June 02, 2004

P2P再考(1) 分散はP2Pの本質なのか?

 最近、Blog等に掲載されているP2Pを巡る議論を見ていると「Winny」の特性である「自分が管理できるコンテンツ自体を分散させ、各地に分散されたクライアントにさらに分散させる」「分散されたクライアントから自分が欲しいコンテンツを検索・コピーできる」といった点を、そのままP2Pに当てはめて議論をしていることが多いような気がする。

 これらの特徴は、確かにWinnyの持っている特徴でもあり、一部分ではP2Pの特徴を表したものと言えると思う。しかし、このような「分散制」だけがP2Pの特徴なのだろうか?

 例えば、ファイルシェアリング以外の用途では、インターネット全体に分散させるのではなく、送信するデータを「制御」する流れが強い。これは、P2Pを使ったコミュニケーションツールであるインスタントメッセンジャ(IM)やグループウェアを見てみると、それがハッキリとわかると思う。

 IMの場合は「友達リスト(バディリスト)」に相手を登録して、チャットができるツールだが、この「友達リスト」は基本的に「管理」するものだ。例えば、知らない相手からのメッセージを遮断できるし、しつこい「お誘い」には「無視リスト」で対抗できる。

 また、IMによっては「ファイル共有」機能があるが、これはWinnyのように自分の持っているコンテンツを「分散」するのではなく、自分が決めた通信相手とのみファィルを「共有」できる。通信相手をこちら側で制御することで、自分の持っているファイル/情報の流れもコントロールできるようになる。

 これは、P2Pを利用した「グループウェア」を見れば、もっとわかりやすいと思う。Grooveやアリエル等のグループウェアは、ファイル/情報を無制限に共有するためのものではない。自分の持っているファイル/情報を「共有」する相手を指定し、さらに相手によって「公開」する範囲を設定できる。こうすることで、自分の持っている情報の流れを制御できる。

 P2Pというと、無秩序にデータを「分散」させるというイメージが強いと思うが、このように自分の持っているデータを「制御」するためにP2Pを使う場合もある。IMやP2Pを使った分散されているクライアントを連結させることで「実質的な集中」を実現しているとも言える。この点について、次回以降のエントリでもう少し考えてみようと思う。

kozai22 at 21:34│Comments(2)TrackBack(1)P2P 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 酔記/2004-06-20/P2P-Web2  [ PukiWiki/TrackBack 0.1 ]   June 20, 2004 13:56
P2P-Web2 continue form: [P2P-Web] 先日、TomoさんのBlogを見てレスを書いたが、 今はP2P-Webについてはかなり流行っているようだ。 い く つ か の サ イ ト で議論の対象になっている。 で、私が強く言いたいのは、単に、Webサーバーが簡単に立てられるだ...

この記事へのコメント

1. Posted by Fuktommy   June 03, 2004 00:33
「分散」には分散ハッシュのように
「みんなで分担してデータを保存し、不必要に重複させない」
というイメージがあります。僕だけかな。

「拡散」は「みんなで同じデータを持つようにする」というイメージです。
それは分けて考えた方がいいのかな、と思います。

僕は「拡散の過程に人間が意識的に干渉する方法」に特に興味があるので、
この一連の議論を楽みにしています。
2. Posted by 横田   June 06, 2004 11:18
Fuktommyさん。
横田です。ご意見ありがとうございます。

なるほど、確かに自分の中で「分散」と「拡散」を混同してました。もしかしたら「拡散」の方はPDAの「同期」的な機能と考えた方がわかりやすいのでしょうか?


続きの文章はだいたい出来ていたのですが
Fuktommyさんや、ここ2,3日ののらさんや吉澤さんのエントリ、「ネットワーク・リアリティ」あたりを読んで、少し文章を修正しています。(なので、返事が遅くなってしまってすみません(笑))

それでは、今後ともよろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔