デスクトップのマイPCが調子悪いと妻からSOSが来てビックリ。
先日ファンを掃除しておとなしかったのに一体何があったのか???


マザーボードを眺めていると、コネクター部分が焦げているのを発見!
これって、発火事故の一歩手前ではないですか?
恐ろしいことですね〜
たぶんマザーボード側のコネクターにとなりのコイル?部品が密着していたので、それが熱を持ってプラスチック部品が焦げたようです。
その焦げのカスが接点部分に付いてしまい、電源が供給されなかった・・・
と言うのが私の予想です。
とりあえず、コネクターと密着していた部品を少し離して、金属端子を磨いてみました。


これって火事になったら大事ですけど、製造物責任って有るんでしょうか?
3年くらい固まったり、電源が入らなかったりの主原因はこれかも知れません。