アーカイブ

2009年05月

十条銀座は総菜の宝箱や

カテゴリ:
d12c5aa0.jpg十条「若竹ハウス」近くの鳥大
TVや本でさんざん紹介されている人気の鶏肉専門店。あい変わらず行列ができてます。
俺も何度かここの総菜を食べたけどやっぱり安くて美味しい。
でも十条(東十条も)には同じような値段で同じような総菜を売っている店がいくつもある。まぁ味オンチの俺だから不確かだけど、どこもそれほど値段&味が違うようには感じられないのだ。それでもこの鳥大は行列ができるほど繁盛するのは何故?
ここにヒットを生み出すための宣伝広告における経営ノウハウの大切な要素があるような気がするのだが面倒だから分からないことにする。

久しぶりの生観戦

カテゴリ:
8ef121c6.jpgIWAジャパン15周年記念大会を観戦する。
・・・と言っても何のことか分からないだろうなあ。
IWAジャパンとはプロレスのインディー団体のこと。現在はツンデレ美人ハル・ミヤコ率いるUMA(未確認生物)軍団が席巻しているのだ。
久しぶりの正統派(?)インディーの大会だったけど、思った以上に楽しめた。観客もやっぱり通常の団体とは違った顔ぶれだもんなあ(ビール購入時、俺の前はハチミツ二郎さんだった)。
大会後は一緒に観戦したカルト・キング(フジテレビの伝説の番組『カルトQ』で優勝)と猪木酒場へ。
俺らが揃うとかなりレベルの高いプロレス話が繰り広げられるのだけど、いつも時間が足りないのだ。でもこの会話は好きなことをに没頭できている解放感から凄い気持ちがいい(だってプロレスの深くて広い話って普通できないからね)。

初台にこばるハウスのオーナーに山登りのエキスパートを紹介してもらい、いろいろ質問攻めにする。
「素人が朝出発して夕方ふもとに到着する長さで、登り終わった後、”あ〜、思ったよりしんどかったなぁ。でもあと一ヶ月後くらいにはもう一回登ってもいいなぁ”って思う山」をリクエストした。できれば「下りたところに温泉があればベスト」。
そうするとやっぱり山を数多く登ってる人って候補地がサクサクっと出てくるんだよね。
飲みながら話してて4時間、御岳山・櫛形山・公時山・西沢渓谷・etc...
いろいろ出たけどまずは初心者なため定番すぎて躊躇していた高尾山で自分の実力を測ってみることに。
いや、なんだか楽しみになってきた!
東京・首都圏 駅から登る山歩き (ブルーガイドハイカー)東京・首都圏 駅から登る山歩き (ブルーガイドハイカー)
著者:中田 真二
販売元:実業之日本社
発売日:2001-10
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

カテゴリ:
全日本ゲストハウス総合サイト登録ページを追加する。GW明けてからずっとかかりっきりだった。
「CGI」とは何ぞや、というところがどうしても理解できなくて今まで敬遠してたけど、まぁ何となく分かったような気がするままで強引に作業を進めてきた。サーバー会社の担当の人がいろいろ教えてくれてホント助かりましたよ。
他のサイトにあるアンケートや情報登録なんかのページなんてのはこれまで何の疑問も持たずに使用していたわけだけど、実際自分で作ってみるとこんなに面倒だったのか、、、。
ただしhtmlの構文をじっと見つめて、あ〜でもないこ〜でもない、って考えるのは意外とキライじゃないことを発見した。これは今回収穫だね。
おかげで早くも数件登録依頼が来ました。

カテゴリ:
何だかんだ言ってもこのブログは商売目的のためにやっているわけで、あんまり余計なことは書かないようにしているんだけど、最近イラッと来ることがいくつかあったので二つだけピックアップしてみたいと思うんです。

1.ある個人のゲストハウス・オーナーからの質問電話が本当に鬱陶しい。彼は自分ではゲストハウスについて全く関心がないものの、不動産屋から「儲かる」と言われてかなり小さめのゲストハウスを始めたらしい。それはそれで俺は全然構わないんだけど、とにかく些細なこと(「ハウスに行く時は全員の許可を得てから行くのか」とか)から大事な事項(「どこに宣伝広告を打っているのか」とか)まで何から何まで聞いてくるのだ。
ただしそこは同業のよしみで「面倒だなぁ」とは思いつつも最初は丁寧に教えていた。
が、彼と住人との対立が深まったある時、「やっぱりそこまで問題が大きくなっているなら、○○さんと住人でもっと交流の場を持った方がいいですよ。酒でも飲んで信頼関係を作った方がいいですよ」と言ったら「そういう気は全然ない。こっちのことが嫌だったら出て行ってもらった方がいい」って返された。この時から「結局俺が教えても根本から違うから無駄だな」と思って距離を置くようになった。このままやっててもこのオーナーも住人も不幸だとも考えた。
が、やっぱり今でも多い時には週1回電話してくるのだ。基本は出ないようにしてるんだけど「非通知」で掛けてくるから「入居問い合わせでは!?」と不安になったりする。よく考えてみれば「非通知」ってのも失礼だよなあ。
商売をやってみて分かったけど、ゲストハウス業に関わらず、世の中の「事業者」には「他人に聞いたら何でも教えてくれる」という考えを持った人はホントに多い。

2.ドタキャン。また最近増えて来たよ・・・。まぁたとえば見学の日に何か急な用件ができ、かつ電話できない状況に陥った、ということだってあるかもしれない。でもこちらからは電話をしているんだから、出てちょうだいよ、、、。
前にも書いたけど、「道に迷っているんじゃないか」とか「電車の遅れ?」とかいろいろ遅くなる理由も考えられるんで1〜2時間は待つことになる。
俺はそれでも「これも仕事のうち」と割り切れるけど、見学に来る部屋にまだ住人が住んでいて、見学日にたまたまその住人が在宅だった場合、その人までソワソワさせることになるのだ。
なので、「当日、行くのが嫌になった」って理由でも構わないから連絡だけはして下さい!

このページのトップヘ

見出し画像
×