南アフリカのワインです。
サヴェージ(サヴェッジ)レッド 2017をテイスティングしました。

サヴェージ(サヴェッジ)は南アフリカのソルト・リヴァーを拠点としたワイナリー。
オーナーのダンカン・サヴェッジは2002年から2014年ヴィンテージ分まで、長らく南アの格付け1級クラスのワイナリーである「ケープポイント」で醸造長を務めた人物。

オウンレーベルとして独立したことは個人的にはかなり衝撃でした。
サヴェッジワインズとしての設立自体は2011年。ワインの初リリースは2013年ヴィンテージより。ソルト・リヴァーを拠点として、醸造所は同エリアのTMWのものを使用。

参考までに前所属の「ケープポイント」社はソーヴィニヨンブランが主体です。
南アを代表するソーヴィニヨンブランの一つで、サヴェージ自身のオウンレーベルでもその手腕が期待できます。


今回はサヴェージレッド2017年。シラー100%。ブドウはステレンボッシュやスワートランドの各地。分解された花崗岩。全房比率は50%で、発酵はシュールリーにて約2週間。
熟成は古樽(500L)にて13ヵ月間寝かせた後、さらに円錐形のフードルにて9ヶ月間熟成。

輸入元はラフィネ社。

こちらのワインは水天宮前 a2 by アフリカーさんの実店舗で有料テイスティングをしています。





ワインサーバーの概略は動画を作りましたのでご覧ください。


■サヴェージ レッド 2017
EF407335-5700-4712-88BD-BE373E9851F8



輸入元定価は4,800円。ティムアトキンMW96点。


色は奥がわずかに見えるほどの、紫がかったガーネット。
粘性はやや強め。

香りはチェリーやイチゴを思わせる赤系の果実味が主体。
ややイチゴの、砂糖菓子を混ぜたような砂糖菓子感があり、第一アロマ(果実由来)はキャッチーで軽やか。
合わせて、インクのようなビターな香り。革製品に、動物の毛皮のような香りが感じられます。


口に含むと、チェリーやイチゴのような果実味がある一方で、ブラックベリーのような紫系の果実味。
香りの鼻抜けと合わせて、舌に残るタンニンが混在したコアのようなものがあります。
樽の香りは極めて硬派。革製品やインク。毛皮のような動物的なニュアンスがあります。


余韻は舌に乾いたようなタンニンが残ります。
チェリーのような果実味のほか、インクのような鉱物的なニュアンスが残ります。


シラー??というよりは、なんでしょうネッビオーロとか??
赤系の果実味の方が強めで、あくまでもピュアな印象を残しているように思います。

コメントだけ書いていると、ずいぶん軽めの雰囲気に思われがちですが、
そうではなく、樽使いはあくまでも硬派でガシッとしています。重心がやや低い位置にあり、熟成の期待感を持たせる作りだと思います。


ほかのキュヴェが割と振袖みたいに華やかな香り(スミレっぽい感じ)の中で、
この「レッド」はかなり硬派です。ティムアトキンMW評で妙に高得点の96点というのも納得で先を見たいワインだと思いました。

参考になった試飲でした。




アフリカーさんで試飲しました



■店舗名
a2 by af-liquor

■住所
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目6−8 日本橋KSビル 1階

■定休日
月曜日



138140029
サヴェージ レッド Savage Red 2017【赤ワイン】



PR




【初心者におすすめ】ワインを5分で知る!ワインの基礎&豆知識(ゆっくり解説)

オススメ記事一覧


image
⇒「南アフリカのワイン」がすごい!おすすめの南アフリカワインと定番銘柄



image
⇒亀戸でシャンパンとフォアグラを楽しめる!?噂のワインバー「シャンパーニュスタンド デゴルジュマン」に行ってきた




極上の味わい!甘口ワインの代表「デザートワイン」のおすすめ銘柄
[PR]


ソムリエ監修 おすすめピノノワール
⇒ソムリエと選ぶ!3千円前後のピノノワールのおすすめワインとは
[PR]



直感で選ぶ!送別会・退職祝いのプレゼントに使えるおすすめのワインとは
[PR]


Twitter