2013年05月26日

2013年5月26日(日) クロストレーニングセミナー・沖縄空手編

 午前9時前、高田馬場に向かいます。「Vie de France」で、コーヒーを飲み、ちょっとまったりと過ごした後、9時過ぎに、高田馬場の極真空手増田道場に向かいます。
 今日は、クロストレーニングセミナーの日です。今日で71回目のセミナーになります。
cross-training-seminar-shugoshashin-20130526
 今日は、増田道場内から女性2名を含む4名、道場外から女性3人を含む10名、合計14名の方が参加してくださいました。
 ランニング、サイドステップ、カリオカステップでのウォーミングアップ、マット運動、前回り受け身、ストレッチングに続いて、第一部は空手の基本練習です。空手は初めて、あるいは運動らしい運動はほとんどしたこともないという方もいらしたので、動きについて、言葉で説明するよう、心掛けます。また、技についての細かい注意はせず、初めての人に、エアロビック空手を楽しんでいただきます(笑)。
kikukawa-hiroyuki-sensei-20130526
 今日の第二部は、セミナーの常連になってきた、菊川弘之氏にお願いしました。菊川氏、極真空手大石道場、USA大山空手、日本拳法を修行されてこられました。最近では、沖縄空手の講習会に参加されていらっしゃるとのことです。今日は、沖縄空手、詳しく言うと「泊手(とまりて)」の稽古方法を、紹介していただくことになりました。最近、菊川氏がはまっている方法だとのことです。
 菊川氏と、一緒に稽古をされていらっしゃる、木村氏も、一緒に指導をしてくださいました。
 先日、菊川氏と今日のセミナーについての打ち合わせをしていて、いろいろな縁に恵まれた人生は、空手との縁、そして極真空手の大山倍達氏との縁によるものだということでお互いの意見は一致しました。それに敬意を表する意味で、私も今日は、30年前に着ていた「極真会」の刺繍の入った道着を引っ張り出してきました。
okinawa-karate-1-20130526
 まずは二人でペアになり、「腰を押さえられた状態でのセイサン移動」です。1人が「セイサン」という立ち方で立ちます。空手でいうところの「前屈立ち」に似ていますが、前後の足先の向きが、ちょっと違います。「前屈立ち」は前の足が真正面を向き、後ろの足が斜め前45度の方向を向きますが、「セイサン立ち」では、後ろの足先が前に向いていて、前の足先が、斜め前に向いています。
 この姿勢から、パートナーに腰の部分を押さえてもらい、それを押し返しながら、前に移動します。上半身から腰、後ろの足までを一直線の棒のようにして、前に体重移動をする要領で、進んでいきます。
 最初は、動くのも難しかったですが、体重移動のコツをつかむと、意外と軽く動けるようになるものです。
okinawa-karate-2-20130526
 次が「押し合い(全力)」です。お互いの前腕を合わせて、一人が押し、一人が押されまいと耐えます。これも、腕の力で押すのではなく、脇を締め、腰から前に動くように意識します。コツをつかむまでは、全身の等尺性運動になってしまい、血圧が上りそうですね(笑)。
 
 
okinawa-karate-3-20130526
 ここからが、今日のメイン、背中のトレーニングです。「背中の鍛え三種」です。
 まずは一人が前腕を合わせて立ちます。もう一人が、やはり両前腕を使って、相手の両前腕の外側から挟みます。一人が、両腕を外に開こうとして、相手が、それに抵抗を加えます。
 外に開いた両腕を、さらに前に突き出し、もう一度、後ろに引き、再び、両腕を閉じます。パートナーは、ずっと外から抵抗を加えるようにします。
 これも、腕の力で動かそうとするのではなく、両方の肩甲骨を近付けるよう、背中を意識するといいようですね。
okinawa-karate-4-20130526
 次に、向かい合って立った状態で立ち、自分の右手と相手の左手、自分の左手と相手の右手を、クラッチするように握り合います。片側の腕を、手掌を下に向けた状態で上に上げます。反対側の腕を、手掌を上に向けた状態で下に下げています。ここから、上の腕は下に押し下げ、下の腕は上に押し上げるように力を入れます。相手は、それに抵抗を加えます。前腕の力で動かそうとするのではなく、手関節を掌屈させ、腕全体で動かすようにします。
okinawa-karate-5-20130526
 背中のトレーニングの最後は、お互いに前腕で押し合っている状態から、空手の「内受け」の要領で、相手を斜め前下方に泳がせるように、前腕を動かします。
 ここで、空手の基本稽古でわれわれが普段やっている内受けのように、右手を外に開きつつ、左腕を後ろに引いて胸を張るような、体幹の回転を使った動きはしません。右腕を内側から外側に動かしつつ、左手では相手のボディを打つような、体幹の動きをします。古い空手の型「ナイハンチ」などに現れる、重心移動による動きでしょうか。
 ここで、沖縄空手の稽古は終了になります。基礎トレーニングに移ります。
 まずは腕立て伏せですが、両拳をマットにつけて、身体を支えた姿勢から、曲げた肘を勢いよく伸ばして、腕でジャンプする「拳立て跳び」を10本、行います。続いて、ニューヨークの大山茂師範のところで行われていたという、1回1回、マットを拳で叩いてから、腕立て伏せする方法で10本、行います。
 まっすぐ身体を起こす腹筋運動30本、ひねりを入れた腹筋運動20本、まっすぐ身体を反らせる背筋運動30本、ひねりを入れた背筋運動20本、ハーフスクワット30本、四股30本、ワンツーパンチを左右10本ずつ、金的蹴り20本で、今日の稽古を終了しました。
 有志13人で、高田馬場駅前の「石庫門」に移動します。第2道場です。
 さらに有志4人で、客引きに誘われるまま、居酒屋に入りました。15人から13人、さらに4人へと絞り込まれた、コアなメンバーです(笑)。極真空手関連の、ディープな話題が続きます。
 高田馬場駅の構内に、クイックバーバーがあるのに気付きました。髪が伸びて、うっとうしくなっていたところです。見つけたときに行っておかないと、今度、いつ機会があるか分かりません。2カ月前ぐらいの髪になるよう、ばっさりと切ってもらいました。

koyamaclinic at 23:16│Comments(10)TrackBack(0)空手 | トレーニング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 藤井@日野道場   2013年05月27日 13:00
菊川さん、昨日はありがとうございました。僕も沖縄空手には以前から興味があったので、体験できて菊川さんがはまるのも納得がいきました。しかも、僕が立川のスポーツクラブでウェイトとレーニングしていた頃、毎週のように会っていろいろな話をしていた木村さんと同じところに通っていらっしゃるとは!びっくりしました。第2道場では、席が離れてしまってあまりお話ができなかったので、木村さん、また来てください。<m(__)m>
2. Posted by 小山郁   2013年05月27日 13:39
 藤井@日野道場様、コメント、ありがとうございます。
 昨日は、お疲れさまでした。いろいろな縁って、つながっているものですね。そういった縁を取り持てるのも、主催者冥利というものです。
 今後とも、よろしくお願いいたします。
3. Posted by 菊川弘之   2013年05月27日 14:19
格闘技界、繋がっていますね〜。大山総裁に感謝です。第二道場で稽古中に、海外から帰国された先輩が「今日16:00に着くから焼肉食べよう」とのメールが入っておりました。餃子をあれだけ食べた後の焼肉は、結構辛い修行でした(笑)。
4. Posted by 小山郁   2013年05月27日 15:44
 菊川様、コメント、ありがとうございます。昨日は、お疲れさまでした。
 餃子に焼き肉、もちろん、「後ろを見せなかった」でしょうね(笑)。
5. Posted by 木村英昭   2013年05月27日 21:12
小山先生
昨日は、突然伺ったにもかかわらず、セミナーに参加させて頂き有難うございました。
機会がありましたら、また是非参加させて頂きたいと思いますので、宜しくお願い致します。

藤井さん
久しぶりにお顔を拝見できて、とても嬉しく思いました。
次回、お話しさせて頂けるのを楽しみにしています。道場、ジムの皆さんに宜しくお伝え下さい。

この度のセミナーで、ご一緒させて頂きました皆さん、有難うございました。
とても良い刺激を頂き、楽しく稽古をすることが出来ました。
機会がありましたら、また宜しくお願い致します。
6. Posted by 宮田   2013年05月27日 22:56
大変参考なるセミナーに参加させていただきありがとうございました。
バランス、力の伝え方など本当に基本となる体の使い方を再認識できた貴重な機会でした。
本日は、首、腕が心地の良い筋肉痛です。

クロストレーニングセミナーに参加することで、本来の目的以外にも、参加する方々が持っている知識、経験が豊富で色々な方面の情報交換ができること、マナー講座が受講できること、キムチが買えることなど、至れり尽くせりですね(笑)。

職場が変わり、仕事で対応することが多く、第二道場に参加出来ておりませんが、早く落ち着いて参加できるよう処理能力を高めたいと考えております。

今後とも宜しくお願いします。
7. Posted by ヨシダ@カラテ   2013年05月28日 05:20
いつもお世話様です。
沖縄空手、是非お伺いしたかったのですが、残念ながら、柔道の試合と日程が重なっていて、お伺いできませんでした。
柔道の試合は勝つことができず、柔道力(じゅうどうぢから)が足りないのだ、と言われました。
沖縄空手はよく知らないのですが、ブログを拝見するに、カラテ力(カラテカじゃないです)を鍛えられそうですね。
しばらく出張続きですが、記事を見ながらイメージトレーニングしてみます。
8. Posted by 小山郁   2013年05月28日 08:57
 木村英昭様、コメント、ありがとうございます。先日は、お疲れさまでした。ご指導、ありがとうございました。
 また、いろいろと企画を考えていきますので、ご参加、ご協力、よろしくお願いいたします。
9. Posted by 小山郁   2013年05月28日 09:00
 宮田様、コメント、ありがとうございます。
 今回、キムチがなくて、残念でしたね。
 このコメントの返事で恐縮ですが、そろそろ「ベネット」の台紙をお願いします・・・、あっ、担当が変わったんだ・・・(笑)。
10. Posted by 小山郁   2013年05月28日 09:11
 ヨシダ@カラテ様、コメント、ありがとうございます。
 柔道力は、押し合いへし合いの中で、自然に練れてきますよ。でも、「力」だけでは駄目で、むしろ力を抜く「脱力」が必要ですね。ヘトヘトになり、腕がパンパンになり、力も入らなくなった、そんなときに、力が抜けて、すっと技に入れたりするのですよ。
 稽古、稽古ですね。
 柔道での活躍、期待しています。今度、出稽古に行かせてください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字