昨今話題のポルトガルのワインです。
値段は千円前後。
大阪ならばスーパーの阪急オアシスなどでも置いてあります。


ワイン王国五つ星獲得!ゴクゴクいける微発泡性”緑のワイン”ガタオ ヴィーニョ・ヴェルデ

ヴィーニョ・ヴェルデは“緑のワイン”の意味だそうです。
色は普通に白の微発泡ですが、「味わいからくるイメージカラー」とのことで…。

{E7BEC15D-CD96-4DD3-9BF7-62CE85807FC6:01}




レモンやライムを思わせる印象が強く、他に青リンゴなどの柑橘・フルーツ系の
フレッシュな味わいが口の中に広がります。

キリッとした辛口の味わいですが、
柑橘系の甘さが若干あり非常に飲みやすい部類に入ります。

非常に後味がさっぱりしているので食前酒としてはまずまず。
お料理に合わせるのはもってこいというか、合わない物を探すのが逆に難しい印象。
微発泡である点からも、ちょっとこじゃれた大人のサイダー的な感覚もします。


そこから余韻やら味のふくらみとかそういうのは期待できませんし、
ポルトガルワインだからすごい、とかそういう事は残念ながらありません。
それなりに価格相応のワインだと思います。
アルパカなど優秀なワンコインワインがそのまま背伸びして微発泡になりました的な。

数日経つと甘みも増し、トーストのような僅かな香りも出てはくるのですが、
同時にライムの皮などの青臭さも立ってきますので
キリッと冷やしてデイリー用として気軽に開けてしまうのが良さそうです。

わざわざ買う、というよりはお店で見つけたからついでに買うとか、
通販ならば同梱一本の枠として買う、という感じの使い方が望ましいです。

ワイン王国五つ星獲得!ゴクゴクいける微発泡性”緑のワイン”ガタオ ヴィーニョ・ヴェルデ