8年ほど前に事務所に取り付けた、日立のエアコンが起動後しばらくするとエラーが出て止まってしまいます。
入替お検討しましたが、5.6kのエアコンは20万円近くする上、借家なので延命を図ることに・・・

起動後、室内機は問題なくルーティンをこなしているので、原因はほぼ室外機でしょう。
室外機は、RAC-AE56B2です。
1624352307919

上蓋を開けると制御基板ユニットが見えてくるので、パイロットLEDの点滅で原因を調べます。
1624352301768

基板には水漏れがあったのか腐食が見られます。ほぼ制御基板に間違いないのですが、何せ部品が高い!
1624352296912

なので、念のためモーターも点検して、線間抵抗は正常なので、犯人は制御基板に確定

一旦は組み直して、基板部品を発注です。
日立純正部品の★ パーツ・ショップ★と言うネットショップで、RAC-S56B2 PRAを17,700円、ついでに近いうちに壊れるであろうファンモーター、RAC-M28C JPLを13,306円でまとめて発注。
1624352288282

ピカピカの部品はテンション上がりまくり!
前面パネルを外して、電源コードのロックを外し、各種コネクターを復旧!
1624352278410

ユニットには新しいサーミスタ端子も入っていたので迷わずに交換です!
1624352226322

今回は雪が舞いような厳しい北向きの場所にありましたので、雨が入ったと言うより、細かいミストか粉雪の結晶が基板に入り込んだと推測して、ケーブルの全出入り口に保温材を詰めました!↓
1624352221991

内部のゴミを取り除き、組み直して出来上がり。基板取替自体は40分ほど。今回はファンモーターは交換せずに保有部品としました。

エアコンは無事復旧しました\(^O^)/
基板が高いのがネックで、基板の部品交換も考えましたが、迫り来る猛暑での社員の健康を考えてユニット交換としました。

修理分解はあくまで自己責任で!分解中はもちろん電源プラグは抜きますよ!