March 2004

March 30, 2004

これからの情報整理・知的生産をどのように行うか(日々変化するツールにどう対応するか?)

 前回のエントリでは、「情報整理・情報収集・知的生産をパソコン/インターネット中心で行う際に、紙の資料や本の整理が問題になっていく」という趣旨のエントリを投稿をした。

 今回のエントリでは、パソコン/インターネットで情報整理・情報収集を行う際に、従来の情報整理・情報収集では見られなかった新しい問題点を考えていきたい。続きを読む

kozai22 at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) IT全般 

March 29, 2004

これからの情報整理・知的生産をどのように行うか(「レガシー情報」をどうするか)

 前回のエントリでは「パソコン/インターネットを中心とした、『情報の素人』でもできる情報整理・知的生産の方法を考える必要がある」という趣旨のエントリを投稿した。

 しかし、実際に「パソコン/インターネット」を中心に情報収集・情報整理・知的生産を行った場合、いくつかの問題が出てくると思われる。今回のエントリではこれらの問題点を考えてみたいと思う。続きを読む

kozai22 at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) IT全般 

March 28, 2004

これからの情報整理・知的生産をどのように行うか(「情報の素人」にもできる情報整理方法を)

 Blogにいくつか文章をエントリしてみて驚いたのが、パソコン/インターネットを使った情報整理・知的生産の話題に関して色々な方から反応をいただけたという事だ。私と同じように皆様もパソコン/インターネットを使った情報整理には非常に苦労されているのだろう。

 これは、最近の情報整理関連の本が、未だに「パソコン/インターネットを使った情報整理・知的生産の方法」を紹介できないこともあるのだと思う。私も「情報整理・知的生産」関連の本をいくつか読んでみたのだが、どうも納得できる方法論を紹介した本が無い。これは私の視野の狭さが原因なのかもしれないのだが、これらの本の特徴は「とにかくメモを取る」「新聞・雑誌のスクラップのファイリングをしろ」という主張が多いと思う。しかし、これだけパソコン/インターネットが進歩した現在でこの方法は本当に有効なのだろうか?
続きを読む

kozai22 at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) IT全般 

March 25, 2004

「個人ポータル」は公開するべきか?

 以前のエントリ「「個人ポータル」としてのBlog」に、Mさんからメールをいただいた。Mさん、ありがとうございます(本名を出して良いのか迷ったので、とりあえずイニシュアルで)

 Mさんのメールは特に重要な事が2点含まれていて、1点目は以前に話し合った時に出た話題「今後個々のPC内部にサーバー機能が必要になるのではないか?」ということ(「ホームサーバ」のようなものを思い浮かべる方もいるかもしれないが少し違う。この点は次回以降のエントリで説明する)

 2点目は「パブリックにしたい情報と、プライベートにしておきたい情報の使いわけが難しい」ということ。今回は、この「パブリックとプライベートの情報を使い分ける」を中心に「個人ポータル」の可能性を考えていこうと思う。続きを読む

kozai22 at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) IT全般 

March 24, 2004

読書感想:「知の共有」と情報セキュリティマネジメント

 ここ最近、企業からの「情報流出」を報じるニュースが多い。しかも、セキュリティの設備がしっかりしている(と思われる)大企業ばかりだ。高額なセキュリティ機器が動作していた(はずな)ので、外部からのクラッカが侵入するのは非常に難しい。では犯人は誰か? 日頃ネット関連のニュースを見ている方には言うまでもない事だが犯人は内部の人間だ。情報漏洩の6割〜8割が内部の犯行というデータもあり、「セキュリティ」の議論では外部からの攻撃よりも内部からの情報漏洩をどのように防ぐかが問題になりつつある。続きを読む

kozai22 at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 本/CD等 

March 23, 2004

「個人ポータル」としてのBlog

 ここ何ヶ月かの間に大手ポータル、ISPが次々とBlogサービスを開始している。このまま行けば、現在のWebページ開設サービスや電子メールのアドレスと同じように、どのポータルやプロバイダでも提供するサービスとなるだろう。しかし多くの人が指摘している通り、どれだけBlogの更新が簡単であっても毎日更新するのは難しい。テキストを打つのは自分だし、写真を撮影するのも自分だからだ。続きを読む

kozai22 at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1) IT全般 

March 22, 2004

PDAよ、どこへ行く(専門目的のために大容量のディスクを)

 前回のエントリでは「現状のPDAの存在理由が曖昧になっており、PDAにどのようなメリットがあるのかがわかりにくくなっている」という趣旨のエントリを投稿した。今回は「PDAがどのようにすれば生き残る可能性があるか」を考えていきたい。続きを読む

kozai22 at 22:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0) IT全般 

March 20, 2004

PDAよ、どこへ行く(PDAの存在理由)

 電子レンジは食べ物を暖めるのに使う、電話は人と話すために使う。では、PDAは一体何のためにあるのだろうか?続きを読む

kozai22 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) IT全般 

March 19, 2004

「月刊Computerworld5月号」にP2Pの特集

月刊Computerworld 5月号に「P2Pテクノロジーが「ビジネス」と邂逅する日」と題した記事が掲載されています。Grooveやシェアキャスト、スカイリーを紹介しており「P2Pテクノロジーが秘めるビジネスの可能性に迫る」とのことです。続きを読む

kozai22 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) P2P 

March 18, 2004

PDAよ、どこへ行く(もう携帯電話で十分?)

 先月、昨年の世界のPDA出荷台数は減少したとのレポートが発表された。あなたの周りを見てみればわかる通り、パソコンや携帯電話に比べてPDAを日常的に使っている人はあまりにも少ない。このレポートはさして不思議では無いだろう。だが、実は2000〜2001年にはPDAの売り上げ伸び率はパソコンよりも高かった。続きを読む

kozai22 at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) IT全般