先週の月曜日かったるいような発熱から始まった今夏の体調不良。
今日で1週間になりましたが、今回はなかなか手強いです。
最初は疲れから来た「夏風邪」と思い内科に受診しておりましたが、39度を超える発熱は一向に下がる気配が無く、血液検査で白血球の異常上昇が見つかり、口内炎が多発したことから、耳鼻科へ紹介されて受診したのが金曜日。
なんでも口腔内や喉などに次々と潰瘍が出来て熱が出るという感染症らしいです。
この年になるまでこんな大病は記憶にありませんが、これも厄年だからなのでしょうか?
この夏は確かに忙しすぎました。
7月にはスイスへ9日間の添乗やトレッキングを含む添乗。
大曲の出張や8月中旬の中国添乗。
異常な暑さに加えて、連日2〜3時間という寝不足が確実に体力を奪っていたようです。
トドメは中国九寨溝の添乗でした。
現地でお客様の事故の処理で、一睡も出来ない日が続き、高地と言うことも響き、丈夫だと思っていた私の体も相当に参っていたようでした。
帰国後、お客様の無事な様子を社員から報告を受けた途端に具合が悪くなったのですから、人間の体って精神状態とリンクしているのかもしれません。
点滴+注射で3日、今日も注射で通院、明日も注射しに通院です。
せめて熱が下がれば楽になるのでしょうが、薬の効いているこのチャンスにブログを更新します。

「急に更新が無くなった」とご心配下さった方・・・ありがとうございました。
とりあえず37℃台まで熱が下がりましたので様子見てPCに向かいます。