ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは程々にとらえてお読みください。

フランス

ドメーヌ・ドゥ・ラ・ギャルリエール VdF ル・ブラン・ド・ラ・マリエー トゥーレーヌ 2016を飲む

フランスのワインです。
ドメーヌ・ドゥ・ラ・ギャルリエール VdF ル・ブラン・ド・ラ・マリエー トゥーレーヌ 2016を飲みました。

ドメーヌ・ドゥ・ラ・ギャルリエールは、 フランス・ロワールの南、トゥーレーヌ・リシュリュー村に位置するワイナリー。
17世紀には葡萄畑として拡張されており、先代オーナーのピエール・プルゾー氏が1973年に買い取り整備。ソーヴィニヨンブランとカベルネフランの植樹を主に行っていきます。

1987年にピエール氏の息子のフランソワ氏が経営を引き継ぎます。
それ以降夫婦で手掛ける自然派ワイナリー。1993年からビオディナミを実践。


今回のワインはソーヴィニョン・ブラン100%。
セメント・ステンレスタンクにシュール・リーで約7ヶ月間熟成。 マロラクティック発酵なし。


■ドメーヌ・ドゥ・ラ・ギャルリエール VdF ル・ブラン・ド・ラ・マリエー トゥーレーヌ 2016
IMG_1727


夫婦でやっているワイナリーということでラベルが可愛いです。

市場価格はおよそ2千円台の中~後半。

香りはライムや青草などの爽やかな香り、
麦を思わせる香ばしい香り、ハチミツ、ジャスミンのようなお茶のイメージ
清涼さがありながらもふくよか。

味わいは花梨やライム、麦のようなイメージ。
レモンのような酸が生き生きとしています。苦みを帯びた果皮感。石のような硬質的なイメージ。
うまみを帯びた花梨やオレンジ色のイメージ。ほのかに塩気。
ハーヴィーな清涼感を残しながらもスパイシーさがあります。

余韻はスパイシーさや麦のイメージ。マーマレード。


自然派のワインですが、ソーヴィニヨンブラン単一というのはあまり試したことがなかったので
もっと別のブレンドかと思いました。ソーヴィニヨンブラン、セミヨン、ヴィオニエとか入れる?的な。

清涼さがありながらも、白系の果実味のほか、うまみに寄せた暖かいイメージの湧くソーヴィニヨンブランです
味わいとしてはスパイシーで淡泊。うまみ寄せのワインです。
お肉やお魚などお料理には合わせやすいと思います

良い印象をもったワインでした。



VdF ル・ブラン・ド・ラ・マリエー トゥーレーヌ[2016]ドメーヌ・ドゥ・ラ・ギャルリエール Le Blanc de la Mariee Touraine Domaine de la GARRELIERE【あす楽_土曜営業】


味わいは本格的です。ワイン初心者のジャケ買い向けではないかも。普段辛口のお酒を好まれるカップル・ご夫婦向けの記念日やプレゼントには使えそう。


Twitter





パイパー エドシック シャンパーニュ レア ヴィンテージ 2002をテイスティング

フランスシャンパーニュです。
パイパー エドシック シャンパーニュ レア ヴィンテージ 2002をテイスティングしました。


パイパーエドシックはフローレンス=ルイ・エドシックが1785年に創業したシャンパーニュ・メゾン。
王妃への献上を目標として作られたシャンパーニュであり、かのマリーアントワネットにも献上されたという歴史があるようです。

創業者の甥である甥のクリスティアン・エドシック氏と従兄弟が創業者の後を継ぎ、プロモーションに力を入れていきます。1933年公開の“Sons of Desert”に登場して以降、多くの映画に用いられたといいます。ハリウッドスターであるマリリンモンローも愛飲したとのこと。

畑は、モンターニュ・ド・ランス地区からコート・デ・バール地区にいたる畑を所有。
100もの区画からの葡萄のブレンド。


レア・ヴィンテージは同社のフラグシップ。
シャルドネ、ピノ・ノワールを別々に醸造し、メゾン最高責任者がブレンド。
70%シャルドネ、30%ピノノワール。



■パイパー エドシック シャンパーニュ レア ヴィンテージ 2002
IMG_1647


香りにはメレンゲのような泡立てた卵白や砂糖、バニラ香のようなイメージを主に感じます。
フレッシュなレモンの香り立ち、リンゴのようなアロマ。カスタードクリーム。
柔らかくソフトな香り立ちにうっとりとします。

泡は極めてきめ細やかでソフトです。
口中にはカスタードクリームのようなふくよかさ、ミネラル感もあり硬質的な印象。
全体的にやわらかいのは香りと同様です。
オレンジのような柑橘、トロピカルフルーツのイメージも感じます。


余韻も非常に柔らかく長く続きます。
パンのようなイメージ、べっこう飴やマーマレード。
カスタードプリンのような甘露さが膨らみますが、あくまでもボリュームはくどくなく、柔らかく長く引っ張ります。


さて、がっしりとした肉付けというよりはエレガントさを感じる秀逸さがあります。
ふんわりとした黄色のドレスのような、ソフトなイメージが湧くシャンパーニュです。


何分シャンパーニュにはびっくりするくらい弱い当ブログで、2002年ヴィンテージというとゴッセ・セレブリスを飲んだくらいでしょうか。
ゴッセの方は多層感や塩気、うまみのような感じが感じられましたが、パイパーエドシックはソフトで包み込むような柔らかいシャンパーニュだと思います。

これにモンブラン的な香ばしさが足されるとクリュッグっぽくなるのかなぁ、などシャンパーニュ好きの方には怒られそうな気がしなくもないのですが、そんなイメージを持ちました。
タイプとしてはとても好きでよい印象を持ちました。

印象に残った試飲でした。



【3本以上ご購入で送料・代引無料】パイパー エドシック シャンパーニュ レア ヴィンテージ 2002 重厚ボトル 正規 泡 白 辛口 シャンパン 750mlPiper Heidsieck Champagne Rare Vintage Millesime [2002] AOC Millesime Champagne

Twitter




ドメーヌ・ラフラン・ヴェロル バンドール・ロゼ 2015をテイスティング

タカムラワインハウスさんの実店舗で有料試飲です。
フランスのワインです。
ドメーヌ・ラフラン・ヴェロル バンドール・ロゼ 2015をティスティングしました。





ドメーヌ・ラフラン・ヴェロルはフランスプロヴァンス地方に位置するドメーヌ。
その名の由来は14世紀までさかのぼることができるようですが、ドメーヌの歴史について文献等に具体的に記述があるのが17世紀ごろから。
19世紀に入ったのちに、今の所有者の先代にあたる人物が買収。1929年に現オーナーの曾祖父が買い取り、現一家の系譜に移ったようです。

土壌は青粘土質土壌であり、標高は200メートルから300メートル。
植樹はムールヴェードルを主体にしているのが特徴。

今回のバンドール・ロゼ2015はムールヴェードル65%、サンソー20%、グルナッシュ15%のブレンド。樹齢は35年。70%を直接圧搾、30%をセニエ。発酵はステンレスタンクで行い、マロラティック発酵はなし。熟成はステンレスタンク、ホーロータンクで6カ月。
現行ヴィンテージは16年でおよそ3千円を超えるくらいの価格帯。



この記事では、タカムラワイン&コーヒーさんでのワインの試飲の機械「エノマティック」にて試飲をしています。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入し、金額をチャージするスタイルです。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所と、現状の試飲リスト・金額は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います






■ドメーヌ・ラフラン・ヴェロル バンドール・ロゼ 2015
IMG_1619


香りはレモンやグレープフルーツを主体としていて
わずかに赤系の果実みを感じます。


いかにもスタンダードなロゼ、という印象があり、
レモンやグレープフルーツ、ほのかなキャンディ的な香り、赤系果実のイメージがあります。


口に含むと、味わいはいちごやチェリーを思わせるかわいらしいスタイルです。
ほのかに甘みを感じます。
いちごっぽさ、チェリーっぽさ、キャンディっぽさがあるキュートなイメージです。

余韻にほんのりミルキーな要素が残ります。


さて、レモンっぽさが前に出ていて酸もそこそこあります。
そのため、割と白っぽい感覚で気軽に楽しめるのはとても良いと思いました。

ちょっとミルキーな印象もあり、イチゴのような赤系の果実みと相まって
お手本的な、親しみやすい感じのロゼワインです。


良い印象の1本でした。



ドメーヌ・ラフラン・ヴェロル バンドール ロゼ [2015] 4997678484033【04001】【YDKG-f】【new1705】【F10】


試飲したタカムラさんの実店舗はこちら
image



〒550-0002 大阪府大阪市 西区江戸堀2丁目2−18
http://takamuranet.com/




Twitter




ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム2006 をテイスティング

フランスのシャンパーニュです。
ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム2006 をテイスティングしました。


ヴーヴ・クリコは創業は1722年までさかのぼる老舗メゾン。
創業者は事業拡大を目的として、ポンサルダン家の令嬢バルブ・ニコル・ポンサルダンと結婚。
しかしならが結婚ののちわずか4年でなくなってしまいます。

27歳で未亡人(ヴーヴ)となった夫人がメゾン経営に奮闘。
海外輸出にも積極的に展開をはじめ、1810年に「ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン」として名を改めます。
現在はモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)グループの傘下。

日本ではシャンパンといえばお祝い事に多く使われますが、ヴーヴ(未亡人、夫を亡くした婦人)の歴史があることから、ヴーヴクリコを結婚祝いに贈答するのはあまり用いるのは好ましくない、などと言われますね。

ラ・グランダムは同社のフラグシップ。
8つのグランクリュで収穫したブドウをブレンド。
ブレンドはアイ、ブージー、アンボネ、ヴェルジー、ヴェルゼネのピノ・ノワール(53%)、アヴィゼ、オジェ、ル・メニル=シュル=オジェのシャルドネ(47%)
WA94点、WS94点、WE94点。


■ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム2006
IMG_1645

香りはりんごのような果実味がしっかりと感じられ、オレンジのような柑橘のイメージ。
ハチミツのような甘い香り、パンのような香ばしい香り立ち。
リンゴのイメージが強く、フレッシュなイメージが膨らみます。

泡はしっかりと強く感じられます。
口中にリンゴのアロマが広がり、果実を想起させる甘さを感じます。
苦みの要素は弱め。パンやリンゴパイのような甘く香ばしい香りが中核に感じられます。
同時に感じるバニラのような香りがパイを想起させるのかもしれません。


余韻の広がりも大きくあります。
香りと味わいで感じたフレッシュなリンゴのイメージのほか、カラメルソース入りのカスタードプリンのようなイメージがグッと広がってきます。


さて、非常にフレッシュなリンゴのアロマがあるため、親しみやすさを感じます。
ヴィンテージも経年すれば異なるのかもしれませんが、現状では果実感が主。追いかけるようにカラメルやカスタードプリンのような奥行きが感じられます。

多層感、とか奥行とかはともかく、キャッチーかつ展開がある点でよい感じです。
個人的にはあまり熟成っぽい感じや、べっこう飴みたいな濃い or ビターな感じのシャンパーニュが苦手、という前提があるため率直にいいなぁと思った次第でした。

参考になった試飲でした。



豪華ギフト箱入 ヴーヴ クリコ シャンパーニュ グラン ダーム ヴィンテージ 2006 ヴーヴクリコ AOC ミレジム シャンパーニュ 正規品 フランス シャンパン 白 泡 辛口 750ml (ヴーヴ・クリコ) (ヴーヴクリコ) (ブーブクリコ) (ヴーヴクリコグランダーム)


Twitter




ドメーヌ・サン・リュック グリニャン・レ・ザデマール・キュヴェ・エミリアーヌ 2012を飲む

フランスのワインです。
ドメーヌ・サン・リュック グリニャン・レ・ザデマール・キュヴェ・エミリアーヌ 2012を飲みました。
2千円くらいのワインです。

ドメーヌ・サン・リュックはフランス・南ローヌ最北端のAOCグリニャン・レ・ザデマール内のラ・ボーム・ド・トランシ村に位置するドメーヌ。位置的にはグルナッシュ種が栽培できる最北端とのこと。

設立は1977年にコルニヨン家が畑を買ったことが始まり。
その後オーナーがさらに変更になり、直近では2016年7月にムニエ家が買収。
醸造は皮付きの野生酵母による発酵を主としているようです。

グリニャン・レ・ザデマール・キュヴェ・エミリアーヌはシラー65%グルナッシュ35%のブレンド。もう一つグレードの下のキュヴェが存在しますが、良質な葡萄のみを集めたのがこちらのワイン。
土壌は砂質粘土。樹齢は約40~50年で収穫量は40hl/ha。収穫後除梗し、破砕しセメントタンクで自然発酵させます。発酵温度27~29℃で約15日程度の醸しを行い、セメントタンクで約2年熟成後瓶詰。

説明などの詳細はアズマコーポレーションさんより
ドメーヌ・サン・リュック | アズマコーポレーション | ヨーロッパを中心としたワインのインポーター



■ドメーヌ・サン・リュック グリニャン・レ・ザデマール・キュヴェ・エミリアーヌ 2012
IMG_1531


輸入元定価は1,980円。

香りはタイトでブラックベリーやチョコレートのようなイメージ。
また土のようなアーシーな要素。わずかに塩気(醤油っぽさ)を感じる香り立ちです。
全体的に引き締まりや黒系果実のイメージが感じられます。


味わいのイメージも同様で、どちらかというとタイトな、もしくはスマートな印象が湧きます。
ブラックベリーやわずかにブルーベリーのような紫系の果実味。
ビターでシックな印象です。香りで感じたような塩気は味わいの部分でも同様に感じます。


華やかさ、はあまり感じませんね。
シックでキュッとまとまった感じのワインだなぁという印象です。

日数をおいてもあまりこう開いた感じはなく、むしろ若干減退気味。
こういうタイトや淡泊な印象を楽しむべきワインなのかなぁというところです。


価格対比でみるとぼちぼちという感じがします。
どこか鉱物的な印象があるワインですので(試してませんが)お魚料理にも合うのではないかなぁという想像がわくワインでした。参考になった1本でした。



【6本〜送料無料】グリニャン レ ザデマール キュヴェ エミリアーヌ 2013 ドメーヌ サン リュック 750ml [赤]Grignan Les Adhemar Cuvee Emiliane Domaine Saint Luc


Twitter




おすすめ記事一覧
  • 「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
  • ワインのおすすめはこれだ!一度は飲みたい2,000円台のワインまとめ
  • 「ワイン一年生」という本が面白い!ワイン初心者はこれを読め!!
  • 女子会に使える!甘くて飲みやすい白ワイン&スパークリングワイン
  • ボジョレーヌーボーよりこれを買え!2千円で世界感が変わるおすすめワイン
  • ティムアトキンMWの南アフリカワイン格付け2016が発表。15ワイナリーが「第1級」の評価。
  • ワインのおすすめは「南アフリカ」にあり!いますぐ飲むべきおすすめワイン5選
  • 南アフリカワイン 2016年下期版 マスダの業者向け試飲会に行ってきました
  • 夏だから飲みたい!3千円台で飲める週末おすすめの白ワイン決定版
  • サントリー「日本ワイン×日本料理」ブロガーイベントに参加しました
  • 【大阪】ワインを大阪一安く飲む方法を伝授する【試飲】
  • 稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
  • ビジネスマンが選ぶべき、接待・贈答用におすすめのワイン銘柄とは
  • クリスマスに飲むべき!1万円未満の本気で美味い赤ワイン
  • 南アフリカのワイン会に参加して感銘を受けた話
  • 極上の味わい!甘口ワインの代表「デザートワイン」のおすすめ銘柄
  • 甘いものが苦手な彼に!バレンタインのプレゼント向けワインまとめ
  • amazonが高級ワインの品揃えを強化
  • カルディの甘口ワインは【これ1本】できまり!女子におすすめのワイン銘柄とは
  • 雑感:日本酒飲み比べ居酒屋から見る「ワイン」の見せ方とは
  • 【5分で選べる】母の日のプレゼントに使える!おすすめのワイン
  • 送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
  • まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
  • マツコがディズニーシーで飲んだ「バラのスパークリングワイン」とは
  • 甘口ワインのおすすめはこれだ!ワインビギナーのための2千円以下の甘口ワイン3本
  • 南アフリカトップワイナリー ブーケンハーツクルーフ マークケント氏来日セミナーに行ってきた
  • 【東京】南アフリカワインの凄い店「アフリカー」実店舗に行ってきた
  • 大阪梅田「コウハク」でフレンチおでんとワインが美味い!絶対に試すべき料理とワインのすすめ
  • 女子必見!男性へのプレゼントにおすすめしたいワイン銘柄とは
  • 【超おすすめ】ワイングラスに「ダイソーの『うすぐらす』」をおすすめしたいその理由
  • 【ワイン】プロフェッショナル仕事の流儀に登場 日本人ブルゴーニュ醸造家 仲田晃司氏が手がける 「ルー・デュモン」とは
  • Twitter プロフィール
    KOZEのワインブログ管理人 / 読みは「こぜ」/ フォロバはしません / 南アフリカワイン / ギリシャワイン / スペインワイン / ブログ運営
    何か掲載内容に問題あればメールでも承ります。

    kozewine@gmail.com

    @は小文字に変換ください
    個人的なワインに関する質問、ご相談などはお受けいたしかねます。また、メールの確認頻度はTwitterなどに比べ落としていますので、レスポンスにお時間かかることがございます。ご了承くださいませ。


    ギャラリー
    • 南アフリカ キアモント・エステートリザーヴ 2012を再びテイスティング
    • 南アフリカ カノンコップ・ピノタージュ 2014を再びテイスティング
    • 南アフリカ カノンコップ・ピノタージュ 2014を再びテイスティング
    • 南アフリカ カノンコップ・ピノタージュ 2014を再びテイスティング
    • フジッコワイナリー フジクレール 甲州樽発酵 2017をテイスティング
    • 南アフリカワイン 高得点銘柄まとめ
    • 南アフリカ アラベラ ナチュラルスイートホワイト 2017をテイスティング
    • ハーカム アジザ・シラーズ 2017をテイスティング
    • ハーカム アジザ・シラーズ 2017をテイスティング
    • ライブドアブログ