毎度の大阪「タカムラワインハウス」さんの実店舗で有料試飲です。

今日は国産ワイン。「桔梗が原 メルロー2007」です。


桔梗ヶ原メルロ[2007]年・フレンチオーク樽(アリエの森産&リーの森産)100%・新樽100%

昨今スーパーなどでもよく見かける、
サントリーの「プレミアムジャパン」シリーズの一本です。
セパージュはまんまメルローですね。

{527FC57B-3AD1-4717-9D0E-37E4E6F0FE7A:01}


ボトルでは約8,000円
試飲の価格は
25ml 400円
50ml 900円
75ml 1,200円
でした。


土や樽を思わせる香り
口に含むと木質香やバニラ、青々とした葉のニュアンス。
タンニンは穏やかでエレガントな部類に入るが、アフターは長い。
アルコール感は確かに感じるが飲み口がややソフトなのでスルスルいきます。



いわゆるメルロ特有のピーマン香が
木の葉っぱようなスケールの大きい青々した感じになったと言うか
奥行きのある味わいであることは間違いないです。

ただ、肝心の味わいのボディ感が抜けていると言うか
少し物足りなさを感じたのが正直なところ。
ボトルでしっかり飲めばまた変わってくるのでしょうが値段が値段ですしね。
バリュー感があるわけでもないですし、
まぁ、こんなもんかな…と感じた次第です。

この間、国産ワインコンクルールで金賞だと言う話題で
桔梗が原のワインが記憶に残っていたので
おーそうだこれこれと飲んだのですが、そちらはワイナリーがメルシャンでしたね。

過去のトピックもあわせてどうぞ。

国産ワインコンクールで「登美」を超えた「桔梗ヶ原メルロー 2009」