インターネットという言葉が人口に膾炙し始めた平成7年頃、私も含めて名南の新しモノ好きメンバー数名がこれに飛びついた。プロバイダーはBekkoameに「モザイク」というブラウザを使ってネットの海に漕ぎ出ると、目に入るのはほとんどが世界中のカオス。日本のサイトもあるにはあったが、HTMLが普及していない時代のホームページはテキストベースで読みづらい。通信もピーヒョロヒョロの電話回線128bpsモデムなので結構な時間がかかる。画像は重くて止まる。PCもやたらとフリーズする。でも「これは面白いぞ!」ということで、当時若手であったO君(現在、社労士法人の代表社員)も巻き込んでPCや通信環境を自腹で揃えさせた。相当、散財させたと思う。夜な夜なチャットや映像付PC電話、ネットミーティングでどこの誰だか分からない外国人とチャットなどをして楽しんだ。こんな遊びのような世界であったが、次の世の中に吹く風は十分に感じ取れた。革新的なネットスケープのブラウザ、ADSL通信、ペンティアムPROCPU・・・と、ネットとPC環境は日を追う毎に向上。
 こんな中、「労務に関する無償情報提供サイトを作りたい」と
O君が申し出。サイトを維持する時間も費用も全て自腹であったが、「やってみたら」ということで始まったのが、今や20年近く業界サイトトップの座に君臨し続ける「労務ドットコム」だ。このサイトは、役所に冊子で置いてある就業規則のモデルや書式などは社会的資源なので、デジタル化して誰でもどこでもダウンロードできるものにしたら便利だよなあ、という単純な発想から始まった。当然ここには法改正などの情報提供も載せることになる。セミナーの案内も楽々だ。このサイトは、私共も知らぬ間に全国の社労士に口コミで拡がっていった。社労士であれば知らない人はいないという噂も聞いた。オリジナルの簡易就業規則が全国の中小企業でダウンロードを重ねた。しかし当時、名南のほとんどのメンバーは理解不能ゆえに、「お前ら何を遊んでるんだ?趣味でやるのもいい加減にしとけ。」と幹部連中に何度も揶揄された。ゆえにかなり長い間、「労務ドットコム」はO君の趣味、という位置づけであったが、毎夜、隠れて成長を続けた。しかし、将来これが毎年数億円の売上をたたき出すサービスの原動力になるとは、私もO君も含め、誰も思いもしなかった。