2017年9月23日(土)2 カップヌードル2017年9月24日(日)2 高田馬場「石庫門」

2017年09月24日

2017年9月24日(日)1 クロストレーニングセミナー・逮捕術編

 9時前に、高田馬場にやってきました。久しぶりに、早稲田口で降りて、カフェ、「Vie de France」に入ります。クロストレーニングの仲間、李允洙氏、李鍾爀(イ・ジョンヒョク)氏と落ち合い、軽く打ち合わせをしました。
cross-training-seminar-shugoshashin-20170924
 私は先にその場を離れて、9時半前には道場に向かい、道場の鍵を開けて、参加者の到着を待ちます。今日は、極真空手増田道場で、127回目のクロストレーニングセミナーが開かれる予定になっています。
 道場内から1名、道場外から4名、合計5名の参加がありました。ストレッチングに続いて、空手の基本稽古に移ります。
i-jonhyoku-shi-20170924
 その後、第二部に移ります。今日の第二部の講師は、韓国にいらしたときには、兵役で「韓国特殊部隊」に所属していた李鍾爀(イ・ジョンヒョク)氏に、講師をお願いしました。テーマは、「逮捕術」です。
 李氏に「逮捕術」とは何か、ということをお聞きしますが、実に奥が深いと思いました。「殺してやる」ぐらいのつもりで刃向かってくる相手を、致命傷を負わせずに、制圧しなければいけません。一人の相手に対して、相手を取り押さえる人間、後ろで銃を構えて援護する人間など、複数で立ち向かいます。
 複数ですが、4人までです。5人になると、「誤認(五人)逮捕」になってしまうからです・・・、失礼しました(笑)。
taihojutsu-1-20170924
 相手を、どう制圧するか、押さえる際には、何に気をつけたらいいかといったことを、まず、教えてもらいます。相手は、ポケットの中に、ナイフを忍ばせているかもしれません。
 3人のグループで、犯人、捕獲する人、援護する人と、役割を交代しながら、取り押さえる練習をします。
 3人のうちで、1人が手を叩いた合図で、2人が握手して、残りの人を取り押さえるといったゲームも楽しみました。こうなると、「大人の鬼ごっこ」ですね。
taihojutsu-2-20170924
 逮捕する側の、チームワークも重要になります。相手や味方とのポジションも大切です。銃を持って、援護する人間は、相手を中心にして、仲間の反対側に位置してはいけません。相手の側方に位置するようにします。味方や周りの人々に、流れ弾が当たってしまう危険があるからです。
 バスケットボールやサッカーなどにも共通することでしょうね。
taihojutsu-3-20170924
 その他、狭い通りで、向こうからやってくる相手を潰して、その身体を飛び越えて、後ろの援護者に任せる状況、狭い通りから出た際に、待ち伏せしている敵に後ろから襲われた状況、壁に相手を押し付けて制圧する状況など、さまざまな想定で稽古します。
 膝を立てて抵抗する相手の足を援護者が払って、抵抗できなくする方法も教わります。
 楽しかったです。李氏、大学院を終了し、帰国を目前に控えています。忙しい中、講師を引き受けてくださり、ありがとうございました。

koyamaclinic at 23:17│Comments(0) 空手 | トレーニング

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
2017年9月23日(土)2 カップヌードル2017年9月24日(日)2 高田馬場「石庫門」