2014年07月13日

2014年7月13日(日) クロストレーニングセミナー・自重トレーニング編

cross-training-seminar-poster-20140713
 朝の9時過ぎに、高田馬場にやってきました。今日は、第86回のクロストレーニングセミナーの予定の日です。9時20分ころに、極真増田道場に到着です。トレーニングウエアに着替えて、ウォーミングアップを始めます。
 
 
 
 
 
 
 
shugo-shashin-20140713
 道場内から1人、道場外から4人、合計5人の方が集まってくれました。
 まず、ランニング、スキップ、サイドステップ、カリオカステップで、ウォーミングアップします。その後、空手の基本稽古に移ります。
 
 
nakadai-mitsuru-sensei-20140713
 今日の第二部は、増田道場で金曜日に指導をされている、中台満氏にお願いしました。ご本人曰く、「フィジカル超重視」のメニューを紹介していただくことになりました。増田道場のホームページで、中台氏のトレーニングメニューを見て、驚きました。「拳での腕立て伏せ」、「腹筋」、「背筋」、「ハーフスクワット」と、自分の体重を負荷にする、自重トレーニングなのですが、その回数が半端ではありません。中台氏に講師の話を振ったことを、少し後悔してしまいました(笑)。
 恐れおののいていても仕方がないので、10日ほど前に、私自身が出稽古をして、体験はすませてきました。
 極真空手を始めたころ、特に地方の道場などは、ウエイトトレーニングの設備などはありませんでした。それでも、筋力をつけ、パワーをつけていくためには、回数、量を増やすしかなかったのでしょう。昔ながらの、「質より量」の稽古で、懐かしく思いました。
foot-work-20140713
 まず、道場内のステップワークから、トレーニングが始まります。道場のマットの継ぎ目に沿うように、サイドステップ、さらにバックステップで進みます。
 これを、道場の隅から隅までジグザグに進み、3回ずつ繰り返します。
momoage-20140713
 腿上げで、道場の端から端まで移動します。3回、繰り返します。
 これらが、第二部のウォーミングアップのようなものでした。
 
 
step-20140713
 組手の構えで立ち、前に立つ中台指導員のかける「前」、「右」、「後ろ」といった号令に従って、その方向にステップして、ワンツーパンチを出します。これを1分やったら、次に、ワンツースリーまで、3連打を出します。これを1分。
 
abdo-20140713
 ここからが、今日のメインですね。補強運動、自重トレーニングに入ります。ちょっと陳腐かもしれませんが、「地獄の・・・」という慣用句をつけたくなります(笑)。
 まずは拳立て伏せ100本です。
 ただ、マットに顎が付くぐらい、下まで降ろすわけではなく、速さ重視の腕立て伏せです。「号令と一緒でなくてもいいし、できなくてもいいけれど、前回より1回でも多くできるように・・・」と、中台指導員がおっしゃいます。自分との戦いということですね。
 続けて、腹筋200回です。
back-muscle-1-20140713
 背筋300回。
 腹這いの姿勢から、1の号令で膝を曲げ、2の号令で膝を伸ばすと同時に上体を起こします。
 
 
back-muscle-2-20140713
 続けて、対角線になっている手足を同時に上げます。これを20本ずつ、3セット行います。
 
 
 
squat-kick-20140713
 ヒンズースクワット100回。
 その後、スクワットをして、身体が上がるときに、前蹴りを出します。これを50本。
 その後、平行立ちで、腕は組手の構えで立ち、そこからのフロントランジを50回。
 
planking-20140713
 片手での拳立て伏せの姿勢で、1分静止します。左右の腕でやった後、2回目は30秒静止します。
 体幹のトレーニングで、「ベンチ」、「サイドベンチ」などは、かつて紹介しましたが、これはその空手応用編ですね。
 お父様のお仕事の関係で、小学生のころからロンドンで暮らし、そちらの大学、大学院を出られたという中台指導員、英語をネイティブのように話されます。このトレーニングのことを「planking」と呼んでいました。「plank」、板のことだそうです。調べてみたら、「board」と呼ばれる普通の板よりも厚めの板を「plank」と呼ぶようです。
 続いて、腕を開いた腕立て伏せ、50本を3セット。
 両手を重ねて、腕を閉じた状態での腕立て伏せ、20本を3セット。
grip-20140713
 蹲踞で、握力のトレーニング500回。
 さらに、押し相撲で、道場の端から端まで2往復
 最後、パートナーの背後に立ち、相手を持ち上げて腹に乗せる動作を10回、これを2セット。
 最後のパートナートレーニングは別にして、「自重トレーニング」ですから、一人でもできます。しかし、一人では心理的にできない、一人ではやろうと思わないトレーニングですね。仲間がいるから、誰か「やろう」と言ってくれる人がいるからこそできるトレーニングです。一人だと、この4分の1で、投げ出してしまいます。
 補強運動は、嫌と言うほどやりました。
 最後、スピードを重視しての、正拳中段突き、ワンツーパンチ、金的蹴りで、今日の稽古を終了します。
genchan-20140713
 有志4人で、「源ちゃん」で昼食をとります。疲労困憊ですが、ビールの助けを借りて、何とか、栄養補充しました。

koyamaclinic at 23:43│Comments(0)TrackBack(0)空手 | トレーニング

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字