日本のワインです。
都農ワイン キャンベル・アーリー・ロゼ 2016を飲みました

以前の記事の甘口ワインのおすすめはこれだ!ワインビギナーのための2千円以下の甘口ワインの選定ワインとして飲んでいます。

都農ワインは日本の宮崎県のワイナリー。1994年創設、ワイナリー自体は1996年という20年ほどの歴史のあるワイナリーです。
設立時から地元の都農産のブドウのみを使用しています。

土質は、火山灰土壌の「黒ボク土」と言われる土。排水は良いものの、ミネラルが少ないことでも知られ堆肥を使った土作りを行っているとのこと。

敷地は34ヘクタールを有しますが、自社畑面積は6.5ヘクタールほど。
生産本数は年間22万本とのことです。


キャンベル・アーリー・ロゼは同社が年間十万本を生産するという旗艦商品。
都農町のキャンベル・アーリー100%で作られており、やや甘口のロゼワインです。
ゾークという特殊栓。ゴムっぽい感じなのですが、指でちぎれ、リキャップも出来ると言う面白い栓です。



■都農ワイン キャンベルアーリーロゼ 2016
IMG_5206


ワイナリー価格はおよそ1,320円のようです。

香りはイチゴキャンディ、グレープジュースのような甘くてフレッシュな香り立ち。
非常にフォキシーで駄菓子のような甘い香り立ちが非常に強く感じます。
まさに、華やかでイチゴジュースやファンタのようなイメージがあります。

味わいは巨峰を皮ごと食べたような、果皮の苦みを帯びた味わいが広がります。
イチゴのような赤い果実のようなフレッシュな酸も感じ取れます。

フルーティーながら、果実の皮のような程よい苦味があるため、
あまり甘ったるくだれたような印象がないのが良い印象です。

一定の引き締まりがありつつも、果実みで押し切っているようなストレートな分かりやすさがあります。


もともとの狙いが甘口で飲みやすいものを!と探していたのでこれはとてもよかったです。
とにかくフレッシュでチャーミング。かわいらしいイメージの湧く甘口ロゼです。
以前、阪神大ワイン祭で試飲した時に「もっと広まってほしい」と感じ、改めて飲みましたが正解でした。


かなりフォキシーな、前述したジュース感が前に出ているワインではあります。
そのため、ワインラヴァーや中上級者の複雑な味わいを求めている方にはどうか、という所はあります。
一方で、ワインにとっつきにくさを感じている方には是非ともオススメしたい1本だと思いました。



5/18追記:東京都内を中心に展開するコンビニ「ナチュラルローソン」での取り扱いがあるようです

是非ワイン初心者のみなさんや、女子会などに飲んでほしいワインです。



キャンベル・アーリー ロゼ [2016] 【都農ワイン】 750ml

THE女子会ワイン。




Twitter