10()の米2月雇用統計の前哨戦として注目される明日の
 2月ADP全米雇用報告。

 米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)の予測を紹介すると、

 *38()  2215  2月ADP全米雇用報告
  *GS予測:+20万人、市場予想:+18.5万人 (前回:+24.6万人)

  *ゴールドマン・サックスは、2月ADPは、安定した雇用動向、
   新規失業保険申請件数の減少傾向、先行指標の強い結果を反映し、
   20万人増加を予測。

  *また、ADPは10()米労働省発表の2月雇用統計の非農業部門雇用者数を
   推測するうえでの指標として注目。

  *ゴールドマン・サックスは、ADPで予想(前回予想:16.5万人)より離れた
   サプライズ(前回結果:+24.6万人)は、雇用統計のサプライズの時と方向性が
   リンクしていると分析。

 

(*発表時間は日本時間)

 2017年3月11日資産運用セミナー開催!
「トランプノミクス」 スタートで日米株式市場はどう動く? 

にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 為替ブログへ