アーカイブ

2008年04月

オーストラリアン・ブラザーズ

カテゴリ:
93c3452c.jpg 現在、うづきハウスにオーストラリアンのCとMの兄弟が滞在している。Cはこよみ屋オープン時の5年前さつきハウスに住んでいてその後はオーストラリアに帰国、日本に来るたびにウチを使ってくれているのだ。
 身体は会うたびにマッチョになってるけど、人柄の良さというか性格の良さも赤丸急上昇。大人になったからかなぁ。
 今回オーストラリアから我々夫婦や息子にお土産を買ってきてくれた。特にボタンを押すと音楽が流れるおもちゃは息子の大のお気に入り。
 その後に一緒に飲んでた時に「ウチの息子が耳の病気でさあ(←中耳炎なんだけどそんな英単語知らないしね)」ってCに話したら、後日彼からメールが来て「耳の病気って俺が持ってきたおもちゃのせいかい・・・?」だって!もしかしてこの数日それで悩んでたの!?
 急いで「いやいやそうじゃなくて菌のせいなんだよ」とメール返信する。
 そういや同室の男の子からカップラーメンを貰ったらどんなお返しをするべきかどうか悩んでいたらしいし。
 なんか胸がキュンっとしちゃうよね。
 こういう友人ができただけでもゲストハウスをやって良かった!と思うわけです。
 

カテゴリ:
 何気にこの二週間くらい忙しく、思うように仕事がはかどらない。実はあるサイトをを2つ製作中なんだけどまだまだ発表はできません。早くなんとかしなくちゃなぁ。
 来月末から若竹ハウスにOくんが再び滞在。アメリカでの勉強を終え、日本で就職するために帰国。そこでまたウチのハウスを選んでくれる、ってのが嬉しいね。

カテゴリ:
 先日さつきハウスのNさんに英語勉強のための本を推薦してもらった、と書いたが昨日は勉強の仕方に関する資料をコピーしたものを頂いた。
 最近特に思うのだがやっぱり俺の英語は所詮「旅行英語」なんだよなぁ。「単語並べて後は気合いとジェスチャー」みたいな。先日うづきハウスでパーティをやったときに外国の方が3名参加したんだけど、英語を話せる住人達はちゃんと過去分詞や進行形や三単元のSを使ってるんだよ。と〜っても羨ましく思いました。

またタクシーで・・・

カテゴリ:
e49e86cf.jpg 日本ゲストハウス連盟の理事会。1月に関東の全ゲストハウスに呼びかけて消防庁の方の講演会を開催したのだけれど、次回は6月に同様のイベントを行う予定。やっぱりこの業界もこれだけ大きくなってきたら横のつながりをもっと強くするべきなんだろうなぁ。
 その後は近くの居酒屋で飲み会。そこでもいろいろ論じているうちに酒の量がどんどん増えていって・・・いつの間にか記憶がうっすらとしか残っていません。今日はそんなに飲まない、と舐めてかかっていたので「ウコンの力」を摂取しておらずなんだかその分も酔っ払ってしまった感じだ。
 で、上野(飲んだのは新宿だった。何故?)からタクシーで帰る。幾ら払ったのか怖くて領収書を見ることができません!
 ちなみに写真は上野でタクシー待ちをしているとこかな?

カテゴリ:
 今年に入ってから週2〜3回のペースでスポーツジムに通っている。器具を使うのよりもエアロビやヨガやキックボクササイズで汗をかくのがお気に入りだ。謎の偏頭痛も全くなくなったし。
 でも平日デイタイムだと周りのほとんどは年配の方々で、この人たちの行動にイラっとすることも多い。サウナで一緒に汗を流していた人が部屋から出て行くと皆であからさまに悪口を言ったり、態度が気に喰わない、とスタッフに毎回難癖をつけたり。今日は若いエアロビの先生の携帯番号を太ったおばさんが聞きだそうとしていた。先生はかなり嫌がっていたけどどう対処したんだろ?あ、それとこないだは男子更衣室で素っ裸のまま血圧測定をしていたオッちゃんがいたな。アレが完全にイスに密着してるって!
 何だか皆、歳を重ねることで「自分が正しく、それに適応しないものは全て間違っている」という考えがガッチリ固まっちゃっているのね。受け入れる余裕が全然ないというか。
 俺も気をつけなくちゃな〜。

 -閑話休題-

 さつきハウスがある二子新地駅近くに『豚子新地』というナイスネーミングなとんかつ屋ができた。このセンス侮れない・・・。まだ行ってないけど気になるね。

このページのトップヘ

見出し画像
×