アーカイブ

2013年08月

腹黒い話

日本シェアハウス・ゲストハウス連盟(http://www.jgho.org/)理事としていろいろ行動した後、理事三名で渋谷のカフェでランチ。
DCIM0318

「カフェ」と聞いただけで尻込みする俺は一人では入れないな、こういうところは。
それにしても連盟で「シェアハウス運営ガイドライン」を発表した後は何かと忙しい。

とにかく毎週毎週いろんな人と会ってるのだけれど、「二枚舌」「策略家」「腹黒い」「裏切り」「妄想」「独善的」・・・なんて言葉が頭の中を錯綜することがしばしば。

大人って怖いよな。
俺、こういうことを経験すると自分が本当に馬鹿正直に商売をしてきたと思う。
あ、別に自慢をしているわけではないですよ。
だって馬鹿正直だけでやることがビジネスを拡大するうえで良いのかどうかは全然分からないから。
なんか「そういうズルいことも必要なのか」なんて思う自分にもちょっと腹が立つんだけどね。

「腹黒い」と言えば、
こないだ、6歳の息子の下の乳歯が抜けたんですよ。
で、天井に向けて投げる、ってことになっていたのですが、どこからか歯の妖精の話を聞いて、「妖精に持って行ってもらう」ということで枕の下に置いて寝たんですね。

妻が息子が寝てる時、枕の下から歯をとって、100円を代わりに置いておいたんです。
そしたら次の日、起床してそれを見つけた息子が「あ!妖精が歯を持っていった」と大喜び!

・・・ここまでが良い話です。微笑みたい方はここで終わらせて!

それからしばらく経った昨夜、一緒に風呂に入ってると、息子が何かの拍子に「引き出しの中から歯を見つけた」と言ったんです。
俺は心の中で“きちんと隠しておけよ!”と呟きつつ、「えと、あの、その、誰がそれを置いたのかなぁ???妖精かなぁ?」なんて慌てたのですが、息子は「どうせオカアの仕業でしょ!」だって。

俺「そっかぁ、それならオカアに妖精のふりをしたことを注意しないとなぁ」
息子「ヤ!それはだまっておいて!そうすればまた今度歯が抜けたときに妖精のふりして100円くれるじゃない」
俺「・・・」

どうですか!?この腹黒さ!

シェアハウスで『あまちゃん』話

DCIM0271
初台「にこばるハウス」(http://www.koyomiya.jp/japanese_n.html)で飲み会。
俺を含め男性陣が全員NHK『あまちゃん』のファンだったことが発覚。
女性入居者が「私、一度も見たことがない」と行った時、「え〜!」と驚いたけれど、「いやいや、あまちゃんが好きならこういう驚き方じゃダメだ」ということで改めて声を揃えて「じぇじぇじぇ!」って驚きました(女性達からは「鬱陶しい・・・」とのコメントが)。
この日はいろいろな種類の酒が並び、幸せなひと時でした

シェアハウスに関する大きなプロジェクト(?)

DCIM0277シェアハウスで取材を受けました。この取材の件に関して、本当は言いたくて言いたくて仕方がないんだけれど、やっぱりまだここでは言えません
口が軽い俺がこんな感じなのでなかなかのビッグニュースだとは思うのですが、それはまた秋口に発表しますね
ところで、この日は息子が生まれて初めてシェアハウスに来た日でもあります(妻が仕事だったので、俺と一緒に行動するしかなかった)。
6歳なりにテーブルを拭いたり手伝ってくれたのですが、その代わりというか何というか、、、東京ドームシティでやってる『Wヒーローフェスティバル』に連れて行くことになりました
このフェスティバルは二年前にも行ったのですが、一日に何回か公演する『仮面ライダーショー』が凄い迫力なんです
大人が見ても興奮できると思いますよ。

あ〜、新日本プロレスのG1 CLIMAX 行きたい
こうやって生観戦をあまりしていない人間に対して純粋に「誰が優勝してその後どういうストーリー展開になるのか」と思わせるのは今の新日本が魅力的になってきた、ってことなんだろうなぁ。
1993年のG1、両国7連戦を全て観に行ったころが本当に懐かしい。
しかし1週間毎日プロレス観戦してたなんてどれだけ暇だったんだ・・・。

昨日は日本シェアハウス・ゲストハウス連盟の会合。
詳しくは後日改めて書きますが、かなり濃い話し合いの後、近くの居酒屋で懇親会。
飲み放題だったけど、泥酔しなかった俺、偉い
というのも、今日、初台にこばるハウスでパーティがあるからね
そっちに注力しますよ、俺は

暑いなぁ
今年の夏はいわゆる『脱法ハウス』問題でフォーマルな格好をしなくちゃいけない場面が多いので暑さに拍車かけるんです。
ちなみに俺は坊主でひげを生やしているんですね。
これは11年前にサラリーマンを辞めたときに、
坊主・・・髪を切るお金がもったいなかったから
ひげ・・・「若い」ということでいろいろなシチュエーションで舐められることが多かったから
という理由があったんです。
今回、官公庁へ赴くのに、坊主はまだしもひげはどうなのかなぁ、と思って何年かぶりに(6年位前にミャンマー行った時だけ剃った)剃毛したんです。
息子は剃る前に「ひげが無いなんてイヤだ」と大荒れだったんですが、実際ひげが無い顔を見せてみたら
「若く見えるからこっちの方がいい」なんて言いやがるので、これからしばらくはひげ無しで行こうと思ってます

このページのトップヘ

見出し画像
×