ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは程々にとらえてお読みください。

ドイツ

ジョセフ・ドラーテン セント・チャールズ ベーレンアウスレーゼ 2017をテイスティング

ドイツのワインです。
ジョセフ・ドラーテン セント・チャールズ ベーレンアウスレーゼ 2017をテイスティング しました。

ジョゼフ・ドラーテンはドイツのラインラント=ファルツ州ザンクト・アルデグントに位置するワイナリー。創業は1860年に前身のワイナリーが設立された老舗。現在のジョセフ・ドラーテンに改称されたのは1928年。創業者のジョセフ・ドラーテン氏は亡くなっていますが、すでに法人化されており、傘下におよそ10ほどのワイナリーが存在するようです。


本日はデザートワイン、ハーフボトルです。
格付けはプレディカーツヴァイン。
オルテガ 70%、フクセルレーベ 30%のブレンド。


■ジョセフ・ドラーテン セント・チャールズ ベーレンアウスレーゼ 2017
IMG_1792


価格は1,800円(ハーフ)

香りはリンゴのような爽やかな香り立ち、
ブルーハワイのかき氷のようなパイナップルを思わせる清涼感とトロピカルフルーツ。
金平糖のような砂糖菓子の香りのイメージがシロップ感を想起させるような気がします。

味わいは甘さが主体で、蜜入りリンゴやパイナップル。
金平糖のような砂糖菓子のイメージ。デザートワインといえど過剰にベタベタと甘くはなく、味わいにはひっかかりがなく後味は優しく感じます。
酸も過度ではなく、甘さが主体なので飲みやすく、気難しさもありません。

余韻も味わいのイメージをそのままに、リンゴや砂糖菓子のイメージが残ります。


さて、どうせ甘口を飲むならば、個人的にはいくらかお値段が張る前提でも、おなじドイツのマド〇ナなどの銘柄よりはこちらを試してほしいところです。


残念ながら特にネット上ではそうそう見当たらないのですが、もっと何とかならないもんでしょうか。
ワインビギナーの方にお勧めしたい銘柄です。印象にのこった試飲でした。


ベーレンアウスレーゼ セント・チャールズ 375ml [2017] ジョセフ・ドラーテン <白> <ワイン/ドイツ>


Twitter




ドクター・ローゼン ヴェレーナー・ゾンネンウーア・リースリング・シュペトレーゼ 2006をテイスティング

タカムラワインハウスさんの実店舗で有料試飲です。
ドイツ・モーゼルのワインです。
ドクター・ローゼン ヴェレーナー・ゾンネンウーア・リースリング・シュペトレーゼ 2006をテイスティングしました。





ドクターローゼンはドイツ・モーゼル地方の生産者。
200年を超え、代々ローゼン家にて受け継がれているという伝統ある生産者。

名醸畑を有しており、その数は6つ。うちの4つは「特級畑」、残りの2つは「第一級畑」に格付け。

今回のワインはシュペトレーゼという葡萄品種で遅摘み。葡萄品種はリースリング。
アルコール8.3%、残糖66.8g/l、酸8.1g/lとのこと。2006年ヴィンテージですが、5千円くらいのワインです。



この記事では、タカムラワイン&コーヒーさんでのワインの試飲の機械「エノマティック」にて試飲をしています。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入し、金額をチャージするスタイルです。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所と、現状の試飲リスト・金額は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います



■ドクター・ローゼン ヴェレーナー・ゾンネンウーア・リースリング・シュペトレーゼ 2006

IMG_8957

香りはリンゴのような果実みや、キンカンのような柑橘の印象があります。
また、石油のようなオイリーな要素や、はちみつやべっこう飴のような香りが感じられます。一定の年数を経た印象が香りからも感じられます。

味わいはリンゴのような果実み、はちみつのような甘さ。
石油のようなオイリーさなどを感じます。
特にリンゴのような果実みが強く印象としてはあり、また、青リンゴのような酸味もしっかりと感じます。

年数を経たからと言って、熟成による蠱惑的な要素はありません。
あくまでも蜂蜜とベッコウ、という形でそのまま濃縮されていったような印象があります。

また、口に含んだときのボディが軽いのが気になるところ。
オイリーな要素もあるのですが、特に味わいの後半にかけてシュンッとフェードアウトしていくような印象があります。

2006年という経年ですが、ボディ感が軽いのが気になります。
11年経過というところと、比較的飲みやすいという点、また実売の価格も(タカムラさん価格で)5千円程度のワインです。そのため、好奇心を満たすためのワインという印象を持ちました。じっくり飲む感じではないかな、と。
たとえば、ワインビギナーの方含め、気軽に飲みたい1本です。

飲みやすいのは事実で、あまり(オイリーではあるのですけど)過度な引っかかりがなく、良くも悪くも味わいの後半がすっきりとしていますから、抵抗は受けにくいのかな、と。

参考になった試飲でした。




試飲したタカムラさんの実店舗はこちら
image



〒550-0002 大阪府大阪市 西区江戸堀2丁目2−18
http://takamuranet.com/



Twitter




ベルンカステラー ドクトール・リースリング・アウスレーゼ 2001をテイスティング

タカムラワインハウスさんの実店舗で有料試飲です。
ドイツ・モーゼルのワインです。
ベルンカステラー・ドクトール・リースリング・アウスレーゼ 2001をテイスティングしました。





このワインを手掛けるドクター・ターニッシュはドイツのモーゼル地区の由緒あるワイナリー。
ターニッシュ家は、1636年よりベルンカステル村にその名があり、400年近くも、かつ11世代に渡り所有。
格付け1級保持、かつ初の有機認証を取得したシャトー。

ベルンカステラー・ドクトールは傾斜60度の険しい急斜面の畑。
南南西向き。ブドウは接ぎ木のされていない樹齢の高いものより、手摘みで収穫・選果。小さい木樽で熟成。
100%オーガニック。

この記事では、タカムラワイン&コーヒーさんでのワインの試飲の機械「エノマティック」にて試飲をしています。

別途試飲の機械専用のカードが500円/枚をレジで購入し、金額をチャージするスタイルです。
一度購入すれば、1,000円単位で
ICカードのように繰り返し金額がチャージできます(他店併用不可)

店舗の場所と、現状の試飲リスト・金額は以下からご確認ください
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

※掲載されている試飲可能な銘柄は、更新されていたりされていなかったりします。
あくまでも大まかな目安としてご参考いただくのが良いかと思います


ベルンカステラー ドクトール・リースリング・アウスレーゼ 2001
IMG_8821


価格は1.3万円ほど。

香りはライム、ゆずのようなさわやかな柑橘のイメージが主体です。
オレンジジャムのような甘い柑橘のイメージ。ミルクのようなクリーミーさが感じ取れます。

全体的に黄色やオレンジ系の柑橘のイメージがしっかりとありますが、経年によるなじみなのか、どこかわかしています。あまりタイトなイメージなどはなく、親しみやすさがあります。香りもやわらかいイメージが先行します。

味わいはとても甘くさわやかです。
はちみつや蜜入りのリンゴのような甘さがあって極めてフルーティー。
やや革製品のような苦みを帯びたタイトさ。わずかにチーズのような芳香があります。口中にクリーミーさが広がります。

余韻に特にクリーミーな印象やまろやかさが残ります。
よくある石油っぽい要素はほぼありません。
クリーミーな味わいと熟成香が混ざりあい、どちらかというとチーズのようなイメージが膨らみます。


さて、とても良い印象のワインです。高いのも納得。
ほどよい柑橘のニュアンスと、チーズのような熟成の香りがうまく混ざり合っています。
もう少しグッと引き込まれるようなクセがあってもいい気がしたので、さらなる熟成を待ちたい所。

現状でも、バランスがとれていて綺麗に熟成している印象を受けました。
これは良かったです。勉強になった1本でした。



ベルンカステラー・ドクトール・リースリング・アウスレーゼ[2012](ターニッシュ博士家)

2001は売ってないので最新ヴィンテージと思われるものをペタリ。




試飲したタカムラさんの実店舗はこちら
image



〒550-0002 大阪府大阪市 西区江戸堀2丁目2−18
http://takamuranet.com/




オススメ記事一覧


image
⇒「南アフリカのワイン」がすごい!おすすめの南アフリカワインと定番銘柄



5千円未満の南アフリカワイン
⇒【コスパ重視】今飲むべき5千円未満の南アフリカワイン10選



ワイン初心者にもおすすめの一万円ワイン
⇒ワイン初心者でもわかる!「1万円で買えるプレゼント向けワイン」おすすめ銘柄



[PR] おすすめの家庭用ワインセラーと、コスパの良い保管方法とは
[PR] アメリカの有名&高級ワイン「オーパス・ワン」って美味しいの?その人気の秘密とは


Twitter




J&H ゼルバッハ リースリング インクライン 2014を飲む

ドイツ モーゼルのワインです。
J&H ゼルバッハ リースリング インクライン 2014を飲みました。

オーナーはゼルバッハ家。1661年からブドウづくりを行っていると言う350年の歴史を持つ伝統のある生産者。
過去は他所からブドウを購入しての醸造・瓶詰を行う業者、もしくは仲介業者としての商売を中心としていたようですが、1964年ごろから自社畑を拡張しているとのこと。
自社畑の土壌はモーゼル地区特有のシーファー土壌で平均樹齢は50~60年とのこと。

ただし、今回の「J&H ゼルバッハ」シリーズは買い付け葡萄による醸造のようです。
標高160m、南向き斜面のスレート土壌。平均樹齢は20年とのこと。情報は輸入元の飯田さんのページから拝借しています。
参考:J&Hゼルバッハ リースリング インクライン(飯田)


■J&H ゼルバッハ リースリング インクライン 2014
J&H ゼルバッハ リースリング インクライン 2014


輸入元価格は1,900円です。

香り立ちはオイル、皮製品、木質的な要素が感じ取れます。
かなりベルトのような香り立ちが強くあります。時間の経過でレモンのような香りなど。

味わいはオイリーな要素がありながら、リンゴのような果実みやマヨネーズのようなミルキーな要素があります。
すこし肉厚な印象があります。アフターにかけては少しドライな印象が残りスパイシー。後半に行くにつれ辛口な印象が強くなります。

余韻はミルキーな要素とレモンのような柑橘の要素が残ります。
甘口、ということで購入したのですが、辛口と甘口の中間にあるようなリースリングで中庸。オイリーさとアフターのドライさがある本格的な味わいかと思います。


もっとも、初心者向けの甘口ワインを探す目的で購入したので、求めている路線とは異なりましたが、値段対比で考えるとなかなか。
特筆すべき所がないと言えばないのですが、バランスのとれた分かりやすい、スタンダードな辛口のリースリングです。

冷やしてキリッと飲みたい所です。



【J & H ゼルバッハ】 リースリング インクライン (SC) [2014] 750ml・白 【J & H Selbach】 Riesling Incline



オススメ記事一覧


image
⇒「南アフリカのワイン」がすごい!おすすめの南アフリカワインと定番銘柄



8386299d-s
⇒【ワイン初心者も選べる!】父の日のプレゼント向けワイン銘柄



c9e9674e-s
⇒ワインのおすすめは「南アフリカ」にあり!いますぐ飲むべきおすすめワイン5選







Twitter




ゲブリューダー・シュテッフェン リースリング・シュペートレーゼ・トロッケン 2015を飲む

ドイツのワインです。
ゲブリューダー・シュテッフェン リースリング・シュペートレーゼ・トロッケン 2015を飲みました。

以前の記事の甘口ワインのおすすめはこれだ!ワインビギナーのための2千円以下の甘口ワインの選定ワインとして飲んでいます。


先日、同じ生産者のゲブリューダー・シュテッフェン ピースポーター・ミヒェルスベルク・リースリング・カビネット 2015を記事にしていますがもう一度。

ドイツのモーゼル地区に位置するトリッテンハイム村という村を拠点とする家族経営の生産者。
1794年の創設という200年以上の歴史を持ちますが、自社のワインレーベルとしてのリリースは1910年のようです。その後、ヨハン&ピーター・シュテッフェン兄弟により、1945年ごろからワインビジネスを拡大。

詳細はモトックスさんのページなどを参考にしています。公式も見ているのですがあまり情報の無い感じでした。
参考:ゲブリューダー・シュテッフェン|ワインのあるライフスタイル もっと!ワイン


■ゲブリューダー・シュテッフェン リースリング・シュペートレーゼ・トロッケン 2015
ゲブリューダー・シュテッフェン リースリング・シュペートレーゼ・トロッケン 2015


輸入元価格は1,700円です

香りはグレープフルーツやライム、柑橘の爽やかで苦味を帯びた香り立ち。
ワックスのような香り立ちがあり、つやつやとした印象が前に出ています。

味わいは抜栓直後は苦味がだいぶ前に出ています。
グレープフルーツのような柑橘、ライムのようなイメージがあり、過度に甘くなく、苦味の要素の奥に果実をかじった時のようなじんわりとした甘みが残ります。

ほかに青りんごなどの要素も感じ取れます。
青っぽい果皮のイメージが強くてやや苦さが残ります。

余韻にはナッティーな要素が残ります。

数日置いておくと、苦味の要素が和らぎ、グレープフルーツのような、白桃のようなイメージが広がってきました。

率直にいえば、抜栓直後とはけっこうつっけんどんなイメージがあるワインだと思います。

甘口ワインのおすすめはこれだ!ワインビギナーのための2千円以下の甘口ワインという記事の時は一応、同時に飲んだ25種を全部評点をつけております。
先日記事にしたゲブリューダー・シュテッフェン ピースポーター・ミヒェルスベルク・リースリング・カビネット 2015と、このリースリング・シュペートレーゼ・トロッケン 2015は同じ点数をつけてましたが、こっちの方が本格的で、かつ数日置いておいた場合はいい感じのバランスになっていました。

値段も値段なので、一気に飲んじゃいそうな感じですが、余裕があれば数日に分けて飲んでみるのが良さそうです。参考になった1本でした。




【ドイツ】【白ワイン】リースリング シュペトレーゼ トロッケン 2015シュテッフェン[辛口]


オススメ記事一覧


image
⇒「南アフリカのワイン」がすごい!おすすめの南アフリカワインと定番銘柄



8386299d-s
⇒【ワイン初心者も選べる!】父の日のプレゼント向けワイン銘柄



c9e9674e-s
⇒ワインのおすすめは「南アフリカ」にあり!いますぐ飲むべきおすすめワイン5選







Twitter




おすすめ記事一覧
  • 「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
  • ワインのおすすめはこれだ!一度は飲みたい2,000円台のワインまとめ
  • 「ワイン一年生」という本が面白い!ワイン初心者はこれを読め!!
  • 女子会に使える!甘くて飲みやすい白ワイン&スパークリングワイン
  • ボジョレーヌーボーよりこれを買え!2千円で世界感が変わるおすすめワイン
  • ティムアトキンMWの南アフリカワイン格付け2016が発表。15ワイナリーが「第1級」の評価。
  • ワインのおすすめは「南アフリカ」にあり!いますぐ飲むべきおすすめワイン5選
  • 南アフリカワイン 2016年下期版 マスダの業者向け試飲会に行ってきました
  • 夏だから飲みたい!3千円台で飲める週末おすすめの白ワイン決定版
  • サントリー「日本ワイン×日本料理」ブロガーイベントに参加しました
  • 【大阪】ワインを大阪一安く飲む方法を伝授する【試飲】
  • 稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
  • ビジネスマンが選ぶべき、接待・贈答用におすすめのワイン銘柄とは
  • クリスマスに飲むべき!1万円未満の本気で美味い赤ワイン
  • 南アフリカのワイン会に参加して感銘を受けた話
  • 極上の味わい!甘口ワインの代表「デザートワイン」のおすすめ銘柄
  • 甘いものが苦手な彼に!バレンタインのプレゼント向けワインまとめ
  • amazonが高級ワインの品揃えを強化
  • カルディの甘口ワインは【これ1本】できまり!女子におすすめのワイン銘柄とは
  • 雑感:日本酒飲み比べ居酒屋から見る「ワイン」の見せ方とは
  • 【5分で選べる】母の日のプレゼントに使える!おすすめのワイン
  • 送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
  • まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
  • マツコがディズニーシーで飲んだ「バラのスパークリングワイン」とは
  • 甘口ワインのおすすめはこれだ!ワインビギナーのための2千円以下の甘口ワイン3本
  • 南アフリカトップワイナリー ブーケンハーツクルーフ マークケント氏来日セミナーに行ってきた
  • 【東京】南アフリカワインの凄い店「アフリカー」実店舗に行ってきた
  • 大阪梅田「コウハク」でフレンチおでんとワインが美味い!絶対に試すべき料理とワインのすすめ
  • 女子必見!男性へのプレゼントにおすすめしたいワイン銘柄とは
  • 【超おすすめ】ワイングラスに「ダイソーの『うすぐらす』」をおすすめしたいその理由
  • 【ワイン】プロフェッショナル仕事の流儀に登場 日本人ブルゴーニュ醸造家 仲田晃司氏が手がける 「ルー・デュモン」とは
  • Twitter プロフィール
    KOZEのワインブログ管理人 / 読みは「こぜ」/ フォロバはしません / 南アフリカワイン / ギリシャワイン / スペインワイン / ブログ運営
    何か掲載内容に問題あればメールでも承ります。

    kozewine@gmail.com

    @は小文字に変換ください
    個人的なワインに関する質問、ご相談などはお受けいたしかねます。また、メールの確認頻度はTwitterなどに比べ落としていますので、レスポンスにお時間かかることがございます。ご了承くださいませ。


    ギャラリー
    • 南アフリカ ブラックウォーター ノワール 2012を飲む
    • 南アフリカ ブラックウォーター ノワール 2012を飲む
    • 南アフリカ ロングリッジ シャルドネ 2016を再びテイスティング
    • ブルーノ・デュシェン ラ・ルナ 2015をテイスティング
    • 南アフリカ ロングリッジ シュナンブラン 2015を再びテイスティング
    • 今週のセール・気になったワイン情報まとめ 12月9日分
    • 【都内】南アフリカワインを始めるのに使えるお店と、初心者向けマスト銘柄まとめ
    • 【都内】南アフリカワインを始めるのに使えるお店と、初心者向けマスト銘柄まとめ
    • 【都内】南アフリカワインを始めるのに使えるお店と、初心者向けマスト銘柄まとめ
    • ライブドアブログ