ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは程々にとらえてお読みください。

2018年10月

南アフリカ A.A バーデンホースト ファミリーホワイト 2016をテイスティング

南アフリカのワインです
A.A バーデンホースト ファミリーホワイト 2013をテイスティングしました。

A.Aバーデンホーストは南アフリカのスワートランドに位置するワイナリー。
オーナーは「クレイジー」と評される、アディ・バデンホースト氏といとこのヘイン氏によります。
敷地面積は28ヘクタール。一家はコンスタンシア地区の出身で、祖父はコンスタンシア地区の「グルートコンスタンシア」というワイナリーで46年間農場運営を行っていた人物。父も、また醸造家のアディ氏も幼いころからワインのブドウに囲まれながら過ごします。

アディ・バーデンホースト氏の経歴としてはフランスのシャトー・アンジェラスやローヌで働き、その後ニュージーランドのワイナリーへ。
南アフリカではシモンシッヒ、スティーンバーグなどを経たのち、ラステンバーグ社で9年間働きます。グレネリーの醸造家のルーク・オクレガン氏とはラステンバーグの在籍時代がかぶっているようです。

また、アディ氏はスワートランドの新流 スワートランド・インデペンデント・プロデューサーズ(SIP、スワートランドの独立した生産者達の意)のメンバーでもあります。

これまではファミリーレッド、ファミリーホワイトというシリーズが上位クラスでしたが、最近になり単一畑のイエローラベルをリリースしています。

本日はファミリーホワイト2016年。
シュナンブラン、グルナッシュブラン、ルーサンヌ、ヴィオニエ、ヴェルデーニョ、グルナッシュグリ、クラレットブランシュ、セミヨン、パロミノのブレンド。


■A.A バーデンホースト ファミリーホワイト 2016
IMG_2412



香りは花梨やオレンジを思わせる温かい果実の香りが主体です。
ワックスのようなツヤツヤとした果皮感を帯びた香り立ち、毛皮のような動物的な印象。
コメのような淡泊な香りもありますが、樽香は感じるものの控えめ。
果実感、苦み、果皮感を感じる香り立ちです。

味わいは麦やビールのような、苦みを帯びた味わい。穀類の香りが広がります。
花梨やオレンジのような温かい果実のような酸や果実み。
貝出汁うまみをしっかりと感じます。凝縮感を同時に感じるため、13年というヴィンテージですがもう少し寝かせたい印象を持たせます。

余韻には麦のような香ばしい穀類のイメージ、マーマレードのような果実味が残ります。
苦みが味わい同様残るので、アルコール感と相まってスパイシーな、もしくはクリスピーな印象を残します。


さて、単一のイエローラベルと比較すると、だいぶ果実の温かい感じ、花梨とかオレンジなどの印象が前に出ています。イエローラベルほど塩気であったりとか貝出汁感が前に出ていてもっと淡泊でうまみに寄せているような気がします。

いずれにしても玄人向けの作りだなぁ、というのが率直な部分。樽の抑制を図っているのは近年のスワートランドの上位生産者共通の方向性。過去13年とか飲んでますが、方向転換したんだと思います。
つまり、飲んで「うわぁ!」と持ってかれるようなケバさとか派手さはない印象でした。

個人的には刺さる路線で、メモには◎をつけていました。さすがの生産者です。印象に残った試飲でした。



A.A.バーデンホースト / ファミリー・ホワイト [2013]【白ワイン】

市場は2013年。


オススメ記事一覧


image
⇒「南アフリカのワイン」がすごい!おすすめの南アフリカワインと定番銘柄



クリスマスワイン
⇒クリスマスに飲むべき!1万円未満の本気で美味い赤ワイン




直感で選ぶ!送別会・退職祝いのプレゼントに使えるおすすめのワインとは
[PR]



ワイン初心者は最初にこれを飲め!厳選おすすめワイン銘柄
ワイン初心者は最初にこれを飲め!厳選おすすめワイン銘柄
[PR]



Twitter




YANAGIYAで南ア デイヴィッド&ナディア ホースティンシュナンブラン販売中

楽天内のYANAGIYAさんで南ア デイヴィッド&ナディア ホースティンシュナンブランを販売中です。


デイヴィッド&ナディア・サディ シュナン・ブラン "スカリーコップ/ホー・スティーン" スワートランド [2017] (正規品) David and Nadia Sadie Skaliekop/Hoe-Steen


先般記事にしましたが、いまだ在庫があるので別途記事にいたします。

南アフリカでもっとも注目されている生産者のひとつであるデイヴィッドナディアの1本。
最上位キュヴェで対をなす、スカーリーコップシュナンブラン、ホースティンシュナンブラン。


ホースティンはティムアトキンMWによるサウスアフリカレポートの2017年、2018年ともに高得点。
17年発表版(ヴィンテージは2016)では全白ワイン中2位(タイ)の評価。。
17年ヴィンテージはティムアトキンMW評98点(18年サウス・アフリカ・レポートで前年同様「2位タイ」のポジション。最高点は他キュヴェの99点。)

スカーリーコップはホースティンと対になる形で君臨する白のトップキュヴェ。
ティムアトキンMW評は拮抗しています。17年ヴィンテージはティムアトキンMW評98点。

輸入量が極小である点と、南アにおける最も参考にされている(であろう)メディアの露出が高いこともあり、入手難度が極めて高い1本です。


ご紹介でした。

オススメ記事一覧


image
⇒「南アフリカのワイン」がすごい!おすすめの南アフリカワインと定番銘柄



クリスマスワイン
⇒クリスマスに飲むべき!1万円未満の本気で美味い赤ワイン




直感で選ぶ!送別会・退職祝いのプレゼントに使えるおすすめのワインとは
[PR]



ワイン初心者は最初にこれを飲め!厳選おすすめワイン銘柄
ワイン初心者は最初にこれを飲め!厳選おすすめワイン銘柄
[PR]



Twitter




ウメムラでドメーヌ・ド・ヴィレーヌ ブルゴーニュ コート・シャロネーズ ディゴワンヌ・ルージュ2014を販売中

楽天内のアサヒヤワインセラーさんで、ドメーヌ・アー・エー・ペー・ド・ヴィレーヌ ブルゴーニュ コート・シャロネーズ ラ・ディゴワーヌ 2014が入荷しています。



[2014] ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ ブルゴーニュ コート・シャロネーズ ディゴワンヌ・ルージュ 750ml


DRCの共同経営者として知られるオベール・ド・ヴィレーヌ氏自身がブーズロン村で展開するドメーヌです。
あくまでもその土地のテロワールを生かしているとのことで、著名なワインとは切り離して考えるのが良いと思いますが、それでも人気キュヴェの1本です。

市場は16年ですがウメムラさんの販売は14年。ご紹介でした。



オススメ記事一覧


image
⇒「南アフリカのワイン」がすごい!おすすめの南アフリカワインと定番銘柄



クリスマスワイン
⇒クリスマスに飲むべき!1万円未満の本気で美味い赤ワイン




直感で選ぶ!送別会・退職祝いのプレゼントに使えるおすすめのワインとは
[PR]



ワイン初心者は最初にこれを飲め!厳選おすすめワイン銘柄
ワイン初心者は最初にこれを飲め!厳選おすすめワイン銘柄
[PR]



Twitter




南アフリカ クラヴァン サンソー 2017をテイスティング

南アフリカのワインです。クラヴァンワイン サンソー2017をテイスティングしました。

クラヴァンワインは南アフリカ・ステレンボッシュ地区に位置するワイナリー。
2014年に立ちあがったばかりの新生ドメーヌ。オーストラリア出身の当主ミック・クラヴァンと妻によるワイナリー。その年の生産に合わせて、オリジナリティあるワインを生産。

南アフリカにおけるステレンボッシュと言うワイン産地は、カベルネソーヴィニヨン、シャルドネ、ピノタージュなどが主要品種であると思います。
一方、クラヴァンワインは現在6種のブドウでワインメイクをしており、クレレットブランシュ、ピノグリ、ピノノワール、シラー、シュナンブラン、サンソー。珍しい生産者ではないかと思われます。

培養酵母、酵素、清澄剤などは使用せず、天然酵母による発酵、古いオーク樽での醸造と、少量のSO2のみの添加。いわゆるナチュラルテイストのワインメイクです。作られるワインは全て低アルコール(11%程度)に仕上がるようです。
ティムアトキンMW評は2018年発表のものには未掲載。


サンソー2017はフォールヴィンヤードのもの。16年とは畑が変わっているようです。
植樹は25年前で花崗岩の土壌と、砂質の表土。古樽700Lで熟成7カ月。


■クラヴァン サンソー 2017
IMG_2411


マグナムボトルです。

香りは茎を思わせるグリーンな印象が前に出ていますが、ほぼ同じようなボリュームでスミレのような紫の花を思わせる香りがあります。
毛皮のような動物的な香り立ち、石のような硬質的な香り。
また、ハムのような燻製した香りがあります。やや樽に起因するであろうローストした香りなども主張的で、落ち着きを待ちたいところであります。

味わいはスミレを思わせる紫の花。華やかでエレガントな香りが口中に広がります。
プラムのような果実味や肉厚さを感じますが、スパイシーさやタニックさがあまりなくスッと流れるように入っていきます。香りはごちゃごちゃっとした感じもありましたが、口に含むとやわらかで、ピュアな印象が残ります。

余韻には乾いたようなタンニンが残ります。


経年で香りの落ち着きが出てくれば、という気がしますが、口に含んだ時の印象はエレガントなサンソーです。赤系の果実味というよりは、紫っぽい印象が強かったので、そういう点では過去に記事にしたフォール、ファーズのシラーを想起させます。テクニカルをしっかり見ていませんが、除梗はたぶんあまりやってないのか、フォール&ファーズシラー、そしてこのサンソーも青っぽい印象は顕著にあるように感じました。

要素がもろもろ詰め込まれているような気がします。ピュアなのか、エレガントなのか、路線がもう少し見定めたい感じ。やや時間をおいておきたいところ。
参考になった試飲でした。



クラヴァン・ワイン / サンソー[2017]【赤ワイン】


オススメ記事一覧


image
⇒「南アフリカのワイン」がすごい!おすすめの南アフリカワインと定番銘柄



クリスマスワイン
⇒クリスマスに飲むべき!1万円未満の本気で美味い赤ワイン




直感で選ぶ!送別会・退職祝いのプレゼントに使えるおすすめのワインとは
[PR]



ワイン初心者は最初にこれを飲め!厳選おすすめワイン銘柄
ワイン初心者は最初にこれを飲め!厳選おすすめワイン銘柄
[PR]



Twitter




シャンパーニュ・グルエ ブリュット セレクションをテイスティング

フランスのシャンパーニュです。
シャンパーニュ・グルエ ブリュット セレクションをテイスティングしました。

場所は東京都のJR亀戸駅近くの亀戸横丁内「シャンパーニュスタンド デゴルジュマン」さんです。
過去記事:亀戸でシャンパンとフォアグラを楽しめる!?噂のワインバー「シャンパーニュスタンド デゴルジュマン」に行ってきた




グルエ社はシャンパーニュ地方、コート・デ・バールに根差す、家族経営のシャンパーニュ生産者。
1670年にその地に一族が根差すようになり、シャンパーニュの生産は1975年ごろから。
コート・デ・バールは栽培にピノノワールが大半(8割ほど)を占める生産地区のようです。

トップレンジはその地で1%程度しか生産されていないという古代品種アルバンヌと、希少なピノ・ブラン使用したキュヴェ・デ・トロワ・ブラン。


本日のグルエ ブリュット セレクションはエントリーレンジに当たると思われます。
ピノ・ノワール70%、シャルドネ20%、ピノ・ムニエ10%のブレンド。


この日はデゴルジュマンさんのグラスワイン(シャンパーニュ飲み比べセットのうちの1杯。)で楽しんでいます。メニューは随時変更になると思われますのでご注意ください。



■シャンパーニュ・グルエ ブリュット セレクション
IMG_2410


香りはリンゴを主としたフレッシュな香り立ち。
特に清涼感が前に出ており、ほのかにライム的な印象や青リンゴのようなイメージが湧きます。
また、石のような硬質的な印象も感じます。

泡立ちもフレッシュな、イキイキとした印象があるように思います。
味わいもリンゴの様なフレッシュな印象が主体。
石灰的な硬質感があります。味わいとしては柑橘の果皮感を帯びたようなしっかりとした苦みが主体です。

フレッシュでビター。いきいきとした果実味が魅力のシャンパーニュです。
タイミングの問題なのか、あまりこう、複雑なブリオッシュだとかトースト感などは感じられませんでした。
お食事に合わせやすいタイプの1本かと思われます。
参考になった1杯でした。





このワインを飲んだ「デゴルジュマン」さんは以下。





オススメ記事一覧


image
⇒「南アフリカのワイン」がすごい!おすすめの南アフリカワインと定番銘柄



クリスマスワイン
⇒クリスマスに飲むべき!1万円未満の本気で美味い赤ワイン




直感で選ぶ!送別会・退職祝いのプレゼントに使えるおすすめのワインとは
[PR]



ワイン初心者は最初にこれを飲め!厳選おすすめワイン銘柄
ワイン初心者は最初にこれを飲め!厳選おすすめワイン銘柄
[PR]



Twitter




おすすめ記事一覧
  • 「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
  • ワインのおすすめはこれだ!一度は飲みたい2,000円台のワインまとめ
  • 「ワイン一年生」という本が面白い!ワイン初心者はこれを読め!!
  • 女子会に使える!甘くて飲みやすい白ワイン&スパークリングワイン
  • ボジョレーヌーボーよりこれを買え!2千円で世界感が変わるおすすめワイン
  • ティムアトキンMWの南アフリカワイン格付け2016が発表。15ワイナリーが「第1級」の評価。
  • ワインのおすすめは「南アフリカ」にあり!いますぐ飲むべきおすすめワイン5選
  • 南アフリカワイン 2016年下期版 マスダの業者向け試飲会に行ってきました
  • 夏だから飲みたい!3千円台で飲める週末おすすめの白ワイン決定版
  • サントリー「日本ワイン×日本料理」ブロガーイベントに参加しました
  • 【大阪】ワインを大阪一安く飲む方法を伝授する【試飲】
  • 稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
  • ビジネスマンが選ぶべき、接待・贈答用におすすめのワイン銘柄とは
  • クリスマスに飲むべき!1万円未満の本気で美味い赤ワイン
  • 南アフリカのワイン会に参加して感銘を受けた話
  • 極上の味わい!甘口ワインの代表「デザートワイン」のおすすめ銘柄
  • 甘いものが苦手な彼に!バレンタインのプレゼント向けワインまとめ
  • amazonが高級ワインの品揃えを強化
  • カルディの甘口ワインは【これ1本】できまり!女子におすすめのワイン銘柄とは
  • 雑感:日本酒飲み比べ居酒屋から見る「ワイン」の見せ方とは
  • 【5分で選べる】母の日のプレゼントに使える!おすすめのワイン
  • 送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
  • まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
  • マツコがディズニーシーで飲んだ「バラのスパークリングワイン」とは
  • 甘口ワインのおすすめはこれだ!ワインビギナーのための2千円以下の甘口ワイン3本
  • 南アフリカトップワイナリー ブーケンハーツクルーフ マークケント氏来日セミナーに行ってきた
  • 【東京】南アフリカワインの凄い店「アフリカー」実店舗に行ってきた
  • 大阪梅田「コウハク」でフレンチおでんとワインが美味い!絶対に試すべき料理とワインのすすめ
  • 女子必見!男性へのプレゼントにおすすめしたいワイン銘柄とは
  • 【超おすすめ】ワイングラスに「ダイソーの『うすぐらす』」をおすすめしたいその理由
  • 【ワイン】プロフェッショナル仕事の流儀に登場 日本人ブルゴーニュ醸造家 仲田晃司氏が手がける 「ルー・デュモン」とは
  • Twitter プロフィール
    KOZEのワインブログ管理人 / 読みは「こぜ」/ フォロバはしません / 南アフリカワイン / ギリシャワイン / スペインワイン / ブログ運営
    何か掲載内容に問題あればメールでも承ります。

    kozewine@gmail.com

    @は小文字に変換ください
    個人的なワインに関する質問、ご相談などはお受けいたしかねます。また、メールの確認頻度はTwitterなどに比べ落としていますので、レスポンスにお時間かかることがございます。ご了承くださいませ。


    ギャラリー
    • 南アフリカ ブーケンハーツクルーフ ポークパインリッジ ロゼ 2017を再度テイスティング
    • 南アフリカ ブーケンハーツクルーフ ポークパインリッジ ロゼ 2017を再度テイスティング
    • 南アフリカ ロバートソンワイナリー コンスティトゥーションロード No.1 シャルドネ 2016をテイスティング
    • ドゥラス・フレール ヴァン・ド・ペイ・ドック ヴィオニエ 2015をテイスティング
    • 南アフリカ アルヘイトヴィンヤーズ ファイヤーバイナイト 2017をテイスティング
    • 南アフリカ ブラックウォーター ノワール 2012を飲む
    • 南アフリカ ブラックウォーター ノワール 2012を飲む
    • 南アフリカ ロングリッジ シャルドネ 2016を再びテイスティング
    • ブルーノ・デュシェン ラ・ルナ 2015をテイスティング
    • ライブドアブログ