杖をついていますが、見た目ほどのダメージは無さそうです。

できるだけ早く完治させて
クロストレーニングに参加したいと申しておりますので
また、よろしくお願い致します。
10. Posted by 事務局の藤井です   2012年05月15日 14:24
今回は下谷神社の祭りに参加したため、セミナー参加できず申し訳ありませんでした。

ブログ読みましたが、はじめての事故ですね・・
はやく良くりますことを祈っております。

それにしても、
殺法と活法を習得されている小山会長。

さすがです!

以前、黒澤明監督の「赤ひげ」のシーンでありましたが、「医者は治すことも壊すこともできる。」(だったような。。)

活法についてのセミナーも是非お聞きしたいですね。

次回は参加させていただきます。

追伸
ホームページを更新いたしました。
http://lohas-square.com/jcta/p3.html


11. Posted by 小山郁   2012年05月16日 09:33
 秋元@早大極真会OB様、コメント、ありがとうございます。
 日曜日は、お疲れさまでした。
 第二部の企画、講師のご紹介など、今後とも、よろしくお願いいたします。
12. Posted by 小山郁   2012年05月16日 11:29
 タケウチ様、コメント、ありがとうございます。
 その後の情報、お伝えくださり、ありがとうございます。心配していました。
 普段の診察室の服装ではなく、スポーツウエアだったので、思わず整復の力が入りすぎて、足の指が千切れちゃったのではないかと・・・(冗談)。
 順調な回復をお祈りしています。
13. Posted by 小山郁   2012年05月16日 11:48
 藤井先生、コメント、ありがとうございます。ホームページの管理、いつもいつも、ありがとうございます。
 「殺法」と「活法」ですか。大袈裟に言うと、そうなりますかね(笑)。お恥ずかしいです。
 次回で出来るかどうか分かりませんが、韓国特殊部隊のトレーニング方法についても、検討しております。ご参加、よろしくお願いします。
14. Posted by こっしー   2012年05月16日 14:20
セミナーに参加させていただきありがとうございました。セミナー翌日からふくらはぎの筋肉痛に見舞われていましたが、やっと回復できました(*_*)自分の弱点を再確認できたよい機会となりましたどうもありがとうございました
15. Posted by 小山郁   2012年05月16日 18:16
 こっしー様、コメント、ありがとうございます。
 それでは、下腿三頭筋のトレーニングで、レースのタイムアップが狙えるかもしれませんね。今後とも、よろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字