アーカイブ

2007年03月

カテゴリ:
 とあるNPO団体の方と会合。うづきハウスに来てもらってゲストハウスの概要について説明する。
 向こうの活動のこともいろいろ聞いたのだが、最終的にウチがやりたいこととゴールは一緒だと思う。ただ「もうすでに実際いろいろなことに着手している」ということで圧倒的に差をつけられている現実にちょっと焦った。「資本が足りない」とか「法律に阻まれる」とか言い訳をしてまだ踏み出せないでいるけどそうこうしているうちにタイミングを逃してしまったのでは意味がないもんなあ。
 ただし俺は“商売”としてそれを確立したい。当然それに関わる方々にも利益をたくさん与えたいけれど、俺のほうもしっかり儲けたい、というか。根っからの商売人なのか!?将来なんかで捕まったらこの文章が引用されるんだろうなあ。
 このNPOさんとは今後お互いに協力し合っていければ、と思う。次回はうちの住人と一緒に遊びに行く予定。

 夜、妻がお食事会なので、前から行ってみたかった渋谷マークシティ裏の焼き鳥屋でちょっとだけ飲む。一人客はもちろんカウンターに座らされるんだけど、狭過ぎて隣が気になって仕方が無い。焼き鳥も美味かったけどもつ煮込みが気に入った。

肉屋復活

カテゴリ:
e44b8c8b.jpg 今日、初台と笹塚に用事があったので新宿から散歩がてらガツガツ歩いてたら桜がとっても綺麗な公園があった。そこで小学校低学年の子供たちと親たちが花見をしていたんだけどガキどもはみ〜んなニンテンドーDSをやってんのね!満開の桜の下でよ!なんか心にしこりがのこる風景だった。

 ところで、さつきハウスがある二子新地を降りて郵便局へ行こうと商店街を右に進んでいったら真新しい建物が・・・。よ〜く見たら肉屋じゃん!以前この奥に古びた肉屋(と八百屋)があったんだけどてっきり潰れたと思ってたらリニューアルオープンだったんだね。次回のパーティのときはここを使ってみよう。
 でも何か真新しい肉屋(病院っぽい建物なんだよな)って高そうな感じだよね〜。

カテゴリ:
 読売新聞効果で問い合わせ数もHPアクセス数もブログ訪問数も倍増しました!いや、やっぱりその影響力は凄いなあ。
 問い合わせでは「入居者が減少している下宿やアパートをゲストハウスにしたい」という地方の大家様からのものが多いです。有り難うございます!

 土曜日はうづきハウスで送別会。今回はKさんとSくんが餃子とキムチ鍋を用意してくれました。美味かった〜。俺、手作りの餃子って好きだなぁ。
 ところで飲んでる時「各々、カラオケではどんな歌を歌うのか?」という話題が出た。正直に言うと俺はめちゃめちゃ音痴である。母親には「あんたの父親と同じ」といわれているので、これは遺伝子の宿命としか思えない。新入社員のとき会社のコーラス部に所属させられ、大会前の練習中先生が「誰か一人だけ大きく外れてるっ!」と怒っていたけど、あれ、俺のことです(←その時は「誰だよ、練習のじゃますんのは!大会直前なんだぞ!」なんて顔して必要以上にキョロキョロしてた)。
 なので、カラオケには行きたくない。特にゲストハウス住人の前で歌いたくない。これまで俺が築き上げてきたものが一気に崩れ去る可能性もあるからだ。今までも各ハウスで幾度が誘われたことがあるけど、なんとか切り抜けている(一度だけ、さつきハウスで、オーストラリア、マレーシア、日本の国際的カラオケはしたことある)。
 幸い、今回もどうにかそういう話にはならずに済んだ。俺、酔っ払ったら「よ〜し、今度みんなで行こうぜぇ!!」なんて無責任な約束をしちゃいそうなので今後気をつけねば。

カテゴリ:
 うづきハウスの皆と元住人Yくんが出演している東京Salad Box『Search』を観に行く。
 ザムザ阿佐ヶ谷の建物(ラピュタ)って何か見たことあるなぁ、って思ったら先月の『サイゾー』に載ってたんだな。50人くらいの小劇場って始めてだったけど、あまりの舞台との近さにこっちが緊張しちゃったよ。
 観劇後は南阿佐ヶ谷の居酒屋で飲み会。いや〜、面白かった!今観たばっかりのやつを肴にあ〜だこ〜だ言うのって良いよなぁ。よく考えたらプロレス研究会時代もこんな感じだったんだよね。今度はみんなでプロレスに行きたいよなあ。でも参加者は俺を含めても2、3人だろうなあ。
 

カテゴリ:
 昨夜はさつきハウス住人の二人と荻窪のマレーシア・レストランに行ってきました。久しぶりのマレーシア料理はホントに美味しかった!生ビールがなかったのは痛かったけど・・・(隣のスナックから取り寄せるんだけど、そこがたまたま休みだった)。紹興酒1ボトルが今、俺の身体を蝕んでます。
 ところでいくつかお知らせを。
 現在発売中の『¥en_SPA! ’07年春 4/2号』(扶桑社)でうづきハウスの様子が紹介されてます。Mくん、協力有り難う!
 それと『読売新聞 25日付 日曜版1,2面』でこよみ屋とこよみ屋プラスのことが載ります。お楽しみに。
 最後は『親より稼ぐネオニート「脱・雇用」時代の若者たち』(扶桑社新書)。これに14ページに渡りワタクシのことが取り上げられてます。おかげさまで「こよみ屋プラス」の方へ問い合わせが増えましたよ!
親より稼ぐネオニート―「脱・雇用」時代の若者たち


 ホント、好意的にマスコミの方々に取り上げていただいてありがたいです。

このページのトップヘ

見出し画像
×