カテゴリ:
最近いろいろな方面から立て続けにこのブログのことを褒められる。
とはいうものの、何度も書いたとおりこのブログだけではシェア生活のことを全然紹介できてないのだ。やっぱり個人が特定されたりするようなネタはまずいしねぇ。

それはともかく今週ある住人男性から彼が現在働いている会社のことについて相談を受けた。詳細は書けないし、会社側の言い分だってあるんだろうから確定はできないんだけど、まぁ世の中にはいい加減な企業ってのはゴマンとあるんだな。
この手の話はゲストハウスにおいてよく聞く。
(会社側が悪い、としてだけど)そういう会社の経営者にとって従業員ってのはあくまで多数の中のひとつのコマであるような扱いをしているんじゃないかなぁ。
なのでその従業員が会社から痛手になるような仕打ちを受けて悩んだり困ったりしていても、それはあくまで会社運営の中で起きる多くの問題の内のひとつに過ぎない、って捉えているような気がするのだ。
もちろんその考えのすべてが悪いことだとは思わないけれど・・・。

俺がサラリーマンの時勤めていた会社はどれだけマトモだったか痛感するなぁ。俺の同期の多くが退社したらしいけど、それで他の会社に行ったヤツらはちゃんとやっていけてるんだろうか?