アーカイブ

2013年02月

南砂町『シェアハウス砂女』でパーティ

DCIM0062南砂町『シェアハウス砂女』でパーティ!
今回は外部の方々をお呼びしました。
土曜日だったけれど、うちの住人の方々は大半が仕事・・・。う〜ん、、、残念。次回は住人スケジュール優先の飲み会を企画しますね
今回は「500円+1品」制だったのですが、なかなかバラエティに富んだラインナップになりました。
トルコ人の住人は「新鮮なわかめを茹でる」という通好みのメニューを作っていました。わかめって向こうには無いんだね。
俺はビーフシチュー(18人前)を料理。
みんな、「おいしい、おいしい」って言ってくれたけど、もっと時間さえあればもっと煮込めたのに!
次はアウトドア的なイベントをすることを約束して6時間に及ぶパーティは終了しました。
あ、ビール券賞品の『番犬ガオガオ』トーナメントも大盛り上がりでした

バレンタインデー時の卓上

575462_426082704138777_1809527183_nバレンタインデーちょっと前、うちのシェアハウスの共同リビングの机の上に置いてありました。
手作りのチョコをハウスの皆にプレゼントした、とか(写真掲載のOK貰ってます)。
こういうのこそ共同生活の良さですよね!
これを見てると「シェアハウスをやって良かったなぁ」ってしみじみ思います。
最近取材が続いているのですが、記者の中には沢山のシェアハウスを訪問してネガティヴな部分を発見し、「シェアハウスって本当にいいところなの???」と疑問を持ちつつある方もいました。
そういう方々にこそ、「本当のシェアハウスとはこういうもんだよ!」って情報を提供することがこよみ屋の役割なのかな、なんて思っちゃいます。
あ、なんかエラそうだな。スイマセン。

シェアハウス管理人の一日

【AM6:30】
寝ている息子に蹴られたり耳たぶをいじられながら起床。
おそらく寝相の悪い息子のおかげで肩こり・首こりが重傷化しているのだが、先日、パパ飲み会でこのことを愚痴ると「そんなの、あと数年だけなんだから我慢しなさい。その後は父親に触るなんてないんだから」と叱責されたので、耐える。でも快適に起きる、ってのはもう何年もないなぁ
起きてすぐメールチェック。
いくつか返信する。
妻、出勤。
【AM7:20】
起きてきた息子と食事。前夜、鍋だったので、雑炊にする。
食べ終わった後、メール返信の続き。
息子はTV観てる。
5歳になっても『おかあさんといっしょ』は飽きないものなのか。
【AM8:40】
自転車で保育園へ。
帰宅後、メール。
シェアハウスの運営ってとにかく、メールのやりとりが多い。
他社の人はどうしてるんだろ
【AM9:30】
まだまだ打たなくちゃいけないメールがあるけど、家を出る。
【AM10:30】
十条『若竹ハウス』到着。
掃除担当の方が体調悪いらしく、休んでいたので、床掃除をする。
【AM11:00】
見学者を受け付ける。
入居云々は別としていろいろと話せたから凄くいい経験になった
世の中にはまだまだ人に知られていないけど、人のためになっている職業ってあるんだねぇ。
【PM12:00】
取材。
取材を受ける中で、いろいろシェアハウスのことを話していると自分の仕事の確認にもなるから非常にいい機会だと思う。
【PM1:00】
住人の方と社会問題(?)について話す。
【PM1:40】
十条駅すぐそばの『ランチハウス』で昼食。
このボリュームで680円!
DCIM0059

食べ終わった後、お金を払おうとしたら、財布に全然お金が入っていないのが発覚!!!
恐る恐る「スイマセン、銀行に行ってきます・・・」と店主に伝えたときの周りの好奇の視線が辛かった、、、。
店を出てから重要な電話を二件。
でも悪い話じゃないのであとはどこまでこちらの意見を通せるか、だ。
【15:40】
東松原『うづきハウス』 到着。
掃除をする。
男子住人(2人休日。1人出勤前)がいたので、グアムの事件のこととかバイトのこととか健康のことなんかを話す。
【17:10】
渋谷。東急ハンズでシェアハウス用の備品を購入。
途中、外国の方から問い合わせの電話。
俺のヘタクソ英語を皆に聞かれたらマズイと思い、人気のないところへ逃走。
【19:00】
帰宅。
メールチェックと返信。
肩こりが厳しくてPCの前に座るのが辛くなり、仕事を中止する。
なので、食事しながら飲酒することにした。
食事後、問い合わせの電話がいくつか。
【22:00】
息子と闘いごっこをした後、風呂。布団の中でドラえもんの漫画を読んであげて、就寝。

シェアハウス卒業シーズン

取材やら決算やらでなかなか時間が取れないです!
そうこうしているうちに引っ越しシーズンだもんなぁ。
今年の春は長年こよみ屋に滞在してくれた住人の何名かが卒業です
俺、こういうのに弱いからあんまり考えないようにしているのですが
やっぱり凄く寂しいですよ
プロレスラーのマッスル坂井が引退するときに
「みんなが『寂しくなるね』と言ってくれるんですけど、みんなでやってきた中から1人いなくなるだけだけど、僕は全員いなくなるわけですから地獄ですよ!」
と言っていたけど、卒業する住人の方も同じなんだろうなぁ。
今回は「ぜひ次回もこよみ屋をご利用ください」とは言えない理由の方も多いので(つまり結婚とかね)「またぜひ遊びに来てください」が正しいんだろうな。

とは言っても去る者もいれば来る者も。
写真は東松原うづきハウスで新入居者歓迎の「すき焼きパーティ」時の食卓(住人の方から提供)。
この日、入居の手続きが終わった時に、リビングに男性2人がいたので、「じゃぁまた今度パーティやろうね」って言ったら、「何を言ってるんですか!今日歓迎会やりますよ!」と・・・。
image

東松原シェアハウスで飲み会

DCIM0030

東松原うづきハウスでパーティ。
この日も平日だったため、20時過ぎにボチボチ人が集まってきました。
先日、同業の社長と電話で話していたときに、「え!高橋さんもシェアハウスのパーティに参加してんの!?」と驚かれたけど、やっぱり俺自体がこういう雰囲気が好きだからねぇ
と、いうよりも運営側(別に社長じゃなくてもいいけど)もどんどん参加しないといけないと思うよ。

この日は外国産のビールを通販で頼んだんだけどその3分の2が届かないという配達業者痛恨のミスがあった。
まぁそれでも日本酒一升瓶(素敵な響き・・・)があったので十分酔っ払えましたよ

うちのスタッフが餅をついたらしいけど(機械でね)、その時俺は既に帰宅していました。次回、よろしく
2185_2_IMG_3458

このページのトップヘ

見出し画像
×