koyap log

 IT , ネット , 地域情報などを基盤に展開する「あなたのきっかけを起こすブログ」  ©Copyright 2015 - 2018 koyap log.All Rights Reserved.                

  IT , ネット , 地域情報などを中心に情報発信するブログ。
 普通のブログサイトとは違う目線に立ちながら、独自に解説。
 ブログサイトを通じて、「あなたのきっかけを起こすブログ」をあり続けるために日々、精進しております。

 ※事前の承諾なく、運営者が著作権を所有しているブログ記事・写真・画像を、無断で使用した場合は、法的措置を採らせていただき、損害賠償を請求いたします。
トップページ > >

こんにちは・こんばんは。koyaです。
koyap log・koya Tripを読んでいる方々に重大発表があります。
この度、koyap log・koya Tripは、11月17日を持って、全ブログサイトを閉鎖することになりました。
それに伴い、新規Webサイトの開設とHNの改名をすることになりました。

まず、改名したHNというのは・・・、

小青』!

日本語文:しょうざお
English:ShoZao
中國:小青

で、新規Webサイトというのは・・・・、


ざおログ Zaolog ~ショウザオのライフページ~



に決まりました!(*^▽^*)

既に開設準備が整い、正式運営開始日は、11月12日。
それ以降、koyap logや私koyaが運営していたサイトの全てを閉鎖手続きに入ります。

流れとしては・・・、

重大発表 ←いまここ
◎11月12日 運営開始
◎11月17日 全サイト閉鎖


な感じです。

2015年3月に無償ブログサイトの運営を開始し、数多くの方々に出会い・成長して参りました。
しかし、西日本豪雨でブログの存在意義を痛感し、真摯に検討を繰り返した結果、このサイトの閉鎖を決めました。
このサイトを閉鎖するのは、本当に苦しい決断でしたが、これから先を見たら、livedoor blog をやっていくのは、流石に限界が来たと素直に受け止め、新しいサイトで再出発をすることになりました。
ここまで応援して頂いた方々、本当にありがとうございました。
最後になりましたが、残りの期間の間、過去の記事をプレイバックしながら、このサイトのお別れを惜しんで頂ければと思います。

では、新規Webサイトで元気にお会いしましょう!( *• ̀ω•́ )b

2018年11月7日  koyap log , koya Trip運営責任者 koya




こんにちは・こんばんは。koyaです。
今年、残すことあと2ヶ月。
平成から新しい年号に変わるまで、残すことあと半年になってしまいました。
今回は『koyap logの今後の展望』としてkoyap logの今後の展開について話して行こうかと思います。






無料ブログで3年以上運営してきたが、そろそろ限界。
PAK85_notepc20150319202127_TP_V
 私が大人の世界に入った年から立ち上げた『koyap log』。
 運営してきて、3年半以上経過しています。
 無料ブログで様々なブロガー , TOPブロガーの方々と交流し、学んできたところ、
 最初の時より、もっとネットに詳しい人材になってしまいました。 笑
 ブログを続けてきて、情報発信力言葉の意味深さを体験して、学んだことがたくさんありました。
 時には厳しい状況になったことがありました。
 しかし、無料ブログでやっていくのは、今後のためにより良いものになるだろうか。
 ホンマに無料ブログのまんまでやってきてもええだろうか。
 本気で真剣に悩み始めました。
 それがあの西日本豪雨で災害支援活動をしてきた時に抱いた不安です。
 そんな中、災害支援活動中の休みのSNSで『ミニサイトをつくって儲ける法』の著者である和田さんとネットで知り合って、この機にミニブログサイトを運営していく方法を思い浮かぶようになりました。
 ただ、以前から『koya』と名が付くブログを作成し、それぞれを特化させる作戦を展開してきたものの、どうも私の運用方法ではしっくり来なかったのが本音であり、愚痴でもあります。
でもこの話は和田さんと会う前からの話です。

 和田さんを知ったことで、大体大まかなところを認知したところ
もしかしたら、こんな自分でも運用できるんちゃう?
そこまで多くのカテゴリーを作ってもそれぞれに特化したWebサイトを作った方がえんちゃう?
 と次第に前向きに考えるようになり、実は先月辺りから
 『koyap logに残すもの
 『他のブログサイトへ移行し、今時バージョンに生まれ変える
 とカテゴリーの断捨離』と独自ドメインの取得に動き始めています。
 早ければ、今月中に完了し、来月からサイト構築の準備を移行することで方針が固まりました。






 ~これまで読んできて頂いたHN『koyaをグローバルに対応したHNを。
friends-3408314_1920
 次第に大人度を増やしていくと、次第に海外の方々と交流するようになりました。
 その際に一番問題視されたのは『HN(ハンドルネーム)が言いにくい問題。
 どうやら、私のHNの『koya』というHNはどうやらとても言いずらいと中華圏や英語圏の方々から指摘を受けました。
 更に中華圏の方々との交流がとても盛んになり、私がこれまで積み重ねてきたカメラの腕前が徐々に認められるようになり、中国在住の友人主催のイベントの招待者として中国へ来てもらおうとのオファーが来るようになりました。
 残念ながら、当時の私はパスポートを持っていない関係でその話が保留となりましたが、HNの限界も次第に感じ取るようになりました。
 そこで日本語を含めた新しいHNを今月中旬に発表することに決定しました。
 旧名から新名に変えることはこれまでのイメージの刷新を意味するので、前よりも一風名前で活動をしていこうかと存じます。







 ~あれこれ進んできているけども、私は元気です
water-3775452_1280
 ブログの更新頻度が少ないのは、西日本豪雨での災害支援活動で溜まってきた疲労が病気レベルまで悪化してきており、『慢性疲労』や一睡もできない『不眠症』も発症してきており、この頃ネットと離れる機会が多く、いつの間にかブログを更新するのを忘れていました。
 でも、あれこれブログの更新頻度が低下してきているものの、私は元気で活動しています。
 疲労感をなくし、通常まで戻すのは時間との闘いになるけども、マイペースで質が高いブログ記事をより多く作り上げ、より多くの方々に読んで頂けるように改善してきて参りますので、応援のほどよろしくお願いします。








 ~koyaの今日のまとめ!
DSC06792-min
 こんなに1コマにたくさんの文字を打ち込んでいくんは、西日本豪雨が発生する以前なので、かなり久しぶりではないでしょうか。
 たくさん文字数が多いのは、これまで書きたい・伝えたい気持ちがきっとたくさんあったのではないかと思います。
 ボチボチですけども、たくさんの凄い人に囲まれて成長してきた私にお疲れ様』と言いつつ、来年1月からスタート切れるように準備と段取りを進めていこうかと存じます。


 では!See you!

こんにちは・こんばんは。koyaです。
西日本豪雨発生から、3ヶ月経過しました。
私が今でも関わっているボランティア団体は、今日も被災地で災害ボランティア活動へ行っています。

しかし、3ヶ月経過したから言える真実が浮かび上がってきたので、今回はそのことについての報告したいと思います。














 ~毎日、被災地入って思うこと。
 high-water-392707_1920

災害ボランティア活動を毎日、やっていくと被災地の状況と厳しい現実が浮かび上がっています。

まず一つ感じることとしては、『まだまだ支援が必要な現場がある』っていうことです。
既に、生活再建の道を歩んでいる被災者の家庭があるものの、定年退職後の家、年金生活を送っている家などの特に『65歳以上のご家庭』が特に生活再建や片付けが終わっていないリアルが実際に山ほどあることが明らかになっております。

















 
 ~『災害発生から3ヶ月』は、被災地の風化が本格的に動く事実
 yun_9613
 Photo by (c)Tomo.Yun

災害発生から3ヶ月経過し、災害発生からの報道が急激に経過し、継続的に被災地の情報を発信しているマスコミがあまりにも減っている事実があります。
今は北海道地震で大きく報道されている実情があるものの、被災地を寄り添う報道が今後、最重要課題になることは間違いありません。















 ~今でも、被災地に入るボランティアのの数が不足している事態が起きています。
 round-leaved-bellflower-1576086_1920

本音の話、災害ボランティアをしているボランティア参加者が時間と共に、減少してきています。
倉敷市災害ボランティアセンター 公式Twitterで毎日、参加人数を公表していますが、災害発生時から比較すると、8割ほど減っており、西日本豪雨の風化が急激に進んでいます。
本当の話、災害ボランティア参加が今、必要とされている事実です。













 ~災害ボランティアは初めてだけども、本当に参加しても邪魔にならないの・・・?
 upset-2681502_1920

正直申し上げると、災害ボランティアやボランティア自体が初めてで、本当に参加しても邪魔にならないか。
本当に不安を持たれている参加者の生の声をよく参加者との雑談でよく聞きます。
それは確かに分かります。
私も今回のボランティアは初めてです。
でも、実際の話、邪魔になりません。
逆に今、被災地には多くのボランティアが必要ですし、災害ボランティアのみからず、医療ボランティア、イベントを運営するボランティアの確保が今、最重要課題となっているボランティア団体が急激に増えている事実があります。
なので、実際に行って、邪魔になることはまずありません。



















 ~災害ボランティア・ボランティアに参加する上で重要な保険『ボランティア保険
 family-3501026_1920

こう言った被災地でのボランティアは、危険との隣り合わせの活動となるので、万が一の備えが必要です。
この時に必要となるのは『ボランティア保険』です。
ボランティア保険に関しては、下記のリンクからご覧頂くことがベストですけども、より細かいことを聞きたい、ボランティア保険に入っても不安だらけで心配と思っている方がいらっしゃるかと思います。
そんな時には、各自治体に必ず、『社会福祉協議会(しゃかいふくしきょうぎかい)』がありますので、迷ったらまず社会福祉協議会に相談することをお勧めします。
 

















 ~報道が減っても『個人メディア』が被災地のリアルを伝える出番になる
 smartphone

 画像元:Line illustration labo

実際のところ、マスコミが被災地のリアルを報道しても、きめ細かい事実を発信していない事実もあります。
その時に活躍されるのは『個人メディア』です。
個人メディアとは、私たち個人が実感したことなどをFacebookやTwitter、ブログ、Youtubeで被災地のリアルを継続的に訴えなければなりません。
なので、被災地でボランティア活動をした際には絶対にSNSなどで報告した方がベストです。

















 ~最後に
 family

 画像元:Line illustration labo

あれから3ヶ月、私は毎日現場に入り、被災地が復興している姿を身近に感じている立場にいます。
ブログでは語りきれない『被災地のリアル』がありますので、是非一人でも多くの支援やボランティア参加者が本当に必要ですので、もし被災地へ継続的に支援やボランティア休暇を使ってボランティアできるサラリーマン・経営者の方、定年退職後、やることなくて何か手を付ける方々。
どんな方でも大歓迎です。
ひとりでも多くの支援、ひとりでも多くのボランティア参加が必要です。
ご協力ほどお願い申し上げます。
















 ~koyaの今日のまとめ!
被災地に入り、益々ブログを更新する暇がなくなりつつあるものの、私は元気で活動しています。
今後、被災地やその周りの自治体を訪問し、近々周辺自治体を紹介、被災地のリアルを伝えていき、助け合える世の中・若い世代が地元にとどまって、誰でも輝ける社会に変えていきたい。
そんな思いで、毎日、被災地へ入って活動しています。
皆様の暖かい支援・ボランティア参加をお待ちしております。







OY151013489738_TP_V


 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 ここ1週間、インフルエンサー級の影響力があるプロブロガー間で、Googleのガイドラインを反する行為をしているとの外部からの告発で、ブロガー界で大きな騒ぎとなりつつあります。


 私の周りにも、ブログで飯を食べる方々やブログで得た収入でサイドビジネスをしている方々のつながりがあり、その話はすぐに入ることがあります。


 今回は警告喚起を含めて、皆さんにお伝えしますので、最後まで読んで頂き、この記事を拡散・シェアをすれば、この記事の良さ・大切さ・重要性に気づいて、一人でも多くの方々がこの行為を辞めて頂き、健全かつ的確な情報発信に努めれば幸いです。










 〜プロブロガーはもはや、インフルエンサー同様の扱いに相当する

 近年、インスタグラマーやYouTuberなどのネットにある広告やスポンサーで得た収入で生活している方々が大量に生まれる世の中になりました。

 その先駆けにあるのは、ブロガーというブログの広告収入で得て暮らしている人々です。

 インフルエンサーは、インスタグラマー, YouTuber , プロブロガーに当たるネットの世界で影響力がある方々を示しても当然のことです。












 〜プロブロガー界で起きている違反行為「有料リンク

 しかし、ここ1ヶ月の間にとある違反行為をしていることがあります。

 それこそが、ブロガー界で騒ぎとなっているスポンサーと名前を書いている「有料リンク」です。

 この行為は、検索業界でトップで君臨しているGoogleのガイドラインに違反しており、Googleからのペナルティ(制裁)を下すと思われてます。

 私の調べによると、一番恐ろしいペナルティが「手動ペナルティ」と言われ、いくらやってもその行為をやり続けたら、Googleからの検索順位の圏外化・インデックス削除などのより厳しいペナルティ(制裁)を下すと言われています。

 詳しくは、下記のリンクからご覧下さい。


 ⇒スパム、有料リンク、マルウェアを報告する / Google








 〜私が参加している月1回のブロガーオフ会の参加者に有料リンクをしている方がいる。

ookawa422IMGL8115_TP_V


 はっきり申し上げると、私がこれまで参加して来たブロガーイベントの参加者の一人で、有料リンクを頻繁にやっているブロガーがいることは事実です。
 ただし、他のブロガーの深刻な影響を及ぼすので、名前を伏せておきます。

 もしこの行為を真似する・インスパイアする方々が発生したら、間違いなく大変な騒動になることは、間違いありません。

 一人ひとりの呼びかけ声かけをしない限り、この行為は、繰り返されます。

 本当に皆様方からの呼びかけが極めて重要です。











 〜協力し合って、撲滅しよう!「#STOP有料リンク

pose_tomeru_keibiin

 

 この呼びかけ活動は、私ひとりでの力では全く歯が立ちませんし、プロブロガーの古城を壊すことができません。

 しかし、一人ひとりの協力で「有料リンクをしては本当にやってはいけない。」との呼びかけましょう!

 ブログからの参加は、記事タイトルの前側に「#STOP有料リンク」をつければ、この活動に参加・賛同することができます。









 〜koyaの今日のまとめ!

 『プロブロガーが言っているからその通りだ!』 と認識するのは、本当に危険です。

 素人だと、プロブロガーの情報から取ることが極めて多いから信じ込む・鵜呑みすることがあるよくあるからです。

 しかし、プロブロガー自身も人間です。

 誤った行為をするのは当然です。

 でも、ブログで食っていく為には、その行為をするのは、当然のことなんです。

 Googleでは違反だけども、プロブロガーの『暗黙の了解』でそれを『やってもいい』と認識しているから、有料リンクが繰り返されるからです。

 それを阻止する為には、一人でも多くの「#STOP有料リンクの賛同が必要です。

 ブログやSNSの身近なものでも参加できるので是非、参加をお願いします。


 では!See you!



gunma-IMGL5939_TP_V



 こんにちは・こんばんは。koyaです。
 先月上旬から更新を止まってしまい、誠にすみません。
 ようやく、ボランティア活動事態が落ち着いてきて、ブログを更新する余裕を生まれたので、
 今回は、災害発生から今日にかけてのことをリアルにお伝えしようかと思います。














 ~真備町の災害は、小田川の決壊による水害。
PAKS_aozoratosupika_TP_V (1)

 既に被災地の詳細が明らかになってきており、被害が途轍もないことがお分かりかと思います。
 私はこの真備町に友人がおり、友人が住んでいた建物。
 友人の実家も全て増水した川の餌食になってしまい、幸いにも命だけは助かりましたけども、家財道具や移動手段となる車や自転車なども失いました。
 私が住んでいる地域は、それ程被害がなかったものの、友人が住んでいる地域全体がこれほどひどいことは、大変驚きました。













 ~ボランティアはいつでも賛否両論がある
ookawa422IMGL8107_TP_V

 災害発生してすぐ、民間ボランティア団体へ入り、数日後にその団体の代表を支える『運営スタッフ』として、日々団体を支える活動を続けています。
 しかし、ボランティアをするのに様々な方々から意見があり、中には私に向けて誹謗中傷する方もいました。
 でも、人生で一度も災害ボランティアをしたことがない人物があーだこーだ行っても、情報が混乱だけです。
 私はそんな方々に信用しても無駄になることを即座に判断し、災害から4日後に民間ボランティア団体に入りました。
 ~長期的な支援が必要
youDSC_0057_TP_V

 私は主に被災地での支援活動拠点維持活動
 団体で必要な書類などの作成をしたりして、業務をやりながら、現在の活動をやっています。
 ですが、今回の被災地での支援は本当に長い間の支援が今後、必要になることは間違いありません。
 地域によっては、生活再建を進んでいるところ・これからガレキ撤去をやっていく。
 ガレキ撤去を地道に進んでいるけども、いまだに終わらない。
 そうすると、地域で必要な支援や持続可能な支援も今後、必要となります。

















 ~ブロガーとしてできることはあるじゃあろうか。
gorisanIMGL9690_TP_V

 私達ブロガーは、情報収集と情報発信が得意としており、被災地の何かの支援がきっとできるはずです。
 でも実際にブロガーとしての被災地支援は何でしょうか?
 一つ考えられることとしては、被災地の観光地を応援する取り組みです。
 私が住んでいる地域『岡山』『倉敷』の主要観光地『倉敷美観地区』『岡山後楽園』『岡山城』の観光客数が劇的に減少している事実があります。
 このようなことは『風評被害』です。
 今回の場合、『倉敷=被災地』『岡山=被災地』と日本人が勝手に認識してしまい、『今月、観光目的で岡山に行く予定があったけども、被災地じゃあし、行っても邪魔になる。 自粛しよう。
と心理的に働き、これまで来ていた観光客が他の観光地に行ってしまうことがよくある話だそうです。
 でも、岡山・倉敷の主要観光地の被害が少なく、ピンポイントの地域で集中的に被害を受けているので、特に観光する際の影響が本気でありません。
 本当にありません。
 
 しかし、日本人は自粛することが『美学』と認識している方々が圧倒的に多いのは非常に残念です。
 その時にブロガーとしての役割の本領発揮する時です。

 ブロガーは情報収集・情報発信は一般的な消費者よりも優れているところがあります。
 ブロガーが実際に被災地へ行って、リアルな観光地の状況を伝えることにより、よりリアルな情報を消費者がキャッチし、また観光地に訪れるようにあれば、なお素晴らしいことです。
 ですので、より積極的にブロガーなどのネットで活躍する方々がもっと被災地に寄り添う取り組みをすれば、風評被害を抑える特効薬になるかもしれません。
 実際にやってみないと分からないころですので、やるしかありません。
 いつ発信する・・? 今でしょう!
 ~今後のブログ更新について
IMARIC20160805210023_TP_V (2)

 今後のブログ更新につきましては、これまで通り更新していきますけども、よりピンポイントな情報。
 何よりも情報が欲しい方々をターゲットに情報発信する取り組みをしていきます。
 ブログと他にカメラでの取り組みにつきましては、少しずつですけども、ボチボチやっていこうかと存じます。













 ~koyaの今日のまとめ!
aozora0729IMGL8759_TP_V

 ボランティア活動は、今後、必要となります。
 いつどこで災害が起きるのがおかしくありません。
 その時のブロガーとしてできることを本気で考えてもらい、自分たちでできる被災地支援を検討し、被災地を寄り添ったアクションを起こして頂ければ、より被災者が喜び、復興への第一歩を進むことができたらと思います。
 私は、これから先、被災地を寄り添った活動をして参りますので、応援のほどよろしくお願いします。


 では!See you!

 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 未だに『フリーWiFi迷いの森』に迷い込んでいる今日。

 場所によっては、人手の少ない時間帯に来ても提供している回線が激遅い・・・。

 岡山駅から徒歩圏内で、回線が非常に快適だけども、機種によっては接続の相性が悪すぎたりするところも存在します。

 岡山でベストなフリーWiFiを出しているところとなれば、岡山一番街にある『スターバックスコーヒー』とイオンモール岡山にある『タリーズコーヒー』『スターバックスコーヒー』やイオンモール岡山が提供するフリーWiFiしかありません。

 

 そんな中、岡山市北区清輝橋にノマドワーカーやフリーランス。ブロガーなどの方々のオアシスにして貰おうと動いている『カフェ&バー』が最近出来ましたので、早速そのお店へ行き、実際にWiFiの掴み具合や提供している回線の速度などをレポートしてきたいなと存じます。

 




 

 ~シェアハウス『ギークハウス』が運営するカフェ&バー『もくもくガレージ

P1300153

 岡山電気軌道清輝橋線の終点『清輝橋』から徒歩5分にそのお店があります。

その名も『カフェ&バーもくもくガレージ』。

 店の外観はこんな感じ。

P1300149

 建物自体がとてもレトロチックで良さそうですけども、店自体はそこまで大きくはありません。

 このお店の閉店時間が23時までとなっていますが、お店周辺に街灯が少なく、一通りが非常に少ないところにお店がありますので、もし女性一人で来店する際には、不審者によるストーカーなどの最新の注意を払いながら、お店に来ることをお勧めします。

 













 ~全ての席にコンセントあり。 ただし、席数はそこまで多くはない

P1300140

 残念ながらお店の内部についての写真がありませんけども、全ての席にコンセントが必ずありますし、最近の流行りである『スタンディング』。

 いわいる、立って作業するスペースもあります。

 座って作業するよりか、立ってサクッと作業して、サッと店から出るスタンスを取るのであれば、全然問題がありません。

 








 ~クレジットカード決済不可。 全て現金払い。

 『もくもくガレージ』を見て、一見『キャッシュレス化』が進んでいるイメージがあるかと思いますけども、残念ながらこのお店は『クレジットカード決済が対応していません。 全て現金による決済が基本となります。

 そこら辺は、マイナスポイントですね・・・。

 














 ~繋ぎやすさは良い。 けども・・・?

 奥のカウンターの手前側にWiFiSSIDとパスワードがあります。

 このような形式であれば、気軽に接続することができますね。

 繋ぎやすさはいいものの、問題が回線の速度。

 私の場合、ブログの更新やオンラインストレージにアップする画像。

 YouTubeの動画のアップロード。 そして、ネットサーフィンやSNSの閲覧や投稿などが全て問題なくできれば、リピート確定・・・なんだけども、残念な結果が出ました。

 

 『上り:1.42Mbps

 『下り:5.21Mbps

 

 正直この数字を見て、「そりゃそうだよな・・・・。」と思ってもおかしくない数字が出ました。

 何故ならば、ブログの更新をする際の写真のアップロードが激遅い・・・。

 それと同時にSNSで投稿されている文字なら読めるけども、画像が全く読めれず・・・。

 YouTubeの動画閲覧もままならないほど視聴するには困難すぎるぐらい酷かったです・・・。

 











 ~回線の速度が最悪でも、店員の対応力は良好。

 流石にショックが大きすぎて、普通にテザリングして作業をしたものの、店員さんの親切な対応は素晴らしいです。

 ここは大きなプラスポイントですね。

 

 














 ~総合的に正直、中途半端かな・・・。

 『もくもくガレージ』を実際に行ってみて、雰囲気・店員の対応力としては良かったものの、作業がままならないほど回線の速度が激遅かったので、このお店に作業場として使うのは、中途半端すぎるぐらいイマイチでした・・・。

 キャッシュレス化が進んでいるものの、全て現金決済というのもマイナスポイントですので、それだったらスタバでゆっくり作業した方がよっぽどいいと正直思いました。

 

 








 ~もし『もくもくガレージ』に改善策を提案するのであれば。

 もし私が『もくもくガレージ』に改善策を提案できる機会があるのであれば、下記の項目で提案するかと思います。

 

 回線の速度の安定化と速達化

 ・キャッシュレス化の推進

 ・誰でも自由に入店できる店作り

 

 最初の『回線の速度の安定化と速達化』『キャッシュレス化の推進』は、マイナスポイントから出したものですけども、店の外観が誰でも自由に入店できる雰囲気ではないと受けたので、もっとラフで席のお隣さん同士でコミュニケーションが出来る雰囲気作りを提供して欲しいなと思い、『誰でも自由に入店できる店作り』を追加しました。

 それさえクリアすれば、リピートがもっと増えるのではないでしょうか?

 

 











 ~koyaの今日のまとめ!

P1300154

 岡山駅から路面電車でゆったり乗って、終点から徒歩で店に向かいますので、岡山駅から激近とは言い切れないものの、大人の雰囲気を演出しており、ちょっと敷居が高いけども、勇気を振り絞って入店すれば、そこは不思議な雰囲気で作業ができる『新鮮さ』を味わうことができますので、良かったら是非行ってみてはいかがでしょうか?

 

 では!See you


ookawa422IMGL8115_TP_V



 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 ここ最近の中国では、QRコードの普及が爆発的に進め、今では日本より遥かに速いスピードで『フィンテック』が進んでおります。

 私も最近の『フィンテック』という言葉を昨年頃からよく聞くキーワードとして、よく経済新聞系の月刊誌や雑誌。ギズモードやITMediaなどの情報サイトなどから情報をかき集めて、理解を進めている最中ですけども、よくよく考えれば、日本ってそこまで電子決済を推進しておらず、むしろグローバルから亀のような普及具合で大分遅れすぎていると感じる部分を目の当たりするですよね。

 

 今回は日本が益々、電子決済が普及しない理由について話を進めていきたいと存じます。

 

 










 

 ~独自規格が大好きすぎる日本人が起こしてしまった弊害

shopping_denshi_money


 日本には『おサイフケータイ』『電子マネー』『ICカード』が既に根付いているですけども、どうも使いづらいところがあります。

 例えば、日本全国に展開している総合スーパーの『イオン』。

 基本的にイオンで使える『WAON』『WAONポイント』が使えるのはもちろんのことですけども、他にもイオン系列『ミニストップ』もイオン独自の電子決済を利用することができます。

 他には、日本全国に展開しているコンビニ『セブンイレブン』。

 セブンイレブンにも、7 & i ホールディングスで使える『nanaco』が基本となり、非常に狭いエリアしか対応していないのが事実です。

 よくよく考えると、日本全国にはたくさんの電子決済が存在するけども、どうも統一感をしたくない傾向があります。

 その背景には『独自規格』という罠で上手く電子決済が進んでいない背景があるからです。

 おサイフケータイは『NFC Type-F』で対応するところであれば、基本的に使えます。

 しかし、この規格というのが『日本独自』と言われており、世界では『NFC Type-A』『NFC Type-B』のNFCであれば日本以外の全世界であれば、十分使えることができますし、これが世界のスタンダードであり、世界の電子決済の『当たり前』です。

 このように日本では、世界共通規格を導入しようとはせず、日本の消費者にフィットする独自規格を導入することにより、他社からの独自規格から入れないように防いでいます。

 そうなると、電子決済を進んでいる消費者から見ると、それが弊害となり、益々電子決済の普及が遅すぎる国 日本が誕生してしまったかもしれません。

 









 

 ~SIMフリースマホの爆発的普及で電子決済が普及しない背景も。

kawamurakaisatu_TP_V


 これも電子決済が進まない最大の理由として挙げられますけども、ここ数年間で大手キャリアからガラケーを排除し、ガラホとしてシフトしている動きがあるものの、大手キャリアのスマホに必ずある『おサイフケータイ』と海外からやってきた『SIMフリースマホ』の爆発的普及で電子決済が普及しないどころか、『おサイフケータイ』がある or ないスマホの2種類に分かれており、世界共通規格の電子決済がなかなか日本に浸透しない背景もあります。

 ようやくになって、日本マクドナルドが世界共通規格の電子決済の導入を進めているとの報道があり、もしこれが大成功に繋がれば、世界共通規格の電子決済が日本でも成功する余地があると認識してもおかしくはありません。

 

 









 ~そもそもおサイフケータイがあるせいで既に日本で電子決済が進んでいると結論付けている背景も。

blackmanday0I9A1319_1_TP_V


 少なからず、これには大いに同意するけども、おサイフケータイが日本の電子決済として広く普及していることにより、世界共通規格の電子決済が不要と考えている方も少なからずいるかもしれません。

 ですけども、日本独自の電子決済『おサイフケータイ』で既に日本にはおサイフケータイが普及しているから必要ないと考えては、既に誤った認識『誤認している』と思っていただいてもOKです。

 世界には世界のスタンダードというものが存在し、世界各国がその規格をしっかり活用し、次への消費に繋げるきっかけ作りに最適だからと私は認識しております。

 











 

 ~結論】おサイフケータイよりも『NFC決済』で十分日本での普及にすることは間違いない

kaisatuiphone_TP_V


 おサイフケータイ搭載のSIMフリースマホが非常に少ないのは、機種変更して変わったスマホに乗り換える方々には、かなりの弊害につながりかねないですけども、もしおサイフケータイが世界共通規格の電子決済の併用を認めるのであれば、相当なる電子決済の流れが生まれるかもしれません。

 なおかつ、世界共通規格の電子決済を日本でも爆発的に増やす取り組みを進めるのであれば、益々日本のデジタル消費者が率先して取り組み、その取り組みをしている様子を見た方々がこの世界に孤独になりたくない方々が見様見真似で電子決済を率先して取り組み『良い好循環』を生まれる可能性があるかもしれません。

 

 

 










 ~koyaの今日のまとめ!

cancanIMGL1583_TP_V


 今回は電子決済についてお話を進めてきましたけども、誰でも簡単に電子決済を始めることができることは間違いありません。

 それに電子決済で蓄積したデータを元に新たな商品開発につながり、これまで想像つかなかった商品を私たち消費者が驚く日がきっと近づいているかもしれませんね。

 

 

 では!See you



P1060389




 ※拙ブログはALIENWAREアンバサダープログラムに参加しています。

 ALIENWAREは、DELL株式会社のゲーミングパソコンブランドです。

 

 



 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 この度、『ALIENWARE アンバサダー限定 ALIENWARE体験モニター』という『アンバサダー限定体験モニターの企画がありまして、ダメ元で応募してみた結果、『ALIENWARE13 【ネモ選手使用】スプレマシーモデル・有機ELVR』の体験モニターに無事当選したので、先月末にモニター機がやってきました。

 

 今回は主に開封の儀と『ALIENWEAR』とはどんな特徴を持ったパソコンブランドなのかをちょこっとお話をしてから本記事を終えたいなと思います。

 このモニター機の貸出期間が長めとお聞きしたので、12週間ぐらいですけども、使用感レビューとして再びお伝えしようかと存じます。

 

 















 ~圧倒的存在』と呼ばれることが多いDELLのゲーミングパソコンブランドALIENWEAR

今回お借りしたモニター機は『ALIENWARE 13 【ネモ選手使用】スプレマシーモデル・有機EL VR』というモデルでして、最近熱いキーワードと言われている『eスポーツ』と言われる競技に参加している『プロゲーマー』が使用しているパソコンのモデルと言われております。

 

 その他にもYouTuberのカズさんが使用しているゲーミングラップトップもこのALIENWEAR17インチモデルを所有しており、今回の大きさの『13インチモデル』は、YahooJapanに所属しているカズさんの弟とサンフランシスコ在住のVloggerドリキンさん(@drikin』も13インチモデルを持っています。

 

 それらについては、下記の動画から参照して頂ければ幸いです。








 

 











 ~早速、開封。

 簡素な梱包から遥々、東京からやってきたモニター機。

 外観を見る限り、相当使い込んでいるように見受けられるけども、それは仕方がないです。

 

P1060387



 簡素な梱包材を綺麗に省くと、ALIENWEAR特有の黒い箱が登場しました。

 

P1060389

 

 そして、黒い箱の取っ手側から開けると、本体登場です。

P1060392









 

 

 ~付属しているもの。

 

 黒い箱にある付属品は下記のとおり、

 

 ・スタートアップガイド

 ・簡単な説明書的な紙

 ・本体

 ・ACアダプター

 

 以上の4点です。

 

 

P1060393

 

P1060394

 





 

 ~本体外観を見てからのファーストインスピレーション

最初に持ってからまず思ったことは、『13インチなんだけども、本気で重たい。』のが最初のインスピレーションです。

 ただこのようなゲーミングラップトップPCとなれば、十分軽い部類と言われています。

 あと、USB Type-C端子が2つあることが大きいですし、フルのHDMI端子が1つ搭載されていますし、全体的なスタイリッシュなデザインは、とても好印象で素晴らしいです。

 

 




デル株式会社







 ~今後のモニター機の展望。

 モニター開始時期が丁度、真夏日が続く頃にやってきたので、エアコンがない部屋でのレスポンスとエアコンがある部屋とのレスポンスの違い。

 BlackMagicDesign社が提供しているソフトウェアがしっかり動作するかどうかなどをしっかり検証を実践的にやってみようかと存じます。

 

 













 ~koyaの今日のまとめ!

 今回は非常にシンプルで終えましたけども、久々のパソコン本体のレビューかつ、初めてのゲーミングラップトップPCのレビューなので、思う存分楽しみながら検証しつつ、真夏日が続く時期でも十分発揮できるパソコンであるかどうかを実践し、皆様に分かり易いかたちでお伝えできたらと思います。

 そうみれば、本当にでかくて重たい。 笑

 

 

 では!See you


150906123959_TP_V


 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 最近、近場で大きな地震が多発しており、私が住んでいる地域でも『震度3以上』の地震を複数経験することがよくあります。

 そうなると、電話の通信網や電気 , 都市ガスなどのライフラインが一時使えなくなり、過酷なサバイバル経験をしてストレスを溜めることはありますでしょうか?

 

 そんな中、2018628日の警視庁警備部災害対策課 公式Twitterで『水でカップ焼きそばを作る方法』という形で投稿され、巷で話題になっております。

 丁度私の手元に『カップ塩焼きそば』がありましたので、今回は実際に作れるかどうかを検証してみました。

 





 






 ~今回の検証するカップ焼きそば

 焼きそばは様々な種類がありますが、今回は下記のカップ焼きそばで検証してみたいなと思います。

 

 


 











 ~検証元になった警視庁警備部災害対策課 公式Twitterの投稿


 これが今回の検証元になった警視庁警備部災害対策課 公式Twitterの投稿です。




 

 内容を見る限り、麺が浸かる程度の水を注ぎ、20分待機し、普段通りに水を処分し、最後に付属の液体ソースをかければ完成。

 

 ・・・だそうです。( ←ホンマかいな?  )

 

 疑っても仕方がないので、実践!

 










 

 ~完成した時の見た目

P1060334


 お湯で作るカップ焼きそばとは違い、湯気がないので子供でも作れます。

 お湯で火傷を負うと、大惨事になりかねませんからね。

 20分待機し、カップ焼きそばの手順通りに水を処分したのですけども、いつもの焼きそばよりも若干、麺の輝きが減った(?)ような気がします。

 見た目は、全く問題ない感じです。

 














 ~気になるお味は・・・?

P1060340


 カップ焼きそばは、熱々のうちに食べることが祝福の瞬間ですけども、水で作ったカップ焼きそばの味はどうでしょうか?

 試しに一口。

 

 『・・・・。(試食中)

 

 実際に食べてみての感想としては、20分ピッタリにしても、所々で麺がふやけていないところがあったものの、味としては少し濃厚になった感じになったのかな? と分かりました。

 正直、色々と心配だったので、『七味唐辛子』『ラー油』を追加で入れて食べてみたところ、麺の暑さで辛さが増すようなことがなく、案外と美味しいので、他の焼きそばでも検証してみたくはなりました。




 











 ~意外と簡単に作れるけども、待つのに少し億劫のであれば、お湯で作った方がええかも。

food_cup_yakisoba_boy

 今回、検証した『水で作ったカップ焼きそば』ですけども、電気 , ガスを使わず、『カップ焼きそば』が作れることは、非常に有り難いことですよね。

 でもこの方法は、災害時での食事の時に役立てるので、災害が起こりやすいこの時に『水で作るカップ焼きそば』を作ってみるのは『アリ』だと存じます。

 

 










 ~koyaの今日のまとめ!

dandaIMGL4993_TP_V

 案外簡単に作れて、誰でもすぐに実践できることが実証されました。

 でも日常的に作るものではなく、万が一ライフラインが使えなくなった時の応急処置みたいなものですので、あくまでも日常的に検証される方は『自己責任』で実践してみるのはいいかもしれませんね。

 この時期ですと、子供達が夏休みに入りますので、自由研究で『電気 , ガスがない時に使える実践術』として親子でトライしてみるのは面白そうですね・・・!

 

 

 では!See you

 



XEN7615002_TP_V


 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 最近になってから、ミラーレス一眼を使う頻度が減り、写真機として使っている『SONY α77』。

 デジタル一眼カメラの中級機で『センサーシフト方式の手ぶれ補正を搭載。

 なおかつ、現行のSONY Aマウントの他に『コミカミノルタAマウント』『ミノルタAマウント』の中古レンズがしっかり動作するので、相当素晴らしい散財したのではと実感しております。


 そうとなれば、『中古レンズをしっかり物を見ながら探したい』というが生まれ、わざわざ新幹線や飛行機で大阪・東京の中古カメラなどを取り扱う専門店へ行くよりか、近場で中古レンズを探すことができる店舗を調べてみたら、北区表町にある『アサノカメラ』というカメラ屋がネットでヒットしたので、実際に行ってみて、ミノルタ / コミカミノルタAマウントのレンズを探してきたことをレポートしてきたいなと存じます。

 







 











 ~新品・中古カメラを取り扱う専門店はなかなかない。 むしろ少ない。

MOK_konicanoretoronakamera_TP_V


 以前に大阪梅田にある『八百富写真機店』へ行ったことがあるけども、大阪には数多くの中古カメラやフィルムカメラを取り扱う専門店が多い。

 特に『カメラのナニワ』の本店が構えており、ここもレンズ沼 , カメラ沼に陥ってしまいそうな『沼スポット』が数多く点在しています。

 

 しかし、岡山の中古カメラを取り扱っている専門店が少なく、郊外にあるチェーン店のショーケースにちょこっとだけ展示しているだけで、どれも中古レンズを探すのに、一々自動車や自転車で乗り回す時間の余裕がありません。

 他にも岡山駅から徒歩圏内にある『ビックカメラ岡山駅前店』の3階にある『ソフマップ』も最新モデルの型落ちから10年昔の中古カメラがあります。

 しかしここはあくまでも『デジタル』。

 フィルムカメラを撮るようなレンズがたくさんあるわけでもなく、もっとカメラの趣味を楽しむには不十分すぎるぐらい面白みがありません。

 そんな時に目を引くのが北区表町にある『アサノカメラ』です。

 

















 

 ~天満屋から数秒したところにある『アサノカメラ』。



 岡山のもう一つのバスターミナル『天満屋バスターミナル』からほど近く、表町商店街の通りにある『アサノカメラ』。

 新品カメラの展示もありますけども、フィルムカメラのボディや中古レンズが山ほど展示されており、まさに『岡山のカメラ沼・レンズ沼の聖地』と言っても過言ではないクラスの品揃えを誇ります。

 私が来店したのが平日の午後。

 入店してくる方々は少ないものの、プロアマ問わず、様々な要望を持ったお客さんがやってきます。

 若い店主の話いわく、じっくりレンズを探すのであれば、平日。

 さくっと探してさくっと買うのであれば、休日をお勧めします。 とのこと。

 非常に優しく、専門性が高いカメラについての相談を軽々と回答してくれて、勉強になったり、初耳なことを学ぶこともちらほらあります。 笑

 








 

 








 

 ~量販店より先に最新モデルのカタログを頂くこともできたりする。

001Mizuho7103_TP_V


 元々私が『アサノカメラ』へ来店した理由が2つ。

 

 1つが『中古レンズを探すこと。

 2つが『X-T100の実機のタッチ&トライをすることと、そのカタログを手にい入れること。

 

 都内であれば大手量販店やメーカーのショールームで体験できたりするけども、政令指定都市である岡山市にある量販店で、最新カメラを実機を触ることはなかなか難しく、中判ミラーレス一眼カメラの実機を触ることは、まあ『無理』であることが事実です。

 しかし、アサノカメラは、昔からカメラ専門店を営んでおり、今でも若いお客さんがフィルムカメラのボディやレンズを求めて来店することが多く、時期さえ良ければ『中判ミラーレス一眼カメラのデモ機を触らせて頂くことが出来るそうで、私が来店した時に若い店主とカメラについて相談していた時に『FUJIFILMの中判ミラーレス一眼カメラが拙カメラ店で短期間だけ、メーカーから貸してくれたのですけども、あれは個人の趣味で使うような大きさではない。 笑 』と苦笑いで話されていました。

 

















 

 ~2軒隣のお店もカメラ屋



 アサノカメラからシンフォニーホール方面へ向けて2軒隣のお店もカメラ屋さん。

 アサノカメラのショーケースよりもかなりゆとりを持った配置で『フィルムカメラ』を展示しており、まだ店舗に入ったことがないけども、雰囲気としては良さそうでした。

 もしかしたら、アサノカメラ同様に若い店主の方々が経営しているかもしれませんね。

 


















 

 ~koyaの今日のまとめ!

5D0I9A3686_TP_V


 岡山は意外と不便なところがありつつも、地域密着型の店舗が多いのがこの岡山の街の良さだったりします。

 今回は『カメラ』について取り上げましたけども、このような地域密着型の商店が年々減少傾向にあるとアサノカメラの店主が言っておりました。

 これからフィルムカメラを愛する方々が増加傾向にありますから、そのお店でレンズやカメラを買うことに意義がありますから、大事に残してあげたいものですね。

 

 では!See you

 

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

↑このページのトップヘ