2016年07月24日

2016年7月24日(日)1 クロストレーニングセミナー・メディシンボール編

cross-training-seminar-shugoshashin-20160724
 9時過ぎを目処に、高田馬場にやってきました。高田馬場駅戸山口から徒歩数分、極真空手増田道場にやってきました。
 今日はここで、112回目のクロストレーニングセミナーです。
 道場内からの参加はなく、道場外から5人の方が参加してくださいました。ウォーミングアップ、ストレッチングに続いて、空手の基本稽古ですが、いつものメンバーなので、特に動作の解説をすることもなく、テンポよく進めていきます。
tachibana-sensei-20160724
 数分のウォーターブレイクに続いて、今日の第二部です。
 今日の第二部は、歯科医で、ご自身は柔道をされている立花寿人先生が、「メディシンボール」を用いた、「ボール・エクササイズ」を考えてくださいました。
 まずは、3人ずつ2列になり、向かい合って立ちます。ボールを投げ合う練習から始めます。
 まずは、バスケットボールの「チェストパス」のように、胸の前から押し出すようにして、相手にパスしていきます。
 次に両足を開いて立ち、脚の間から、前上方に放り上げるように、ボールを投げます。
 次に、両腕でボールを持ち、自分の頭上に持ち上げて、前に投げ落とします。ワンバウンドさせて、相手にパスします。
 最後は、砲丸投げのように、まずは左手をボールの脇に添えて、右手を突き出すようにボールを投げて、相手にパスします。次に左右を替えて行います。
medecine-ball-exercise-2-20160724
 次に体幹トレーニングです。二人組みになり、二人が背中合わせで立ちます。身体をひねって、相手からもらったボールを、身体の反対側で、また相手に返します。これを、時計回りで10回、反時計回りで10回、行います。
 外腹斜筋、内腹斜筋のトレーニングですね。
 
medecine-ball-exercise-3-20160724
 二人組みになり、二人が背中合わせで立ちます。次に、頭上でもらったボールを足の間から相手に返します。これを10回やったら、今度は反対の方向で10回やります。
 重さ5キロのボールですが、けっこう、効きますね。
 
 
medecine-ball-exercise-4-20160724
 腕立て伏せの姿勢で、横に並びます。横に移動していき、一人ずつ、メディシンボールを乗り越えていきます。
 さらに、右方向に移動するときに、ボールの前で腕立て伏せ、ボールに右手を置いて腕立て伏せ、ボールに両手を置いて腕立て伏せ、ボールに左手を置き、右手はマットに置いて腕立て伏せ、両手をマットに置いて腕立て伏せといった感じで、左右に何度も移動する方法があることも、紹介させていただきます。
medecine-ball-exercise-5-20160724
 メディシンボールを足にはさんでの、腹筋運動です。まずは、左右に10回ずつひねります。さらに、10回ひねった後に、10秒間、上体と脚を上げた状態を保ちます。
 
 
mini-rugby-20160724
 最後、「ミニラグビー」です。
 レスリング、総合格闘技の「木口道場」で行われていたものを、立花先生がご覧になったのだそうです。
 3人対3人に分かれます。道場の真ん中に置かれたボールを転がして、相手陣地にトライすれば、得点となります。ただし、膝立ちで移動し、ボールを投げてはいけません。ラグビーですから、仲間にパスする際には、自分より後方に転がします。
 相手の身体とぶつかり合ったり、押し合ったり、密集してモール状態になったり、ボールを持っている人の足を引っ張ったり、けっこう、熱くなってしまいます。
 5分1セットで、2セット、行いましたが、へとへとになります。楽しいですね。
medecine-ball-exercise-6-20160724
 最後は、本来、ボクシングのジムなどで行われている、腹筋強化のトレーニングです。ボールを落としてもらうときに、腹筋に力を入れる方法、あえて力を抜いた状態にして、ボールを落としてもらう方法を行います。
 最後、腕立て伏せ30本、腹筋30本、背筋30本で、今日の稽古を締めました。
 久しぶりに、格闘技から離れてのトレーニング、楽しかったです。
white-belt-20160724
 今後のクロストレーニングセミナーの運営を円滑にするために、増田道場の門下生となることにしました。先日、極真の道着が送られてきました。今日は、それを着ることにしました。極真の道着を着て、白帯を締めるのは、実に37年振りです。初心に戻った気分です。
「心が汚れているから、白帯から出直して・・・」
「これで、頭を丸めて、バタ屋(ゴミ拾い)を始めないと・・・」
 まわりは、好き勝手なことを言います(笑)。

koyamaclinic at 22:23│Comments(5)TrackBack(0)トレーニング | 空手

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 斉藤   2016年08月02日 10:38
この立花さん、更生されたんですね。
気が動転して逃げるというのも一般的にはわかりますが、武道家ならば冷静になってほしいものです。
応援はしていますので頑張ってください。
2. Posted by 斉藤   2016年08月02日 10:43
よく考えたら上記のコメント自体適切ではないかもしれません。
どうか削除をお願いいたします。
3. Posted by 横田   2016年08月05日 22:12
斉藤さんとやら、あなた、どれだけ偉いんですか。空気、読んでくださいね。
4. Posted by 立花先生を知る者   2016年08月06日 22:49
応援はしますので、って失礼な言い方ですよね。
5. Posted by 小山郁   2016年08月18日 08:52
 このところ、スマートフォンばかりで操作していたので、コメントに気付きませんでした。
 「武道家なら冷静に」というのは理想ですね。同じような状況を経験しないと、自分が理想通りに振る舞えたかどうかは、私には語る自信はありません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字