アーカイブ

2011年05月

地震/石巻の状況(14)

石巻でシェアハウス/ゲストハウスをやりたいといろいろなところに書いてたらちょくちょく好感触のコメントをいただく。「いっしょに暮らす安心感」を提供できれば、と思っているんだけれど、まぁ超えなくてはいけない壁はいろいろある。
その中の一つは「採算」のこと。
俺がやる場合は、基本的に利益は出さなくても、という考えではあるが、俺が石巻にシェアハウスを建てたり、中古物件を購入するのではないから、「ハウスオーナー」が必要なわけだ。ただその方に「全くの無料でお家を提供して下さい」と頼むわけにもいかず、そこのところはキチンとしていないとオープンはまだしも「継続」ができないと思う。
まぁ焦らずにじっくりと進めていきたいと思っているのだけれど。
-------------------------
2011050210340000ウチのシェアハウスからも何人かが東北にボランティアに行ってくれたらしい
会社でボランティアを企画し、有志を募って自分達の車で行ったりするらしいので、それは凄い嬉しいこと。で、行った人の多くが「あの状況は見ておいた方がいい」というのは同じなんだよね。あの状況を頭の中に焼き付けておくのと、そうでないのとでは、何か災害が起きた時の対応が違うのではというのは俺も同じ考え。

このブログでボランティアのことを取り上げてから「体力に自信がないけれど、ボランティアに行っても何もできないのでは?」という悩みを聞く。それをボランティア経験者の友人に訊いてみた(メールでくれた文を要約してます)。

「ボランティアに関しては、確かに今は家の片付けなど力仕事が中心になっている。ただ、女性や力仕事が苦手な人は、力仕事ができそうな人と組んで、そんなに力のいらない掃除をやるとか、役割分担することができると思う。俺も2日目は女性と組んだが、女性は掃除してたよ。家の中なので、結構細やかな作業が求められている感じがした。
 ボランティアセンターがある大学からの移動時間を含めて、午前10時から午後4時までの活動時間なので、実働もそんなに長くないし、休憩もある。どうも力仕事が多いようだが、あくまでもボランティアであり、別にだれに怒られるでもないし、みんな大人だから、きついことも言われないし、気にしなくていいのではないかなあ。」

2011050210520000ちなみに友人は仕事が決まるまでの流れも送ってくれた。
初めての人は午前8時半に、大学にあるセンター受付で、登録用紙(A4一枚)に住所、氏名、年齢、ボランティア保険の加入状況などを書く。それで服に張るステッカー(名前を記入)をもらう。
その後、センター担当者が「集まってください」と呼びかけるので、そこに行くと、仕事の手配が始まる。まず、「車出せる人いますか」と聞かれるので、可能な人は「何人乗れる」「何人乗れる」と手を挙げて、申告する。そうすると今度は「車ない人で3人」とか言うので、すかさず手を挙げると、「あなたとあなたとあなた」というふうに指名されて、こちらに来てください、と少し離れた場所で、今度は仕事の内容の説明に移る。毎朝、この手配作業がボランティアの人数分だけ延々と繰り返される
仕事の説明は、住民からのニーズが書かれた依頼用紙に沿って行われる。そこに住所、名前、依頼があった仕事内容、必要な道具などが書かれている。この際に、グループのリーダーも決める。リーダーは、依頼者との折衝のほか、終了後に報告書を記入することになる。たいていは車を出す人がリーダーになる。仕事の内容が分かったら、資材倉庫に資材を借りに行く。スコップや土のう袋、ほうきなど、必要なものが20短擁ぐらいの大きな倉庫にいっぱい入っている。そこで道具を借りて、車に積み込み、出発となる。
 ボランティア2日目以降の人は毎日からのスタートとなる仕組みだとか。 

「被災地を見に行く」という人も多いらしいのだけれど、行くのならそこにボランティアも組み入れていただければ嬉しいです!それと向こうに行ったら現地の食堂でご飯を食べてくれればなお嬉しいです!
石巻市災害ボランティアセンター http://msv3151.c-bosai.jp/group.php?gid=10163


空き部屋情報
家賃は光熱費込み。これ以外に毎月掛かる費用はコインランドリーのみです。
ホームページはこちら http://www.koyomiya.jp/

■□■若竹ハウス/JR埼京線 十条駅 徒歩5分■□■
商店街「十条銀座」すぐそば。この地に暮らしたら居心地が良すぎてなかなか離れられません!池袋(5分)新宿(10分)渋谷(16分)まで乗り換え無しです。
[個室] 4.5畳 59,000円(光熱費込)

■□■うづきハウス/井の頭線 東松原駅 徒歩4分■□■
こよみ屋の中でも1,2を争う人気のゲストハウスです!渋谷、新宿、吉祥寺のどこへでも出やすく、下北沢なら歩いても行ける立地抜群のハウスです。
★4月生まれの方毎月500〜1000円ディスカウント★
[女性用個室] 64,000円(光熱費込) ※4.5畳
[男性用ドミ] 43,000円(光熱費込) ※8.6畳+大クローゼット ※6月中旬より

■□■みなづきハウス/東西線 南砂町駅 徒歩6分■□■
下町の小規模シェアハウスです。とは言ってもイオンやSUNAMOがあるので買い物にはとても便利。東京を代表する商店街、砂町銀座もあります。日本橋や銀座へ出やすい!
★6月生まれの方毎月1000円ディスカウント★
[個室] 64,000円(光熱費込) ※6畳 ※6月上旬より

【お部屋】 寝具,机,エアコン,クローゼット,(ベランダ)
【共同場所】 リビング( PC,TV,DVDなど ),キッチン,お風呂,トイレ

カレー1kg !?

東松原うづきハウスで廃品回収業者の方と打ち合わせ。パソコンのモニターと21型アナログTVで「1万円」というのは適正な価格なのだろうか?う〜ん、、、高いような気がするけど分からん
とりあえず今回は頼まないことにした。
2011052713590000その後、初台にこばるハウスに移動。途中、明大前で昼食を取ろうとブラブラする。
するとマンモスカレーを発見。これ、前は無かったよな。明大前は何気に店舗の入れ替わりが激しいような気がする。
マンモスカレー名物の1kgカレーにしようかどうか悩む。
だって1kgカレー(豚しゃぶや生卵が乗ってる)は880円、俺が食べたいチキン+ほうれん草が850円なのよ。
1kgカレーのお得感がハンパなく、心は傾きかけたけれど最終的にはチキン+ほうれん草にする。
20代のころなら躊躇なく1kgカレーだったんだろうなぁ。今日はちょっと本気で心の衰えを感じた

その後、住人の方と情報交換。最近、新しく職に就いた子が何人かいて、そういう話を聞くことは単純に嬉しい。
震災後、特に店舗販売のお店は売り上げが落ちているところも多く、「職を変わろうかどうか」悩んでいる住人もいる。この時期に動くべきなのか動かないべきなのか。「今、自分にとって結構大切な変革期」ってことばを何人かから聞くなぁ。

あ、そうそう、見学に来てくれた方がその日の夜から我が故郷、石巻市にボランティアに行くらしい。最近「ボランティアが減って来た」という情報を聞くことがあるので、凄く嬉しかったです
この話を聞いて、やっぱりこのブログでも積極的にボランティアの情報を流していこうと思いましたよ





地震/石巻の状況(13)

シェアハウス近況
来週月曜日、「日本シェアハウス・ゲストハウス連盟」で会合、懇親会があるのだけれど、震災後に集まるのは初めてなので各ハウスがどのような状況で、どのような対策を取っているのか、凄く興味がある。
ハウス運営者のみ参加ができるのだけれど、懇親会は連盟の会員ではなくても参加できるので、気軽にお問い合わせ下さい!
こよみ屋は一応専務理事になっているので直接私にメールを送ってくれて大丈夫です!
------------------------
石巻の状況2011043016060000
石巻の親から「昨日は津波で亡くなった親戚の通夜に行って来た。今日は知人の家族(5人)の葬儀。これから葬儀の連続になりそう」というメールが来た。俺の友人からも「6月は葬式が続けざまにあるよ・・・」という電話が。
どうもこれは「百か日で葬式をやる」という場合が多いかららしい。
この友人は、喪服も何も津波で流されてしまったので、それを買いに行かなくちゃいけないなぁ、なんて言ってた。
香典も含め、この時期の様々な出費はいろいろ辛いと思うよ。

今回帰省したときにちょっと驚いたのは日和山(ひよりやま)が県外から来た人やボランティア、もちろん市民も含めて皆のちょっとした立ち寄りスポットになっていたこと。
この日和山は北上川の河口からほど近いところにあり市内も見渡せるので、帰省するたびに息子を連れて行くのだけれど、花見の時以外、今のように人が沢山いる、なんてことはなかった。ラグビー部時代はここの階段を何度も往復させられたっけ。032

▲これは日和山から太平洋を向いて撮った写真


TVや新聞なんかでもよくこの日和山からのショットが映るけど、確かに震災の惨状を展望し、その凄まじさを実感するのは一番良いだろうなあ。
震災後、情報が何もない時に、「日和山に多くの人達が避難している」ということがネットで流れたので、てっきり俺の両親もここにいると思ってたからね。
三月に帰った時はまだ何もなかったけれど、今はたくさんの花束が置かれていた。034

小学生は遠足なんかでこの日和山に来ることが多いのだけれど、そこがこういう「悲しみを確認する場」になるなんて思いもよらなかったよなぁ。

■「ボランティアのことを積極的にブログに掲載して、もっと皆に知らせて欲しい。」ということを複数の方々から言われました。以前も書いたように確かにまだまだ全然ボランティアは足りていないと思う。東京にいる俺がボランティア推進を書いていいものかなぁ、とも思うのですが、ちょくちょくボランティアのことは書いていきますね。



シェアハウス大宴会!

2011052116110001初台にこばるハウス屋上で宴会。今回は「震災後の何となく落ち込んだ状況を積極的に打破するために、皆で東北の酒とか肴で飲む」というもの。
途中、出たり入ったりがあったものの最終的には30数名が集まって14~18時まで、時間をオーバーして楽しめました。参加してくれた方々、有難うございます
それにしても暑かった・・・。何年か前に多摩川でやったBBQは強風で、あの時も大変だったけど、今回も中々なものでした。まぁでも夕方近くになると大分日差しも弱まってきたから良かったけど
「叩いて被ってジャンケンポン」大会も盛り上がったのは挑戦してくれた人達のおかげです、ホント。
これからは梅雨だったり夏だったりで屋外の飲み会は厳しいかな。
ただ「ちょっとした遠足をしたい!」なんて声も挙がったので、いろいろ企画してみます。
あ、ちなみに、場所を提供してくれたにこばるハウスの住人とささやかな打ち上げをしたのだけれど、俺が帰った22時以降もまだ飲んでいたとか・・・。何時間やってんの



地震/石巻の状況(12)

シェアハウス近況
明日のシェアハウス屋上での大パーティの準備が進む。こちらが用意する飲み物は全て「カクヤス」で頼む。送料なしで冷えたビールなんかを家まで届けてくれるなんて凄いサービスだよなぁ。
これからゲーム大会の景品を買いに行ってきます

空き部屋情報
家賃は光熱費込み。これ以外に毎月掛かる費用はコインランドリーのみです。

■□■若竹ハウス/JR埼京線 十条駅 徒歩5分■□■
商店街「十条銀座」すぐそば。この地に暮らしたら居心地が良すぎてなかなか離れられません!池袋(5分)新宿(10分)渋谷(16分)まで乗り換え無しです。
[個室] 4.5畳 59,000円(光熱費込)

■□■うづきハウス/井の頭線 東松原駅 徒歩4分■□■
こよみ屋の中でも1,2を争う人気のゲストハウスです!渋谷、新宿、吉祥寺のどこへでも出やすく、下北沢なら歩いても行ける立地抜群のハウスです。
★4月生まれの方毎月500〜1000円ディスカウント★
[女性用個室] 64,000円(光熱費込) ※4.5畳
[男性用ドミ] 43,000円(光熱費込) ※8.6畳+大クローゼット ※6月中旬より

■□■みなづきハウス/東西線 南砂町駅 徒歩6分■□■
下町の小規模シェアハウスです。とは言ってもイオンやSUNAMOがあるので買い物にはとても便利。東京を代表する商店街、砂町銀座もあります。日本橋や銀座へ出やすい!
★6月生まれの方毎月1000円ディスカウント★
[個室] 64,000円(光熱費込) ※6畳 ※6月上旬より

【お部屋】 寝具,机,エアコン,クローゼット,(ベランダ)
【共同場所】 リビング( PC,TV,DVDなど ),キッチン,お風呂,トイレ
---------------------------------

石巻の状況
今回石巻にボランティアに行った友人からの報告です(要約しました)。彼は同じ石巻高校出身でその後引っ越して今は他県に住んでいる。

『ボランティアは「じゃまだ」とか「渋滞の原因だ」とか言われてたけど、ボランティアは明らかに不足してたし、俺が車に乗らなくても石巻は渋滞してたよ。渋滞の原因はがれきなどで道がふさがれてたり、狭くなってるのと、復旧作業のために、市外からの車両が裏道を知らないため、幹線道路に集中しているのが原因のようだった。
ボランティア作業は、1日目は10人で個人宅の庭のヘドロかき、2日目は8人で○○店の1、2階の片付け、3日目は、4人で個人宅の家財道具や衣類の水洗いだった。なかなか大変だ。
結構、大阪、名古屋、神奈川、埼玉とかから、縁もゆかりもない人が来てたよ。みんな偉いよね。
テント泊で大学内に泊まってたよ。なかなか得難い経験ではあった。
ボランティアの際は、長靴、ゴム手は必須。服装はサッカーとかのウインドブレーカーだったが、ズボンにはヘドロのにおいがまだしみついて取れない。服はかなり汚れるので布ではなく、ナイロンとかビニールとかカッパみたいのとか、そういう素材のものがいいと思う。とにかく汚れる。
2011050210410000関東とか関西とかの人はうまく盛り上げて石巻に来て貰わないと東北だけの力では無理だよね。
石巻に縁もゆかりもない人が仕事を休んで、多数来てくれていることに感謝だな、石巻出身としては。
半分、興味本位っぽい人もいたが、それでも手伝ってくれるのは本当にありがたいことだから。
それと付け加えておきたいのは、ボランティアを頼むのは、結局お年寄りとか、身内に若い人がいないとか社会的弱者の人が多いみたいだよ。働き盛りの若手が身近にいる人は自力である程度片付けてるからね。
そういう意味では、これからのボランティアは本当に大切になりそうだ。俺もGWの連休中も受付してくれるなら一週間ぐらい働くつもりだったんだが。夏に休みがとれれば、また行きたいとは思っている』