私の長男が駅伝の部活に入っていますが、全国に名を知られる強い学校の監督(駅伝経験者)はおしなべて理不尽な言動があるようなのです。殴る蹴るはさすがになくなっていますが、会社でいえばパワハラが横行。朝令暮改、自分が運転する車に同上している生徒は居眠り厳禁、寝たら途中で降ろして学校まで走らせる、足が遅いメンバーへの執拗な叱責や無視、練習に参加させない、感情に任せて怒鳴りまくる、責任連座・・・。しかしその先生は普段はとても優しいまともな教師なのです。これはどうしたことか?どうもこれは、わざと(時々、本気で)理不尽なことをすることが生徒の闘争心をかき立ててきた経験則が、この世界に脈々と受け継がれているようなのです。長男もことある度に「おかしい!」と反発していますが、一方で確実にチームは強くなってきている。図抜けた成績をおさめるにはこいういう教育のしかたもあるのだなあ、と一面で感心した次第。しかし、普通の職場ではやらない方がよいようです。