アーカイブ

2007年11月

ごめんなさい二子新地駅

カテゴリ:
a76eed38.jpg先日、「この工事、永遠にやってんじゃないの?」と疑問を持った二子新地駅だが、今日よく見たらコーヒーショップやらなにやらが完成寸前でした。
このままヤングが集うオシャレな街になったらどうしよ。
そういえばある会社の「住みたい街」ランキングで二子新地は40何位だったからな。首都圏でだよ。結構凄くない?
あ、ちなみにその二子新地さつきハウスで見学者のドタキャンがありました〜。日本に来たばかりで携帯電話を持っておらず、こっちから連絡ができない・・・。
今朝までメールでやりとりしてたのに。慣れているとはいえ俺の二時間を返してっ。

入居の条件

カテゴリ:
71c6c9fe.jpg今週はさつきハウスで何人か外国の方の見学を受け入れた。
皆一様にハウスを気に入ってくれその場で契約を結ぶ直前までいくのだけど、細かいルールを説明する中で『基本的に友人の宿泊禁止』という項目がネックになり、入居にいたらなかった。
他の業者さんではOKにしているところもあるし、ウチでも事情を考慮して許可する時がある(田舎から数日お母さんが上京してくる、とか)。
でも例えば「毎週金曜の夜にガールフレンドが泊まりに来る」ってのを"良いですよ"とは言えないんだよなあ。まあ、ルームシェアに慣れている欧米の方々は「それは自己責任じゃないのか」と言うかもしれないけど、そのハウスに住んでいる他の住人の気持ちを考えるとねぇ。
なので今回はいずれも断らせていただきました。残念!
(写真)
や〜〜〜っと完成した二子新地駅のトイレ。何年かかってんだ!?
しかし、駅の改装はまだ続いているから侮れない。これだけの年月があれば都庁くらいならもう一棟建てられるんじゃない?

初台初パーティ

カテゴリ:
492c2c60.jpg初台『にこばるハウス』にてオープン後初パーティを開催。
この日は、深夜に仕事がある人やまだ入居をしていない人も来てくれて全員が参加し、初めてにしてはなかなかの盛り上がりでした。
オーナーが前日に解禁されたばかりのボジョレー(とビールも)を差し入れしてくれたのも助かりました。有り難うございます!
メニューは「豆乳鍋」「豚キムチ」「サラダ」「お菓子各種」。
この「豆乳鍋」は俺がハウスで鍋を作る時「石狩鍋」「トムヤンクン鍋」に並ぶレパートリーのひとつで、あまり食べたことがないけれど大人数でなければ作る気がしない、と大抵の人が感じるもの。「おでんの素」を入れるのがコツだね。

これからいよいよ忘年会の季節。所有するゲストハウスの数および俺の交友関係が増えるにつれ、参加する会の数も飛躍的にアップ。このままだと来年辺りは石原軍団の忘年会とかに参加しているかもね。

全日本ゲストハウス総合サイト

カテゴリ:
37f8c0a9.jpg 突発的に『全日本ゲストハウス総合サイト』(ベータ版)というものを立ち上げました。ま、今までのリンク集を独立させたものなんですけどね!
 とりあえずは日本にあるデイリー(一泊から宿泊できる)のゲストハウスを網羅していく予定です。マンスリー編はず〜っと後で。今のところ試作バージョンなので大々的には告知していません。
 まだ載っていないハウス業者さんから情報をいただいているのですが、数が多くてこなせていません。もう少し待って下さいね。
 リンク先のゲストハウス情報を見ると、いろいろなサービスや部屋のタイプがあって面白いです。もうちょっと掲載数が増えたら完全独立したページにして、コラムや宿泊した方からの感想などをどんどん登用していきます。
 どっかスポンサーになってくれないかな。

墨田川で沖縄

カテゴリ:
ef080e92.jpg所用で墨田川近辺をウロウロする。河原で少しの間でも心落ち着けこれまでの人生をしみじみ回顧と反省しようと腰を下ろしてみたものの、フェリーが通ったり高校生がイチャイチャしてたり子供がサッカーしてたりしたので5分でギブアップする。
駅に向かう途中、沖縄のあるゲストハウスさんから電話。現在の沖縄の子細な情報を得る。とにかくゲストハウスのオープンラッシュで、これには良い面と悪い面があるとかなんとか。
俺も東京で「一泊から宿泊できるゲストハウス」をやる夢はまだ諦めていないけど問題は山積みだ。

このページのトップヘ

見出し画像
×