2014年03月02日

2014年3月2日(日) 立川シティハーフマラソン

 地元の駅を7時過ぎに出る電車に乗り、7時50分少し前に、青梅線の西立川駅にやってきました。今日は、「立川シティハーフマラソン」が行われる予定です。今日のレースを走る、クロストレーニングセミナーの仲間と、ここで合流します。
tachikawa-city-half-marathon-before-20140302
 大会のエントリーセンターから送られてきた出場者用の入場券を提示して、昭和記念公園の中に入ります。冷たい小雨が降る中、集合場所の広場まで歩き、木陰で着替えます。
 発汗による熱中症、気温の低さからの下肢痙攣、両者の可能性を秤にかけ、ウインドブレーカーを着て走ることにします。その上に、ゼッケンをつけたTシャツをかぶります。
 結果的には、それが正解だったようです。最終関門を過ぎて、途中から歩き始めたランナーたちの、「足が冷えて、つっちゃった・・・」といった話を、小耳にはさみました。
tachikawa-marathon-2014030
 今日のコースは、公園の隣の陸上自衛隊立川駐屯地の、滑走路がスタート地点です。2周して、公道に出て、再び昭和記念公園に戻り、公園の中を2周走り、ゴールするという、21.0975キロのコースです。
 東京マラソンなど、出場者が多く、スタートラインの幅が狭いようなレースだと、号砲が鳴ってから、最後のランナーがスタートラインをまたぐまで、20分ほど、時間がかかると聞きました。このレースは、広い滑走路がスタートラインなので、幅広く並ぶことができ、すべてのランナーの出走が、1分ほどだとのことです。
 自衛隊の基地の中、迷彩色の軍用機の脇を抜けて走るなんて、めったに経験できるものではありません。
 小雨の降る天候の中、十分なストレッチングもできないまま、9時半にスタートしました。
 まず最初の関門が、5.5km地点で、ここを38分以内に通過しないと、リタイアということになります。ここを通過するときに、「関門閉鎖まで、あと2分・・・」という、スタッフからのアナウンスを聞きます。
 前回の、「流山ロードレース」から5カ月弱、この間、走る練習はまったくしていません。途中から、両足底に、少し疼痛があり、いやな予感です。頭の中に「無謀」の2文字が浮かび上がります。
 次の関門が、11kmです。これを76分で通過しないといけないのですが、何とかクリアできたようです。折り返し点を曲がってすぐのところで、「最後尾」と書かれた紙を貼った自転車と、「収容車」と書かれた紙を貼ったマイクロバスとが、反対車線に見えてきます。
 この間に、両膝関節痛が出現しました。以前のハーフマラソンの際に、膝外側の疼痛に悩まされ、だいたい5キロごとに立ち止まり、ストレッチングをしていたことを思い出しました。自己診断は、腸脛靭帯炎だったのですが、今回は、拇趾での蹴り出しを意識して、O脚の走り方にならないように気をつけていたので、その効果はあったようです。
 しばらく走っていたら、右大腿後面に疼痛が出現しました。ハムストリングの疼痛かと思っていましたが、途中で右臀部痛も出てきました。坐骨神経痛のようです。そのうち、左臀部にも疼痛が出現しました。
 その内、左肩から背中にかけての疼痛が出現しました。上肢の下垂により、肩甲骨の上を走る神経、肩甲上神経が牽引され、疼痛を起こしているようです。時々、肩をすくめる動作を入れながら走ります。
 最後の関門が、16キロ地点でした。ここを1時間50分で通過しなければいけません。ここでも、「関門閉鎖まで、あと2分・・・」という、スタッフからのアナウンスを聞きました。何とか、関門でのタイムアウトは免れました。
tachikawa-city-half-marathon-after-20140302
 そこからは、あえぎながらも、何とか走り続けることができました。「収容車」に乗せられることもなく、救護のドクターやAEDのお世話になることもなく、2時間30分の制限時間内には、生きて・・・(笑)、ゴールすることができました。
 不思議と、心肺機能は大丈夫でした。柔道や空手で、ちょこちょこと身体を動かしていたので、それはよかったのでしょう。
 足底筋膜炎、膝蓋靭帯炎、腸脛靭帯炎、ハムストリング痛、坐骨神経痛、股関節炎、肩甲上神経炎、・・・、・・・、拙著「ドクター小山のランニングクリニック」で自分 が記載した痛みをほとんど経験しました。
 スポーツドクターとして、「準備もしないでレースに出るなんて、無謀なことなんですよ」と、患者さんに言える、生きた実証になりました・・・(笑)。
yokotaya-20140302
 駅の階段が、手すりなしには、上ったり下りたりできません。普通に歩けません。特に下りが悲惨です。
 何とか立川に戻り、13時から「横田酒場」という居酒屋で打ち上げです。
 
 
 
 
yokotaya-uchiage-20140302
 今回の企画で、お世話になった腰原さん、一緒に走ったみなさん、応援に来てくださったみなさんと、ビールで乾杯です。
 ああ、生きててよかった(笑)。

koyamaclinic at 23:28│Comments(2)TrackBack(0)スポーツ | トレーニング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 三岩@テコンドー立川   2014年03月03日 22:05
ハーフマラソン、お疲れ様でした。

自分も走破後は「筋肉痛がぁ〜」と悶えていたのですが
一晩明けてみれば筋肉痛よりも膝関節痛の方が
ガッツリきてました。
エスカレーター・エレベーターの使用が必須です(苦笑)

お互い、無事に完走できて良かったです。
2. Posted by 小山郁   2014年03月04日 19:40
 三岩@テコンドー立川様、コメント、ありがとうございます。ようやく、平地の歩行は大丈夫ですが、階段、特に下りがつらいですね。準備不足が悔やまれます。しばらく、ランニングシューズ、見たくないです(笑)。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字