今年度は臨時会があったのですが、本来は新発田は年4回の定例会開催となっており、6月が年度初めての議会となり今日が初日となります。

普通ですと市長から上程される議案の説明があって、それぞれ常任委員会へ付託されて11時過ぎには終了!と言ったパターンですが、今日は補正予算のうち、国の「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」による「臨時交付金」を使って市が実施する、感染症対策や原油・物価高騰対策を少しでも早く実行するため、補正予算を分割して先行して議決しました。

臨時交付金が合計約4億1千万円で主な内容は・・・
・感染した市職員が早く復帰するための検査キット購入→約120万円
・食材高騰に関して学校や保育園、幼稚園などの給食に対する補助→約2800万円
・原油価格や物価高騰で影響を受ける市内事業者農業者に対する経済支援→約3億3000万円
・コロナ渦で影響を受けた新発田地区救急診療所の運営特別負担金→約2800万円
・生活困窮世帯児童生徒臨時給付金事業(対象児童・生徒一人当たり5万円)→約3200万円
・市街地花火を市負担で実施→600万円
臨時特別給付金事業国庫補助金
住民税非課税世帯に対する1世帯あたり10万円の臨時特別給付金・・・約1億5500万円