KOYO CX BLOG

商品先物取引(CX)のプロが、金・原油・為替のマーケットを読み解く

2016年09月

商品先物取引の対面手数料が業界最安水準!(※1)
さらに、金、プラチナ、ゴールド100の整理商い(※2)の決済時手数料を実質無料!!

  • ※1 商品先物取引業者21社の対面・通常取引手数料を比較、2016年9月14日現在 当社調べ。東京金標準の平均片道手数料(税込)は10,042円/枚、東京白金標準は5,698円/枚
  • ※2 整理商いとは、限月に関係なく同一銘柄の売り買い同一枚数の同時決済のこと

日中は担当の営業スタッフが、夜間は専門のサポートデスクがお客様のお取引を24時間サポートします。

NY原油テクニカルでは逆三尊型の強気形状、中長期で64ドルを目指す展開か

※ロイター通信によるテクニカル・レポートによると、NY原油チャートに
 逆三尊型の強気形状が出ていると分析される。

201505/6高値62.58ドル⇒20158/24安値37.75ドルまで24.83ドルの下落幅
 日柄で約3か月半

201510/9高値50.92ドル⇒20162/11安値26.05ドルまで24.87ドルの下落幅
 日柄で約4か月

20162/11安値26.05ドル⇒20166/09高値51.67ドルまで25.62ドルの上昇幅
 日柄で約4か月

20158/24安値37.75ドル⇒201510/9高値50.92ドルまで13.17ドルの反発幅
 日柄で約1カ月半

20166/ 9高値51.67ドル⇒201608/3安値39.19ドルまで12.48ドルの押し幅
 日柄で約1カ月弱。

20161/20安値26.19ドル及同2/11安値26.05ドルでダブルボトムの大底をつけ、

 直近の値動きで見た場合、8/2安値39.26ドルと8/3安値39.19ドルで暫定的な底と
 仮定するなら、
今後の戻り上値として想定されるのは、

8/19高値48.75ドル、これを上抜けると6/9高値51.67ドル
 (39.19ドル+*12.5ドル調整幅と合致)

◎更に中長期的な上昇トレンドを想定するなら、39.19ドル+24.8ドル幅≒約64ドルを
 日柄で約34か月かけて(時期的にこの11月~12)上値を試す可能性が
 考えられる。

※材料では28日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国はアルジェリアでの非公式会合で
 8年ぶりに、OPEC加盟14カ国の全体目標として、8月OPEC全体の産油量実績
 約3,324万バレル⇒11月から日量3,250万~3,300万バレル減産で合意
 (*日量で最大約75万バレル減産)と伝えられる。
 OPECは産油量の上限となる「生産目標」の復活に加え、国別の減産割り当ての
 検討を決定したと報道されている。
 ただ、増産を続ける構えのイランは400万バレルの生産を目指し、35万バレル
 前後の増産を求める可能性や、ほか加盟国も大幅減産には消極的で、
 サウジアラビアに“減産負担”のしわ寄せが集中してもおかしくない状況と
 指摘される。

※今後は1130()オーストリア・ウィーンで開催のOPEC総会に向け、
 OPEC加盟国やロシアなど非OPEC諸国との産油量制限の詳細をめぐる協議や
 交渉の動向に、市場の注目が集まってこよう。

※一方で、118()米大統領選まであと6週間と迫るなか、民主党クリントン候補
 と共和党トランプ候補の接戦が続いているが、ロイター通信のレポートでは、
 “共和党トランプ大統領”が誕生した場合、原油などのエネルギーに追い風と分析
 される。トランプ氏の講演や発言、論文からでは、エネルギーや金融サービス産業
 の規制緩和を主張。
 安全保障については「米国優先」を掲げ、サウジアラビアに国防上の負担をもっと
 負うべきと26日討論会で強調。
 “トランプ大統領”の場合、中東で地政学リスクが高まる可能性が
 懸念されている。

お知らせ

 KOYO証券では、毎月セミナーを開催中!  

 細はこちら


にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 為替ブログへ

今週のFOMC投票メンバー講演と発言予定

926()24:45

タルーロ米FRB理事が“ストレステスト”について講演

927()24:15

フィッシャー米FRB副議長が“何故、経済を勉強するか”米ハワード大学で講演

928()23:00

イエレン米FRB議長が下院金融サービス委員会で議会証言

 (FRBの金融システム監督・規制について)

929()5:35

メスター米クリーブランド連銀総裁が“経済見通しと金融政策”について講演

929()8:15

ジョージ米カンザスシティー連銀総裁が同連銀主催会合の夕食会で講演

929()23:00

パウエル米FRB理事が“過去20年の地方銀行の運用実績の傾向”について講演

930()5:00

イエレン米FRB議長がカンザスシティー連銀主催のビデオ会議に参加

930()5:15

ジョージ米カンザスシティー連銀総裁が“FRBと銀行業務”について講演

(*いずれも日本時間)
 
※今週は米FRB高官の講演や発言が多数予定されている。


*市場は年内利上げを巡るFOMC投票メンバー間の温度差を探る手がかりと
 したいとして要注目。

*イエレン米FRB議長は9月FOMC後の会見で市場が年内利上げを
 織り込めるような決定的材料を待つ姿勢を強調。

 今週のイエレン議長の議会証言はテーマが金融規制関連。
 側近のフィッシャー副議長やFRB理事二人の講演もFOMC直後の上、
 イエレン議長の会見の内容を踏襲するものと予測され、いつもより市場の
 注目度は低い。

*一方で、今月FOMCでは、金利据え置きにローゼングレン米ボストン連銀総裁、
 ジョージ米カンザスシティー連銀総裁、メスター米クリーブランド連銀総裁の
 3人が利上げを主張し反対票を投じた。ローゼングレン総裁は先週の講演で、
 失業率の低水準が経済の過熱やインフレ圧力、景気後退を招くと反対票を投じた
 理由を説明。
 メスター総裁、ジョージ総裁が今週の講演で反対票を投じた理由について
 どのような発言をするか注目される。

お知らせ

 KOYO証券では、毎月セミナーを開催中!  

 細はこちら


にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 為替ブログへ

来週は日銀総裁会見・米大統領選TV討論会・産油国会合に要注目

926() 1645
 黒田日銀総裁が大阪経済4団体共催懇談会に出席・講演後、記者会見

 *21日日銀会合で緩和補完策及び総括的検証を発表、黒田総裁による会見で
  会合結果について説明されたが、いまひとつわかりにくいのと、一部緩和後退
  との印象を与えており、改めての黒田会見で市場への理解度を深められるか
  注目したい。

926()時間未定
 イタリア、上院権限縮小の憲法改正是非を問う国民投票の期日を決定

 *イタリア政府は26日の会合で国民投票期日を決定。レンツィ・伊首相は
  憲法改正の国民投票に自身の進退をかけている。与党・民主党関係者は
  期日を1127日か124日と予測。市場は英EU離脱決定の英国民投票並みに
  要注視している。

927()10:0011:30
 第1回米大統領選テレビ討論会(場所:ニューヨーク市郊外のホフストラ大学)

 *米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官と共和党候補
  ドナルド・トランプ氏が初めて直接対決する。

 *第1回討論会は米NBCテレビがメインホストで全米生中継。
  コマーシャルなしの90分間、地上放送やケーブル局など複数の局でも
  放映される。
司会はNBCの報道番組『ナイトリーニュース』のアンカー
  (総合司会)、
レスター・ホルト氏が務め、討論会はホルト氏が両候補に質問を
  問いかける形式で
進められる。

 *討論の主要テーマは、“米国の将来の方向性”、“米国の繁栄達成に向けて”、
 “米国の安全保障”の三つ。

 *今回の米大統領選TV討論会は、過去最高の約1億人の米国人が視聴すると
  予測され、全米の注目度はMAXで高い。

 *両候補の支持率が拮抗する中、討論で明確な勝利を収めたほうが、
  11/8米大統領選本選に向け追い風になるとの見方。

928()2100
 国際石油フォーラム記者会見及び産油国非公式会合

 *石油輸出国機構(OPEC)は来週アルジェリアで26日(月)~28日(水)開催される
  第15回国際石油フォーラムで非OPECのロシアを含めた非公式産油国会合を
  28日(OPEC議長国のカタール石油相の話)に協議予定と伝えられる。

 *報道では、サウジアラビア・イラン両国のOPEC当局者が今週、
  オーストリア・ウィーンで会合を持ち、どのような形の減産が可能かを
  協議した模様。

 *ロイターによれば、増産凍結で対立してきた“サウジ・イランがともに
  非公式会合で何らかの合意を望んでいるようだ”と伝えられ、OPECと
  ロシアで
8年ぶりに増産凍結合意の機運が高まっているとの報道で、
  合意なら原油の強気材料。

  (*いずれも日本時間)

お知らせ

 KOYO証券では、毎月セミナーを開催中!  

 細はこちら

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 為替ブログへ

雌雄を決する来週の米大統領選テレビ討論会、全米1億が視聴か

927()10:0011:40(日本時間)
米大統領選テレビ討論会(NHK
BS1で中継)

(ホフストラ大学,ニューヨーク近郊ロングアイランド,ヘムステッド)

※ロイター通信のレポートでは、第1回米大統領選討論会について
  全米テレビ各局及び米ケーブルテレビで、米東部時間26日夜
  ゴールデンタイムにコマーシャル無しの90分間全米生中継される。
  最大焦点はヒラリー米民主党大統領選候補とトランプ米共和党大統領候補の
  ディベート対決。

ヒラリー候補の大統領選キャンペーンHPでは討論会の時間について
 米東部時間26()に正式に発表予定とされる。

米の識者によれば、毎年2月全米生中継され、最高視聴率を稼ぐ米NO.1人気
 スポーツインベト、プロアメリカンフットボールリーグ(NFL)
 優勝決定戦である“スーパーボウル”並みの全米約3億の人口のうち
 約1億人が視聴するのではないか、と予測されている。

NFLスーパーボウルでは2015年大会では、アメリカのテレビ史上の
 最多視聴者数を更新の約11150万人が視聴、2016年大会では
 視聴率46.6%を記録した。

ロイター・レポートでは、米大統領選の傾向として、第1回目のテレビ討論会で
 民主・共和の有力候補の“サシ”でのディベート対決が“雌雄を決する”
 と指摘されており、全米の注目度はMAXで高い。


お知らせ

 KOYO証券では、毎月セミナーを開催中!  

 細はこちら

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 為替ブログへ

世界最大の白金生産大手アンプラッツ労組、賃金交渉打ち切りを宣言、スト懸念高まる

※ロイター通信の報道によると、世界最大のプラチナ鉱山会社
  アングロ・アメリカン・プラチナム(アンプラッツ)の労働組合は20日、
 会社側との賃金交渉が決裂し、“交渉打ち切り(デッドロック)”を宣言、
 ストライキの懸念が高まってきている。

 *南アフリカ(南ア)のプラチナ鉱山会社3社アンプラッツ、インパラ・
  プラチナム(インパラ)、ロンミンを代表する労働組合AMCU
  (鉱山労働者・建設組合連合)は、アンプラッツ側が最終提示した6.75%の
  賃上げ案を組合が拒否したとの声明を発表。
  組合側は14.5%の賃上げを会社側に求めていたが、会社側の提案は
  その半分にも満たないものだった。

 *アンプラッツ社全従業員の約五分の一を占める組合員は、
  当初、20%の賃上げを会社側に要求していた。

 *アンプラッツ社の20日の株価は交渉打ち切りの報道を受け、一時は3%下落、
  終値では▼0.383%安で終了。

 *今後、政府が間に入っての調停となるが、もし政府の調停が失敗に終わった
  場合、組合従業員は法的根拠に基づき、ストライキに突入すると見られている。

 *組合メンバーは、同社の中でも大量に機械化されているモハラクウェナ鉱山を
  含む一部の操業施設に集中している。
モハラクウェナ鉱山は同社で最も利益を
  上げている鉱山。

 *アンプラッツ社は会社側として合意に至ることを希望すると表明。

 *世界のプラチナ鉱山生産は2016年見通しで約183.5トン。うち南アが7割を占め
  約133.4トン。

 *アンプラッツ社によれば、今年の白金生産量は約71トン~77トンの見通し。

 *南アのプラチナ鉱山会社各社は電力や労働賃金を含むコスト増大から組合側に
  多額の賃上げを支払うことは出来ないと表明している。
  目先は南アの白金生産大手インパラやロンミンの賃金交渉の行方が
  要注目される。

2014年の白金鉱山ストでは31トンの生産が失われる

 2014年に南アのプラチナ生産大手、アンプラッツ、インパラ、ロンミンの上位3
 (3社で約100トンの生産)の鉱山労働者が賃上げ闘争から、5か月間のストライキ
 を実施。ストには7万人以上が参加したといわれる。このストライキのときは、
 31トンのプラチナ生産が失われたと分析されている。


お知らせ

 KOYO証券では、毎月セミナーを開催中!  

 細はこちら

 
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 為替ブログへ
読者の皆様にお願い
当ブログのコメントは、断定的判断の提供や相場の確実性の保証を目的としたものではありません。 投資判断につきましては、自己責任にてお願いいたします。
お問い合わせ

CXトレーディング事業部

フリーダイヤル:0120-901-311

午前7時~午後6時
(土・日・祝日を除く)

KOYOトレードサポートデスク

フリーダイヤル:0120-936-264

平日午後6時~翌午前7時
祝日午前6時55分~翌午前7時
(土・日・祝日を除く
土曜日は午前6時まで)

にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

にほんブログ村 為替ブログへ