ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは程々にとらえてお読みください。

今週のセール・気になったワイン情報まとめ 9月25日週

今週のセール・気になったワイン情報まとめです。



和泉屋さんの南ア リチャード・カーショウ シャルドネ 2014



9月27日入荷・エルギン・シャルドネ・クローナル・セレクション [2014] リチャード・カーショウ・ワインズ

在庫が安定してませんが、最安値はここ。
思い切りひとのふんどしですが、ワインレポートさん掲載銘柄。
参考:南ア・エルギンのクールネス、時代にフィットしたリチャード・カーショーMWのシャルドネ

輸入元一旦完売、とアナウンスしているお店もありますので今のうちに。
ティムアトキンによる南アフリカワイン格付け2級生産者、ティムアトキン氏の最新レポート95点獲得、ティムアトキン氏シャルドネ部門ワインオブザイヤーの1本に選出、など。




フィッチさんのWA93 コト・デ・ゴマリス 2014



9月27日(火)より出荷可能白:[2014] コト・デ・ゴマリス (コト・デ・ゴマリス) Coto de Gomariz (Coto de Gomariz)

再掲載。スペインのガリシア地方、リベイロで作られるワイン。
トレイシャドゥーラ 70%/ゴデーリョ 15%/アルバリーニョ 10%/ロウレイラ他 5%というブレンド。
インポーターさんはモトックスさんで、WA93点の高評価ながら2千円アンダー。

ステンレスタンクで醸造しているため、すっきり系と思われますが、フィッチさんに記載のWA評でも若いにもかかわらず複雑みがあると評されています。




フィッチさんの南ア ニュートンジョンソン ファミリーヴィンヤード ピノノワール 2015



[2015] ニュートン・ジョンソン ファミリー・ヴィンヤーズ ピノ・ノワール(南アフリカ) Newton Johnson Family Vineyards Pinot Noir

再掲載。3千円台で売っている所はフィッチさんのみ。

当ブログ、並びにワインレポートさんでも記事にされていた
ティムアトキンMWの南アフリカワイン格付けで第1級評価のワイナリー。

過去記事:ティムアトキンMWの南アフリカワイン格付け2016が発表。15ワイナリーが「第1級」の評価。(KOZEのワインブログ)

2016年のティムアトキンによるサウスアフリカスペシャルレポートにて同銘柄2015年ピシャリヴィンテージがワインオブザイヤーのピノノワール部門の1本に選出。ティムアトキン評にて96点の評価です。




Wassy'sさんのABCイザベラ 2012



オーボンクリマ ピノノワール イザベル[2012] イザベラ Au Bon Climat Pinot Noir Isabelle[2012]△

再掲載。2012年ヴィンテージの楽天最安値。もとは5千円台だった気が…。
WA93点、アントニオガローニ92点。
参考:Wine Searcher.com




ヴェリタスさんのコント ド シャンパーニュ ブラン ド ブラン 2005




[2005] コント ド シャンパーニュ ブラン ド ブラン 木箱付 並行品* 750ml(テタンジェ)(シャンパーニュ)白【シャンパン コク辛口】【ワイン】【GVD】【RCP】【wineday】^VATX55A5^

並行品です。ご自宅用などに。



セラー専科さんのフランソワ・ラマルシュ ラ・グランド・リュ 2014



ラ・グランド・リュ[2014] フランソワ・ラマルシュ

再掲載。ラマルシュ家によるモノポール特級畑。目立った評点は今のところ見つけられませんでした。




ただワインが好きなだけさんの グレイス甲州 2012 マグナム



グレイス甲州 マグナムボトル[2012]

現行の750mlヴィンテージは2015。
バックヴィンテージ、かつマグナムボトルです。
日本のグレイスワインより、スタンダードキュヴェのグレイス甲州。




古葡萄さんのペロ・ミノフィクサン 2012



[2012] ペロ・ミノフィクサン ヴィエイユ・ヴィーニュ  750ML

ペロ・ミノの蔵出し2012年。



ヴァンヴァンさんの南ア ベリンガム バーナード・ホールバンチ・ルーサンヌ 2015



【南アフリカ】【白ワイン】ベリンガム・バーナード・シリーズ・ルーサンヌ 2015[辛口]


南アフリカベリンガム社の上位レンジ。ティムアトキン評93点。
店主の麦ちゃん評価4.2+点。シュナンブランが当ブログ推しですが、こちらは数量限定品です。




ウメムラさんのドメーヌ・ジャック・カシュー ブルゴーニュ・ルージュ・レ・シャン・ダルジャン 2014



ドメーヌ・ジャック・カシュー ブルゴーニュ・ルージュ・レ・シャン・ダルジャン [2014]750ml

国内のリアルワインガイド評で今飲んで87点+、ポテンシャル88点評価。
ヴォーヌ・ロマネ村のACブルゴーニュ区画の高樹齢の葡萄(低収量)から造られるACブルゴーニュと言います。




ふじまつさんのヒトミワイナリー身土不二(しんどふに) キュベ津村 白



ヒトミワイナリー 身土不二(しんどふに) キュベ津村 白 [2013] 750ml※12本まで1個口で発送可能

滋賀県北部 長浜の今荘葡萄園よりブドウを購入。
シャルドネ100%。




バッカス・マーケットさんの熊本ワイン 菊鹿シャルドネ




熊本ワイン 菊鹿シャルドネ Kumamoto Kikka Chardonnay 熊本県 国産ワイン 国産 白ワイン ワイン 熊本ワイン 本坊酒造 熊本 山鹿市菊鹿町 菊鹿町 シャルドネ 白 菊鹿 日本 720ml 辛口 ドライ 玉利博之 日本ワイン

再掲載。熊本ワインのミドルレンジ。人気キュヴェです。
2014年と2015年のブレンドのためNV扱い。購入本数制限あり。




ヴァンヴァンさんの南ア ロバートソンCR No.1シラーズ 2012



【赤ワイン】【南アフリカ】ロバートソン コンスティテューション・ロード・No1.シラー 2012「フルボディー」

いままでヴァンヴァンさんの判断で採用されてませんでしたが、味わいが良くなってきたという評価で採用とのこと。
麦ちゃん評価4.2点。新世界的なシラーズです。
個人的にもイチオシワインです。

過去記事:【コスパ重視】今飲むべき5千円未満の南アフリカワイン10選




ウメムラさんの秋のびっくり箱



2016年秋 びっくり箱P(社長おまかせ4本)(1万円)

再掲載。福袋というか福箱ですね。一覧は以下からどうぞ。
⇒ウメムラ WineCellar 秋のびっくり箱 検索結果一覧




うきうきさんの岩の原ワイナリー マスカット ベーリーA 2014



岩の原ワイン マスカット ベーリーA 2014 有機栽培ぶどう100%使用 年産わずか3,780本のみ 岩の原葡萄園自社産有機栽培ぶどう100%使用 日本ワインコンクール銅賞受賞 日本 赤ワイン 辛口 ミディアムボディ 750ml

有機栽培葡萄100%使用。マスAです。




岩の原ワイナリーは深雪花が良かった印象があるので気になってます。



フィッチさんのフェラン シャトー・ヌフ・デュ・パプ 2013



[2013] シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ (フェラン)Chateauneufu-du-Pape (ferran)

再掲載。WA誌で90点越えを連発する生産者。
参考までに2012年ヴィンテージはWA95点評価でした。

2013年はWA93点。フィッチさんの価格で税込み4千円切り。




割田屋さんのブルノ・デュシェン ルナペット



南仏の自然派生産者。


ルナ・ペット[2014]ブルノ・デュシェン

ムールヴェードル50% カリニャン50%のブレンドロゼ。



ラ・メール ラッシュ・ヌ[2015]ブルノ・デュシェン

ムールヴェードル50% カリニャン50%の赤。



ラ・ルナ[2015]ブルノ・デュシェン

グルナッシュノワール45% グルナッシュグリ36% カリニャン10% グルナッシュブラン9%のブレンド赤。


過去日本のリアルワインガイド誌で表紙を飾り、
その後の号で上位キュヴェが大きく特集されたことから在庫があっという間に無くなる作り手です。





アフリカーさんの南ア ストーム・フレダ ピノノワール 2014


storm
ストーム・フレダ ピノノワールStorm Vrede Pinot Noir 2014 【南アフリカワイン】【赤ワイン】 - リカーショップ アフリカー

※画像は13ヴィンテージですが、実際の販売は14年ヴィンテージです


再掲載。南アフリカのハミルトンラッセルの醸造責任者として、10年のキャリアをもつハネス・ストーム氏の自身のワイナリー。

14年ヴィンテージの評価としては、南アフリカのWineCellarというメディアが16年2月に実施した「ブルゴーニュVS南ア」のピノ対決で1位を獲得。
参考:Storm Wines - SA's benchmark Pinot Noir release | Wine Cellar Plus(英文)

ティムアトキンMWによる南アフリカ格付けでは2016年版の評価で3位に急躍進。
次年度ヴィンテージである2015年フレダ・ピノノワールはティムアトキン93点を獲得。

輸入元さんのFBページによる上半期印象に残ったランキングでも1位になっていたこともあり、輸入元さんで試飲させてもらいとても良い印象を持っているワインです
参考:2016年上半期印象に残ったワイン発表:南アフリカワインの魅力FBページ




Twitter




南アフリカ KWV カセドラルセラー シャルドネ 2014をテイスティング(2回目)

南アフリカのワインです。
KWVカセドラルセラーシャルドネ 2014をテイスティングしました。
場所は京都 都ホテルで開催されたワインフェスタです。

KWVの立ち上がりは1918年。ぶどうの生産過剰が深刻化した際に、政府の諮問機関として立ちあがった南アフリカワイン醸造組合によって作られています。1997年には協同組合を解消して、組合員であった栽培農家が株主となり新たにスタート。
現在は4,500の農家が株主。ワインだけでなくブランデーなども生産する南ア最大規模のワイナリーです。

カセドラルセラーは同社のプレミアムレンジ、ですが、上位レンジとしてメントーズというシリーズがあるので、ミドルレンジと言う所でしょう。

記事にするのは確か2回目だったと思いますが、
このワインはすでに美味い事を知っている前提で記事を書いています。


KWV カセドラルセラー シャルドネ 2014
image


香り立ちはレモンのような風合い、アンズのような果実、
ナッツ、ポン菓子のような香ばしさ、コーンのような穀類のニュアンスがあります。
バニラのような樽を利かせたニュアンスがあり、しっかりとしています。

味わいは、ナッツやコーンのような穀類、花梨飴を思わせる苦味を帯びた果実。
柑橘はレモンのような爽やかさがあり、酸が豊か。
グレープフルーツのような苦味があり、しっかりとしたボディと豊潤さがあります。

余韻はコーンやハチミツのような風合いが広がります。



さて、率直に言うと、非常にバランスがとれていて良く出来ています。
大手のシャルドネ、という所でなめてかかりそうですが、
ややナッティーな要素が立った作りで満足感が高いです。
アフターにかけてまでしっかりとした造りだと感じます。


正直、KWVは今のところですが、このカセドラルセラーシャルドネが一番好みであります。
実勢売価千円台、と言う前提であれば、満足感の高いシャルドネだと思います。



KWV カセドラルセラー シャルドネ 750ml※12本まで1個口で発送可能


Twitter




南アフリカ KWV カセドラルセラー カベルネソーヴィニヨン 2014をテイスティング

南アフリカのワインです。
KWV カセドラルセラー カベルネソーヴィニヨン 2014をテイスティングしました。
場所は京都の都ホテルで開かれたワインフェスタです。

KWVは南アフリカでは最も著名なワイナリーの一つ。
立ち上がりは1918年。南アフリカのぶどうの生産過剰が深刻化した際に、政府の諮問機関として立ちあがった南アフリカワイン醸造組合によってスタート。1997年には協同組合を解消して、組合員であった栽培農家が株主となり新たな立ち上げとされています。

大手ワイナリーということもあり、デイリー品はコンビニ(ファミマなど)でも見かけることが出来ますね。
アイコンワインは「ぺロード」。今回のカセドラルシリーズはミドルレンジだと思います。

カベルネソーヴィニヨン100%、オーク樽で24か月熟成ののち瓶詰めされます。


image


輸入元は国分。価格は2,200円。

香りはカシスやコショウ、土のニュアンスなどがあり、
ハッキリとした果実みがあります。
焦がしたトーストのような風合い、毛皮のような動物的な要素も感じられます。

味わいにはしっかりとしたタンニンを感じます。
カシスやブラックベリー、土の風合いがありビターです。
いくぶんの塩気、皮製品のような風合いがあります。
ボディはしっかりとして果実みがしっかりとあります。

全体的に果実みがしっかりしており、ハツラツとしたイメージ、
土のような風合い、塩気なども感じ、しっかり作ってあると思います。

大手ワイナリーで2,200円定価と言うことで、期待感は裏切らず、赤についても尖りもなくよく出来ていると思います。
価格ラインが実勢売価では千円台に突入すれば、と言う所ですが、この数百円の差が微妙な可もなく不可もなく感も正直出ているのかなと思います。


KWV カセドラルセラー カベルネ・ソーヴィニヨン 750ml※12本まで1個口で発送可能

税込千円台だと納得感が出てきますね。


オススメ記事一覧



image
⇒【コスパ重視】今飲むべき5千円未満の南アフリカワイン10選


be
⇒南アフリカ ベリンガム・バーナード・オールドヴァイン・シュナンブラン 2015をテイスティング


kanopaul
⇒南アフリカ カノンコップ・ポールサウアー 2012をテイスティング






Twitter





アフリカーで 南ア ストーム・フレダ・ピノノワール 2014が販売

南アフリカ専門店のリカーショップアフリカーさんで南アフリカのストーム・フレダ・ピノノワール 2014
が入荷しています。

storm
ストーム・フレダ ピノノワールStorm Vrede Pinot Noir 2014 【南アフリカワイン】【赤ワイン】 - リカーショップ アフリカー

※画像は13ヴィンテージですが、実際の販売は14年ヴィンテージです


9月の中旬に出荷開始されたばかりの新しいワイナリー。
南アフリカのハミルトンラッセルの醸造責任者として、10年のキャリアをもつハネス・ストーム氏の自身のワイナリー。
ブティックワイナリーの位置づけで、こちらのストーム・フレダの生産量は450ケースほど。

2012年のデビューヴィンテージでWA92点を獲得。

14年ヴィンテージの評価としては、南アフリカのWineCellarというメディアが16年2月に実施した「ブルゴーニュVS南ア」のピノ対決で1位を獲得。
参考:Storm Wines - SA's benchmark Pinot Noir release | Wine Cellar Plus(英文)

ラインナップはWinemag.co.jpという所に掲載。仏からはジョセフドルーアン ボーヌプルミエクリュ、ユドロノエラのヴージョプルミエクリュなどがあり、かつ南アからもクリスタルムやニュートンジョンソンが出てきています。
参考:SA Pinot Noir vs Burgundy | Winemag.co.za(英文)
※上記Winemagはライターによる評点が記載されており、WineCellarの全体採点と異なる為注意。


ティムアトキンMWによる南アフリカ格付けでは2016年版の評価で3位に急躍進。
次年度ヴィンテージである2015年フレダ・ピノノワールはティムアトキン93点を獲得。

輸入元さんで試飲させてもらいとても良い印象を持っているワインです
過去記事:南アフリカ ストーム・フレダ ピノノワール 2014をテイスティング

輸入元さんのFBページによる上半期印象に残ったランキングでも1位になっています
(だから私も注目したと言うのもあるのですが…)
参考:2016年上半期印象に残ったワイン発表:南アフリカワインの魅力FBページ

日本への入荷は180本。ご紹介でした。


storm
ストーム・フレダ ピノノワールStorm Vrede Pinot Noir 2014 【南アフリカワイン】【赤ワイン】 - リカーショップ アフリカー




南アフリカ マスダ社の南アワイン試飲会に参加しました

南アフリカのグレネリー社の来日に合わせて開催された南アフリカワインの輸入元である、株式会社マスダさんの試飲会に参加しました。おそらく業者向け、とは思うのですが、セミナー(有料)と合わせて参加させていただきました。


9月にすでに参加している分の記事がまさかの追いついていないと言う状況なのですが、追加で新規銘柄があるとのこと。
最近の私のメモの取り方が全種類をざっと飲んでいいのを選ぶ、ではなくて1本ずつ順全部コメントを書く、なので、相当に遅い試飲のやり方になってきています。

ということで、当日もほぼ新作のみの試飲になってしまって(なんと…)本日は新作をメインに記載します。
あと、私最後にグレネリーのルーク氏と話をして、舞い上がってリストを現地に置いてきています…。帰ってきてびっくりしています(グレネリーの資料とテイスティングメモはありました。良かった)


ジュリアンスカール
http://julienschaal.com/

新規ワイナリーの最初は「ジュリアンスカール」です。南アフリカのシャルドネのみを作る生産者。
ツイッターでフォローさせていただいている方から教えていただいたのですが(御礼申し上げます)
クリスタルム、ニュートンジョンソン、ポールクルーバーからのブドウを買っているとのことです。

もとフランスアルザスの生産者ですが、2003年にヘルマナス地区の収穫作業を手伝った際に感銘を受けたようで、ニュートンジョンソンの手助けを借りながら、ベンチャーとして立ち上げた経緯があるようです。

輸入元さんフェイスブックでの「ジュリアンスカール」解説はこちらから



image

このあたりも輸入元さんに確認し、それぞれどこの銘柄はどこから、と教えていただいた中で
ポールクルーバーからぶどうを購入しているというこちらのワインが良かったです。

ジュリアン・スカールエビデンス・シャルドネ。12月入荷予定で3,600円予定。
3,000円台ならば秀逸ではないでしょうか。総じてリッチ系のワインで栗やコーン的な要素が強いです。酸と硬質感も感じ取れ、これはよかったです。


image


クリスタルムからぶどうを買っているというワインはかなり硬質的でドライ。
ルネサンス・シャルドネ。おなじく3,600円、12月入荷。。エランズクルーフという産地です。
ちょっと根野菜っぽい風合いも立っていて、かなりチョーキーさが立っていました。


image

ニュートンジョンソンからぶどうを買っているというワインはその中間でしょうか。コンフルエンス・シャルドネ。おなじく3,600円12月入荷。
硬質感や石、ナッティーさがメインですが、マロンのような風合いも感じ取れます。


飲み比べて楽しい1本ですね。面白かったです。




ボッシュクルーフ
http://www.boschkloofwines.com/


期待のボッシュクルーフというワイナリーは、ステレンボッシュ地区のワイナリー。
ティムアトキン98点銘柄がありましたが、率直にまったくもって早いということでしょうか。

image


最初に飲んで「あれ、ジャミーなシラーだわな」くらいにしか感じなかったのですが、
試飲会終わりごろにもう一度飲んだところ、毛皮のようなニュアンスが立っていました。
密度、というよりは丸みがある印象でシルキーです。


3年くらい待ってどうか、という所でしょうか。2014年というヴィンテージの若さとしては非常に丸みがあります。12年くらいと言われてもそうですか納得、という印象だったんですよね。

image



おなじボッシュクルーフとしては、コンクルージョンというボルドーブレンドが良かったです。チョコ、インク、毛皮。重心が低くく長期熟成しそうな雰囲気。


ボッシュクルーフはまた別の機会があれば見ていきたいです。


mvh
http://www.mvhwines.com/

MVH(Matthew van Heerden Signature Wines)からは2本。


image

シャルドネはジュリアンスカールと異なってクリーンな印象のあるシャルドネです。
あまり甘々していないので、私の好みとは逆の路線なのですが、それでも石灰的な要素や動物香、あとは華やかさというよりはグレープフルーツ的な苦味がしっかりしてました。余韻はリッチでカスタードなど。こちらはツンデレ系ですね。


image

ピノノワールは「マスカットベーリーAに近いなぁ」と思える香りのアプローチでした。これは面白かったです。
もっとも味わいはドライでキャンディ的な要素はなかったのですけど。



vilafonte
http://www.vilafonte.com/


番外編として、ヴィラフォンテという新規輸入の試飲が1本だけあったそうですが、
これはグレネリーの醸造家のルーク氏から「軽度のブショネ」と判断がされたそうで、出展がされていませんでした。1本しか持ってきてなかったということで…まさかの…。

逆にブショネと判断されたワインを飲む機会もないので、少し飲ませてもらいました。
よって写真もないのですが…はい、ブショネかどうかわかりませんでした。

言われてみれば、湿ったみたいな毛皮感があるかなぁ…とか、
若干味にばらつきがあるかなぁ…とは思ったのですが、思いっきりメモに「◎わからん」と謎の二重丸を付けていました。キッツイですねKOZEのワインブログ。精進していきたいと思います。




既存品としてはですが、ラーツ2013とセダバーグシラー2013は開いてきていて過去試飲したもの時よりもよくなっていました。詳細はメモしてないのですが「よくなってる気がする」と感じたのでいつかボトルで購入して再度記事にできればと考えています。

image

それとストームとポールクルーバーですが、個人的にはやはりストームが良かったです。
ポールクルーバーの方がチェリー感と苦味が強く、先を見たい印象のワイン。

image

ストームは香りが華やかでキャッチーです。
本日の試飲では硬質感というよりは華やかさが強く、カリフォルニアっぽいかなぁという印象を持ちました。
実勢売価5千円台、ということならばやはりお買い得だと感じます。



ということで、マスダさんの試飲会でした。
飲んだ限りで言えば、ジュリアンスカールのエビデンスシャルドネは特にお気に入りでした。

ほかにもカノンコップとかデヴォールとかいろいろあったんですけど、間に合わずきちんと飲んでません。無念。
いろいろたまっているのですが、メモをとれたものは随時個別に記事にしていきたいと思います。



Twitter




フィッチでWA93点 フェラン シャトーヌフデュパプ2013が入荷

楽天内のフィッチさんで、フェラン シャトーヌフデュパプ 2013が入荷しています



[2013] シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ (フェラン)Chateauneufu-du-Pape (ferran)

WA誌で90点越えを連発する生産者。
参考までに2012年ヴィンテージはWA95点評価でした。

2013年はWA93点。フィッチさんの価格で税込み4千円切り。
ご紹介でした。






バッカスマーケットでシャトーメルシャン マリコヴィンヤードオムニスが販売

楽天内のワインの店 バッカス・マーケットさんで
日本のシャトーメルシャンよりマリコヴィンヤード オムニス 2013が販売されています。



シャトー・メルシャン椀子ヴィンヤード・オムニス [2013] Chateau Mercian Mariko Vineyard Omnis メルシャン 国産ワイン メルロー カベルネ・ソーヴィニヨン カベルネ・フラン マリコヴィンヤード 赤 長野県 長野 上田市 日本ワインコンクール 金賞 日本 日本ワイン

執筆段階でラス1在庫。
シャトーメルシャンのマリコヴィンヤードから生まれるフラグシップ。
漫画「神の雫」日本編で日本の3大シャトーと称されたシリーズです。

ご紹介でした。



【メディア掲載ワイン】(amazon.co.jp)

●16/06/30 ヒルナンデス!鎌倉ワイン館で94点ワインとして紹介


カスターニョ・ソラネラ[2012]ボデガス・カスターニョ(赤ワイン)[Y]

放送で出てきたお店⇒鎌倉ワイン館


●16/06/04 日経プラスワン スパークリングワイン特集1位


グラハム ベック ブリュット ブラン ド ブラン グラハム ベック ワインズ 2011 発泡白 750ml



●15/11/21 世界ふしぎ発見!に登場

ブラザーフッド リースリング【Brotherhood Winery Riesling】【アメリカ・ニューヨーク州産・白ワイン・辛口・750ml】
ブラザーフッド リースリング【Brotherhood Winery Riesling】【アメリカ・ニューヨーク州産・白ワイン・辛口・750ml】



●15/11/09 未来世紀ジパング に登場


グルジア(ジョージア)ワイン キンズマラウリ陶器ボトル 750ml(7160060)
グルジア(ジョージア)ワイン キンズマラウリ陶器ボトル 750ml(7160060)


●15/10/5 ドラマ「BAR レモンハート」に登場


成城石井直輸入 コンタディ・カスタルディ フランチャコルタ ブリュット スティレ 750ml


●15/8/25 ロンハー3時間スペシャルに登場

マリエッタ 750ml
マリエッタ 750ml


●15/1/13 ガイアの夜明けに登場

[Grace Wine]グレイス・ワイン、 グリ・ド・甲州
[Grace Wine]グレイス・ワイン、 グリ・ド・甲州 2014 (白) 750ml/山梨県


●15/1/10 王様のブランチに登場


2011年アルマヴィーヴァ 750ml
2011年アルマヴィーヴァ 750ml


●14/12/1 未来世紀ジパングに登場

コヤム コルチャグア・ヴァレー  チリ産 赤ワイン オーガニックワイン 750ml
コヤム コルチャグア・ヴァレー




【漫画「神の雫」掲載ワイン】(amazon.co.jp)

シャトーメルシャン マリコ ヴィンヤード オムニス 750ml



【雑誌・特集】(amazon.co.jp)




図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)
↑管理人オススメの良書↑
記事も書きましたので御覧下さい
「ワイン一年生」という本が面白い!ワイン初心者はこれを読め!!



Hanako FOR MEN vol.18 ワイン、はじめまして。
Hanako FOR MEN vol.18 ワイン、はじめまして。


2000円のワインでもソムリエと会話がはずむ本
2000円のワインでもソムリエと会話がはずむ本



本間チョースケ独断選定。イタリアワイン最高峰201連発!
本間チョースケ独断選定。イタリアワイン最高峰201連発!


ガンベロ・ロッソ イタリアワインガイド 2015 (講談社 MOOK)
ガンベロ・ロッソ イタリアワインガイド 2015 (講談社 MOOK)



dancyu(ダンチュウ) 2015年 12 月号
dancyu(ダンチュウ) 2015年 12 月号




BRUTUS(ブルータス) 2015年 10/15号 [雑誌]



にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
Twitter プロフィール
KOZEのワインブログ管理人です。 読みは「こぜ」です。会話のお返事ができる自信が全くありませんので、ゆるくお願いします。何かブログの掲載内容に問題があれば、時間は要しますか対応検討しますので、ダイレクトメッセージを下さい。宜しくお願いします 。ワイン資格は持ってませんが、南アフリカのワインが一番気に入っております。
何か掲載内容に問題あればメールでも承ります。

kozewine@gmail.com

@は小文字に変換ください
個人的なワインに関する質問、ご相談などはお受けいたしかねます。また、メールの確認頻度はTwitterなどに比べ落としていますので、レスポンスにお時間かかることがございます。ご了承くださいませ。


ギャラリー
  • 今週のセール・気になったワイン情報まとめ 9月25日週
  • 南アフリカ KWV カセドラルセラー シャルドネ 2014をテイスティング(2回目)
  • 南アフリカ KWV カセドラルセラー カベルネソーヴィニヨン 2014をテイスティング
  • 南アフリカ KWV カセドラルセラー カベルネソーヴィニヨン 2014をテイスティング
  • 南アフリカ KWV カセドラルセラー カベルネソーヴィニヨン 2014をテイスティング
  • 南アフリカ KWV カセドラルセラー カベルネソーヴィニヨン 2014をテイスティング
  • アフリカーで 南ア ストーム・フレダ・ピノノワール 2014が販売
  • 南アフリカ マスダ社の南アワイン試飲会に参加しました
  • 南アフリカ マスダ社の南アワイン試飲会に参加しました
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ