GWの連休の昼下がり、北陸信越運輸局の担当者より、「昨日4月29日早朝に発生した関越道バス事故に関して、本日30日付で「忙しいGW中も更なる安全確保に努めるよう」バス事業者代表者及び運行管理者に対して電話にて緊急通達がありました。
内容については、運行管理業務の実施状況を確認し、安全確保の原点に立った確実な運行管理を実施することと、運行に際して、道路交通法等の法令遵守の徹底を図るなど、安全確保を最優先するよう乗務員に徹底を図ることの2点でした。
いつもは文書のメール便送付なのに、高給のお役人が休日出勤して、わざわざ全事業者に電話するところから見ても、国土交通省の危機感もヒシヒシと感じます。

当社では事故を受け昨日のうちに、バス運行部門の全乗務員と、旅行部門の全添乗員に対して、周知徹底を終えていますが、消費マインドの低下など今後の長距離観光バスの行く末に悪影響は避けられないでしょう。

今後は事故を起こしたバス会社の強制捜査で、様々な不備などが出てくることが予想されますが、運行に関しては監査も厳しいためそこそこ守られているでしょうが、法令の完全なる遵守を行っている事業者は皆無でしょう。
例えば、認可運賃の下限を守っているバス会社は存在しない事実。
この部分はバス業界の「パンドラの箱」そのものです。

観光バス業界は2002年2月からの規制緩和に伴い、激しい過当競争に巻き込まれています。過当競争とは「行きすぎた競争」を指しますが、それを更に上回る「激しい過当競争」ですから、如何に厳しかは理解できるでしょう。
以前は観光バスの運転手と言えば、世間相場の倍くらいの給料が補償されている「花形職業」でありました。新潟の地方大手バス会社の観光バス選任者は、50代で年収1000万に届くほどだったそうです。今は年収200〜300万+α程度とのことですから、如何に下落したかが解ります。
まぁ、年収1000万だった運転手が年収500万位への下落ならまだ努力範囲です。それが更に半分まで下落してしまったのがここ10年ほどの出来事なのです。

バスの運転手は一般的にに大型二種免許が必要ですから、無免許状態からであれば普通免許を取得してから3年以上で大型免許を取得し、更には大型二種免許も取得する必要があり、全部プラスすれば3年以上の歳月と100万位の資格取得のための投資が必要ですから、例え免許を取得しても、低収入で過酷な現場のバス運転手になる位ならば、それに対するインセンティブも働きません。
よって、若年層のバス運転手は慢性的に不足しているわけです。

更に観光旅行の全体のパイは縮小しているのですが、観光バス事業者は着実に増えているのです。
そうなると、運賃が下がった貸切バスと安価な募集の出来るネット環境によって、新しいビジネスが登場します。それが「都市間高速ツアーバス」と「日帰り激安ツアー」なのです。
消費者は「激安都市間高速バスツアー」で「安価な移動手段を手に入れる」という「非常に大きなメリット」を享受しましたが、その影には、見えない部分で安全性という犠牲を払っていることは十二分に理解するべきです。