koyap log

 IT , ネット , 地域情報などを基盤に展開する「あなたのきっかけを起こすブログ」  ©Copyright2017 koyap log.All Rights Reserved.                

  IT , ネット , 地域情報などを中心に情報発信するブログ。
 普通のブログサイトとは違う目線に立ちながら、独自に解説。
 ブログサイトを通じて、「あなたのきっかけを起こすブログ」をあり続けるために日々、精進しております。

 ※事前の承諾なく、運営者が著作権を所有しているブログ記事・写真・画像を、無断で使用した場合は、法的措置を採らせていただき、損害賠償を請求いたします。

 
 
 
 
 
 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 新型iPhoneとAppleWatchである「iPhone 8 / 8 Plus」「AppleWatch Season3」。

 この時期になってスマホの2年縛りが解くユーザーが多くいらっしゃるので、
 今回はどこのキャリアに買い替えば良いのかをご紹介しようと思います。
 あくまでも個人としての意見なので、参考程度で聞いて頂ければ幸いです。










 ~日本国内の大手キャリアは3つ。

 日本国内の大手キャリアは「NTTdocomo」「au by KDDI」「Softbank」の3つ。

 近年では大手キャリアの回線を借りて通常のキャリアから格安で契約できる「格安SIM」などがあります。

 私は約3~4年前にNTTdocomoを。
 今年3月から格安SIMのLINE Mobileなどの2回線を契約しています。










 ~大手キャリアの場合。

 kichikyoku_keitai_truck


 Softbankは大手キャリアから先駆けてApple iPhoneを導入されたのが有名キャリアでしたが、
 「回線速度が不安定。」「繋がり度が良くはない。」「他のキャリアより割高。」
 携帯電話会社としてあり得ない高額請求などの不評を多く報告されているので、全くお勧め出来ない大手キャリアの一つです。

 しかし、このような不評の報告は最近になって出てきたことなので、このキャリアを乗り換える前にSoftbank回線を契約している友人やその方々からのブログ記事を参考にして、乗り換えることが一番ベストの方法であることは間違いなしです。


 au by KDDIは最近の若者のユーザーさんを耳を傾けて改善に向けて動いている大手キャリア。
 iPhoneの導入が2011年とSoftbankから遅れを取っての取り扱い開始になったが、
 AndroidやWindows Phoneなどの端末を取り扱った経歴がある会社でも有名。
 KDDIの社長が大のガジェット好きとお聞きしたことがあるので、個人的に気にっている携帯電話会社です。 笑

 auスターなどのユーザーに入って嬉しい特典を用意されており、時代に合わせたプランを展開されている印象。
 auひかりやauでんきなどのかなり先を行く事業をやっており、Google主催の月探査のレースに参加されていたりして、社会で目で見える活動をしています。


 NTTdocomoはNTTグループで元国営企業から民営化した大手キャリアなので、使用されいるユーザーが非常に多い携帯電話会社です。

 これまでの不満はないものの、MVNOを展開している企業に借りても全くビクともしない強い回線インフラが長くキャリアを使っているユーザーが多い理由と言えるでしょう。
 しかし、iPhoneの導入が2013年と他の大手キャリアから大幅に遅れているものの、その後のサポートがしっかりされているのがNTTdocomoの強み。
 AndroidからiPhoneに機種変更すると同時にキャリアを変更するのであれば、NTTdocomoに履き替えても無難でしょう。


 因みに、この3つの大手キャリアから契約しないとAppleWatch Season3のセルラー版を手に入れないそうです。





 








 ~これから買い替える。 キャリア回線の変更だったら、どこのキャリアが良いの?

 company_telephone


 実際のところ私が強くお勧めするキャリア回線でしたら、

 1 . NTTdocomo。
 2 . au by KDDI。
 3 . Softbank。

 の順になります。

 この順番は、大手キャリアの「信頼性」「回線インフラ」「ユーザー間の口コミよる評価」の3つから判断させて頂きました。

 今後長く使っていくのであれば、信頼出来る大手キャリアに乗り換えた方が間違いないです。
 しかし仮に大手キャリアから卒業して格安SIMに乗り換えるユーザーがいるのであればいいのですが、セルラー版AppleWatch Season3が一体どうなるかが良く分からないところが多いので今後、セルラー版AppleWatch Season3のついての情報が判明されましたら随時、私のブログからお伝えしようと思います。











 ~koyaの今日のまとめ!

 OOKIMGL0823_TP_V


 これからiPhoneを買い替える。 
 替えると同時にキャリアも履き替えるのであれば、
 かなり慎重にやらないと失敗することが考えられるので、下調べを徹底的にやってからキャリアからの履き替えをチャレンジしてみて下さい。

 今のところ回線に対する不満が一切ありません。('ω')


 では!See you!

 
 

 
 
 




 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 2017年9月22日、新型iPhone / AppleWatch / AppleTVの発売日が来ましたので、実際に実機を触りに行きました。

 今回はその時に感じたことやその後で気づいた事をお話しようと思います。







 ~あんまり変化があったか....?と感じた新型iPhone【感じたこと

 Apple 8


 実際にiPhone 8 と隣にあったiPhone 7の実機を見比べましたが、
 そこまで劇的な変化が起きたという実感があまりありませんでした。
 今回の新型iPhoneの発売日でこんなに実感があまりなかったのは恐らく、今回が異例だったのではかと思います。
 
 新製品発表会で色々とスペックを一通り見てきましたが、唯一大きく変化が起きたのは「動画性能」なんです。

 iPhone 6から「4K30fps」の高画質撮影が可能になりましたが、
 今回のiPhone 8で30fpsより滑らかになった「4K60fps」に大きくグレードアップしたぐらい。
 他にも、Bluetoothの新しい規格に変化したり防水規格も変わりましたが、物理的な外観が大きく悪くなり正直、残念で仕方がない。

 でも、iPhone 7 / 7 Plus以前のiPhoneシリーズを持っているユーザーさんでしたら、iPhone 8 / 8 Plusに移行しても十分見合ったグレードアップになるのではないでしょうか。
 iPhoneで動画を撮り続けているユーザーでしたら、iPhone 8 / 8 Plusに買い替えても大きな変化になります。








 ~AppleWatchのバンドの種類の増加で個性が強くなった【気づいたこと

 AppleWatch Season 3

 写真元:Apple 


 今回の新製品で一番「買い」となるデバイスがあります。
 それこそ「AppleWatch Season 3」です。

 今回のAppleWatch Season 3になってからバンドの種類の増加でAppleWatchのそれぞれバンドで個性が出るようになったと終わった後の帰宅する時に気づきました。

 時計のバンドっていうのは、時計メーカーによってはかなり変わることが多いことがお分かりだと思います。
 実はAppleWatchというものはその通りと言えることであり、ただの何もないAppleWatchに取り外し可能の「バンド」の登場したことによりAppleWatch自体の「個性」を出すことが可能になったと言えるデジタル機器なんです。

 最初のAppleWatch Season 1にはそのAppleが作った時計をiPhoneやAppleWatch単体でどのように生活を変えていくのかが分かりませんでした。
 実際にAppleWatchを持っている方々から個人それぞれの使い方を聞いて、「そういったことが出来るんだ!」「えっ!そんな弱点があったの....。」などとAppleWatchを持っているユーザーしか聞けない話ってよくあります。
 そうなって来ると次第に「AppleWatchで様々なところで変えていけるのであれば....。」と想像つくんです。
 でも、もう一つ決断が出来ない。 
 AppleWatchの個性が無くて、AppleWatchを持っている感を出せきれていない。 
 そう初期のAppleWatchのバンドがシンプルし過ぎて普段使いにフィットしなかったのである。
 
 そこで今回のAppleWatch Season 3になってから新しいバンドの種類の増加によって、AppleWatchに個性を出すことによって、「AppleWatchを持っているんだぞ!」とAppleWatch単体だけで主張出来る。
 
 今回のAppleWatch Season 3は、正しく「本気買いに相当するデバイス」と結論付けることが可能になったんです。







 ~koyaの今回のまとめ!
 
 kaisya_komaru_man


 まだiPhone Xの実機を触ったことがないですけども、恐らくハロウィン本番頃には実機がやってくるはずなので、また家電量販店などで触りに行こうと思います。
 ただiPhone Xで大きく心配されるのはカメラで撮影した時に出る「余計な部分」。
 その部分が個人的に影響出るものか。それともそんなに不満がないレベルだろうか。
 このことが分かるのはiPhone Xを実機に触った時に感じたり・気づく部分になると思います。

 個人的には、AppleWatch Season 3が欲しくなってきました。 笑


 では!See you!


 

 


 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 本日は、新しいiOS「iOS 11」についての新機能を1日使ってみてのファースト・インスピレーションをお伝えしようと思います。








 〜端末に応じた【OSに変化

 iOS 11


 日本時間 9月20日水曜日 深夜2時頃にiOS 11正式版がリリースされて、既に新しいバージョンでブログを読まれているのではないでしょうか。
 まだ新しいバージョンに切り替えていないのでしたら、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順に移動すれば、恐らく新しいバージョンがやってきているはずなので切り替えておきましょう。
 アップデートに必要な容量は「1.9GB」となっております。

 今回のバージョンアップをして1日使用してみましたが端末のホーム画面によって、ガチで持ち歩くパソコンになってきたのではと感じています。








 〜最初のインスピレーション【アプリの起動速度が速くはなった?

 配信当日は平日だったので、クラウドストレージやSNSなどの返信や投稿などを行いましたが、アプリ自体の起動速度が以前のOSよりかなり速くなったと感じました。
 ほかのアプリケーションも同様に起動テストを行いましたが、どのアプリケーションにおいても同じような結果を検出。
 アプリの起動が遅く感じているユーザーがいらっしゃいましたら、新しいバージョンに切り替えば、大きく改善されるかと思います。








 〜iPhone単体のみの【画面録画】が出来るようになった...!

 HZED9272_Moment(2)


 以前のIPhoneの画面録画をする為には、外部レコーダーをかまして使用しないと録画をする事が不可能でしたが、今回のバージョンアップによりOS単体で画面録画をする事が可能になりました。

 画面録画機能を出す為には、「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」→「コントロールを追加」→「画面収録」の順にやっていければ、画面録画が可能になります。
 この画面録画の機能については、Android5.0の頃からそのような機能がありましたがApple端末においてようやく、画面録画をすることが可能になりました。

 しかし画面録画をした場合、録画した動画と音声のズレが生じているので動画編集ソフトなどで微調整する必要があります。
それはちょっと残念ポイントです。







 〜非使用のAppを取り除く】って...?

 iOS 11に変わってからストレージ管理がかなり改善されましたが、不思議のことに「非使用のAppを取り除く」という機能が追加されました。
 この機能を使えば端末内のストレージの節約になるけど、非使用のアプリをタップしたらアプリの再インストール作業が始まり、再びアプリが使用出来るようになる。
 たが、この動作は必要かどうかが悩みどころであるのは確かです。
 本当に使用しないアプリがあればアプリ丸ごと削除すればいい話なのに、態々この機能を使うユーザーって存在するのか非常に怪しいです。

 一体なんの為に機能を実装したのかどうか。
 益々謎が深まりそうです....。







 〜koyaの今回のまとめ!

 IMG_E2325


 iOS 11にアップデートしてから1日中遊んでみたが、どれも良し悪しが見ててきたのはとても大きい収穫。
 他の項目で紹介していなかったが、かめら機能でシャターを切る前にiPhone単体に内蔵されているカラーフィルムを確認しながら撮影出来るようになったのはInstagramをしようしている方々にとってはとても嬉しい機能です。

 まだまだ遊びつくしていない部分や今週金曜日にiPhone 8関連の発売日なので、とことんiOS 11を遊び尽くすかと思います。




 では! See you!


 

 




 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 Windowsパソコンを触り始めて10年以上。
 初めて自分自身のパソコンを持ち始めてあれから5年経過しますが、
 最近になって使用環境が大きく変化したのに、ブログの方で紹介していないことが発覚したので、今回は「愛用中のWindowsソフトウェア」と題してご紹介しようと思います。

 紹介したソフトウェアのリンクも貼り付けておきますので、それも是非ご覧ください。







 ~ほぼ毎日使う「ブラウザー」~

 computer_search_kensaku
 
 
 ブログの更新やSNSの呟きや更新する際になくてはならない「ブラウザー」。
 ほぼ毎日使っているブラウザーでしたら、Googleが提供している無償高機能ブラウザー「Google Chrome」。 これが無くなったら本気で困ります。 笑

 ブログ記事が一通り出来たらブラウザーで確認するのですが、「Chromeの設定」の「その他のツール」のところにある「デトロッパーツール」で「HTML / CSS」のコードを出しながら、各種デバイス機器から見るとどうなるのかをチェックする時によく使っています。

 しかしGoogle Chromeで表示不可能のサイトが存在する時が時々あるので、Microsoft社が提供している標準ブラウザー「Microsoft Edge」とブラウザーアプリ「Opera」の派生ブラウザーでパソコンしか動かすことが出来ない「Vivaldi」というウェブブラウザソフトを使ったりしています。 Vivaldiについては、サンフランシスコ在住のVlogの達人であり、通称「ジンバルおじさん」であるドリキンさんのYouTubeの動画で解説しているのでご覧下さい。 

 ブラウザーソフトは、3つ。

 ・Google Chrome 
  ⇒https://www.google.com/chrome/browser/desktop/index.html
 ・Microsoft Edge 
  ⇒https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/microsoft-edge
 ・Vivaldi      
  ⇒https://vivaldi.com/download/?lang=ja_JP


 







 ~動画を面白く...! 「動画編集ソフト」~

 tv_video_hensyu

 

 現在は「Adobe Premiere Pro CC 2017」をメインに使っていますが、
 それ以前に「Black Magic Design DaVinci Resolve」と「Microsoft Moviemaker」の二つ体制でゲームの簡単な動画編集をしていました。
 これには理由があって、「DaVinci Resolve」と「Moviemaker」2つ共に「無償で使える事」が大きく、DaVinci Resolveで4K30fpsの高画質映像を簡単に作れるからです。
 最近のAdobe Premiere ProのアップデートでVRコンテンツの作成が簡単に作れるようになったらしいので、もうちょいしたらRICOH THETA シリーズを使った360度動画を作れるようになりたいです。 笑

 動画編集ソフトは、3つ


 ・Adobe Premiere Pro CC 2017      
  ⇒http://www.adobe.com/jp/products/premiere.html
 
 ・Black Magic Design  DaVinci Resolve      
  ⇒https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/

 ・Microsoft Moviemaker           
  ⇒https://www.gigafree.net/media/me/windowsmoviemaker.html







 ~写真をもっと自由に...!「画像編集ソフト」~

 photo_omoide



 画像編集ソフトは写真を主に扱う方々でしたらほぼ毎日使うソフトですが、
 私の場合はあまり画像編集ソフトを使うことが少なく、Windows 10 純正アプリケーションの「フォト」を使ってトリミングをしたり画像の傾きを正常に治したり、Instagramのような色合いなどを変更する簡単な補正機能を使ったりすることが以前は非常に多かったです。
 しかし、リアルで見た絵とカメラで撮影した絵と全く異なることが少なからずあるので、この時には無償で使えてLightroom以上の高性能画像編集ソフト「RawTherapee 」というソフトで色味などを細かく変更したりしていることが最近になって使用頻度がかなり高いソフトです。 
 Lightroomでいきなり触り始めても分からないだかけですので「RawTherapee」で操作を覚えてから、Lightroomでステップアップすると、より効率よく画像編集をすることができるのではないでしょうか。

 画像編集ソフトは、RawTherapee


 
 ・RawTherapee
  ⇒http://rawtherapee.com/







 ~イラストを描きたい...!「イラスト制作ツールソフト」~

 illustrator


 最近になって「FireAlpaca」と「MediBang Paint Pro」の2つでブログのヘッダーを作ったりスライドで使うページを作ったりするので、この2つのソフトウェアは欠かせません。
 私が関わっているサブカルチャーではこのようなイラストがめちゃくちゃ得意とする「絵師さん」という方々が存在しており、このようなソフトを使ったり、ソフトウェア+液タブを使って華麗に描いたりすることがよくあるとネットの書き込みで見たことがあります。
 この2つのソフトウェアはマンガを作る時の機能が盛り沢山で、お金がなくて液タブが買える資金があるけれど、高価な有償ソフトを買える資金が全くないでしたら、この2つのソフトウェアはお勧めです。

 イラスト制作ツールソフトは、2つ



 ・FireAlpaca
  ⇒http://firealpaca.com/ja/

 ・MediBang Paint Pro
  ⇒https://medibangpaint.com/




 ~自分で作ったストーリーを世界の公開したい...!「ストーリー制作ソフト」~

 tabi_camera_nikki
 

 自分で撮影した写真を自分で楽しむぐらいでしたら、パソコンで見るなりタブレッドなどで見るなりして楽しむことが出来ますが、せっかくですからその写真を世界に公開しませんか?
 そんな時に便利になってくるのが「ストーリー制作ソフト」というソフトウェアやアプリケーションが大活躍します。
 このソフトはパソコンのみからず、スマホやタブレッドなどで制作ことが出来ますが私の場合は全てパソコンで制作することが非常に多いです。
 インターフェイスがスマホやタブレッドで編集するよりパソコンで作った方が楽で保存し易いことが挙げられるからです。
 
 主に使っているソフトは「Microsoft Office Sway」。
 Windows 10が登場した頃に公開されたソフトで最近になってiOSやAndroidデバイスなどで使用可能になったソフトウェアです。
 何故「Microsoft Office Sway」を使っているのかというと全ての言語に対応していて「埋め込みコード」でブログにHTMLに貼り付けが出来たり、公開することが出来ることが2つと保存先が全てクラウド上にある為、どのデバイスアプリケーションから閲覧・編集できるまさに「神ソフト」と言えるソフトです。
 
 これがなかったら本気で困ってしまいます。 笑

 ストーリー制作ソフトは、Microsoft Office Sway


 ・Microsoft Office Sway
  ⇒https://www.microsoft.com/ja-jp/store/p/sway/9wzdncrd2g0j





 ~その他のソフト

 presentation_pc_woman2

 

 他には様々のところに特化したソフトがあるのがWindows 10でWi-Fiの速度テストする際にはMicrosoft Researchが提供する「Network SpeedTest」。
 HDDやSSD。 M.2のSSDの書き込み・読み込みの速度を計測する「Crystal DiskMark 5」。
 ZIP形式などの圧縮されたデータを解凍したり、データを圧縮して相手に転送したりする「Bandzip」。
 名刺や手作りのチケットを簡単に作れる「ラベル屋さん 9」。

 他には色々とありすぎて紹介しきれないので、また環境が変わったら紹介することが出来たらいいなと思います。


  ・Network SpeedTest
  ⇒https://www.microsoft.com/ja-jp/store/p/network-speed-test/9wzdncrfhx52
 
 ・Crystal DiskMark 5
  ⇒https://crystalmark.info/software/CrystalDiskMark/

 ・Bandzip
  ⇒https://www.bandisoft.com/jp/bandizip/

 ・ラベル屋さん 9
  ⇒http://www.labelyasan.com/support/download/






 ~koyaの今日のまとめ!

 busy_man

 
 秋頃になってデジタルカメラで撮影したものをパソコンに取り込んで、来年の年賀状作りに使うユーザーや息子さんの運動会の様子を記録した動画データをパソコンに読み込んでDVDやBlu-rayに焼き込んだりすることが多くなるこの時期。
 パソコンが本気になってくるのが恐らく、この時期です。

 今回紹介したソフトは主に私が長く使っているソフトウェアやブログで使っているソフトの一部ですが、どれも優秀で使い易いものばかり。
 Appleの「Macintosh」が入っているパソコンを本気で使ってみたいのが本音ですがとても高すぎて、どうしてもお財布事情が厳しくなってきているので、もっとブログや写真・動画などを頑張って、いつしかApple PCやWindows PCのダブルOSに対応出来るようにして行きたいなと実行に移してきている今日です。

 頑張て、買うぞ.....! (`・ω・´)


 では!See you!


 

 



 Apple 8
 
 写真元:Apple


 こんにちは・こんばんは。koyaです。
 日本時間2017年9月13日深夜2時から、Apple新製品発表会がアメリカのApple新本社「Apple Park」より開催され、Appleの新型iPhone「iPhone 8」が発表されました。

 今回はその発表会で言われた機能や私が昨年2月にブロガーさんから頂いた「iPhone6s」を比べながら見ていこうと思います。






 ~双方のスペック比較

 まず私が所持している「iPhone6s」のスペックを見ていこうと思います。

 【iPhone6s のスペック
 ・初期搭載OS:iOS 9
 ・画面サイズ:4.7インチ
 ・ 液晶解像度:1334×750
 ・3D Touch:あり
 ・Touch ID:あり
 ・幅×高さ×厚み:67.1×138.3×7.1 mm
 ・重量:143g
 ・システムチップ:Apple A9
 ・記録容量:16GB/64GB/128GB
 ・バッテリー:1715mAh
 ・メインカメラ/F値:1200万画素/F2.2
 ・インカメラ:500万画素
 ・ビデオ撮影:4K30fps撮影可能
 ・光学手ぶれ補正:非搭載
 ・防水:非対応
 ・SIMスロット:nano-SIM
 ・コネクタ:Lightning端子+3.5mmステレオイヤホンジャック
 ・Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
 ・Bluetooth:Bluetooth 4.2
 ・ワイアレス充電:非対応
 ・NFC:非対応
 ・Apple Pay:非搭載 





 次が新型iPhoneiPhone 8」のスペックです....!

 【iPhone 8のスペック
 ・初期搭載OS:iOS 11
 ・画面サイズ:4.7インチ
 ・液晶解像度:1334×750
 ・3D Touch:あり
 ・Touch ID:あり
 ・幅×高さ×厚み:67.3×138.4×7.3mm
 ・重量:148g
 ・システムチップ:Apple A11
 ・記録容量:64GB/256GB
 ・バッテリー:iPhone 7とほぼ同じ。(Apple公式HPより)
 ・メインカメラ/F値:1200万画素/F1.8
 ・インカメラ:700万画素
 ・ビデオ撮影:4K60fps撮影可能
 ・光学手ぶれ補正:あり
 ・防水:対応
 ・SIMスロット:nano-SIM
 ・コネクタ:Lightning端子のみ
 ・Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac(MIMO対応)
 ・Bluetooth:Bluetooth 5.0
 ・ワイアレス充電:Qi対応
 ・NFC:対応
 ・Apple Pay:搭載 

 ※赤字は6sから変化があるところです







 ~スペック比較で分かったこと
 
 今回のスペック比較で特にワイアレス充電「Qiが対応して来た事は極めて新しい変化ではないでしょうか。
 更にビデオ撮影で「4K60fps」にiPhone 8に対応してきたこと。
 恐らく、4K60fps撮影出来るカメラとなると、Panasonic LUMIX GH5だけではないでしょうか。
 
 

【即納】パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス LUMIX Gシリーズ DC-GH5 ボディ DC-GH5-K ブラック【送料無料】【KK9N0D18P】

価格:196,800円
(2017/9/13 17:42時点)
感想(0件)


 


 もう一つ言える進化と言えるところはiPhone 7の防水機能より強化されてより水辺で使う頻度が高くなったことかな。
 
 





 ~今回の発表会で分かったこと

 今回の発表会はかなり衝撃の嵐でした。
 
 「AppleWatch Season 3
 「AppleTV 4K
 「iPhone 8
 「iPhone 8 Plus
 「iPhone X」。
  どの製品も遠い未来の先を行くデバイスが多くあり、本当に嬉しい限りです。
 まさに「iPhone 10th Anniversary」こそ出来る大きな歴史な一歩になるかと考えられます。
 ただこの発表会で分かる事が一つあります。「未来のデバイスを使いこなせば、その先の事をこのデバイスが導いてくれる。」と。
 



 










 ~koyaの今回のまとめ!

 Apple X

 写真元:Apple 


 今回はブログ開設初のApple新製品発表会を全部視聴してきましたが、
 まさに10th Anniversaryと言っても相応しい発表会でした。

 新しいiOS「iOS 11のアップデートが2017年9月19日に正式リリースが確定したので、まずはそこら辺から始まり、その後iPhone 8 / iPhone 8 Plus / AppleWatch Season 3が2017年9月22日され、もっと電子決済や新しい充電環境が始まるようになってくることが間違いないので、今からとても楽しみにしておきたいと思います。


 では!See you!
 

 






 tv_video_hensyu



 こんにちは・こんばんは。koyaです。
 私は、岡山で「ブロガー」「カメラマン」「団体スタッフ」。
 最近では「動画編集」をするようになり、かなりのクリエイティブなことを盛んにやっております。

 このような業界の第一線で活躍するクリエイターは、本当にかっこいいです。
 それは誰でも憧れ人物ではなく、この業界でドンドンと成長するトップランナーなんです。
 私がこのようなクリエイティブな事を目覚めたのは最近のことであり、少しずつですが次第に認知されるようになりました。岡山の自称ブロガー」ではなく、「実践的に行動を起こすマルチアクティブクリエイター」として。

 今回はそんな「業界の第一線で活躍する動画クリエイター」の方々を3人、ご紹介します。






 
 ~サンフランシスコ発Vlog動画を発信しつつ、新しいライフスタイルを提案するドリキン」~

 

 今年4月か5月頃から毎日動画を見続けている日本出身アメリカ・サンフランシスコ在住のSEでありながら、Vlogっていう動画スタイルを発信し続けているYouTuberさんでもあります。

 


 ドリキンの動画は本当に面白いかつ、より奥深いギークネタを投稿していたりして、見ていてもとても飽きない動画作りをしている方々であの人気YouTuberのHIKAKINさんやKazuさん。 多くの動画クリエイターさんの方々から注目されているYouTuberさんでもあります。 あとドリキンさんは「ジンバルおじさん」でもあります。 笑


Zhiyun Z1-Rider-M 3軸ジンバル GOPROカメラ クリーンキット付属 電波法認証済み

新品価格
¥30,490から
(2017/9/11 21:11時点)




 まだ本人とはお会いしていませんが、いつしか都内のイベントなどで是非ともお会いしたいです。







 ~新しいスタイルを発信するクリエイター「のりごとー

 

 最近、福山のブロガーの「つぶあん」さんがのりごとーさんと対談記事が公開され、のりごとーさん影響で「Panasonic DMC-G8」から「Canon G7 X Mark Ⅱ」へ乗換されたことが記録が新しい事ですけど、のりごとーさんはYouTubeのみからず、ブログやInstagramなどを駆使して情報発信しているプロのクリエイターさんです。
 
 

【延長保証対応】【新品・在庫あり】1066C004 ●PowerShot G7 X Mark2 【送料無料!(沖縄・離島は除く)】【kk9n0d18p】

価格:63,800円
(2017/9/11 21:17時点)
感想(0件)



 のりごとーさんの動画は一般的な「○○やってみた!」というような動画を投稿せず、時系列で「最近、新しいことを始めました。」や商品レビューを投稿しており、とてもきめ細かい商品紹介しております。
 これは一般的な流れになるのですが、のりごとーさんの場合、実際に動画上で実践したり実際に使っている様子を公開していて、その後の使用感がとても想像がつきやすく消費者の今後の購入の参考事例として見ることが出来ることが、のりごとーさんの動画の良さでもあります。
 
 





 ~高品質の商品レビューを投稿しつつ、自社制作の動画も作り続けているクリエイターギュイーントクガワ」~


 
 
 兵庫の港町「神戸」出身のバンドマン兼フリーランス「工業デザイナー」から東京都内の会社で「動画マーケティングディレクタ」に変身してかなり精力的に活躍されているクリエイター。
 この動画の良さはいくつもありますが、実際の業務でも素晴らしい動画コンテンツを配信されているプロでもあります。

 昔、NHK教育テレビ(現Eテレ)でイラストレーターのおべともさんのショートアニメがとても印象深かったのですが、長い間、おべともさんのアニメを見ることが出来なくてちょこっと残念でしたが、ギュイーントクガワ制作の動画コンテンツの【BALMUDAのThe Toasterでバタートーストを焼いてみた!「ニャビンとキャビン」】でどっかで見覚えあるキャラクターじゃあなぁ~...っとGoogle先生に検索してみたら作者のおべともさんに辿り着き、久々にあのアニメーションを見た記録が蘇った事なんてありました。

  

 そういった「アニメーションの良さ」と「動画コンテンツの良さ」をコラボミックスして視聴者のみからず、業界からでも注目されるプロのクリエイターさんです。




 






 ~koyaの今日のまとめ!

 familly_danran_smartphone_smile

 
 このような動画に巡り合うのはYouTubeさんが企画されたリアルイベントに参加された方々の動画投稿がきっかけだったり、その方の動画を辿ったらその方々との対談動画に辿り着くことなんてザラにあります。
 そうしていくと、次第に業界の第一線で活躍する動画クリエイターに出会うことがあり、最近の動画視聴の楽しみでもあり、動画投稿の良きお手本です。

 今後、そのような業界の第一線で活躍する方々との対談記事を書いていければと検討しています。
 もしかしたら、逆に業界の第一線で活躍する動画クリエイターさんから取材されることもあるかも。 笑

 
 では!See you!



 
 

 


 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 突然の話。
 私は、5年以上近くYouTubeの動画を見ている側「視聴者」として現在のYouTubeを見てきたんですけど、最近になってどんどんとおかしくなってきている傾向が強くなってきたので、今回は「YouTubeの動画をこれから上げる方々へ。」と題して、注意喚起をさせてください。

 真面目になり過ぎて、途中で退出される方々もいますが、最後まで読んでいただければ幸いです。






 ~ヒカル氏の誕生により、どのチャンネルも過激派になってきている危機感がある。

 gamble_chuudoku_izonsyou
 
 
 今はVALUの大騒動で無期限のYouTubeとしての活動中止された「ヒカル氏」ですが、ヒカル氏に莫大の影響受けて動画投稿をする初心者YouTuberが多く誕生されました。

 たくさんYouTuberが誕生されて最初は嬉しかったのですが、動画の内容が過激すぎて、「この動画って何が面白いかがよく分からない。 つまらない。」があり、それ以降そのような動画を嫌う傾向が益々増えていきました。

 最初の出だしの頃のYouTube Channelは、最初はほとんど見えない傾向が強いです。
 しかし、ヒカル氏のような真似をしてドンドンと過激になって、閲覧者数の増加と再生回数の増加で勢いのまま成長される事ってあるんと思うんです。

 でも、そのような動画を2回・3回繰り返したら、日本の法律の違法行為として完全アウトになり、現行犯逮捕されます。

 閲覧者目的や動画再生目的で動画を作ることは決して良くないことです。
 






 ~じゃあどのようなことをすれば良いのか。

 このような過激に繰り返せば、そのうちYouTubeの運営母体であるGoogleからアカウントの凍結や永久凍結されることを考えられると、本当に恐ろしい。
 Googleは皆さんが使われているスマートフォン(Androidスマホ)を買って使い始める際にお世話になるネットサービスです。


 じゃあどのようなことをすれば良いのでしょうか。

 私の場合でしたら、
 
 小中高向けの動画コンテンツを作り続けるのであれば「HIKAKIN」スタイルの動画コンテンツを作ること。

 
 


 釣りが大好きのであれば「釣りよかでしょう」スタイルの動画コンテンツを作ること。


 
 


 カメラが大好きで大人の動画コンテンツを作りたいでしたら「パナチューバー」スタイルの動画を作ること。


 
 
 

 


 家族を主体とした動画を作りたいでしたら「KENICHI」スタイルの動画を作ること。

 


 実は、良いお手本になるYouTuberって日本中探してもかなりいらっしゃいます。
 そのようなスタイルがちょっと苦手でしたら、動画の視聴者やツイキャスの視聴者などのネットユーザーと双方に動画を作り上げたいでしたら「秋葉仁」スタイルの動画が一番いいですが、視聴者層がかなり上をスポットに狙っているので、若い方でしたら全く追いつけることが恐らく、出来ないでしょう。

 




  アフィリエイトASPマネートラック



 ~これから次なる動画スタイルを考えて。

 Green14_jyumon20141123153806_TP_V


 今は一番若い年層がYouToubeの世界に殴り込みでやって来て、勢いのままで登録者数を次々と追い抜いて、有名人クラスになるYouTuberがいらっしゃるかと思います。
 最初のときはそれで良いかもしれません。
 
 しかし、過激コンテンツや炎上コンテンツ。 情報商材コンテンツを極めて行きたい方はそれで行ってもよろしいですが、身内や周りの方々に大迷惑になってしまったら、それで全てが水の泡に恐らく、考えらることだと推測出来ます。
 
 そういったコンテンツが大嫌いでしたら、まずは、若いうちにYouTubeをチャレンジすることを強くお勧めしません。
 まずは、社会人経験を2~3年でも構いませんので、最初は経験を積んで、大人になって好きなことをもっと極めてそのノウハウをアウトプットする為にYouTubeをやるのが一番最良の方法でしょうし、私のようにブロガーとしてやっていくのもありです。
 ブロガーは、大学で専門的にやっていて自分だけで蓄積してもつまらなくなりますので、ブログを通じて発信するともっと素晴らしいです。







 ~koyaの今日のまとめ!
 
 MKJ_ryoutedemeishiwowatasu_TP_V


 YouTubeだけではなく、Twitterのフォロワー数がえげつないネットの有名人やインスタグラマーの方々にインフルエンサーマーケティングの力で稼いでいく、全く新しい試みが行われていますが、実際のところ、自分のフォロワーさんを傷付く行為になってしまって、大失敗することが恐らくあるでしょう。
 しかし、大人になるにつれて、自分が本気でやりたいことが見つかって、好きな事を本気で仕事をするスタイルが今の日本な新しい働き方でドンドンと誕生してきている段階ですし、少しずつですが、世の中から認知されるようになってきています。

 自分がやっていることが本当に仕事になるのであれば、一番楽しい事でしょう。
 そうしていくためには、まずは、社会人経験を積んで、その間に面白いことを考えながら、少しずつやっていければ、そのうち好きな事を本当に仕事になることが出来ます。

 でも、やり過ぎには注意が必要です(;^_^A


 では!See you!


 

 
 


 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 2017年8月が終わって、もう9月。
 とても秋らしい風を感じながらブログ記事を書いております。

 今回は、9月が始まったとのことで「9月に入ってから発表・発売が確定されたデジタル物」についてお話をしながら、皆さんと一緒に共有しようと思います。

 本日話すことは、大きく2つと番外編として1つです。






 ~1 . Windows10 次期大型アップデート「Fall Creators Update」が10月17日に配信開始することが決定!

 bandicam 2016-02-13 14-51-56-654
 写真元:日本マイクロソフト


 執筆現在(2017年9月1日)で発表されたばかりの速報ですが、世界最大コンシューマーエレクトロニクスショー「IFA」の今年版「IFA 2017」のMicrosoftの基調講演内でWindows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update」が2017年10月17日に正式に配布開始することが決まりました...!
 
 Windows 10は、ブログ以外で写真データの管理やネットのブラウジング。
 6月頃からAdobe Premiere Pro を使った動画編集を行っているので、このパソコンのOSが無ければきっと、好きなことが本当に出来なくなってしまうほど、長くお世話になっているOSなので、次期大型アップデートの「Fall Creators Update」にはどんな最新機能があるのか。 とても楽しくて仕方がないです。笑




 ~2 . DJIの折りたためるドローンのリニューアル版「DJI Mavic Pro Platinum」が発表! 発売日は未定。


 新型DJI ドローン
 写真元:DJI
 

 これも同じく「IFA 2017」で発表されたデジタル物。
 DJIから発売されている折りたためるドローン「DJI Mavic Pro 」のリニューアル版「Mavic Pro Platinum」が発表されました。

 昨年5月の岡山スマホユーザー会の後で披露されたドローン「DJI Phantom 4」。
 かなりでかくて存在感が圧倒的にありますが、折りたためるドローン「DJI Mavic Pro 」。 Phantom 4より小型で小さなボディでありながら、4Kの空撮をすることが出来る、折りたためるドローン リニューアルする前のMavic Proより+3分飛行機時間が伸びたり、Mavic Proの重量がリニューアル版のMavic Proの重量が約60%軽くなったりして、かなり使用頻度が高くなる最高の折りたためる即戦力のドローンとして大活躍するのは間違いなさそう。
 
 正直、ドローン購入時に「DJI Phantom 4」の前モデルの「DJI Phantom 3折りたためるドローン「DJI Mavic Pro 」の2択で迷っていましたが、今回のDJIの発表で更に、ドローン選びの沼が更に深刻的になるそうです。笑







 ~番外編 SONYから世界最小クラス1型センサー搭載の小型デジタルカメラ「SONY Cyber-Shot RX0」が発表! 発売日が日本で2017年10月27日。

 番外編として、今年のIFAの最初辺りに流れた情報で一番衝撃を受けたカメラがあったのでご紹介します。
 それが「SONY Cyber-Shot RX0」。

 
 
 

 一番最初に驚くのが重量。 カメラの重量がSDカードやバッテリーを含んで僅か「110g..!
 このコンパクト過ぎる小さなカメラボディでありながら、4K動画撮影を実現。
 他には、ピクチャープロファイル内のガンマの設定に「S-Log2」が用意されたりとかがあったりしてまさに、プロユース向けに設計された世界最小クラス1型センサー搭載の小型デジタルカメラ。

 日本の発売日が既に決まっており、発売日が2017年10月27日。
 価格については、デジカメwatchによる情報によると店頭予想価格が8万円前後とSONYのアクションカムの実売価格より約2倍ぐらいの価格になりそうです。

 10月下旬は完全ハロウィンシーズン真っ最中ですので、ちょっと気分的にそっちにそれそうですが、また実物を触れる機会がありましたら、体感レビューとしてご報告をしようと思います。






 ~koyaの今日のまとめ!
 
 今月入っていきなりのWindows10 次期大型アップデートの発表とDJI Mavic Proのリニューアル版が発表されたり、SONYから1型センサー搭載のプロユース向け小型デジタルカメラの発表と発売日があったりして、何もかもお祭り騒ぎでとてもデジタル物好きにはたまらない時期に遭遇したかもしれません。(;^_^A

 あとあの新型iPhoneの発表会が日本時間2017年9月13日に新しいApple新本社で発表されるそうなので、それも期待しながら、「デジタルな秋」を過ごしていきたいなと思います。


 ではSee you!
 


 






 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 第55回 岡山スマホユーザー会 拡大版で頂いたプレゼント交換品をいくつかゲットしたので、今回は簡潔にご紹介しようと思います。









 ~ 1 . ワンドーキン 料亭の味 かぼすポン酢【まこぱぐのマス太さん&SUMIさんから

 DSC02889

 大分・宇佐市に移住したマス太&SUMIさんからのプレゼント。
 まだ開封していませんが、きっとかぼすの新鮮な香りがしてきそうです(;^_^A








 ~ 2 . ダイナモチャージャーライト&謎の二股USBケーブル【いちごあん所属ライター ゆうたさん

 DSC02892

  前回の岡スマ会拡大版に参加されたいちごあん編集長の間野さんが来られていましたが、今回の参加をすることが出来ず、ピンチヒッターで同じいちごあん所属ライターのゆうたさんが岡山に来岡されまして、今回はこの2つのプレゼントを受け取りました。

 二股になっているUSBケーブルについてはまだまだ謎が深まりそうですが、多分ラズベリーパイで使用する精密ケーブルではないかと考えております。









 ~ 3 . レンズ付iPhone6/iPhone6s用ケース【アルテオさん

 DSC02898

 プレゼント交換会の後にアルテオさんのプレゼンがあったのですが、終わった後にプレゼント交換品として出されていたiPhone6 / 6s用ケースを頂きました。

 一度、会場内で試しにやってみたら、これはインスタ映えに使える万能ケースだと発覚したので、今後、公式Instagramでドンドンと使っていこうと思います。









 ~koyaの今回のまとめ!
 
 今回のプレゼント交換会の景品は前回よりも大分寂しくなった(←前回の景品の豪華さはヤバすぎww)のですが、特に大分のポン酢とiPhone6 / 6s用ケースを頂くことが出来たことは嬉しかったです。
 
 特にiPhone6 / 6s用ケースについては、いろんなところで使えそうなので、使用感レビューとしてその後のお話をして行こうと思います。


 では!See you!


 


 
 
 





 こんにちは・こんばんは。koyaです。

 今回は「2017年の夏についてを振り返る」と題して、2017年5月~今月末までの出来事についての事を振り返っていこうと思います。








 ~2017年5月 人生初の九州遠征。

 主に関西を中心にイベントを参加し続けたが、流石に連続して関西に行くのはあまり宜しくないですし、まだまだ若いうちに行きたいところがたくさんあったので、2017年5月末に開かれた九州・熊本のイベントへ参加。
 
 久々に関東の友達と再会したり、イベント終了後、一緒にスーパー銭湯へ行って、その後、本場熊本ラーメンを堪能しました。
 その熊本ラーメンを食べている時、イベントの時に初めてお友達になった参加者から、「せっかくじゃあし、翌日、ドライブへ行こうか。」とお誘いがあり、その時居た方々が皆承諾し、翌日に熊本県南阿蘇村へ行く事なりました。

 その後、阿蘇の風景が素晴らしく、今後継続的にイベント開催を視野にやっていくことになり、この写真に写っている3匹の各キャラ主オーナーさんと私の4人でイベントをやっていくことになりました。

 P1160572



 一応、イベント開催ページの途中までが公開されていますが、もし詳しい詳細が確定しましたら、当ブログで「イベント告知」としてお伝え出来たらと思います。
 







 ~2017年7月 2チャンネルの餌食に.....。

 net_sns_iyagarase_man


 この事件については、2チャンネルからTwitterの鍵アカでも火種になってしまった案件になりましたが、相当の精神的なダメージとネットの洗礼を受けまくりました。
 正直、2チャンネルに私の事を書いた犯人を名乗り出て欲しいですが、誰がどのような意志があって書いたのかが未だに分からない状況です。
 しかし、安易に2チャンネルやTwitterの鍵アカで悪口を書くことは、非常に危険行為ですし、私信頼どころか、そのTwitterの鍵アカの凍結対象になります。

 ネットの書き込みはいつどのような状況でも、ネット環境さえあれば、自由に書き込みをすることが出来ますが、ネット全体の信用問題になりますし、ネガティブな発言を繰り返せば、リアル社会の「キチガイ」として社会全体の洗礼をうけてしまうことがありますので、絶対にやらないことを強くお勧めします。

 書いてしまったら、それを元に戻すことが出来ないからです。






 ~2017年8月  月末県内イベント3連続。

 party_kansougeikai_man


 今月26日・27日の2日間、岡山スマホユーザー会 拡大版と団体の飲み会。
 個人主催の飲み会&花火をしてきました。

 私は、20才にノンアルコール飲料を飲んで以降、一切アルコール飲料やノンアルコール飲料。 日本酒・芋焼酎・焼酎・ワイン・ウォッカ・ウィスキーなどのアルコール類の飲酒を全くお断りをしていますが、毎回飲み会や居酒屋へ行く際には、必ずソフトドリンクの「ジンジャーエール」を頼んでいます。
 
 岡スマ会拡大版の後の飲み会はほとんど、飲み会を参加しながら、カメラマンとしてその場の雰囲気を撮影していたので、撮影:飲み会が半分半分で楽しんでいました。
 イベント終了後、自宅へ帰って来たら必ず、自分の部屋へ直行し、そのままベットにダイブすることが割りかしら多めです。 笑







 ~koyaの今回のまとめ!

 2017年9月に入ったら、風景撮影のベストシーズンとアウトドアシーズンのWシーズン到来なので、今後はそのようなことを行いながら、県内のイベントを中心に活動をもっと広げて知名度を更に上げていこうと思います。
 しばらく、関東へ行っていないから、関東のブロガーイベントや関東のイベントに是非行きたいところです(;^_^A


 では!See you!

  
 

↑このページのトップヘ