KOYO CX BLOG

商品先物取引(CX)のプロが、金・原油・為替のマーケットを読み解く

2017年01月

商品先物取引の対面手数料が業界最安水準!(※1)
さらに、金、プラチナ、ゴールド100の整理商い(※2)の決済時手数料を実質無料!!

  • ※1 商品先物取引業者21社の対面・通常取引手数料を比較、2016年9月14日現在 当社調べ。東京金標準の平均片道手数料(税込)は10,042円/枚、東京白金標準は5,698円/枚
  • ※2 整理商いとは、限月に関係なく同一銘柄の売り買い同一枚数の同時決済のこと

日中は担当の営業スタッフが、夜間は専門のサポートデスクがお客様のお取引を24時間サポートします。

産地タイのゴム輸出業者、洪水被害でもゴム輸出への影響は軽微

※31日のロイター通信のレポートによると、世界最大のゴム生産国タイの
 輸出業者は、主要産地での洪水被害が起こったすぐ後でも、予定されていた
 船積みに関しては、相当量のゴム在庫を確保していたため、ごく最小限の
 混乱でおさまっているという。

 *世界の天然ゴム価格は今週、洪水によるゴム農園への水没被害から、
  供給懸念で5年ぶりの高値に急騰した。

 *タイのゴム輸出業者は、ロイター通信に、在庫を十分に確保しているため
  船積みに大きな影響は予測していないと語っている。

 *タイ・ラテックス協会によれば、“ほとんどの輸出業者が昨年11月から供給用に
  在庫を積み上げているため、今でも1月積みを行っているし、
  2月積みも順調だろう”と述べている。

 *タイ南部主要産地ナコンシータマラートのゴム輸出業者、A.T.S.ラバーは、
  輸出用にたくさんの未燻製シート原料ゴムを抱えている、としている。

 *タイ・ゴム協会によれば、タイ政府が備蓄在庫からゴム約10万トンを214日に
  入札予定で、タイ国内のゴムは供給面でも、更に後押しを受けるかたちと
  なっている。

 *欧州やアジア向けにラテックスを輸出している南部ソンクラーの業者は、
  複数の小口業者で、船積み遅れが見受けられるが、南部の洪水はすでに
  水が引き、今週、ゴム農家はタッピング(天然ゴムの樹液採取)作業の再開に
  入っていると指摘。

  業者はロイター通信に、“何も心配はしていない”、と語り、“先週は若干の
  船積み遅れがあったが、来週中には、オーダーを完璧に遂行できるだろう”と
  予測している。

 *また一方で、タイ南部ソンクラーの別の業者は、毎月、中国向けにラテックス
  約2万トンを今もなお、船積みできている、と述べている。

 2017年2月開催セミナーのご案内   

         細はこちら   

にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 為替ブログへ

タイ政府、来月14日にゴム10万トンを入札予定

※ロイター電によると、タイ・ゴム協会はロイター通信に30日、タイ政府がゴムの
  備蓄在庫から10万トンを214()に、入札予定であることを明らかにした。

  *タイ政府は今月、今年最初の入札で備蓄在庫から98,000トンをすでに売却。

 *来月の入札予定分を入れると、政府の備蓄在庫31万トンから今年にはいって
  合計198,000トンを売却することになり、政府のゴム在庫は残り112,000トン
  となる。

 *タイ政府は年内に残りのゴム在庫も処分する予定であると伝えられている。

 *タイ軍事政権は、2014年にゴム価格が下落したときに農家からの買い取りを
  開始していた。

 2017年2月開催セミナーのご案内   

         細はこちら  


 
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 為替ブログへ

現物需要は価格が高値圏なことで鈍く、中国が週末から旧正月入り

20日のロイター通信のレポートによると、金価格が跳ねているにも関わらず、
 世界第2位の金消費国・インドでは、政府による金輸入税引き下げが予測される
 ことから、バイヤーは現物購入を手控え。

世界最大の金消費国・中国も週末からの旧正月入り(春節⇒1/272/2まで
 中国市場は休場)と価格が高値圏なことで需要が停滞、ほかアジア圏の主要地域
 でも需要は鈍い状況と伝えられる。

 *インドの卸売販売業者によれば、“バイヤーは政府による予算案での金輸入税
  引き下げが見込まれることから、購入を先延ばしさせている”と指摘。

 *インド財務省は21日に2017年度(174月-183)の予算案を発表する。

 *インドの貴金属業界は、インド政府が20138月に金輸入税を10%に
  引き上げてから、増加する金の密輸に対抗するため、
金の輸入関税引き下げを
  求めている。

 *今月4日には、インド商工省高官の話として、財務省に金輸入税を現行の
  10%から6%に引き下げるよう求めている、と伝えられていた。

 *インド・ムンバイの銀行ディーラーは、“価格が不安定でバイヤーは
  困惑している。
  政府が高額紙幣を廃止して以来、投資需要は大幅に落ち込んでいる“と
  伝えている。

 *一方、世界最大の金消費国・中国では、中国の輸入銀行のディーラーに
  よると、価格が高値圏のため需要は鈍く、金現物は14ドルのプレミアム
  (割増金)と前の週の17ドルのプレミアムから下落している、という。

 *香港とシンガポールの金現物プレミアムは約1-1.30ドルのプレミアムと
  前の週からほとんど変わらず。

 *香港の金現物ディーラーは、“金価格が1,1901,200ドル超に上昇してくると、
  需要は落ち込み始める。中国では旧正月に向け、たいてい需要は停滞するが、
  今年もそのケースだ”と述べている。

 *東京では、前の週の1ドルのディスカウント(割引)と比較して50セントの
  ディスカウント。

  東京のトレーダーは、“日本では中国の旧正月前に産業需要が回復している。
  ただ、価格が高値圏なことからディーラーによる買戻しがより多く見受けられ
  る”と伝えている。


 2017年1月開催セミナーのご案内   

         細はこちら  

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 為替ブログへ

タイ最大のゴム生産業者スリトラン、今年、20%増のゴム販売を予測

20日のロイター電によると、タイ最大のゴムメーカー、スリトラン・アグロインダストリーはロイター通信とのインタビューで、同社が今年、前年比で+20%増の170万トンのゴム販売を見込んでいると報じている。

*スリトランはタイ北部にゴム農園を展開していることから、タイ南部での洪水に
よる生産の影響を受けていないとしている。

*スリトランはまた、今年の生産能力を2016年計画の240万トンから270万トンに
キャパを引き上げることも計画している。

*スリトランによれば、同社のゴム製品の約80-85%を主に中国向けに輸出しており、残りは国内使用に向けられている。

*タイ・ゴム庁によると、タイ南部の洪水被害により、今年のタイ天然ゴム生産は
当初予測の474万トンから
7.6%減産の438万トンに落ち込むと予想している。

*スリトランのディレクターは、“ゴム価格は底入れし、少しも供給過剰ではない。南部の洪水が新たな価格上昇要因だ”と分析している。

にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 為替ブログへ

タイ南部ゴム主要産地の洪水被害で現地ゴム農家は大打撃

20日のロイター・レポートによると、世界最大のゴム生産国タイ南部の、天然ゴム主要産地ナコンシータマラートでは

洪水被害により、現地のゴム農家は深刻な打撃を受けている、と伝えている。

*あるゴム生産者は、“洪水で、何十本もしくは何百本のゴムの木が枯れた”
という。

*タイ南部では季節外れの豪雨による、数週間にわたった洪水で45人が死亡。

世界最大の天然ゴムを輸出する主要産地では、タッピング(天然ゴム樹液の採取)
最盛期だが、洪水により作業が中断している。

*タイ・ゴム庁はロイター通信に、洪水被害の結果、今年のタイ天然ゴム生産は当初予測の474万トンから7.6%減産の438万トン〔減産幅は▼36万トン〕に落ち込むと
予想している。

*タイは世界天然ゴム生産の約40%を占め、その大部分が自動車タイヤに
使用される。

また、南部産地はタイの天然ゴム生産の約3分の2を占める。

*ゴムの業界団体は、タイ産ゴムへの長期的損害を十分に査定するのには、
まだ時期尚早との見解。

というのは、ゴムの木は長期間、水浸しにならなければ、回復する可能性があるからだ、としている。

*ゴムの木は生産を開始するのに7年を要し、生産寿命は約30年とされる。

*最悪の洪水が直撃したナコンシータマラートのあるゴム農家は、毎日ボートで所有のゴムの木をチェックしているとし、自身が保有するゴム農園の大部分、180ヘクタールが被害を受けたという。

*タイの気象学者は、太平洋からのラニーニャによる異常気象が原因で、タイ南部の天候が、今月末まで降雨が降り続く可能性を予測。

*ロイター・データによれば、洪水により、ナコンシータマラートの未燻製原料
シートゴムUSS3号の価格は、堅調に推移。

19()には約4年ぶり最高値84.32バーツをつけた。

*それにもかかわらず、現地農家のほとんどが不利益を受けているとされる。

ある農家は、“所有するゴムの木すべてが枯れてしまい、タッピング(天然ゴムの
樹液採取)がまったく出来ない。

農園では、洪水で膝まで浸かり、4人の子供のためどのくらいの援助を受けるか
考えている“という。

にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 為替ブログへ
読者の皆様にお願い
当ブログのコメントは、断定的判断の提供や相場の確実性の保証を目的としたものではありません。 投資判断につきましては、自己責任にてお願いいたします。
お問い合わせ

CXトレーディング事業部

フリーダイヤル:0120-901-311

午前7時~午後6時
(土・日・祝日を除く)

KOYOトレードサポートデスク

フリーダイヤル:0120-936-264

平日午後6時~翌午前7時
祝日午前6時55分~翌午前7時
(土・日・祝日を除く
土曜日は午前6時まで)

にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

にほんブログ村 為替ブログへ